施工事例

大和市南林間 S様|外壁塗装・付帯部塗装工事


大和市南林間にお住まいのS様宅です。

この度、外壁塗装工事と、屋根の重ね葺き工事、そして付帯部塗装と雨樋交換工事をご依頼いただきました。

今回は外壁塗装工事についてご紹介いたします。

 

数年前の台風によって屋根と雨樋が傷んだので、点検していただきたいとお話があり、現地調査へ伺いました。

屋根は棟板金が捲れていて、変形や釘抜きがみられる状態で、雨樋も全体的に撓んでいました。

外壁の点検もさせていただいたところ、チョーキング現象とクラック(ひび割れ)、コーキングの劣化がみられました。

また、2階小屋裏窓側の破風の傷みが酷い状態でしたので、工事をする前に防水性能のあるシートで応急処置をさせていただき、ちょうど外壁もメンテナンスをされる時期になっておりましたので、一緒に工事させていただきました。

 

S様邸はサイディング外壁です。

コーキングのひび割れや痩せ、外壁クラックは長い時間放置しておくと、劣化が進み雨漏りの原因になります。

ひび割れ等は補修し、それから塗装をすることにしました。

 

塗装を行う前にまずは下地処理です。

弊社オリジナルのバイオ高圧洗浄「ガイソーパワークリーナー」で、塗装面の汚れを根こそぎ落とします。

マルセイテックの外壁塗装・屋根塗装の下地処理は、このバイオ高圧洗浄が標準仕様。

汚れを徹底的に洗い流してから塗料を塗布する事で、塗装面と塗料の接着力が強化し、完成してからの塗装の持ちが断然違います。

 

開口部等を養生してから、サイディングの継ぎ目やサッシ部分等へのコーキング施工です。

まずは古いコーキングを撤去し、そこへ下塗り材である「プライマー」を塗布、その後、新しいコーキング材を打っていきます。

採用したコーキングは、高耐久で評判のオートンイクシードです。耐用年数が30年と言われています。

コーキングのカラーはシルキーホワイト。

この度上塗り塗料でお選び頂いた色はグリーン系ですので、ホワイト系のコーキングでしたら重ねても問題ありません。

 

シーリング施工の後はいよいよ塗装です。

下塗り塗料は、カチオンシーラーNEO(透明)を採用しました。

マルセイテックでは3回塗りが基本になっていますので、下塗りのあと中塗り・上塗りと施していきます。

下塗りをすることで中塗り塗料・上塗り塗料との密着力を高め、傷みがある下地に上塗り塗料が吸い込まれるのを防ぎます。

ひび割れ等があった箇所は、ケレンやコーキングで補修し、その上から下塗り塗料を塗布をします。

 

中塗り・上塗り塗料は日本ペイントのパーフェクトトップをご提案させていただきました。

外壁や屋根の塗膜は、紫外線などのダメージを受けると、塗膜に「ラジカル」といった物質が発生し劣化していきます。

パーフェクトトップは、その「ラジカル」の発生を防ぎ、劣化が起こりにくくする機能があるので、塗膜が長持ちします。

お色は淡いライトグリーンをお選びに。

付帯部(軒天井塗装、破風板塗装、板金巻き)と雨樋はホワイト系でそろえ、以前応急処置した破風は、錆に強い白いガルバリウム鋼板を巻きました。

施行前とだいぶ印象が変わりましたね。

 

 

担当:平野

 

 

エリア

 

  大和市南林間

施工内容  

  外壁塗装

  付帯部塗装

  屋根重ね葺き工事

  雨樋交換工事

 

施工期間

  

  13日間

外壁塗装仕様

  外壁塗装:ニッペ パーフェクトトップ

  下塗り:カチオンシーラーNEO

  シーリング:オートンイクシード(シルキーホワイト022)

 

金額

 

  総額55万円(火災保険利用)