施工事例

藤沢市 入内島よし子様|屋根修繕塗装工事


藤沢市にお住まいの入内島邸のご紹介です。

この度、屋根修繕(棟板金交換)と屋根塗装工事のご依頼をいただきました。

 

入内島邸の屋根材はスレート屋根で、現地調査に伺った時は棟板金が浮いていて中の貫板が見えてしまっている状態でした。

また、瓦の塗膜がすっかり剥がれてしまっていて、汚れや変色が全体的にみられました。

その瓦自体の防水機能が無くなってきている状態でしたので、棟板金を新しいものに変えてからの屋根塗装をご提案させていただきました。

 

まずは、既存の傷んだ棟板金を外して、長年溜まっていた埃やゴミを綺麗に除去します。

新設する棟板金は、錆に強いガルバリウム鋼板を採用。

板金の内部に設置する貫板(屋根部分と板金のつなぎになる部分です)は湿気に強い樹脂製のタフモックを使用しました。

 

そして塗装前にガイソーパワークリーナーによるバイオ高圧洗浄で、屋根全体の汚れを根こそぎ落とします。

マルセイテックでは、ガイソーパワークリーナーが塗装前の下地処理として標準仕様となっております。

下地をこれでもか!っていうくらい綺麗にしてから塗料を塗る事で、塗装面と塗料との接着力が増し、完成してからの塗装の剥がれや膨れを防ぐことができます。

よく乾燥させてから、塗装の工程に入ります。

 

今回の屋根塗装で採用した塗料は、ガイソールーフガードシリコンです。

劣化により傷んだ屋根にもシリコン樹脂がしっかりと防水塗膜を形成。

汚染性に強く、高光沢な塗膜はいつまで入内島様邸の屋根を綺麗に保ちます。

下塗り(シーラー)、中塗り、上塗りの3回塗りを施し、塗料の性能を十分に発揮できるよう施工いたしました。

お選びいただいたカラーは黒に近いグレーのR-12です。

写真を見ていただいたらお分かりいただけるかと思いますが、新しい瓦を葺いたかのような仕上がりになりました。

 

 

入内島様からは屋根修繕塗装工事の他に、外壁塗装、付帯部塗装のご依頼をいただきました。

外壁も屋根もメンテナンス時期が同じでしたら、足場仮設の料金を考えると一度にまとめてリフォームされたほうがお得です。

お家全体の寿命が延びたリフォームができて良かったですね。

 

担当:平野

 

 

エリア

 

    藤沢市長後

施工内容

 

    外壁塗装

    屋根塗装

    棟板金交換

    シーリング打ち替え

 

 

施工期間

 

      13日間

屋根塗装仕様

 

 

     屋根塗装:【艶あり】ガイソールーフガードシリコン(R-12)

  下地: ルーフガードシーラー

       棟板金:ガルバリウム鋼板

 

 

金額

 

     総額77万円(火災保険利用)