施工事例

瀬谷区 T.S様|屋根重ね葺き工事


横浜市瀬谷区にお住まいのT様より、屋根リフォームのご依頼をいただきました。

T様邸の屋根はスレート屋根で、現地調査でお伺いしたときの状態は瓦の剥がれ、棟板金の歪みや浮き、釘抜けなどが見られました。

瓦の傷みが全体的に酷かったことと、ちょうどメンテナンスの時期という事もあり今回は既存の屋根の上から新しい屋根材を施工する「屋根重ね葺き工事」をご提案させていただきました。

 

重ね葺き工事のメリットは、既存の屋根の上に施工するので、古い屋根材の撤去費用がかからないところと、その分工期も短く済むというところです。

日本瓦に重ね葺き工事はできませんが、スレート屋根等には可能です。

屋根を重ねるので建物に結構な負荷がかかってしまうのでは?と思われるかもしれませんが、今回新設する瓦は、粘土瓦1/4程度の重さの軽量なタイプで、アスファルトシングル材の「オークリッジスーパー」。

このオークリッジスーパーは良質のアスファルトが成分となっており防水性が非常に高く、表面には汚れがつきにくいストーンチップが加工してあります。

もともとアメリカで主流だった屋根材なのですが、「飛び火認定試験」に合格していますので、最近は日本の防火区域でも採用されるほど、人気の高い屋根材です。

 

T様邸の屋根カバー工法の工程についてご紹介します。

まずは既存の屋根材に付いていた板金や金物類を取り外して、綺麗に清掃します。

次に、高い釘穴止水性能を維持できる防水ルーフィング「粘着キング」を屋根全体に張ります。

その後、屋根材「オークリッジスーパー」を施工し、棟が乗る所に貫板(棟内部の板。屋根を板金とつなげる役目があります)を取り付けていきます。

貫板には、従来の木材タイプより耐久性が格段に良い、樹脂製のタフモックを採用。

そのタフモックにかぶせるように新規棟板金を取り付け、各種役物(ケラバ等)を施工して完成です。

 

T様はオークリッジスーパーのシャトーグリーンをお選びになりました。

ホワイト系の外壁に綺麗なグリーンが映えて、大変オシャレな仕上がりとなりました。

火災保険を利用してリフォームができて、本当に良かったですね。

 

担当:平野

 

 

エリア

 

  横浜市瀬谷区

施工内容

 

  屋根カバー工法(屋根重ね葺き)

 

 

施工期間

 

  4日間

屋根カバー工法仕様

 

 

  屋根材:オークリッジスーパー(シャトーグリーン)

  下地:防水ルーフィング(粘着キング)

  板金役物

  雪止め

 

 

金額

 

  総額89万円(火災保険利用)