施工事例

瀬谷区 S様|外構工事


横浜市瀬谷区にお住まいのS様邸です。

この度、外構工事(新規門扉設置、新規ポスト/インターフォン取付)のご依頼をいただきました。

 

施行前の写真を見ていただけるとお分かりになられるかと思いますが、門扉横にある擁壁がありました。

その擁壁を解体して、その分大きい門扉を新設。

そして、擁壁に埋まっていた表札・ポスト・インターフォンを別途門扉付近に設けるといった工事をさせていただきました。

 

まず、新設する門扉のスペースである擁壁部分をドリルを使って解体します。

既存の門扉も一緒に撤去します。

続いて、インターフォンの電源を通す場所を確保する為に、土間に道を作ります。

こちらもコンクリート土間に穴を開ける作業になりますので、ドリルにて施工です。(写真参照)

外付けになるインターフォンは、表札とポストと一体型で、こちらは門扉の手前に施工します。

採用した製品は「YKKAPシンプレオポストユニットI型01」。

シンプル設計で、どんな玄関アプローチにも合うタイプのポストユニットです。

電源の道をここまで引っ張って来て、道を埋めて滑らかな土間になるよう整えます。

 

さて、メインの門扉の設置です。

今回ご提案させていただいた門扉は「LIXIL(TOEX)両開き扉AB-TR1型」。

軽く開閉でき、また、縦向きの桟の為雨水等も溜まりにくく人気のある製品です。

柱部分を土間に埋め込み、綺麗に土間を整えたら完成です。

 

擁壁が無くなった分玄関先がシンプルになり、防犯面も万全な新しい門扉で、S様も安心してお過ごしいただけると思います。

ポストユニットもお洒落で良いですね^^

 

 

担当:小島

 

 

エリア

 

  横浜市瀬谷区

 

施工内容

 

  外構エクステリア

 

施工期間

 

  3日間

仕様

 

  門扉:LIXIL(TOEX)両開き扉AB-TR1型 

  柱式ポスト付インターフォン 

  YKKAPシンプレオポストユニットI型01

 

金額

 

  総額22万円(火災保険利用にて)