こんにちは、ガイソー大和店 マルセイテックの渡邊です。

今週は雨が続き、火曜日には今年1番、勢力の強い台風が来ていると

ニュースで報じられていたので、皆様もしっかりと台風が来る前に対策を行いましょう!


 

突然ですが、あなたは台風と言えば何が連想されますか!?

 

『強風』

 

『大雨』

 

この2つが連想されるのではないでしょうか!?

台風は交通機関など、様々な影響を受けますよね。

 

実は、強風や大雨で被害を受けるのは交通機関だけではなく、

あなたの大切な『家』にも膨大な被害をもたらすのです。

 

特に!!!そのような、台風でもっとも心配なのが『屋根』です。


 

今回は以前の台風によって被害を受けた綾瀬市のY様邸の屋根をご紹介して行きたいと思います!

 

綾瀬市のY様は、以前工事をさせて頂いたお客様で今回は定期点検でお伺いさせてもらいました。

 

いつも通り、到着しすぐに挨拶させて頂こうとお家の方へテクテクと歩いていたのですが

ふと、上を見上げると『屋根に白い何かが乗っかっている・・・』

2人して唖然としていました。。。

 

ゴミなのか!?スレートが割れてしまっているのか!?

はっきりと確認は出来ませんでしたが、何かが乗っかっているのは間違いなかったので

早速、お客様にご挨拶させて頂き、一緒に確認させて頂きました。

 

お客様もあれがなんだか分からないと・・・

 

もし、あれがスレートが割れた一部だったら下から確認できる限りかなりの大きさで

雪止めに引っかかっているだけの状態だったので落下の危険性がありますし

そこの剥がれてしまっている部分だけ剥き出しになっている状態なので

雨漏り等のリスクがありとても心配だったのでハシゴを掛けさせてもらい、

正体を突き止めに向かいました。

 

ただのスーパーの袋とかだったら安心だな!と思いつつ、屋根に到着すると

1番あってはならない事が起こっていました。。。

 

ご覧いただけますか!?

手前にある白い塊は写真では伝わりにくいですが、僕の手が2つ分くらいある30cm以上の大きなスレートだったのです。

 

写真右上にある少し欠けているところがもともとの位置で何らかの原因で割れてしまい

このような状態になってしまったのです。

 

これだけ大きいと雪止めに引っかかっていたからよかったものの、

落下時に接触してしまうと大怪我に繋がってしまう事もありますし、

屋根としては、その部分から水が入りやすくなってしまうので先ほどもお伝えしたとおり『雨漏り』等の大きな二次災害に繋がってしまうのです。

 

スレートがここまで割れてしまう主な原因は、台風等で起こる『強風』によるものです。

台風時に強風で何かが飛ばされ、屋根にぶつかってしまい、

5mmほどの厚さしかないスレートは割れてしまうのです。

 

『Y様もお家を大切にされている方なので自分で確認したりするよ!』

聞いていたのですが、それでも屋根の上は確認しにくく発見が遅くなってしまう可能性が

高いので定期的な屋根の健康チェックを行う事がとても重要なのです!

 

他にもいくつかの割れが見受けられたのでご紹介します。

 


 

今週の強力な台風が来る前に発見出来たので落下して人に当たったり、近所の方の家や車に

ぶつかってしまう危険性は回避する事が出来ました。

 

Y様も凄く心配していたので一先ずは安心です。

Y様には写真で状態を見ていただき、補修という形で取り掛からせていただきます!

 

綾瀬市Y様、これからも末永く宜しくお願いします!

 



 

ところで、皆様はこのような上記の事態を自分の家には関係ないから大丈夫!

と思っていませんか!?

 

それは、大間違いです!!!!

 

なかなか屋根に登る機会も無く、普段の生活では実感しにくいですし

綾瀬市や大和市や座間市は雪国でもなければ、

台風が何度も何度も来るような地域ではないので

余計に意識が届きにくいと思いますが、

何百件、何千件もの家を見ているプロの立場からするとほとんどの家で大小の被害は

出てしまっていますよ!

 

 

それでも、関係ない!と思ったそこのあなた!!!!

 

定期的に屋根の確認は信用の出来る業者様に見てもらっていますか!?

台風が来た後に自分で地上から確認していますか!?

家が建ってから10数年で工事経験が無く、点検をしていない方など

家の数だけ、それぞれ違いはありますがどの家でも共通して言える事は

 

 

屋根の点検は必須だ!!と言う事です。

 

1度劣化が始まると止まることなく被害は進行していきます!

もちろん、劣化は待ってくれません。

人生で1番大きな買い物と言われている大切な家が雨漏りしても大丈夫ですか!?

良く聞くのが『雨漏りしてから考えるよ!』という言葉です。

 

率直に言うと、凄く費用の無駄になってしまいますよ!?

定期的に確認していて早期で劣化が見つかれば、一部補修で収まるので

費用も何百万円も掛かることはなく、工事の中でも安価で元通りにする事は出来ます。

 

ですが、雨漏りは1番最後に起こる被害症状という事をまずは知ってください!

 

雨漏りは屋根から発生したり、外壁から発生したりと原因は様々ですが

どのような過程で雨漏りしても建物の内部にまで水が入りこんでしまっているので

直す箇所は1つだけではなく、何箇所も直す必要がありますし、

内部に染みこんだ範囲が広ければ広いほど更に補修箇所も増えたり、

木造住宅であればシロアリなどの被害も出てきてしまいます。

 

それらを全て直すという事になると、何百万円の費用が必要になるのです。

 

選択肢としては何百万円もかけて直すのか家を建て替えるか2つです。

 

それでもよければ構わないと思いますが、雨漏りするまで待って何百万円掛けて直すのか

定期的に点検を行い軽い劣化症状の段階で費用を抑えて治すのか!

と、どちらの方が経済的にも家の寿命に良いか考えてみてください。

 

僕が家を持っていたら確実に後者を選択します!

ただ、皆様が住宅の点検をしにくい背景には悪徳業者の増加があると思います。

必要のない工事を勧められたり、もし、しっかりと工事をしても

適当な業者による手抜き工事でもう1度直さなければいけない状況に追い込まれてしまった

方もいらっしゃると思います。

 

その様な経験を1度してしまうと、次はなかなか行動しにくくなってしまいますよね。

ただ、先ほどもお伝えした通り、家の劣化は待ってくれません。

その為には、正しい工事をするしっかりとした業者を見つけなくてはいけません。

 

知り合いの方の口コミやネットでもしっかりとしたホームページ等を見ながら

優良業者を見つけましょう!

 

ガイソー大和店 マルセイテックでは、住宅の健康診断はもちろんの事、

正しい業者を選べない方でもお気軽にご相談下さい。

 

しつこい営業は一切しませんし、

電話したからといってマルセイテックで工事をしなければいけないなど

そんな約束もありません。

選ぶのはあなた自身ですから、自分に合っていると思う業者に問い合わせるのが1番ですよね。

正しい情報を元に必ず業者選びを成功させましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!


 

ガイソー大和店 マルセイテック 渡邊 

 

 

こんにちは、ガイソー大和店 マルセイテックの渡邊です!

ここでは、大和市にお住まいのK様邸の金属屋根の劣化状況についてご紹介いたします!


 

近年の金属で出来た屋根材は耐久性も高く色あせなどがしにくい特徴がありますが、

金属なのでサビてしまうデメリットもあるのです。

 

サビは穴が空いてしまう恐れがあり、そこから内部に雨水が浸入し雨漏りしてしまう可能性があるので、可能であればサビが出来てしまう前にメンテナンスを行いましょう!

 

難しければサビが出て長期間放置しなければ雨漏りする前に処置する事が出来るので

家の寿命を縮めずに復活させる事ができます!

 

大和市のK様邸では、屋根にいくつかの劣化症状が見受けられました。









 

①サビ

 

 

↑雪止めにもサビが出てしまっています!




 

②塗膜の剥がれ

 

前回、塗装した塗料が劣化によって剥がれてしまい、ポロポロと剥がれてしまいます。

 

金属屋根材の場合は、サビ止めを塗装することで、長期間サビを抑えることができ、

耐久性も上がり、見た目も綺麗な状態を維持する事が出来るのです!

 

大和市のK様邸ではこれより屋根の塗装工事を行わせて頂きます。

サビ防止・耐久性高める・美観性の向上が期待できます!

 

仕上がりが非常に楽しみですね!

 

大和市K様、宜しくお願いします!

 
 
 
 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら


株式会社マルセイテックへお任せください!


神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F


【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】


TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235



お問い合わせはこちら

 
 
 

こんにちは、ガイソー大和店 マルセイテックです!

 

来週から台風が近づいているようで、久しぶりに天気が崩れるようなので体調管理や家の被害など充分に気をつけましょう!




 

今回、ご紹介するのは綾瀬市にお住まいのS様邸の外壁・立ち上がり部分から水が入りこんでしまい木の腐食やシロアリが繁殖してしまっている

状態についてご紹介して行きたいと思います!


 

以前、「雨漏りしているから見て欲しい」とお問い合わせを頂きお会いさせていただくことになりました!

 

雨漏りがどこまで進行してしまっているのか非常に心配だったので早速調査しに行かせてもらいました。

 

雨漏りに気が付いたのはここ最近だけど・・・もしかしたらもっと前から雨漏りしているのかも知れなくて・・・

と、とても心配そうにおっしゃっていました。

 

まずは、S様が確認した雨漏り箇所を確認してみたのですが、外壁に黒いシミが出来ていました。


 

雨漏りは専門家であってもどこから雨漏りしているのか確認するのが難しいと言われています。

 

更に、確実に雨漏りを止めるには躯体を確認しなくてはいけなく、改めて調査させていただく事に・・・

 

そして、先ほど調査に取り掛かったのですが、、、、断熱材を動かしてみると異様な光景が目に飛び込んで来ました。

 

それはシロアリの歩いた形跡があったのです。

 

1匹いれば100匹はいると言われているシロアリは家の梁などを食べてしまい、家をガタガタにしてしまうのです。

 

家のどこまでシロアリの被害が進んでしまっているのか心配になり、他にもあった雨染みの箇所も恐る恐る確認する事に・・・

 

↑少しグロテスクですが、分かりますか!?木屑に見える茶色の小さい奴ら・・・これ全てシロアリなのです。

 

大きさは一般的な蟻と比べるとやや小さいサイズで確認できるだけでも150匹以上確認できました。

 

施主様にもお写真で見ていただき、現状これだけのシロアリが繁殖していて建物への被害もこれだけ出てしまっている状態にあり

早急にシロアリを駆除し、建物の躯体改修工事をしないと危険な状態にあることを。

↑シロアリが通った形跡が確認出来ます。

 

↑シロアリだけでなく雨染みも確認出来ます。

 

このような状態になってしまった原因は15年前にリフォームを依頼した業者の施工ミスによるものでした。

手抜き工事によってわずか15年でこれだけの被害が出てしまうのです。

 

それだけ業者選びは重要であり、建物の寿命にも大きく関わるという事が分かります

 

綾瀬市のS様はなかなか自分で家の劣化状況を確認する事はなく、雨漏りしてからようやく深刻な状況にあると知ったそうです。

 

これは多くの方に共通している事です。

目で見える被害が出始めてから気が付く事が多いですが、雨漏りは最終的な被害であり確認出来た時には

既に手遅れになってしまっている事が多く、建物に大きな躯体工事が必要になることも多いですし家を建て替えるのと

あまり費用が変わらない場合もあります。


 

綾瀬市のS様では、この先何年、何十年も今の家に快適に住み続ける事が出来るように建物の改修工事を行います。

 

また、進捗状況をご紹介いたします!

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

 

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら


株式会社マルセイテックへお任せください!


神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F


【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】


TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235



お問い合わせはこちら

 

 

 

今年の夏は異常気象が続き、猛暑が続く毎日です。

本日の温度計を確認したら、36℃。

猛暑ですね、熱中症には気をつけてください。

 

さて、本日ご紹介致しますのは、東京都町田市にお住まいのS様邸!!

 

かなちゅうバスの広告を見ていただいていたらしく、

訪問させて頂いた時には、

初対面なのに良く覚えていてくれていたのを今でも覚えています!

 

日本家屋式のかっこいいお家ですね^^

 

もともと、雨漏り改修工事を依頼したいとのことで

お問い合わせをいただいたのですが、現地調査で

隅々まで確認していると建物の一部が水を含み、

色が黒くなってしまっている箇所があったのです。

 

確実に雨漏りしてしまっていて、内側まで確認してみないと更に被害が増えてしまう

可能性が高く危険な状態でした。

 

翌日、熟練の職人と同行し、再びお伺いさせてもらいました。

早速、一部を解体し内部の状態を確認作業をしました。

 

↑見て分かる通り、内部の木が黒くなって腐敗してしまっています。

 

間柱が腐ってスカスカ状態に。

耐震性の問題や湿気によるシロアリなどの危険性が高くなってしまう状態にあり、表面だけの工事をしても

「臭いものに蓋をする」といったものにしかならず、これは大変な状況を確認しました。

 

↑拡大写真 広範囲で水が染みてしまっている箇所です。

 

ここまで被害が大きいとまず、建物の躯体部の補強を入れなくてはいけません。

大規模の改修工事が必要な可能性もあり、費用もかなりかさんでしまいます。

町田市のS様邸は、このおうちに愛着を持ち、15年前にフルリフォームをかけたのですが、その際の施工に問題があったのです。

 

 

町田市のS様邸では、他にも屋根の一番高い所にあたる棟の板金が大きく

浮き上がってしまっていました。

この箇所からの雨漏りは見受けられなかったですが、浮いてしまっている所から

雨水が浸入し、雨漏りに繋がってしまうケースもあります。

 

外壁から雨漏りし屋根から雨漏りしてしまうともはや家の中はボロボロになってしまい

更に、倒壊の危険性が高くなってしまいます。

 

屋根が致命的なダメージを受けていないのは、不幸中の幸いといったところでした。

 

大掛かりなリフォーム工事が必要な状況になってしまいましたが、コストを目一杯下げて、デザイン性のある和風モダンな外観に変身させて行きたいと思います。

 

これから、長期間の工事にはなりますが、町田市S様、宜しくお願いします!

 

 

 

 

 

 

大和市・座間市・綾瀬市・町田市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

株式会社マルセイテックへお任せください!

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

お問い合わせはこちら

 

大和市のアパート物件、フェリース中央林間の屋根外壁塗装をさせていただきました。

所有者I様は東京在住のオーナー様で、大和市を地元に活動されている業者をお探しになっておりました。

そこで当社のホームページを見ていただき、お見積り依頼になりました。

大和市フェリースビフォー.jpg大和市フェリースアフター.jpg

 

 

こんにちは、マルセイテックです!

この暑さはいつになってもなれることはありませんね・・・

皆様、最近蚊に刺されていますか!?

僕、全く刺されていないんです、何なら見かけてもいないんですよ!

これだけ夏模様なのになんでだろうと不思議に思い調べてみたんですよ!

そしたら、びっくり!!

 

蚊は35度を超えると活動が出来なくなってしまうそうなのです。

蚊もさすがにこの暑さにはやられてしまっているんでしょうね。。。

 

個人的には嬉しいですが、夏の風物詩でもあるのでちょっと寂しい方もいらっしゃるんではないでしょうか!?

 

違う話をしてしまいましたが、本題についてご紹介いたします!!

 

今回ご紹介するのは、大和市に在住のО様邸です!

 

外観は水色で可愛らしい見た目だったのですが、どうやらベランダが劣化してしまっているとお伺いしていました。


 

どこまで劣化してしまっているのか確認するため、お邪魔させて確認してみると・・・

ほぼ全面に、大きなヒビが入ってしまっていて片側半分には大きな水溜りが出来て

しまっていたのです。

↑これが現場調査で撮影した写真

 

手前には大きなヒビがいくつも有りヒビの奥には水溜りが見えました

これだけ大きいヒビが入ってしまうと、雨水の浸入を許してしまいます。

ここまで被害が進行してしまっていると雨漏りしているんじゃないのか!?と

心配になり、ベランダの裏側を恐る恐る確認して見ると嫌な予感は的中してしまいました。

 

木がボロボロになってしまっていて、ひび割れなんかも確認が出来ました。

 

↑白い所がヒビ・木の腐食してしまっている

 

雨水がべランダの表面から入り込んでしまい、最深部まで到達してしまっているのです。

ただただ、建物がどこまで傷んでしまっているのかが心配でした。


 

皆さんは、べランダの劣化などを意識してみた事はありますか!?

何気ない箇所かもしれませんが、建物に直接付いていて、雨が降るとベランダにも雨は

降ってしまいますよね。

屋外にありますし形状的にもベランダに降った雨水が綺麗に流れないと

どんどん水は溜まっていってしまいます。

 

その様に雨水が上手く流れなかったりひび割れしている状態になってしまっているのに

気が付かないと後々、大きな被害へと膨らんでしまう可能性が

非常に高い箇所でもあるのです。

 

被害を受けないためにも、定期的に防水塗料で塗装する事が大切です。

 

以前、大和市にお住まいの方で同じような症状が出てしまっていて

建物にもかなりの雨水が入り込んでしまって高額な費用を掛けて直さなくては

いけなくなってしまったのです。

 

О様邸も更に調査させて頂き、どのような工事が必要なのかを的確に判断し

快適な生活を取り戻してもらいたいです!

 

また、後日ご紹介いたします!

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら


株式会社マルセイテックへお任せください!


神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F


【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】


TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235



お問い合わせはこちら

 
 

大和市のS様邸、外壁塗装と屋根葺き替えのご依頼でした。

ホームページを拝見されて当社にお問い合わせをしていただいたのですが、複数社の相見積もりでした。

最後に当社を選んでいただき、ありがとうございました。S様。

 

大和市篠田邸ビフォー.jpg大和市篠田邸アフター.jpg

 

こちらのS様邸は当社営業スタッフの重城が対応させていただきました。

誠心誠意で1番良いプランを提案して、信頼を得たようです。

内容としては外壁塗装ではクリア塗料は無機塗料を提案し3度塗り。

クリア塗料は2度塗りの仕上が多いので、耐久年数もそんなに長くありません。

そこで、ガイソーのオススメ塗料は無機のクリア塗料。

これを、3度塗りで仕上げることでぐっと耐用年数は上がります。

ツートンカラーのS様邸でしたので、上部のサイディングはフッ素4Fでやはり高耐久の塗料で仕上げました。

奥様のお選びになった上品なピンクが映えて一段と住宅に気品がでましたね。

また、屋根の塗装の提案をされている他社様が多かったのですが、当社は絶対にその提案をしませんでした。

理由としてはS様邸、新築時に使用された屋根材はパミール。

パミールとは、1996年~2008年の期間に製造され販売された屋根材なのですが、経年とともにミルフィーユのように剥離症状が発生します。

現在は一切販売されておりません。

079.jpg

なぜこんなものが販売されていたのか?

理由は2012年にアスベストの使用規制が行われました。

アスベストの健康被害が確認され、政府が段階的に仕様の規制を始めたのです。

アスベストは耐火性、耐熱性があり資材としてはとても有能でしたので屋根材や外壁材、建築資材として使われてきました。

アスベストが使えなくなってしまったので、使わない建材の開発が行われました。

そして誕生したノンアスベスト屋根材がニチハ株式会社のパミールなのです。

パミールは、屋根材自体の耐久性がないため、屋根リフォームのメンテナンス方法としては、塗装が不可となります。

そんな当たり前の屋根材知識なのですが、競合他社様は屋根の塗装提案をS様にしていることに驚きました。

パミールの屋根リフォーム提案としては、屋根葺替えか屋根カバー工法で新しい屋根材を取り付けるしか方法がありません。

そこでS様は屋根の内部に害虫がいたことも確認されて、葺き替え工事を選んでいただきました。

屋根材は、これまた高耐久性能のセネター。

ガルバリウム鋼板の屋根材の上に天然石を吹き付けてある高耐久屋根材です。

天然石が滑り止めの効果を発揮するため雪止めの設置などが不要になるといった性能もあります。

大和市篠田邸屋根②.jpg

 

 

既存のパミール屋根材を全て解体撤去した後に、野地板、屋根の下地材を取り付けます。

大和市篠田邸屋根.jpg

 

 

当社の外装リフォームは見えないところもトコトンこだわります。

防水シート、ルーフィングですが、一般的なゴムアスなどではなく、粘着キングといったものを使わせていただきました。

この屋根の防水シート、経年からの雨漏りリスクをさらに軽減します。

粘着層が分厚く、ビス穴などにも絡んで水を一切下に通しません。

大和市篠田邸ルーフィング.jpg

 

 

 

屋根のビフォーアフター写真です。

完璧なメンテナンスができました。

大和市篠田邸屋根ビフォー.jpg大和市篠田邸屋根アフター.jpg

 

 

ドローンで空撮してみますと、S様邸の屋根だけ気品に溢れていますね。

ドローン空撮.jpg

 

大和市のS様邸は、今後安心して長く住宅をご利用ください。

当社の提案内容を信じてくれてありがとうございます。

 

 

大和市座間市綾瀬市、神奈川県央地区の外装リフォーム専門店

GAISOガイソー大和店 株式会社マルセイテック

〒242-0021

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル1階 ショールーム

お客様専用ダイヤル 0120-554-913

TEL / FAX : 046-260-1101 / 046-260-1121

施工写真全工程あります。

詳しくはお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

大和市T様邸の外壁塗装です。

築年数40年超えの平屋を復活させるのは大変でしたが見事に大成功いたしました。

施工内容は外壁塗装、付帯木部塗装、雨樋交換になります。

塗料はガイソーウォールフッ素4Fです。

大和市田辺邸ビフォー②.jpg大和市田辺邸アフター②.jpg

 

今回は平屋を2棟外壁塗装させていただきました。

大和市田辺邸ビフォー.jpg大和市田辺邸アフター.jpg

 

 

大和市内で複数の賃貸物件を所有するT様は、GAISOガイソー大和店マルセイテックのショールームから徒歩圏内に住んでいらっしゃいまして、ふらっと寄ってもらったことからお見積り依頼となりました。

複数社の見積もりを既に取得しておりましたが、最後に当社を選んでいただきました。

大和市田辺邸施工中④.jpg

ガイソーウォールフッ素4F塗料での塗装です。

ツヤありでテカテカ感のある仕様にいたしました。

施主様にもとても気に入っていただけています。

大和市田辺邸施工中③.jpg

木部はかなり痛みがあり、どこまで復活させれるか不安でしたが、活き活きとした状態まで戻すことに成功です。

大和市田辺邸施工中.jpg

サビ止めをたっぷり下塗りに使用しています。

ショールームから徒歩圏内で行ける現場で、材料の搬入や施主様との打ち合わせなど融通が聞いてとてもやりやすい物件でした。

 

 

大和市座間市綾瀬市、神奈川県央地区の外装リフォーム店

GAISOガイソー大和店 株式会社マルセイテック

〒242-0021

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル1階 ショールーム

お客様専用ダイヤル 0120-554-913

TEL / FAX : 046-260-1101 / 046-260-1121

施工写真全工程あります。

詳しくはお問合せください。

 

座間市の小橋様邸の金属屋根の塗装をさせていただきました。

なぜかこちらの金属屋根、サビの進行がひどく雪止めなどボロボロで今にも落下してしまいそうな状態でした。

後付け雪止めの提案もさせていただきましたが、今回はとにかく低価格を望まれておりましたので、既存雪止めの撤去と屋根塗装ということになりました。

座間市 小橋邸屋根塗装 (5).jpg座間市 小橋邸屋根塗装 (6).jpg

 

しかし雪止めが酷い状態でした。

こんなスカスカになるくらいサビてしまうなんて湘南方面のの塩害被害ではしばしば見ますが、まさか座間市でこの状態になるとは、、、

 

座間市 小橋邸屋根塗装 (4).jpg

棟の部分もサビに犯されていました。

とにかく、ケレン下地処理を入念に行いサビを削り落としました。

座間市 小橋邸屋根塗装 (7).jpg

そしてサビ止めを下塗りに。

サビよもうでてくるなよ~との思いを込めて下塗り作業を行いまいた。

 

大和市座間市綾瀬市、神奈川県央地区の外装リフォーム店

GAISOガイソー大和店 株式会社マルセイテック

〒242-0021

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル1階 ショールーム

お客様専用ダイヤル 0120-554-913

TEL / FAX : 046-260-1101 / 046-260-1121

施工写真全工程あります。

詳しくはお問合せください。

横浜市旭区のU様邸、ソーラーパネル脱着込みの屋根塗装工事です。

ガイソールーフガードフッ素で塗らせていただきました。

旭区馬岡邸ビフォー.jpg旭区馬岡邸完工.jpg

 

屋根の劣化が気になり始めていたU様は、築年数10年を超えていました。

屋根塗装をする事を決めて当社にお問合せを頂いたのですが、ソーラーパネルの脱着もして、しっかりと塗って欲しいとのご依頼でした。

旭区馬岡邸タスペーサー.jpg

上記の写真はタスペーサーを入れているところです。

屋根塗装をすると塗料の塗膜が隙間を塞いでしまいます。

単純に隙間という隙間を全部埋めてしまえば良いというものではなく、屋根内部に入った湿気を外に出す隙間が必要です。

その効果を発揮させるのがこのタスペーサーになります。

 

 

旭区馬岡邸板金サビ止め.jpg

金属の下塗りにはしっかりサビ止めを入れています。

しっかり下塗り剤も別けて、最適なものを選んで塗っています。

 

旭区馬岡邸施工途中.jpg

屋根塗装後にソーラーパネルを再設置するところです。

綺麗にしっかり全面塗装することができましたので、施主様にも満足していただけました。

 

大和市座間市綾瀬市、神奈川県央地区の外装リフォーム店

GAISOガイソー大和店 株式会社マルセイテック

〒242-0021

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル1階 ショールーム

お客様専用ダイヤル 0120-554-913

TEL / FAX : 046-260-1101 / 046-260-1121

施工写真全工程あります。

詳しくはお問合せください。

 

こんにちは、マルセイテックです!

 

本日も朝から気温が高く、外に立っているだけで汗がジワジワと出てくる程暑いですね。

屋外でお仕事をされている方は特に、水分補給や適度な休息を取りましょうね!

 

ニュースでも見かけますが、熱中症は最悪の場合、死に至ることもあるので

無理は禁物です!!!

 

さて、今回ご紹介するのは横浜市瀬谷区のA様邸の現場調査時に確認した外壁と屋根の劣化状況についてご紹介します!


 

~外壁の劣化~

 

チョーキング現象

外壁の表面に塗装されていた塗料が劣化し、上記の写真のように

劣化した塗料が粉状になってしまい、外壁をなぞると

このように手に付着してしまいます。

チョークを触った時によく似ている事からチョーキング現象とも言われています。

 

一般的には、塗装工事または新築時から10年程で外壁の表面に現れます。

住環境や地域によってはもう少し早い場合もあるので定期的に自分で外壁をなぞり、

確認してみましょう!

塗料の防水効果が切れてしまっていて、雨風の影響をそのまま外壁材が受けてしまい

家の寿命を大きく低下させてしまうのでチョーキング現象が起こった場合は

外壁塗装を行うべきタイミングでもあるので塗装工事を検討しましょう!!

クラック(ヒビ割れ)

外壁にクラックと呼ばれるひび割れはあなたの家にはありませんか!?

 

クラックも大きいものから小さいものまで様々ですが、大きく深いひび割れほど

危険性が高いです。

 

外壁にクラックが出来てしまう原因の多くは、地震によるひび割れです。

そのため、気が付きにくかったり、このくらい平気だろうと気にしない方など

たくさんいらっしゃいますが、クラックは本来、あるはずのない穴なので

保護されている事は無く、雨水が隙間から入り込んでしまうのです。

そのような状況が続けば内部に雨水が溜まってしまい雨漏りしてしまうのです。

 

また、小さいヒビだから問題ないと思い見過ごしていて、

気が付いた時には取り返しの付かない状況に陥ってしまって高額な費用を掛け

工事をしなくてはいけない状況もあるので被害が最小限のうちに直してあげるのが

家の寿命の増加にも繋がりますし、美観性の向上も見込めるので最も良い選択でしょう!

 

~屋根の劣化~

 

↑上記の写真のように、雨樋に継ぎ目の部分が雪の重みでずれてしまい、雨水が上手く流れない状態になってしまっていました。

 

今年の1月に降った雪の影響は大きく、神奈川県内でもたくさんの家が被害を受けている

様子が分かりました。

 

1月の雪は近年でも特に大型の雪で、交通機関にも大きな被害をもたらしましたよね!

どれほどの雪だったのか覚えていらっしゃる方はなんとなく分かると思いますが、

住宅にもこれだけの影響が出てしまうのです!

↑集水器が割れてしまっている様子

 

 

 

このように、大型の台風や大雪などの自然災害はあなたの家をも傷ませている可能性も

充分にありますので、天気予報等を見て、激しい悪天候が予想される場合は事前に確認し、

台風などが過ぎ去った後も確認しておきましょう!

写真等を撮っておくと違いが良く分かり増すのでオススメします!


 

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

■-----------------------------------------

大和市・瀬谷区・旭区・泉区エリアで外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F


 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

 

こんにちは、マルセイテックです!

 

今回ご紹介するのは、先日ショールームにお越しいただいて外壁塗装をしたいと

来て頂いた大和市のT様の外壁塗装を行っている風景をご紹介して行きたいと思います!

 

T様の自宅ではなく、貸し家の塗装を検討しているとお話を頂いたのですが、

よくよく話を聞いてみると、そこの貸し家はマルセイテックのショールームから

徒歩1~2分の所にあり、しょっちゅう前を通っていたから来て下さったみたいで

なんとも嬉しい出来事でした。

 

T様の貸し家は2件有り、隣通しの好立地の場所に建っていました!

 

すぐ近くだった事もあり、そのまま現場調査させて頂きました!

 

今まであまり手を加えた事がないとおっしゃっていました。

 

やはり、手を加えていない事が原因なのか、外壁の表面の塗膜が剥がれてしまっていて

決して綺麗とは言えない状態だったのです。

 

塗装しようとおもったきっかけは来月から新しく入居者様が来るとの事だったのですが、

『ま・・・まずい、時間がない』ご入居者様が住み始めるまで後2週間とちょっと、、、

ショールームだけではなく、T様はホームページも見てくださっていて、、、

すぐに塗装工事をお任せいただける事に・・・

 

ご要望に応えられるようにすぐに段取りを組ませていただきました!

 

更に、心配だったのが天候です。

雨が続いていたので塗装工事が進まない~と必死だったのを覚えています。笑

 

ですが、なんとしてでも間に合わせるために手を抜いて良いわけではありません。

 

最も大事なのは、携わった方がいつまでも安心して生活を送れること!

だったので作業に妥協は一切しません!!!

 

高圧洗浄:外壁に付着した汚れを高圧洗浄で綺麗に洗い落としていきます


 

ケレン作業:しっかりと元々の塗料を剥がし新しく塗る塗料が良く密着するようにする作業の事を指します!




 

木部塗装:熟練の職人によって見る見る綺麗になって行くのがわかります!

 

外壁上塗り塗装:しっかりと塗り残しのない様に仕上げの塗料で綺麗に

丁寧に塗装を行っていきます!


 

しっかりと塗装工事の工程が入居予定日に間に合わせる事が出来ました。

 

一時は、どうなってしまうかと思っていましたが、天気も味方になってくれて

改めて僕は持っている!!!と実感しました。笑

 

大和市のT様にも喜んでいただけたので大変こちらも満足のいくやりがいのたくさんあった現場となりました。

 

マルセイテックでは、来店型ショールームを構えていて、屋根材の種類や

外壁塗料の種類・カラーバリエーションなど、初めての外壁塗装の方でも

分かりやすいようにそれぞれの資料を基に基礎知識からご説明しています!

 

初めての外壁塗装は不安ですし、どういった流れで行うのか分からない方がほとんど

だと思いますが、そういった方でもスタッフによる丁寧な説明でご理解して頂ける事も

多いので、家を建てて10年~程で外壁や屋根に劣化症状が出始めている場合は地元の業者などに依頼し、適切な対処をしましょう!

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

こんにちは、マルセイテックです!!

 

今回、ご紹介するのは大和市のS様邸の屋根の現場調査に行ったときの事について

お話させて頂きます!

大和市S様邸は凄くご立派な家で見晴らしも良く素敵な家でした。

 

御挨拶をさせて頂き、早速現場調査させて頂きました!

 

屋根はスレート屋根仕様で寄棟という形状をしている屋根でした。

 

状態としては、スレートにカビが繁殖している様子が見受けられ

色あせしてしまっている状態で、塗料の防水効果が切れてしまっている症状でもあります。

 

一般的に屋根塗装の耐用年数は10年前後で上記の写真のように防水効果が切れてしまい

スレート屋根材が水を吸ってしまいます。

 

水を吸い続けてしまうと、屋根の内側にまで水が浸透してしまい内側にある野地板や

ルーフィング(防水シート)にまで被害が及んでしまうのです。

 

やがて、野地板は腐食してしまいルーフィングは破れてしまい室内にまで水が浸透し

雨漏りという結果になってしまうのです。

 

「屋根 コンパネ 腐る」の画像検索結果

↑ルーフィングを破り屋根裏にまで水が浸透してしまったらこうなってしまいます



 

上記の写真のように内部にまで雨漏りしている様子も無く、

屋根の塗装工事を行えば問題ない状態でした。


 

この他にも、屋根の雨樋が激しく歪んでしまっていて、

雨樋の本来の役割を果たせていない状態でした。

 

近年では、大和市・座間市・綾瀬市でも大雪による被害が大変多いのですが、

このような劣化に気が付かない方が多いのも事実です。

 

雨樋の破損や劣化は雨漏りの直接的被害に及んでしまい、

建物自体に被害を与えてしまうのです。


 

↑1階部分の雨樋も大雪の影響を受けている様子

 

近年、雨樋には様々な形や種類がありますが、以前まで主流だった

半円の形をした雨樋は、他の形をした雨樋よりも耐久性が弱く

曲がってしまいやすい特徴があります。

 

ですが、雨樋は素人の方でも地上から確認出来る場所にあるので

意識して見てみましょう!

 

5年以内に交換工事をしていなければ、破損や歪みが起こってしまっている可能性が高く

放置していると大きな劣化に繋がってします。

 

それでも心配な場合は、信頼の出来る業者に点検を依頼するか

近所の業者に問い合わせてみましょう!

 

このように、雨樋の歪みや破損が自然災害による被害であれば加入している

火災保険を用いて修繕する事が出来る場合があります!

 

業者に依頼する場合は、火災保険が対応している業者なのかしっかり確認しましょう!

 

火災保険についてはこちらで詳しくご紹介しています!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 「火災保険」の画像検索結果

 

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235


 

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

こんにちは、マルセイテックです!

 

今日は朝から、あっちこっち飛び回り大忙しです・・・。

 

今日も1日暑いですが頑張っていきましょう!

 

さて、今回ご紹介するのは昨日お伺いさせていただいた‘‘座間市のK様邸‘‘の

雨漏りしてしまった箇所に付いてご紹介して行きたいと思います!

 

座間市のK様から先日、室内が雨漏りで雨染みが出来てしまったから見て欲しい!と

ご連絡を頂き、訪問させていただく事に・・・

 

雨漏りしてしまっているという事はもしかしたら大変な事になってしまっているのではないか!?と

とても心配ですぐにお伺いさせて頂きました!

 

雨漏り診断士により、雨漏りの原因を調べるために、

どこに雨染みが出来てしまったのか!?という所から隅々まで

確認していると1階の屋根に当たる下屋根の所がべこべこしてしまっていましたのです。

 

ですが、しっかりと中まで確認するには剥がさなくてはいけないですし、

表面を剥がしても雨が降ってしまうと水が直に入り込んでしまうので

そのまま放置は出来ません。

 

このまま下屋根の劣化具合を見る限り、放置する事の方がとても危険だったので

K様には全て説明させて頂き、雨漏りの被害が広がってしまう方が怖いから・・・と

解体する段取りをさせて頂きまして翌日、解体することに・・・。

 

幸いにも、晴れが続いていたのでトラブルも無く解体に取り掛かりました!

 

慎重に解体していると、内部の木が見えて来ました・・・

 

お分かりいただけますか!?

内部の木の色が水を吸ってしまっていて木が腐食してしまっていたのです。

写真ではお伝えする事は出来ませんが、この木を触るとボロボロと剥がれてしまう

ような危険な状態だったのです。

これでは、雨漏りしていてもおかしくない状態だったのです。。

 

更に、1番怖いのが大雪が降ったときに崩れてしまう可能性が非常に高い!という事です。

木がボロボロになってしまっているという事は、当然耐久性も落ちていてどこまで重さに

耐えられるのか予測も出来ない状態にあるという事です。


 

更に内部まで確認する必要があったので解体しているともっとびっくりするような光景が

待っていました。。。

 

↑屋根の表面の内側にある野地板もこのような状態に・・・

 

本来、9mmほどの厚さがある野地板が何らかの原因で水を含んでしまい

大きく歪んでしまっていてフニャフニャになってしまっていたのです。

 

当然、この箇所も耐久性がなくなっているのです。

結果としてこの下屋根全体がいつ崩れてしまうか分からない状態なのです。

 

普段、生活していてここまで劣化してしまっていてもなかなか気が付く事は無い

ですよね。。。

皆さんが気が付くタイミングの多くは室内に雨漏りしてしまって、

ようやく気が付く事が出来ますよね。

 

ですが、雨漏りは最終的に起こる被害であり、場合によっては手遅れになってしまって

建て替えた方が良い場合や大規模な修繕工事が必要になってしまうのです!

 

その分、高額な費用が掛かってしまうのです。

 

更に、別の場所にも被害が見受けられました。。。

↑少し分かりにくいですが、玄関上の庇(ひさし)が傾いてしまっている状態

 

お分かりいただけますか!?

少し木に隠れてしまっていますが玄関を保護している小さい屋根が

左に向かって角度が下がってしまっているのです。

家によっては軒先の両端に柱が設置してあり、強度を高めているのです!

 

座間市のK様邸は、片側にのみ柱が設置してあって柱が無い側の庇の角度が

落ちてしまっていたのです。

このような状態の原因の多くは、大雪による重みで傾いてしまう事です。

柱が無くてもしっかりと強度はあるのですが、それだけ雪は重たく

これだけの被害をもたらしてしまうのです。

 

この2つの被害を放置していると恐らく、近い将来に雨漏りの被害が更に広がってしまい

家の柱が腐食してしまい、シロアリの繁殖や崩れ落ちてしまうでしょう。

座間市のK様邸ではこれ以上、被害が進まないようにこれから工事させて頂きます!

また、更新します!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら


株式会社マルセイテックへお任せください!


神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F


【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】


TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235



お問い合わせはこちら

 
 

 


 

こんにちは、マルセイテックです!

 

今回ご紹介するのは座間市のK様!!!!

 

先日、瓦屋根がどうなっているのか心配だから見てくれ!とお問い合わせを頂きました!

会社からも15分程と近かったのですぐに現状を確認させて頂く事に・・・

 

この座間市のK様邸ですが以前、他のお客様で工事をさせて頂いた方の家から

すぐの所に家がありました!

なんだか懐かしく思いながらもすぐにK様邸の屋根の状況を確認させて頂きました!



 

写真でも分かる様に、のし瓦の土台となる漆喰の部分が黒くなってしまい

剥がれ落ちてしまっていました。

 

そんな時、屋根の上で何かを踏んだような・・・恐る恐る確認して見ると

『なんだこりゃ~~~』と思わず・・・言ってしまいました。

 

先ほど漆喰が剥がれ落ちてしまっている!と言いましたが

これは、その剥がれた漆喰の塊でした・・・。

 

普段はボロボロと細かく剥がれてくるのですが、こんな大きな塊が屋根の上に・・・

この大きな塊が屋根の上に乗っている事で1番心配したのが落下です!

 

当然、雨漏りなども充分に危険なので心配ですが、これだけのサイズがある塊が

屋根の上から落下してきて歩いている方や走っている車や

お隣様の車に当たってしまうとそれはあなたの家だけの問題ではなくなってしまいます。

 

更に、当たり所が悪ければ大怪我してしまったり、車であれば驚きのあまり交通事故など

様々な事が予測されますし、どれも可能性は充分にあるのでとても危険性が高いのです。

 

そんな事一切考えられないと思われてしまうかも知れませんが実際に屋根の一部が

飛んでしまい、人に当たってしまったという例も存在するのです。

 

そのため、日頃から屋根等をしっかりと確認して把握しておく事が重要なのです!


 

‘‘座間市のK様邸‘‘では他にも屋根を固定している番線(針金のようなもの)が

切れてしまっていてグラグラしてしまっている状態でした。。。

 

↑写真では少し分かりにくいですが切れてしまっています。

 

↑1階部分の屋根の漆喰もボロボロになってしまっている状態

 

この他にも、雨樋にも被害が及んでしまっていましたので

ご紹介いたします!

 

↑写真のように雨樋が歪んでしまい波打っているような状態でした。

 

↑反射してしまっていますが、集水器より角のところの角度が下がっている状態に

なっていて水溜りが出来てしまっている状態です。

※雨樋は綺麗に集水器から雨水が流れるように取り付け時に集水器に向かって

角度が付けられています。

 

いくつかご紹介してきましたが、自然災害の被害はやはりこれだけ大きいという

事が分かります!

 

あなたの家にも大きな被害が及ぶ前に確認しましょう!

病気と一緒で『早期発見早期治療』することであなたの家の延命にも繋がりますし、

取り返しの付かない事になる前に直すことがとても重要なのです!


 

最後までお読み頂きありがとうございます!


 

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

お問い合わせはこちら

 

‘‘綾瀬市S様‘‘自然災害の被害を受けた雨樋について・・・


 

こんにちは、マルセイテックです!

 

今回ご紹介するのは、‘‘綾瀬市のS様邸‘‘の自然災害の被害を受けてしまった

雨樋の様子についてご紹介いたします!

 

以前も‘‘綾瀬市のS様邸‘‘の屋根についてご紹介いたしましたが、

今回は、雨樋の受けてしまった被害についてご紹介いたします!

 

前回、ご紹介した時は屋根の受けてしまった被害を火災保険を用いて

修繕する事になりましたが、この雨樋も自然災害によって受けてしまった

被害も加入している火災保険を用いて修繕する事が出来るのはご存知ですか!?

 

当然、家を建ててから一切、修繕せずに経年劣化によって傷んでしまったところに関しては

火災保険を用いて修繕する事は出来ませんが台風や大雪や雨風などによって

雨樋は歪んでしまったり大きく曲がってしまった場合に限り加入している火災保険が

適用されるのです!!


 

では、綾瀬市のS様邸はどのような被害を受けてしまっているのでしょうか!?

予測できる原因と被害状況についてご紹介します!

 

↑雨樋(軒樋)の大きな歪み

主な原因は、大雪が屋根や雨樋に積もり雪の重さで雨樋が歪んでしまっているのです。

 

雪は皆様が思っている以上に重量があり、1立方メートルで100kg~300kg程と

これだけの重さが屋根に積もっているのです。

 

それだけの重さが雨樋に積もったり、屋根に積もった雪が溶けて

雨樋に流れてくるのです。

 

そうなってしまえば、雨樋もその重さに耐え切れなくなり、

このように大きく歪んでしまうのです。

 

↑雨樋の傾き・歪み

 

1面だけではなく、全面にこのような被害を受けてしまっている

状態だったので雨樋としての機能が使えていない状態だったので

放置していると雨漏りや本来、水が垂れるはずのない箇所から

地面に垂れてしまい地面が緩んでしまい、地盤を緩くし建物が

傾いてしまったり耐震性が低下し、地震に弱い家になってしまうのです。

 

↑集水器の破損

 

集水器とは雨樋に流れてきた雨水が地面に流れるように、竪についている竪樋へ

誘導する雨樋の中でも重要な部分ですが、このように割れてしまっている原因としては

こちらも雪によって衝撃で割れてしまう事が原因です。

 

ここまで見ていると雨樋は非常に割れやすいと思われがちですが、

男性が手で力強く握る事でようやく割れる位の強度なのでちょっとやそっとでは

割れるものではありません。

 

という事はそれだけ、雪の衝撃は大きく重たい!という事なのです。

 

これは、地域によっても異なりますが雪が降る地域では基本的に該当するケースなので

心配な方は自分の家の雨樋を確認してみましょう!

 

他にも、前回ご紹介した屋根の瓦が強風でずれてしまっている場合も火災保険が

対応しているので家の隅々まで確認してみましょう!

 

前回の記事はこちらから飛べます!!

‘‘綾瀬市S様邸‘‘瓦屋根の様子・・・

 

万が一、上記の写真のように雨樋が歪んでしまっていたり瓦がずれていたりした場合

信頼出来る業者に依頼するか地元の火災保険が対応している業者に依頼しましょう!

 

業者によっては火災保険が対応していない場合もあるので、確認しましょう!

 

‘‘綾瀬市S様‘‘ありがとうございました!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!



 

■-----------------------------------------

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うならマルセイテックへ

 

こんにちは、マルセイテックです!

昨日はお休みだったので海にいったのですが、天気が良すぎて1日でこんがりと真っ黒に日焼けしてしまいました。

夏場は、屋根の上や外にいる事が多いので何もしていなくても日焼けしますが

昨日は海の日差しの洗礼を受けました。。。


 

さてさて、今回は先日現場調査をさせていただいた大和市のT様邸の所有している

マンションの様子をご紹介して行きたいと思います!

 

この大和市のT様は以前、貸家の外壁塗装工事に携わらせてもらいとても喜んでいただき

そのご縁で今回現場調査させていただいたマンションの工事もご検討していると

お話を頂きました!

 

早速、マンションの様子を確認しに行かせて頂きました!

 

会社からも程近く、ご連絡頂ければすぐに伺う事が出来るのは地元の業者の強み

だと思います!!

お客様としても、わざわざ遠い所から来てもらうのが申し訳なかったり

時間がかかってしまうという声を以前、聞いた事があったので

工事を依頼する業者を選ぶ際は30分以内に来る事が出来る業者を

オススメします!対応も早く、何事も依頼しやすいので不満がたまらない傾向があるのです!

 

さて、このT様のマンションの現場調査時の様子をご紹介して行きたいと思います!

 

 

築30年程が経ち、写真では分かりにくいですが外壁も色あせや

チョーキング現象、クラックなどが多数見受けられました。


 

他にも、居住者が上り下りする階段も劣化が進み、

サビや黒ずみや剥がれてしまっている箇所が出てしまっている状態でした。


 

サビてしまった箇所を放置しているとやがてサビてしまった箇所に

穴が空いてしまい、足を踏み外してしまう等といった危険な

事故を引き起こしてしまう可能性も充分にありますので

定期的な、メンテナンスが必要になるのです!

 

色々と調査をさせて頂き、屋上の防水箇所を確認しに屋上へ・・・

 

 

現状、表面は色あせしていて所々剥がれてしまっていたり、

カビやコケが生えてしまっている箇所がありました。。。

 





 

陸屋根の場合、屋根全面に防水塗料を塗布する必要があるのですが、なかなか

防水工事の重要性に気が付くことが無く、そのままにして雨漏りなどの

症状を起こしてしまう事が非常に多いのです!

更に、マンションやアパートは居住者がいますので雨漏りしてしまうと

居住者の被害に直接繋がってしまいますし、

建物が大きいのでその分、修繕するのに膨大な費用が掛かってしまうのです。

 

少しでも生涯に掛ける工事費用を抑えるのであれば、定期的に防水工事を行う事が

とても重要になるのです!

 

その場は、面積が広い分防水工事を行うのに費用が掛かりますが、

雨漏りなどの危険性を考えると防水工事をしない方が

とても危険で、更に大きな費用が掛かってしまうのです!

 

陸屋根の家にお住まいの方やマンションやアパートを所有している方は

定期的な防水工事を行い、強靭で綺麗な外観にすることで資産価値を高める事ができ、

入居率UPが大きく期待できます!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

お問い合わせはこちら

 

こんにちは、マルセイテックです!


 

今日は、三連休の最終日ですね!皆様はどこかお出かけされましたか!?

3日間とも快晴が続き、たくさんお出かけされて方もたくさんいるのではないでしょうか!?

 

ですが、この暑さなので小まめな水分補給や休憩は必ず取りましょう!


 

さてさて、今回ご紹介するのは‘‘大和市にお住まいのM様邸‘‘の自宅です!

 

先日、屋根の様子を見て欲しいとお問い合わせを頂き、訪問させて頂きました!

 

ショールームから近い事もあり、すぐさま現場調査に行ってきました!


 

↑写真では上手く伝わりませんが、屋根のみならず外壁も劣化が進んでしまっている

状態にあり、外壁の表面を触ってみると手に塗料の粉がついてしまう

『チョーキング現象』が起こっていました。

 

そして、1番気になっていらっしゃった屋根に登って見ると

至る所にカビやコケがいくつも繁殖していました。

 

更に、内部での雨漏りを防ぐために必要なタスペーサー

大きく浮いてしまっていました。

 

しっかりと刺さってはいますが、落下してしまう可能性なども

考えられるので、

充分な注意が必要です。

 

この他にも、雨樋が歪んでしまっていて雨水を綺麗に地上にまで

雨水を流す事が出来ない箇所もありました。

そうなってしまうと本来、水が来るはずがない所に雨水が

入ってしまい、そこから外壁や劣化してしまっている箇所から

雨水が室内にどんどん入ってきてしまい最終的には雨漏りになってしまいますし、

更にひどい場合であれば、大量の水が一気に入り込んでしまう可能性もあるのです。


 

 

 

それらの現状を全てしっかりとお伝えさせて頂き、

工事をお任せして貰うことが出来ました。

 

少しでも家が綺麗になるようにすぐに準備に取り掛かり

現状、まず足場を設置し、雨樋の交換工事を行っていますので、

ご紹介いたします!

 

既存の雨樋を撤去している様子↑

前回は半丸という強度の弱い雨樋が設置されていたので、

今回は、更に強度の高い角型の雨樋を採用しました!

 

大雪の時に、たくさんの雪が屋根に降り積もっても破損することなく

絶えられるようにしっかりと固定させる事がポイントです!

 

雨樋は非常に目が届きにくい箇所ですが、住宅の一つ一つには

しっかりとした意味があり、それぞれとても重要な役割があるのです!

雨樋のみならず、自分の家に関して心配な箇所があれば信用の出来るお客様に

依頼し、現状を確認してもらいましょう!!

 

そういったメンテナンスを放置していて後々気がつかない

凄く大きな被害になってしまっている事もあります!

 

事前に防ぐ事で住宅に掛けるトータルコストを抑える事が出来るのです!


 

最後までお読み頂きありがとうございました!


 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

お問い合わせはこちら

 

海老名市屋根工事

松木様邸は2年ほど前からお付き合いのあるお客様で、以前見積り点検をさせていただいたお客様でした。

屋根の状態は施工前のビフォー写真を見てもわかるように経年劣化が進み、このままの放置は危険な状態でした。

まだ住宅をこの先も使いたいとの思いから決心していただき、施工させていただきました。

 

屋根カバー工法海老名市松木邸 (2).jpg

 

予算をなるべく下げて欲しい、とのご依頼からカバー工法での提案になりました。

そもそも、無駄な費用はかけるべきではないとの思いがマルセイテックの提案方法なので、屋根のカバー工法が可能である既存屋根の場合、

ほとんどの住宅にカバー工法の提案をしています。

今は、シングル材や軽量金属瓦といった軽い屋根材が多くありますので、耐震問題的にもカバー工法で解決できでいます。

ただ、今回の松木様邸のような劣化がかなり進んでいる状態の場合、カバー工法のやり方を少し工夫して施工しました

一般的なカバー工法の場合、棟などの板金部を解体撤去したあと既存の屋根の上に直接防水シート(ルーフィング)を被せていきます。

しかし松木様邸の屋根の状態はあまり良いものではなく、野地板という屋根の下地材をもう一度上から被せる事で屋根の補強を行いました。

以下の写真は野地板を貼り付けたあとに防水シートを軒先の方から貼っているものです。

 

屋根カバー工法海老名市松木邸 (3).jpg

 

続いて防水シートの上からシングル屋根材のリッジウェイを葺いているところです。

雪止め金具を設置し、あとは屋根のてっぺんに向けて葺いていきます。

この屋根材は屋根の再塗装が不要の材料なので、最近の新築でもよく使われております。

屋根カバー工法海老名市松木邸 (4).jpg

 

最後に棟板金やケラバといった役物関係の板金を取付て完工です。

屋根カバー工法海老名市松木邸 (1).jpg

 

海老名市で屋根工事(リッジウェイカバー工法)をさせていただきました松木様、これで安心しておうちに住んでいただけます。

 

 

 

大和市は正にGaisoガイソー大和店株式会社マルセイテックのホームタウン。

という事もあり、頑張りました。

他の地域でもいつも頑張るのですが、大和市座間市綾瀬市といった地域出身のスタッフも多く、自然と社内でも話題になるのも事実だったりします。

A8DA4EFF-0134-476A-8050-3061DE8A9BAD.jpeg

カラーも現状維持でしたので同色で塗らせていただきましたが、フッ素塗料のツヤ感は塗る側も気持ちいいものです。

劣化した雨樋も交換させていただきましたので、今後も長く収益物件として活躍してもらえそうです。

 

外装リフォーム専門店GAISOガイソー大和店 株式会社マルセイテックです。

今回は横浜市の旭区のお客様、K様邸のカーポート新規設置をさせていただきました。

LIXILのネスカRでのご依頼でした。

まずは設置前の車庫の状態写真です。

施工前 (1).jpg

 

カーポートの設置で重要なのはコア抜き(柱の建つ穴)の深さです。

見えないところで手を抜くといった点では、柱の深さを浅くするといったことがあるでしょう。

当社は、60cmを基準に穴を掘っていきます。

でないと、完成したカーポートがグラグラするといった事もありえてしまうものです。

 

しっかりコア抜きを規定の深さまで掘り、柱2本、パネルの枠を設置します。

最終的にはサポート柱2本も設置します。

施工中%E3%80%80枠設置 (1).jpg

 

その後、しっかり枠を組んだカーポートにパネルを設置していきます。

せっかく組んだカーポートの屋根から雨水が垂れてしまっては元も子もありませんので、

この作業も重要です。

パッキンの取り付けを正しく行わないとそういった問題も発生しがちです。

施工中%E3%80%80職人.jpg

 

サポート柱を2本建てて、完工です。

本来、サポート柱は、雨風雪などの自然災害でカーポートに負荷が掛かる際の補助的な柱なのですが、

横浜市旭区のK様は、付けたままにして欲しいということで、独立基礎で固定させていただきました。

施工後%E3%80%80アフター.jpg

こんにちは、マルセイテックです!

 

昨日から世間一般的には3連休が始まり海やちょっとした旅行に行かれている方も

多いのではないでしょうか!?

そんな昨日、今日と外にいるのもやっとな気温と日差し、、、痺れますね笑

 

ですが、マルセイテックは本日もバリバリ営業中でございます!


 

さて、今回ご紹介するのは座間市の‘‘K様の屋根の塗装前から

塗装後の仕上がりにいたるまでをご紹介していきたいと思います!


 

座間市のK様邸は自然に囲まれた環境にありました。

自然が多いと風通しがよく、エアコンをつけずとも快適な環境を作ってくれるので

心地よく過ごす事が出来ます!

 

一方、欠点もあるのです。

それは、雨樋に葉っぱが詰まってしまい上手く機能しないという事です。

雨樋は屋根に降った雨水を地面に綺麗に流す役割があります。

 

ですが、葉っぱが詰まってしまう事によって上手く流れる事が出来なくなってしまい

雨樋の中で水溜りが出来てしまったりしてしまうのです。

 

そういった影響によって雨漏りに繋がってしまうケースも少なくありません。

定期的にお掃除をしてあげ、雨樋の役割を最大限に発揮させましょう!

 

K様邸では、あまり屋根の手入れを行っていなかった!とおっしゃっていました。

 

確かに、、、なかなか自分で確認する事ってないですもんね。。

 

お話している時に現状が心配になり、早速屋根の上から状況を

確認しました!

 

屋根は一般的に呼ばれる『トタン屋根』でした!

トタン屋根は鉄板を亜鉛メッキで表面が覆われている屋根材なのです!!

 

トタン屋根は一昔までは、最も多くの家で採用されてきていましたが、

現在では更に耐久性が高く従来のトタンなどの金属屋根と

比較しても雨音が感じなくなったりする金属もたくさん扱われておます!

 

更に、トタン屋根の特徴として上記の写真のように錆びやすいという

大きなデメリットがあるのです。

 

サビが起こってしまってから何もメンテナンスせずに放置していると

やがて、サビてしまった部分はボロボロになってしまい、

最終的には穴が空いてしまうのです!

 

穴が空いてしまうと水の浸入を許してしまい雨漏りに繋がってしまうのです。

 

↑実際にサビが出てしまっている様子

 

見た目も悪く、耐久性も低下してしまっているので屋根を全面塗装していきます!

 

まずは、下塗り塗料で屋根材と仕上がりで使う塗料の密着性を高めます!

 

 

しっかりと綺麗に均一に塗装をしないと3年程経過すると耐久性に大きく影響していき、

本来の塗料の耐久性を発揮出来ずにボロボロになってしまうのです!

 

最後に仕上がりで上塗り塗料を塗装していきます!

↑今回は、非常に相性の良い茶色を採用し、シンプルな仕上げにいたしました!

 

 

 

綺麗に仕上がり、‘‘k様‘‘にも、とても喜んでいただいたのでやりがいのあるお客様でした!

 

座間市の‘‘K様‘‘ありがとうございました!


 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

お問い合わせはこちら

 

こんにちは、マルセイテックです!

 

いよいよ夏が始まり、天気が良すぎるくらいの暑さが続いていますね!

 

出勤時のちょっとした時間でも汗が出てきてしまうような破壊的な暑さを

実感しております。

 

水分補給を小まめに取り、体調が悪くなったら日陰でしっかりと休憩を取りましょう。

 

熱中症には充分、気をつけましょう!


 

さて、今回ご紹介するのは大和氏のI様邸の現場調査に行かせて頂いた時の様子を

ご紹介して行きたいと思います!

 

先日、I様から屋根の様子を見てもらいたいとお問い合わせいただきまして、

ご近所だった事もあり、すぐにお伺いさせていただく事に・・・

 

天気予報が良かったので翌日にお伺いさせてもらい早速、屋根の調査をさせて

頂きました!

 

少し、お話させて頂き屋根に登る事に・・・

 

やはり、屋根のスレート部分にいくつかの劣化が見受けられたのです。

よく見ると分かりますが、屋根材であるスレートの表面が色あせ・コケカビ・剥離

してしまっていました。

やはり、長期間紫外線や雨風の影響を受けている屋根はこのように

様々な劣化が起こってしまうのです!


 

他にも、何枚もの数で積み重なっているスレートが、風の影響で

大きく浮いてしまっていたのです。。。

ご覧いただけますか・・・!?今にも飛んでいってしまいそうな一枚のスレート

 

実際に、しっかりと固定はされていますが何らかの影響を受け、

外れてしまう事も有り、スレート屋根が飛んでしまった!という事もあります。

通行人や自動車に当たってしまうと事故や大怪我に繋がってしまいます。

 

こういった自然災害の影響によって被害を受けてしまった屋根や雨樋等は

ほとんどの方が加入されてい火災保険を用いて修繕する事が出来るのです!

 

kasaihokenn.jpgl

 

↑詳しくはこちらをご覧下さい!



 

今回の大和市のI様も火災保険を用いて修繕していきますので

随時更新していきますね!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら


株式会社マルセイテックへお任せください!


神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】


TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235


お問い合わせはこちら

 
 

 

こんにちは、マルセイテックです!!

昨日は突然の大雨に襲われ何かと困った方もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか!?

 

僕も作業中で、最初はポツポツだったので特に気にせず作業を行っていたのですが、

突然の豪雨にびしょ濡れになってしまいました。。。

 

夏場はこういったゲリラ豪雨が非常に多いですからね。

このようなゲリラ豪雨によって突風や大雨で家にダメージを与えてしまう事も

ありますので、ゲリラ豪雨が収まった後には自分の家に被害がないか

確認しましょう!

確認作業を行う事で雨漏り等の大きな被害を防げる事もあるので可能であれば行う事を

オススメします!


 

さてさて、今回ご紹介するのは‘‘座間市のY様‘‘の屋根が劣化してしまっている現状を

ご紹介して行きたいと思います!

 




 

屋根の全体にコケやカビが大量に繁殖してしまっていて防水性能は大きく低下

してしまっている様子が見受けられました!

 

このような劣化症状が見られると塗装工事などの工事が必要になっている合図でも

あるのです!


 

屋根は非常に過酷な環境にあり、太陽の紫外線や雨風等の自然現象によって

被害を受けてしまっているので、築年数が10年経たずしてカビやコケ等の

劣化症状が出てしまうことも十分にあります!

 

ですが、なかなか屋根がどうなっているのか確認をすることってなかなかないですよね!?

ほとんどの方が自分の家の屋根を見ることは少ないと思います!

 

ですが、このような軽度の劣化症状を放置しているとやがて大きな欠陥に繋がり

雨漏りしてしまうのです!

そこから更に、建物に水が入り込んでしまいシロアリが発生したり

家の土台となる木を腐食させてしまうのです!

 

それらの被害から守るために塗装工事や屋根カバー工法工事が必要になるのです!

 

座間市のY様邸では他にも

外壁のシーリング部分が硬く痩せこけてしまっていました。

 

外壁材と外壁材の継ぎ目に間に打ち込んであるゴムのようなものを

シーリングと言い、あまり必要性を感じる事は難しいですが

建物に関してとても重要な役割を担っていて家の採用している材料によっては

シーリングが無ければ家が成り立たない!と言っても

過言ではありません!

そして、シーリングも上記の写真のように劣化していると

雨漏りしてしまうのです!

写真のような現状では見受けられませんが、徐々にヒビ割れが始まってしまい

その隙間から雨水が入り込んでしまうのです!


 

このような経年劣化による劣化は防ぐ事ができません。

そのために、信用の置ける業者に点検してもらったり

安全な箇所であれば自分で確認し、どのような状態か把握しておく必要があるのです!

 

あなたの大事な家はあなた自身で守りましょう!

定期的なメンテナンスを行う事で住宅の資産価値を最大限に高める事ができるのです!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

座間市のY様邸は工事が進んだらまた、後日ご紹介いたしますね!



 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

お問い合わせはこちら

 

今回の施工事例は‘‘横浜市瀬谷区の角田様邸‘‘屋根の上の温水器撤去と屋根塗装工事の様子をご紹介します!

 

まずは工事前の屋根の状態から

 

 

屋根塗装のご依頼を受けたのですが、この大きい温水器が屋根の上に乗っていました。

聞けば既に使っていないとのことで、屋根の劣化状態も考慮し、撤去するのが先だとの流れになりました。

 

 

 

太陽熱温水器は、太陽熱を効率よく利用し、冷水を温水に変換するといった性能をもつもので、ガス使用量を削減することができます。

しかし残念ながら、現在ではあまり普及していなく、使わずに屋根の上に放置している方もすくなくありません。

中に入っている水の重さも考えると相当な重量になるので、万が一落下などしたら大変なことになります。

横浜市瀬谷区の角田様は、そういった理由から屋根の塗装をするついでに撤去してしまおうという事になりました。

 

 

 

こちらが太陽熱温水器の撤去後の屋根の状態です。

 

 

以前に一度屋根塗装を業者に依頼してやっているとおっしゃっておりましたが、しかし手が悪い・・・。

屋根は紫外線を年中受け、雨風にさらされるので塗膜効果はきれやすい箇所ではあります。

しかしこの部分部分にあるオレンジの箇所はなんなのか、素人が塗ったかのような状態になっていました。

 

他の屋根の状態もあまりよくありませんでした、下にあるのは屋根の棟といわれる箇所の写真です。

 

 

強風などでこういった現象をたまに見ますが、棟板金が大きく歪むほどの曲がり方はなかなかの状態です。

今回は、もちろんこちらの棟のメンテナンスも一緒にさせていただきました。

 

 

 

 

 

太陽熱温水器の解体撤去

 

 

 

はじめに、太陽熱温水器の解体撤去作業からです。

太陽熱パネルの部分を解体し、架台骨組みだけの状態にしていきます!

二人一組みで作業を行いました。

 

 

それから、架台骨組みを順番に解体していき屋根から降ろしやすいように

屋根の上で細かく解体します。

 

屋根棟下地交換工事

まずは棟板金の解体から。

その下には、一般的に貫板と言われる杉材が下地としてはられています。

まさに下の写真がそうです。

角田様邸の屋根の棟は長い期間、水を吸い込んだのが木の状態で認識できますね。

 

この棟の下地材をバールなどを使って屋根材に負担のかからないように解体していきます。

 

下が解体後の写真です。

 

 

棟の下地材に杉貫板を使うのは一昔前なら当たり前の材料でしたが、経年劣化とともに雨水が浸入し、上記の写真のように木がボロボロになります。

棟の下地材も進化しまして、高耐久材質を扱うお客様目線の業者であれば、ただの木材ではなく腐らないプラスチック製の木材を使います。

 

合成樹脂制屋根副資材 タフモック

 

上記写真がタフモックを設置したものです。

釘位置目安マークで施工性もよく、雨水排水溝や雨水排出溝もあり、防水性もいいです。

なんせ木材ではなく、プラスチックなのではるかに耐久性がアップします。

 

 

屋根塗装

 

洗浄後、下地処理のケレン作業に入ります

 

 

下地処理は重要な工程です。

角田様邸の屋根は金属屋根ですので、高圧洗浄で落としきれていないサビ汚れを削り落とさなくてはなりません。

この作業を怠ると、サビの進行を抑えることができず、塗装メンテナンスをしても数年後にまたサビがでてきてしまうといったことに繋がってしまいます。

ケレンという削り落とし作業は高耐久を目指す作業には欠かせないポイントでもあります。

 

下塗り塗布

塗り残しの無いように雪止め金具から丁寧に塗っていきます。

 

今回下塗りに使ったのはサビ止め効果のあるものです。

屋根材が金属ですからね。

 

屋根全体に塗布したのが以下の写真になります。

 

 

 


中塗り上塗り塗布

中塗り上塗りの間に縁切りといった作業が入ります。

屋根材や外壁材に使われる塗料は、サラサラしたペンキではなく、ふっくらとした厚みのあるものがほとんどです。

屋根と屋根の隙間を全部埋めてしまうと屋根の下の湿気などを排出するところがなくなり、屋根の下地材は常に湿気を帯び、

木材がダメになっていなっていくといった現象がおき起きることがあります。

屋根から水が入らないように、ただ単に隙間という隙間を全て埋めるといった作業ではダメなのです。

縁切り、もしくはタスペーサーといった工法で屋根と屋根の間に隙間を作る工程も大事な重要ポイントです。

 

 

仕上がり直後の写真がこちらです。

 

屋根塗装に使用された塗料材はGAISOガイソーのルーフガードフッ素

下地材にGWコートサビ止め

ツヤ感も素晴らしく、施工前の写真と比べると、生き返りましたね!

ピカピカに塗装することが出来ました。

これで塗膜が屋根を長期間守ってくれます。

サビの進行も止めれたので、屋根の耐久年数も伸びたことでしょう。

 

 

 


 

■-----------------------------------------

神奈川県央エリア

大和市・座間市・綾瀬市で外壁塗装や屋根リフォームを行うなら

GAISOガイソー大和店 株式会社マルセイテックへ

ショールーム店舗

〒242-0021

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル1F


【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

お客様専用ダイヤル

0120-554-913

TEL:046-260-1101 FAX:046-260-1121

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

皆様、こんにちは。マルセイテックです。

さて今回は、家の敷地内に駐車場を作りたいとのお客様からのご要望により、

土間コンクリートの工事を行いましたので撮影してきました。

 

土間コンクリートとは、その地盤面をコンクリートで平坦に仕上げたのが土間コンクリートで、

土間コンと略されることもあります。特に凹凸などもなく、

白または薄いグレーに仕上がっているのがほとんどです。

 
 
続きはこちら
 
 
まずは、土を堀削していきます
 
周囲との高さと合わせるため、表面の土をシャベルなどで掘削します。
 
 
 
枠石を敷き詰め枠石を固めます
 
 
 

コンクリート施工後の沈下を防ぐため、また施工面を均一に平坦にするため、

砕石と呼ばれる砕いた石を敷き詰め、

重いコンクリートが自重で沈まないよう基礎部分の下地として砕石を押し固めます。

 

ワイヤーメッシュを設置する

コンクリートの強度を上げるために溶接金網をコンクリート打設する箇所に張り巡らせます。

鉄筋は均一の高さに埋め込めるようスペーサーブロックと呼ばれる四角いコンクリートブロックを使用します。鉄筋の間隔や太さなどは十分な強度が出るよう、弊社の施工基準に則り設置いたします。

 

コンクリートを流し込み表面を仕上げます
 
コンクリートを流し込みます。刷毛引き仕上げなど、
表面加工をコンクリートが固まる直前に行ないます。
気温などの条件により異なりますが、コンクリート打設後1~3日で表面は固まります。
しかしコンクリート全体が硬化するまでに日数がかかる為、
コンクリート打設後に養生期間として日数を空ける必要があります。
 
土間コンクリートの完成です!!
 

土間コンクリートの注意点

土間コンクリートは一般的な構造物と比べてひび割れが入りやすいです。
色々な場所にある駐車場にひび割れが発生しているのを見たことがあるかと思います。
施工を注意しないとひび割れだらけの駐車場になってしまいます。
 
また、土間コンクリートの施工は手抜き工事を見抜きにくいです。
質の悪い工事をされても、一般的にそのひび割れは入りますと言われるだけの場合もあります。
あまりにも安すぎる業者は選ばないように気をつけてください。
 
もし気になることがあれば地域密着のマルセイテックへご相談下さいませ。
 
■-----------------------------------------

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

お問い合わせはこちら

皆様こんにちは!マルセイテックです

さて、今回は綾瀬市にお住まいのS様邸の外壁塗装工事の様子をご紹介させて頂きます。

 

S様邸の外壁も塗装が劣化していて、防水効果が切れてしまっている様な状態でした。

 
 
続きはこちら
 

まずは、高圧洗浄をした後に、下塗りをしていきます

 
 

下塗り塗料とは、外壁材や屋根材などの塗装面に一番最初に塗る塗料です。

下塗り塗料は、中・上塗りの密着性を良くするために、塗装面を整えるための塗料です。

代表的なものにプライマーとシーラー、フィラーがあります。

今回使用したのは、カチオンシーラーです。

 

そして中塗りをしていきます

 

中塗りとは、下塗りの次に行う塗装工程です。

外壁の色決めの際に選んだ色の塗料を使い、色塗り1回目というとわかりやすいかもしれません。

ただし、色塗りは1回の塗布ではムラなどの塗り残しが出てきますので、

色塗り2回目の上塗りへと続いて行きます。

 

最後に上塗りをして仕上げます

 

上塗りとは、中塗りが終わった後に仕上げの塗装として行う塗装工程です。

中塗りと同じ材料を使い、中塗りでは塗り切れなかったムラなどの塗り残しをカバーするように綺麗に仕上げていきます。2段階で色つき工程を行うことで、塗膜に十分な厚みを持たせることができます。

最終工程の仕上げ塗りですので、丁寧に塗布することが大切です。

最終工程ゆえに、美しい仕上げ塗りの技術を問われる工程になります。

 

何故下塗り、中塗り、上塗りの3回の工程が必要なのか

 

下塗りは外壁素材と塗膜を繋げる役目であり、下塗りをしないと外壁素材と塗膜が一体にならない

下塗りは接着剤のような役目を持っており、下塗りがないと中塗りや上塗りが外壁素材とくっつきません。

 

中塗りの1回だけではムラができてしまい、万全な塗膜とはならないので上塗りも必要

1回目の色付けだけでは、どんなに腕の良い職人さんでも色むらが発生してしまいます。

それは腕が悪いのではなく、塗料の性質上、色むらが発生するので当然なのです。

そのため、色付けは必ず2回工程が必要になります。

 

この様な観点から、これらの3つの工程は最低限必ず行わなければならない工程となります。

どの工程が欠けても万全な塗膜とはなりませんので、絶対必要であることを覚えておきましょう!!

 

フッ素を超えるフッ素

 

今回使用した塗料は、フッ素4Fという塗料です。

フッ素4Fは、とても優秀な塗料でたくさんのメリットや特徴があります。

 

特徴

〇美しい外観を保つ(高耐候性)

屋外の過酷な条件でも紫外線や風雨から建物を守ります。

4フッ化フッ素塗膜は従来のフッ素塗料を耐候性において大きく上回る結果を出しています。

長期間光沢を維持するのでいつまでも建物をきれいに守り続けることが可能

〇雨筋汚れ防止(低汚染性)

雨筋汚れのつきにくい汚染性に優れた塗料です。

長期間に渡り建物をきれいに守り続け年数とともに外壁の美観に大きな差がつきます。

〇住まいに煌く輝き(高光沢性)

優れた光沢性と平滑性により、鮮鋭性の高い艶やかな塗膜が得られます。

高光沢な塗膜は住まいを美しく輝かせます。

〇壁が汚れにくい塗膜(新水性塗膜)

塗膜表面親水化技術により親水性塗膜を実現。

壁上の汚れの中に水が入り込みセルフクリーニング効果により洗い流します。

〇ひび割れしにくい塗膜(フレキシブル性)

柔軟な塗膜を形成するため状態の悪い下地でもひび割れしにくく下地に追随します。

耐久性と強さを兼ね備えた塗り替えに最適なフッ素塗料です。

 

外壁塗装というのは三回塗りが基本で、一回目を下塗り、二回目を中塗り、三回目上塗りと言います。

この三回塗りは絶対に必要と考えてください。

悪徳業者や手抜き業者がこの三回塗りを行わず、

後からすぐに塗料がはがれてトラブルになるという事がよくあります。

優れた機能なので、下塗りと上塗りの二回塗りで大丈夫です」や「下塗りをしなくても良い塗料」

という外壁塗装会社は信用できないものと思った方が良いでしょう。



外壁塗装をお考えの方やお家の事でお困りの方は、

是非、地域密着のマルセイテックへお気軽にご相談下さい。

 
 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

お問い合わせはこちら

 

こんにちは、マルセイテックです!

今日も31℃あり、午前中から日差しがとても暑いですね。。。


 

さて今回ご紹介するのは、横浜市瀬谷区からべランダの防水工事の

施工中の様子をご紹介いたします!

 

先日、瀬谷区S様よりネットからお問い合わせを頂きました!

 

以前、お問い合わせ頂く前に‘‘S様‘‘自ら心配になり自分で手直しを

したんだけれど良くわかんなかった!とおっしゃっていました。

近年、凄く流行っているDIYですが、楽しさや費用を抑えることが出来るのですが

一歩間違えてしまうと余計に劣化が進んでしまったり、雨漏りに繋がってしまう事など

リスクも当然あるのです!

室内塗装などであれば問題ないですが、建物自体に関わるDIY工事は危険を伴うので

十分注意して行うか、業者に依頼して工事しましょう!

 

 

↑横浜市瀬谷区のS様邸のベランダ防水の様子

 

上記の写真のように表面にヒビが入ってしまっていました!

この状態からぴかぴかのベランダにしていきます!!!

 

 

今回はウレタン防水仕上げにするのでこちらの防水塗料を採用し塗装していきます!


 

まずは、表面のゴミを全て掃除し片付けていきます!

表面を綺麗な平らにするためや密着性を高めるために、

下地調整を行います(シーリングなど・・・)

 

↑コーキングを充填している様子!


 

ここまで出来ればいよいよウレタン塗料を塗布していきます!

 

 

ヒビ割れを抑えたり補強させるため、ガラス繊維で形成されている補強クロスを貼り付けます!!


 

最後にしっかりと塗膜を形成するため2回目のウレタン防水塗料で塗装していきます!


 

 

2度塗りが終われば塗装工事は終了です!

 

その他に葉っぱなどが詰まってしまわないようにドレンを設置します!

 

ここまででベランダ防水工事は完成です!

ベランダはあまり意識が届かず放置されてしまいがちですが、

雨漏りしてしまいやすい箇所でもあり、危険はたくさん潜んでいます!

 

外壁塗装工事などを行うタイミングやべランダの表面がボロボロになってしまったら

早めに工事を検討しましょう!

 

ベランダ防水工事についてはこちらで詳しくご紹介しています!↓↓

 

marusei-tech.com/blog/12


 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

こんにちは、マルセイテックです!


 

ここのところ、屋根工事や雨樋工事の更新が重なってしまったので

久しぶりに外壁塗装工事についてご紹介して行きたいと思います!!


 

先日工事が終わった瀬谷区のK様ですが、

外壁が汚れてしまって外壁塗装を検討しているとお問い合わせ頂き

すぐさまお伺いさせて頂きました!

 

白を基調とした住宅で洋風な可愛らしいデザインの立派なお家でした!




 

早速、現状を確認させてもらうために家の周りをぐるぐる・・・

 

発見してしまった・・・外壁汚れを・・・

 

↑本来は真っ白な外壁の拡大写真


 

白の外壁のデメリットとして汚れが目立ってしまいやすく、汚れが出始めると

お手入れしていない家なんだなという印象を与えてしまいます!

 

このようなコケやカビや油汚れは湿気が多い所に繁殖すると同時に

塗り替え工事を行うべきタイミングでもあるのです!

他にも外壁サイディングが浮いてしまっている箇所も見受けられました。


 

 

外壁サイディングの浮き・反りを放置していると雨漏りに繋がってしまうため

大きな被害が出る前に塗装工事を行いましょう!!

 

いくつかの症状が見受けられK様に放置してはいけない理由や現状の状態など全てご説明させて頂き、

K様のご要望等も聞き、

最も適した塗料や塗装で提案させて頂き依頼して頂けることになりました!!!

 

外壁や屋根の劣化は待ってはくれないので、早急に手配し工事に取り掛かりました!

 

今回は、外壁3度塗り(下塗り・中塗り・上塗り)・擁壁塗装・雨樋塗装という

内容での塗装工事でした!


 

↓擁壁を下塗り塗装している様子↓

外壁に合わせ擁壁も白色で塗装していきます!!

 

↑仕上げの色となる白い塗料で塗り塗り・・・当然手作業で塗り残しの無いように

丁寧に塗装工事を行っていきます!!

 

次に雨樋を塗装している様子をご紹介します!

外壁や屋根だけ塗装しても雨樋を塗装しないと雨樋の汚れが目立ってしまい

せっかく外壁や屋根を塗装しても完璧ではない仕上がりで

塗装をやっとけば良かったと思ってもまた足場を架けてやらなくてはいけなく

なってしまうので費用に余裕があるのであれば是非とも塗装工事をしておきたいのが

この雨樋です!!

 

白は汚れやすいですが、綺麗なうちは他の色よりも綺麗に見えますし、

近所にあわせやすいので編に目立ってしまう事はありません!


 

最後に外壁塗装を行っている様子をご紹介します!!


 

↑この部分は元々、意匠性のあるサイディングを使用していたので

あえて色のない塗料『クリアー塗料』で塗装をさせて頂きました!

 

クリアー塗料は現状の色を残したい!などと要望があればいくつかの

条件を満たせば塗装工事をする事が出来ます!

 


 

元々の色と比べるとこれだけ綺麗な仕上がりになっているのが良く分かります!

 

当たり前の事ですが、窓枠には塗料が付着してしまわないように綺麗にしっかりと養生が

されています!

 

塗装工事が何日も続き、ようやく工事が終了しました!


 

 

いかがですか!?この仕上がり・・・!!

 

この日は天候にも恵まれより一層綺麗に写真が取れました!

 

K様邸も凄くきれいな仕上がりの外壁塗装工事になりました!

おそらく、瀬谷区で1番綺麗な外観になったでしょう!

 

このように、熟練の職人による細かい所ほどこだわりを持ち塗装工事をすることで

塗装直後も綺麗ですし、塗装工事してからも何年経っても劣化がすることなく

綺麗な外観を維持する事が出来るのです!




 

横浜市瀬谷区のK様、ありがとうございました!

 

 

■-----------------------------------------

大和市・瀬谷区・旭区・泉区エリアで外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F


 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

こんにちは、マルセイテックです!!

 

現在、頭の中がW杯で頭がいっぱいの渡邊です!笑

 

時間帯が遅く仕事もあるのでなかなか見れないかなと思っていましたがついつい見てしまう・・・

夜更かしの連続で眠れぬ日々が続いていますが、仕事に手を抜く事も出来ないので

気合で乗り切っているわけですが、最近はより一層暑くて暑くて・・・

しっかりと水分補給しないと熱中症になってしまいますからね。


 

さてさて、今回ご紹介するのは綾瀬市のS様邸の瓦屋根の様子です!



 

S様は以前工事させていただいたお客様で再度訪問させて頂きました!!

 

早速、屋根の状況を確認しに登らせていただきましたが下を見てみるとびっくり!!

 

瓦が何枚もズレてしまっていたのです。

 

 

は、他の屋根材と比較すると非常に重量があり、1枚辺り3kg程もあるのです。

 

それだけ屋根の重さがある瓦がズレてしまう事によって落下してくる可能性があり、

通行人や自動車に当たってしまうと大惨事になってしまうのです。

 

そのため、ズレは非常に危険で放置してしまうと上記の様に落下してしまうリスクが

あるのです。。。

 

瓦がズレる主な原因

 

①強風によってズレが生じる

瓦がズレテしまう主な原因は台風などの強風が吹いたときに

風圧によって曲がってしまう事がもっとも多いのです。

施工の手順によっても異なりますが、しっかりと固定していない場合もありますし

場合によっては乗せてあるだけ!の場合も有り得るのでその様な状況で強風が吹けば

ズレてしまったり、落下してしまいますよね!

 

そのため、瓦は割れやすい特徴があるのです!

 

②経年劣化

瓦そのものの耐用年数は50年以上と言われており、屋根材の中では

非常に長い耐久性を誇りますが、紫外線や雨風の影響は大きく

それが30年~50年も続けば劣化もしてしまいます。

 

また、ズレだけではなく、屋根材にヒビ割れが起こってしまう事もあり

瓦に出来てしまったヒビから雨水が染み込んでしまい、

雨漏り等の大きな被害になってしまうこともありますので

定期的に確認する事が必要なのです!!

 

綾瀬市のS様邸は他にも瓦の1番高い所の『棟(むね)』が蛇の背中のように

曲がってしまっていました!

 

上から見ると良く分かる通り、本来まっすぐのはずの棟がぐにゃぐにゃと

曲がってしまっていて・・・

縦に4段ほど積んである『のし瓦』がいまにも崩れてしまいそうな状態でした。

 

のし瓦からいきなり雨漏りに繋がってしまう可能性はそこまで高くないですが

最も気をつけたいのがのし瓦が崩れてしまう事によって起こる落下です!

 

何枚も重ねて設置されているので二次災害に繋がってしまう危険性が非常に高いのです。

 

瓦には更に危険性があり気にしておきたいポイントがあります。

それは瓦の重量です!

 

瓦が全面に乗せてある一軒家の場合、およその重さは3t~5tほどあるのです!

これだけの重量があれば耐震性は低く、地震に弱い家になってしまうのです!

とても地震が多い現在の日本では、リスクが高くあまりオススメ出来ません!

 

なので、屋根工事をする場面があるならば軽量のシングル材の屋根や

近年流行のガルバリウム鋼板屋根にしましょう!

 

家が倒壊してしまっては元も子もなくなってしまいます。。。


 

綾瀬市のS様邸では火災保険を用いて強風でずれてしまった屋根を補修いたします。

 

また、近況をご紹介いたします!

 

ありがとうございました!!

 

■-----------------------------------------

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うならマルセイテックへ

 

こんにちは、マルセイテックです!


 

今回ご紹介するのは、横浜市旭区のK様邸のカーポートを新しく取り付ける新設工事

様子をご紹介いたします!!

 

このK様は外壁塗装工事もお任せいただきまして外壁塗装工事カーポート新設工事

させて頂きました!

 


 

 

家の模様であるレンガ調に合わせて白い枠のカーポートを採用し

まるで海外の家のような外観をイメージしています!!

 

凄く相性がよく白を採用する事で家が、更に際立ち長期間にわたって綺麗な

外観を手に入れる事ができます!!

 

設置する前までは何も無く、隣の家の方のフェンスで仕切られているだけでしたが

カーポートを設置しよりよくなりました!



 

工事終了までの流れをご紹介します!

↑まずは材料を用意するところから・・・!!

不備があると作業が出来なくなってしまうのでしっかりと確認を行います!!

まず、枠を設置していきます!!

なかなかの重量ですが、しっかりと安定させなければいけないので、

職人の技術が問われる瞬間ですね!

 

ここまでで完成ではないですが、カーポートは大きく非常に存在感があり

完成が待ちきれません・・・!!

 

最後に仕上げとしてパネルを設置していく訳ですが、

1番こだわらせていただいた部分でもあります。

一般的にはここに波板を採用し設置するのですが、今回はあえて

家の外観・傷が目立たない・白がより綺麗に見えるようにすりガラス調のパネルを

採用させて頂きました!

日差しをさえぎる効果もあり、これから夏場になるので駐車時の車内温度を抑制する働きも

あるのです!

職人も足元が不安定ながら長年の経験でしっかりと1枚1枚綺麗に設置しています!

 

まだ設置途中の段階ですが、早くも見た目が綺麗になっていくのが分かり

K様にも喜んでいただけると確信できました!!!

自分で言うのもどうかと思いますが、綺麗だ・・・笑

 

そして最後の箇所を止めて完成しました~~~!


 



 

 

横浜市旭区のK様邸ご近隣の家やK様邸は非常に意匠性のある外壁サイディングで

施工が施されていたので本当にここは日本なのか・・・!?と思ってしまうような

仕上がりになりました!!

 

いや~綺麗ですねぇ!笑

また、青空が非常に引き立てられているのがなんとも言えませんね・・・。

 

横浜市旭区のK様ありがとうございました!

自分自身凄く勉強になったお客様でもあったのでこれからの活動に活かしていきます!

 

マルセイテックでは、外壁塗装屋根工事だけではなく、土間工事やカーポートの

設置などといった工事も承っており、専門の職人も抱えているので

様々な住宅工事に対応でき、喜んでいけるようにお客様への対応だけではなく

職人の技術も磨いて、更にお客様に喜んでいただけるように活動していきます!!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

■-----------------------------------------

大和市・瀬谷区・旭区・泉区エリアで外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

こんにちは、マルセイテックです!!

 

ようやく天気も回復しつつありムシムシとした一日になりそうですが、

九州の方では特別注意報などが発令されているようで50年に1度の雨とニュースで

見てとても心配しております。。。

 

近年、そういった異常気象が凄く多く、竜巻だったり、突然の台風やゲリラ豪雨等

夏場になるとゲリラ豪雨が増えてくると思うので十分な注意をしながら外出しましょう!

 

大和市や座間市や綾瀬市にも多く雨が降ったり、去年なんかは8月のうち20日間以上は

雨でしたからね。。。今年は自分も天気も暑い夏を感じていきます!!!

 

さて、今回ご紹介するのは、座間市のT様邸の屋根スレートの現状についてご紹介

していきたいと思います!!

 

 

 

まずはここ↑

屋根の一面にコケ・カビが大量に繁殖してしまっている状態でした。

 

 

 

 

屋根や外壁に塗装工事を行う理由として、屋根材や外壁材を塗料を塗装することによって

屋根材の表面に塗膜と呼ばれる塗料の膜を覆う事で常に受けている雨風や太陽の紫外線から

保護してくれているのです!

ですが、当然雨風・紫外線をどんな時も受け続けているので劣化もしてしまうのです!

この塗料の膜が劣化することによって防水性が著し大幅に低下してしまい、

屋根材や外壁材に雨水が染みてしまい、最悪の結果『雨漏り』に繋がってしまうという事なのです。

 

 

↑屋根のスレートに複数のヒビ割れが起こっていました。

このように痛んでしまっていると、近いうちに割れてしまい

割れてしまったスレートの一部が落下してしまう危険がありますので

十分な注意が必要です。

 

↑これがスレートが割れてしまい、内側が剥き出しになってしまっている様子です。

 

今すぐに工事をしなければとても危険!というほどでもありませんが、

放置してしまうと、水を吸収してしまい内部に水が入り込んでしまう可能性も

十分にありますので、補修するもしくは屋根のカバー工法をご検討

しましょう!!無料で出来る訳ではありませんが、放置していると

トータルで当初の金額より何倍もの費用が掛かってしまう可能性も高いので

メンテナンスは必ず行いましょう!!!

 

座間市のT様邸では屋根材の割れや破損の他にも

いくつかの交換工事を行うべき箇所がありました!

 

 ①雨樋

 

↑少し分かりにくいかもしれませんが、このように雨樋が

大きく歪んでしまい正常に機能しなくなってしまっている状態でした。

すぐ隣に雑木林があり、枯れ葉や土が溜まってしまっているのも

見受ける事ができました!

 

雨樋としての屋根に降った雨水を地上まで綺麗に流すために設置してありますが

ここまで詰まりなどが激しいとただ家に着いているだけで綺麗に地上まで雨水を

流す事は出来ていない状態です!


 

②外壁のカビコケ

↑コケやカビなどが屋根や外壁に付着してしまうのは

完全に表面の防水効果が切れてしまっている事を指します。

ビやコケを根こそぎ綺麗に洗い流す方法←←

 

 

更に、日の当たりにくい箇所や湿度が高い箇所など

環境や状況は様々ですが、日に当たる事がない箇所には特に繁殖しやすい

特徴があるのです!!

 

見栄えも良くないですし家にとっても、寿命に関わってくるので早めに対応しましょう!!

 

座間市は特に坂が多く、他の市と比べても日陰面がある家が凄く多い印象があります。

 

そのため、カビやコケの繁殖率が高いので自分自身で定期的なセルフチェックを行うか

家の近くの信頼の出来る屋根専門業者を呼び、プロからの目線で確認してもらい

無駄がなく、長持ちする工事をしましょうね!

 

 

■-----------------------------------------

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

大和市・座間市・綾瀬市・海老名市で外壁塗装・屋根工事を行うならマルセイテックへ

 
 

こんにちは、マルセイテックです!

 

本日、二度目の更新です!!

普段、お客様がなかなか見ることの出来ない屋根だったり、外壁またまた職人の作業している

作業風景だったりと有益な状況をお届けしています!!!

自分ではほとんど見る事の出来ないプロの視点でこれからもご紹介して行きたいと思います!


 

という事でそんな今回は

‘‘座間市のK様邸の屋根葺き替え工事をご紹介して行きたいと思います!!!!

 

以前、お問い合わせ頂き屋根の傷みが激しく、確認してもらいたい!とお問い合わせ頂きましたが

その時は雨予報が多く、雨漏りしてしまうと大変だ!と思い翌日にお伺いさせていただきました!

 

いざ、現場調査を行い隅々まで確認していきました!

 

 

 

写真からでも見受けられるように屋根の表面が色あせしていたり

一部剥がれてしまっている所がいくつかありました。。

 

一部損傷してしまっている箇所の損傷が激しく、防水シートが

表面から見えてしまっていたのです!

 

これは、もしかしたら・・・と思い恐る恐る、屋根裏等もじっくりと確認したところ

激しくはないですが、天井裏が雨漏りしてしまっていたのです。

 

屋根塗装を行っても屋根カバー工法を行っても内部の劣化してしまった箇所は

交換する事がない工事内容なので『屋根葺き替え工事』をご提案させて頂きました!

 

やはり、屋根葺き替え工事は決して安価な工事ではないため、

慎重に決めましょう!

 

座間市の外壁塗装や屋根工事を行う際には

地元の業者に頼み工事をしてもらいましょうね!

 

‘‘座間市のK様‘‘はマルセイテックが施工してお願いしてもらうことが出来ました!

 

ですが、まだこれだけ終わりではなかったのです。。。

 

いざ、工事をを進めていくと屋根のルーフィング(屋防水シート)がこのような状況に

なってしまっていたのです。。。

 

黒いのが防水シートで茶色いの方が中の野地板になります!

 

正直、初めてこのような状況になってしまっている屋根を見ました。

いつどのタイミングで全体から雨漏りしてしまうか分からない状況の中

大きな被害が起こっていない事が奇跡のような事なのです!

 

例えばこの状況で屋根カバー工法を進めている業者に施工されてしまうと

この傷んでしまった状態の屋根をそのままに新しい屋根を乗せるので

中では雨水が起こっていた状況のままになってしまいます!

 

表面はきれいだけど中がボロボロのまま過ごす事になってしまいますが

そもそも、その施工をする業者はその状況を分かっていても

きちんと報告してくれず、工事さえ終わってしまえば関係ない!

といった典型的な悪徳業者といえるでしょう!

 

やはり、業者目線ではなくお客様目線で最も家に良い提案を

する業者を選ぶ必要があるのです!!!

 

さて、屋根葺き替え工事なのでこの状況の野地板・防水シートを全て剥がしていきます!

全て剥がしたら今度は新しく設置する野地板を綺麗に設置していきます!

基本的には6mmの野地板を使用しています!!

 

次に使用するのは防水シート(ルーフィングです!

上記の写真で黒くボロボロになっているのが防水シートですが、

新品を設置すればこれだけ綺麗に春事が出来るのです!

隙間無く野地痛に貼り付けていきます!!

雑な貼り方で施工してしまうとすすぐに雨漏りしてしまう可能性もあるので

施工中の様子等を見れるように写真で残しておくと確認がいつでも出来ますし

良いでしょう!!!

 

 

仕上がりで上記の写真からここまで綺麗にする事ができました!!

 

このようにお客様にとっても嬉しいですし、お客様にとっても家が綺麗になり

寿命が延びたりと嬉しい事がたくさんあります!!

 

定期的にメンテナンスを行い長持ちする家を作り住宅の資産価値を

最大限に高めましょう!!!

■-----------------------------------------

大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

大和市・座間市・綾瀬市で外壁塗装で行うならマルセイテックへ

 

こんにちは、マルセイテックです!

 

バタバタとしていて更新が遅くなり、3日ぶりの投稿になってしまいました・・・。

 

本日も朝から大雨が降っていて、家を出てすぐに足はびちょびちょになってしまいました笑

 

さてさて、今回ご紹介するのは‘‘大和市のY様邸‘‘の外壁から室内に水が入ってしまい

雨漏りしてしまっている様子をご紹介いたします!

 



 

写真ではなかなか見えにくいかもしれませんが、木の色が変わっていて

水を吸ってしまっている状態でした。

 

やはり、屋根や外壁の劣化というのは雨漏りしてみないと実際に被害が出てしまっているのかどうかを確認する事は知識が無ければなかなか見つける事は出来ないですよね。


 

 

このように、室内の様々な箇所に水が入っている状態になってしまうと正確にどこまで水が

建物内に染み込んでしまっているかどうかを確認するには大規模な工事が

必要になってしまうのです。

それだけ、雨漏りの発生箇所を正確に探すのが大変なうえに

大掛かりな工事が必要になってしまうのです。。。

 

本来であれば、『コーキング』を使用し補修していれば

安価で雨漏りを防ぐ事が出来たが、気が付かずに発見が遅れ

いざ自分の家が雨漏りしてようやく気が付いた!となってしまうと

何倍、何十倍もの工事費用が掛かってしまいますし、住宅の寿命を縮めてしまうのです。。

 

それはあなたにとっても家にとってもメリットはなにもありません。

その為に、必要なのが定期的に行う『住宅点検』であったり

『メンテナンス』という事なのです!

 

これらを怠ってしまうと当然、確認する事が出来てないという事なので

雨漏りしてからようやく深刻な状況におかれている事に気が付きます!

そうなる前に信頼出来る近所の業者に現状を確認してもらいましょう!

 

更に、雨漏りしてしまうと厄介なやつが現れます。。。

 

それがシロアリです!!!

 

ここ、大和市でも繁殖してしまったという話をよく耳にしますし

シロアリは腐食してしまった、水を含んでしまっている木に特に繁殖します!

 

シロアリは1匹で行動する生き物ではないのでシロアリが繁殖してしまうと

何万匹ものシロアリが住み着いてしまっています。

 

 

シロアリが及ぼす影響

 

1.家の家具や建築材の被害

シロアリは木だけを食べるのではなく、ガラスや瓦等の陶器以外は

全て食べてしまう!と覚えておきましょう!

 

そのため、家具や屋根に設置してある断熱材などにも被害が

進んでしまい、家にあるほとんどの物がシロアリによって

食べられてしまうのです。


 

2.カビの繁殖を早める

上記の様に家具などが被害にあった場合、湿気が多いところを好む

シロアリとカビはシロアリによって食べられてしまった穴や溝に

カビが本来より発生してしまいやすくなってしまいます!

 

特に被害が無ければ良いですがカビによってアレルギー症状や

肺炎等様々な健康被害をもたらしてしまうのです。

その様な状況にならないようにすることが1番重要ですが

万が一、シロアリが発生してしまっている場合は

お年寄り、子供、ペットにも被害が及んでしまう可能性が

あるため、なるべく近寄らずに業者に早急に対応してもらいましょう!

 

3.シロアリの被害によって耐震性が下がる

シロアリに躯体そのものの木材が食べられてしまうと

耐震性に大きく関わってきます!

これは、シロアリ繁殖でもっとも気をつけておきたいポイントです。

 

シロアリが家の支えとなる木材を食べてしまうと

その家の耐震性はなくなってしまい、大きな地震で倒壊

してしまう可能性が非常に高くなってしまうのです。

家の倒壊は命にも関わってくる事なので非常に危険です!!

 

そこまで被害が進んでしまうと大規模な補修工事を行うか、

引越しするなどの選択をしなくてはいけない事も有り得ます。

 

こういったたくさんの危険性が生じてしまうのです。。。

大和市でも、シロアリによって倒壊してしまった事例は

聞いた事がありませんが、あなたの家のそばにも

シロアリが潜んでいる可能性も十分にあります。

 

私の家は関係ないからと他人事にせず、

しっかりと確認だけでも依頼しましょう!

シロアリの被害が及ばないように対策を立ててくれるでしょう!!

「シロアリ」の画像検索結果

 

 

■-----------------------------------------

大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

 

大和市・座間市・綾瀬市で外壁塗装で行うならマルセイテックへ

 

 

 

 

 

こんにちは、マルセイテックです!!

 

本日も海日和・・・今年は何回海に行く事が

出来るのでしょうか・・・!?

 

ですが、沖縄では台風が発生しているようで、大和市も木曜日から天気が一旦、崩れるようですね。。。


 

夏の雨は暑さとジメジメとの戦いが凄まじく、とても苦手です。。。笑

 

そんな事はおいといて、、、

今回は座間市より屋根工事をお任せして下さった‘‘座間市のT様‘‘をご紹介します!



 

座間市のT様の屋根の状況としては既に屋根の塗料の防水効果は切れていて、屋根材が雨水を吸ってしまっているような状態でした




 

このような状況のまま放置していると、当然屋根材は雨水をどんどん吸収してしまいます。

雨上がりに太陽が出て急速に乾燥を繰り返しているうちに屋根材は割れてしまうのです。

その割れてしまった部分や、防水効果が切れている屋根材の

内側にある防水シートを破り建物内への雨漏りに繋がってしまうのです。

 

座間市のT様邸では、天井裏が既に雨漏りしてしまっている状況になってしまっていました。




 

 

雨漏りはしてしまってはいたものの、天井裏にしか被害は進行していなかったので

屋根裏を補修する程度で済みましたが室内に水がたくさん入り込んでしまうと、

建物の軸となる柱はもろくなりますし、腐食した木にシロアリがたくさん

繁殖してしまう等の様々な災害が起こってしまうのです。

 

とても怖くないですか!?シロアリなんかはなかなか繁殖していても気付きにくいので

尚更、発見が遅くなりますし対応も遅れてしまうのです。

 

雨漏り被害は少なかったものの、天井裏に水が入ってしまっているという事は

屋根の防水シートや野地板は傷んでしまっています。

そのため、屋根塗装工事や屋根カバー工法では完全に直すことは出来ないので

屋根の葺き替え工事をご提案させて頂きました!!

当然、屋根塗装や屋根カバー工法工事と比べると葺き替え工事は費用が掛かってしまいますが家の寿命やどのくらい住むのかを考えればやはり最善の策を提案しなくてはと提案いたしました!




 

葺き替え工事の施工の流れについてご紹介します!!

 

まずは、既存の屋根を剥がしていきます!

スレート屋根は1枚1枚重なって形成されているのでごみが散らからないように十分配慮しながら撤去作業していきます!


 

表面の屋根材を剥がす事が出来たら次に見えてくるのは防水シートです!

防水シートは屋根を守る重要な役割を担っていますし、防水シートが破けてしまうと

一気に水が流れ込んできてしまうので、屋根にとっては最も重要なポイントなのです!

 

 

防水シートと内側の野地板を剥がす事が出来たら

新しく設置する野地板、防水シートをきれいに貼り付けていきます!

 

 

 

隙間無く防水シート・野地板を貼り付けていかないと

また隙間から水が浸入してくる可能性もあるのできれいに丁寧に貼り付けていく事が重要です!

手抜き業者や悪徳業者の場合はこういった作業を適当に行いますし、工事する意味があったのだろうか!?と思えるような施工をされてしまう可能性が高いのです。

そうなってしまうと費用の無駄になってしまいますし、

あの手この手で言い逃れしてきて泣き寝入りしなくてはいけない事も考えられるので

業者選びはしっかりと行いましょう!!


 

業者選びについてはこちらでも詳しくご紹介します!!!

塗装業者を決めるのは口コミや評判だけではダメ!? 業者選びのコツ教えます






 

最後に表面になる屋根材をこちらも満遍なくきれいに貼り付けて完成です。

 

屋根工事は屋根工事の中でも非常に手がかかる工事なので

天候が不安定で心配な部分もありましたが、

無事に終える事が出来て安心しました!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

■-----------------------------------------

大和市・座間市・海老名市・綾瀬市エリアで外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

皆様、こんにちは!!

本日は、綾瀬市にお住いのS様低のビフォーアフターのご紹介です。

 

築年数が15年を過ぎ、外壁塗料の塗膜の劣化で、

スス汚れが目立ちサイディングに小さなヘアークラックや、

雨が降るたびに、表面から水分を吸ってしまっている状態が見えました。

このまま放置してしまうと、ヘアークラックは構造クラックに変化してしまう可能性も大きく、

早めに外壁塗装によるメンテナンスが必要でした。

 

クラックとは

外壁に発生するヒビのことで、0.3mm以下のひびをヘアークラック、

0.3mmを超える大きなひびは構造クラックと呼んでいます。

0.3mmを超えるひびは表面を貫通して構造材に影響を与えることから構造クラックと呼ばれており、

本格的な補修が必要になり費用も高くなってしまいます。

 

ひび割れは様々な方向に走りますが、一番水が入りやすいのは横に走ったひびです。

横のひび割れは水を面で受けてしまうからです。縦のひびは点で受けるのでなかなか水が入りません。

とは言え一度浸入すれば、毛細管現象で水を吸うのは同じです。ある実験によると、

4時間雨が降った場合、1mの横ひび(構造クラック)からは2Lの水が浸入するそうです。

構造クラックの場合は柱、梁、土台が傷む可能性があります。

 

 
 
どうせ外壁塗装工事をするなら、イメージを変え、色にもこだわりたいとのお客様のご要望により、

薄いブルーとホワイトのツートンカラーで行いました。

 

外壁塗装前の写真と比べてみると、見違えるほど美しい外観になりました!!

スス汚れも見事になくなって、まるで新築のように生まれ変わりましたね。

 

 

ブルーといっても明度と彩度によって様々な青がありますが、白との配色により、

クラシックな印象から、和テイスト、素朴なアメリカンカントリーといった風に様々な外観を演出できます。

 

ツートンカラーの外壁は色の組み合わせが無限なので、

どの家とも違う個性的な住まいを実現することができます。

住宅街などではどの家も似たり寄ったりになってしまいますが、

ツートンカラーにするだけで差異ができ、より家に対する愛着も沸いてくると思います。

せっかく外壁塗装によって心機一転あたらしい色にするのなら、

おしゃれで個性的なツートンカラーはオススメです。

 
 

外壁塗装は、単色でも色選びには時間がかかります

ツートンカラーは見方によっては新築のようにも見えてスタイリッシュな建物を演出してくれます。
しかし多色というのは色の組み合わせや配置によってかなり印象も違ってくるので、
周りの景観にマッチしているかも含めて、かなり難しい選択になります。
 
 

ツートンカラーは塗装業者の腕も重要!!


また、最終的に塗装を行う業者選びも重要です。

せっかく選んだ色を希望通りに塗ってくれない、

塗装方法に荒があり仕上がりが悪いといったケースも珍しくありません。

 

綾瀬市で外壁塗装をお考えなら、マルセイテックへご相談ください!

■-----------------------------------------

綾瀬市・瀬谷区・旭区・泉区エリアで外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

 

 

 
 

こんにちは、マルセイテックです!

 

相変わらず気温は高く、ちょっと動いただけで汗をかいてしまうような暑さですね。。。


 

さてさて、今回ご紹介するのは以前屋根の葺き替え工事でご紹介した

横浜市旭区のy様邸の今日は外壁塗装についてご紹介して行きたいと思います!

 

こちらは、外壁塗装前に撮影したy様邸の外観の様子です!

 

外壁の色は緑色でなかなかお見かけする事がない珍しい色でした!

 

そんなy様邸の外壁も塗装が劣化していて、防水効果が

切れてしまっている様な状態でした。

 

外壁であっても屋根であっても塗料の膜(塗膜)の防水効果が切れてしまうと

外壁材や屋根材は水を吸ってしまい、雨漏り等の大きな工事が必要になってしまいます

そうならないためにも外壁塗装工事は必要なのです!

 

今回、そんなy様邸の外壁にはこの↓塗料を提案させて頂きました!



 


 

下塗り塗料:ガイソーウォール カチオンシーラー


 

中塗り・上塗り塗料:ガイソーウォールタフネスシリコン

 

シリコン塗料自体、コストパフォーマンスが非常に高く、

y様邸で使用したこのタフネスシリコン塗料ですが、様々な特徴があります!

 

1.耐久性の高さ

一般的な塗料の中では、フッ素樹脂塗料の次に耐久性が高いのdが

このシリコン樹脂塗料なのです!

耐久年数が長ければ外壁塗装を何回も行う必要はなく、

他の塗料よりも長持ちするので生涯、塗装工事の費用を抑える事が出来るのです!

 

 

 

「外壁塗装 サイクルコスト」の画像検索結果

 

2.表面が汚れにくい『低汚染性』

塗料の中にセラミック成分を配合する事によって汚れにくい低汚染性効果を得て

外壁に付いてしまう雨筋汚れ等を抑え、出来にくくしいつまでも

綺麗な外壁を維持する事が出来るのです!

表面は傷んでなくても、汚れが目立っているとお手入れしていないという印象を与えてしまいますよね!

そういった事がなくなるので長持ちする上に長期間、美観をきれいなままにしてくれるのです!


 

3.カビやコケを繁殖しにくくするための『防カビ・防藻性』

何十種類とあるカビの種類ですが、共通していえるのが湿度が高い箇所や

常に日陰で日の当たらない箇所を好んで繁殖すると言うことです!

ですが、このガイソータフネスシリコン塗料は非常に強い防カビ性を有しているので

カビの繁殖を抑える事が出来るのです!



 

4.作業性が高い「弱溶剤」

この塗料は、耐久性の強い油性塗料で、油性塗料の場合臭いがキツイ等といった

デメリットがありましたが、

ガイソーウォールタフネスシリコンは弱溶剤なので

他の油性塗料よりも臭いも低減されているので作業性に優れているのが特徴です!


 

5.オールマイティな塗料

ガイソーウォールタフネスシリコン塗料は柔軟性が高く、密着性が非常に高いため

外壁をはじめ、木部・鉄部・雨樋など様々な材質に塗装する事が可能なのです!

万能型塗料とも言える優れた塗料なのです。

 

 

外壁塗装において塗料選びは非常に重要なポイントです。

 

塗料を選ぶ前に決めておきたいポイント

-予算

良い塗料を選ぶにも当然、費用が掛かってしまうのでまずはどのくらいの予算で

外壁塗装工事を検討しているのか!?を正確に決めましょう!

 

-耐用年数

費用ももちろんの事、どのくらいの期間の耐用年数がある塗料が良いのか!?

など塗料によって耐用年数は大きく異なるのであらかじめイメージをしておきましょう!

 

この二つは最も重要な項目なので是非、外壁塗装工事を行う前に決めておきましょう!

あなたのイメージによって適している塗料も大きく変わるので

決めておくことでスムーズに話が進みます!


 

塗料の種類についてはこちらで参考にしましょう!

 

【外壁塗装】外壁塗料の種類と選び方とは!?失敗しない塗装をしよう

 

 

 

■-----------------------------------------

大和市・瀬谷区・旭区・泉区エリアで外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

こんにちは、マルセイテックです!!

 

朝からバタバタしていて、、、やっと落ち着いたので更新します(笑)

 

今回は横浜市の旭区のU様邸の屋根塗装工事後に太陽光パネルの設置工事を行いました!

屋根の塗装工事と太陽光パネルの設置工事をしたいとお問い合わせがあり、すぐに現場調査しに行きました!!

 

屋根に登って確認してみるとやはり屋根には、コケが生えていたり変色している状態にあり

屋根の塗装をするタイミングでありました。

 

元々、太陽光パネルは既存の物が設置してあり、設置してからある程度の年数が経過して

いたので屋根塗装工事をする際に外さなくては行けないので塗装工事と一緒に

太陽光パネルの新設工事も一緒にご提案させて頂きました!

 

 

屋根塗装工事を綺麗に行うには太陽光パネルを外さなくてはいけません。

 

業者によっては、安くするのでそのままでも大丈夫ですよ!などと勧めてくる業者もいますがそもそも、

そこはどうやって塗装するの!?と疑問に思います。

 

大概は、太陽光パネルの箇所だけ塗装しないなどといったケースが多いです。

それはいわゆる『手抜き工事』であり屋根にとっては良いことは何一つありません。

 

その様な被害に合わないためには、屋根塗装をする際に、太陽光パネルが設置してあれば

その部分はどのように対応するのか確認を必ずしましょう!!

 

今回は、旭区のU様に最も適した最高の提案をさせて頂き任せて頂ける事になりました!

 

業者目線ではなく、お客様目線で何が1番良いのか!?について色々悩みました・・・

ただ、U様もとにかく長く持たせたい!という思いがあり、費用を抑えつつ

より長持ちするように今回はガイソールーフガードフッ素

塗料を提案をさせて頂きました!

 

そんなこんなで先日、無事工事が終わりました~~~~~!!

では、仕上がる前から仕上がりまでの写真をご紹介します!

まずは、この棟板金の部分にサビてしまわないようにサビ止め

塗料を塗装していきます!

金属なので、サビてしまいやすい特徴があるので

サビ止め塗料を先に塗装していきます!

 

サビ止めを板金に塗装が出来れば後は、屋根と板金を塗装して行きます!

今回は、シックで綺麗な仕上がりになるネイビーカラーを採用し

仕上げさせて頂きました!

 

 

 

 

僕自身も、凄く好きな色でどの色にも合わせやすいのが良いですよね!

 

その後に『タスペーサー』という雨漏り防止効果・内部結露を防ぐ意味があり、

屋根材と屋根材の重なりの部分に隙間を作るためにはめ込んでいきます!

 

一見、隙間を作ってしまうと雨漏りしてしまうのでは!?と思われがちですが、

塗装すると重なりの部分は塗料で覆われてしまいくっついてしまいます。

そうなってしまうと、雨水の逃げ場が無くなり雨漏りしてしまう

可能性が高くなってしまうのです!

 

例えるなら、家も呼吸をしているので通気口を塞いでしまうと呼吸が出来なくなってしまい

内部結露してしまい雨漏りに繋がってしまいますがタスペーサーを挟む事によって

通気口を作ることで呼吸が出来るようになり、雨漏りしにくくする事が出来るのです!

 

ここまでで屋根の塗装工事の工程が終わり、次にソーラーパネルを設置します!



 

今回は、3枚のソーラーパネルを採用し、コンパクトにし、

すっきりとした仕上がりにいたしました!

 

仕上がりが非常にかっこよくなりましたね!!

施工前と比較してもこれだけ外観は異なります!!

 

家の寿命を延ばすためにも綺麗な外観を維持するためにも屋根や外壁の

メンテナンスは必ず行いましょう!!

屋根工z時の必要性についてはこちらもご覧下さい

屋根工事はなぜ必要なのでしょうか!?屋根工事の必要性について

 

 

 

 

■-----------------------------------------

大和市・瀬谷区・旭区・泉区エリアで外壁塗装・屋根工事を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F

 

 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

大和市・瀬谷区・旭区・泉区で外壁塗装・屋根工事を行うならマルセイテックへ

 

 

こんにちは、マルセイテックです。

 

本日より、梅雨が明けたらしく今日もいつも通り暑い一日でしたね!

 

今年ももう半分が終わり、7月になろうとしています!

 

2018年後半も皆様が快適に過ごせるように活動していきます!!


 

さてさて今回ご紹介するのは、綾瀬市S様邸の雨樋の様子をご紹介します!

 

写真を見ても分かる通り、雪の重量によって雨樋が大きくたわみ、歪みが起こってしまっています。

 

ポツポツとした雨であれば、溢れる事はありませんが大雨の日や台風が来れば、

本来の雨樋の役割を果たす事ができず、歪んでしまっている箇所から

雨水が垂れてしまいます。

 

雨水が溢れる事によって、水溜りが出来てしまい地盤が緩んでしまったり

最悪の場合、建物をつたって雨水が建物内に浸入し、雨漏り等の

大きな被害になってしまい、大規模な修繕工事が必要になってくることも

十分に考えられます。

 

それも、1箇所のみならず、何箇所もあるとその歪んでしまっている箇所分だけ、

危険性が高いという事なのです。

 

まして、何箇所も何箇所も同時に水溜りが出来る事によって家の基礎周りだけ

ぬかるんでしまいますし、建物内に水が入ってしまえばそれだけ

大掛かりな工事が必要になってきます!

最悪の場合、家そのものを建て替えなくてはいけないことも可能性としては

あるので、住宅のメンテナンスは必要なのです!

 

今回、S様邸ではご加入されていた火災保険を用いて雨樋を修繕いたします!

 

火災保険は火事のみならず、様々な自然災害や、加入している火災保険のプラン内容によっては空き巣被害などにも対応しています!

 

なかなかご存知の方が少ない火災保険の活用法ですが、しっかりとした知識をつければ

お得に修繕工事を行う事が出来るのです!

場合によっては、費用が掛からず修繕工事をする事が可能なので全くデメリットがありません!

 

ですが、デメリットとして一つ上げるとしたら、火災保険を利用している悪徳業者も

たくさんいるという事です!

大和市内や綾瀬市内でも被害にあってしまっている方は多く、騙されてしまっているのです!

 

そのような被害者が少しでもいなくなるようにこれからも活動していきます!!


 

火災保険について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい!!

 

こんにちは、マルセイテックです!

猛暑が続き、湿度が高くジメジメした嫌な気温ですね・・・

 

そんな暑い中、本日は茅ヶ崎市のK様邸に訪問してきました!!

 

K様低邸は、海から徒歩5分ほどの凄いいい立地で僕が住んでしまいたい・・・

なんて考えていました笑

 

さてさて、茅ヶ崎市は海が近くいい所ですが家にとっては手入れが大変な問題があります。

それは「塩害」です。

 

 

見て分かる通り、棟の部分がひどく錆びてしまっていました。

 

場所によっては剥がれてしまっていたり、穴が空いてしまっていたりと・・・

家にとっては、良い事は無く海が近くない地域の住宅と比較しても、

早い周期でのメンテナンスがとても重要になってきます!

 

更に、この地域は地盤がゆるく、砂地のため安定性が低く家の基礎に

たくさんのクラック(ヒビ割れ)が入ってしまっていました。

 

 

 

誰もが、一度は憧れる海まで歩いていける好立地ですが、

いいことばかりでは無いようです。。。

ですが、塩害の被害を受けてしまう可能性はあっても

定期的なメンテナンスを行う事で長持ちする健康でいつまでも綺麗な『家』を

作る事が出来ます!!

 

あなたの家はあなたの手で守り住宅の資産価値を最大限に高めましょう!!

 

マルセイテックでは、大和市を拠点に茅ヶ崎市内でもたくさんの外壁塗装や

屋根工事のご依頼を頂いています!

業者目線ではなく、お客様目線での最高の提案をモットーにこれからも皆様が快適な

住まいで生活できるように活動していきます!!