施工事例

藤沢市 K様|外壁塗装工事


藤沢市城南お住まいのK様より外壁塗装工事のご依頼をいただきました。

 

K様邸の外壁は幕板を境にサデザインが分かれているサイディング外壁で、チョーキング現象や軒天井等付帯部にも劣化症状が現れておりました。

また、シーリングの痩せや劣化も広範囲で見られましたので、シーリングを新しく打ち直すこともご提案させていただきました。

 

まずは外壁全体を弊社オリジナルのバイオ高圧洗浄「ガイソーパワークリーナー」で汚れを根こそぎ落とします。

弊社での塗装工事における下地処理の1つとして、このバイオ高圧洗浄が標準仕様となっております。

下地となる外壁を徹底的に綺麗にしてから塗装を行う事で仕上がりに差がでてきます。

 

洗浄による水分を充分に乾かした数日後、下塗りの工程に入ります。

今回ご提案させていただいた下塗り塗料はカチオンシーラーNEOです。

今回の外壁塗装は、オフホワイト系からブラウン系へと全く違う色に塗り替えます。

窯業系サイディングの改修下塗材としてメジャーなこちらの塗料は、元の下地カラーを隠す事に優れているので、既存の色から全く違う色への変更も可能となっています。

 

いよいよ中塗り・上塗りの作業に入ります。

手塗りローラー工法3回塗りを標準仕様としているマルセイテックでは、下塗り・中塗り・上塗りを施す事で、塗膜の強化が増すことと、滑らかで綺麗な外壁に仕上がります。

中塗り・上塗りで採用した塗料は、従来のフッ素塗料を大きく超える耐候性能を有したGWフッ素4F(3部艶)。

紫外線や風雨から長きに渡ってお住まいを守ります。

また、塗膜表面親水化技術により親水性塗膜を実現!

壁に汚れが付いた時は、その内側に水が入り込みセルフクリーニング効果によって汚れを洗い流します。

 

K様がお選びになられたカラーはブラウン系とアイボリー系。

艶ありツートーンで塗装をし大変スタイリッシュな仕上がりとなりました。

雨樋・竪樋はホワイト系で施しアクセントカラーとしても効いてますね。

 

シーリング材は、超高耐久でお馴染み耐用年数30年と言われているオートンイクシードです。

上塗り材と同色のタイプで施工しました。

 

 

エリア

 

 藤沢市城南

施工内容

 外壁塗装

 シーリング工事

 付帯部塗装

 

施工期間

 

 9日間

外壁塗装仕様

 上塗り:3部艶GWフッ素4F

 (W-12)(K07-20H)

 下塗り:カチオンシーラーNEO

 シーリング:オートンイクシード

 (856マイスターブラウン)

 (665Aソルアイボリー)

 

金額

 

 総額84万円