横浜市 外壁塗装,屋根リフォームの最近のブログ記事

「外壁がひび割れていて、外壁塗装をすることを検討しているのだけど、どんな種類があるのだろう?」

このように、外壁塗装の種類の特徴を知りたい方はいらっしゃいませんか?
そこで、今回は「外壁塗装の種類とその特徴」をご紹介します。
 

□塗装と張り替え

外壁塗装の方法は、大きく分けて「外壁の上から塗料を塗る方法」と「外壁の上から外壁材を張り替える方法」の二つがあります。
それぞれ順にみていきましょう
 

*塗装の特徴と塗料

塗装の特徴は、「工事期間が長い」「費用は比較的低いが、塗料の価格によって費用が大きく異なる」というものです。
 
・塗装の工事期間
工事期間は、10~14日間ほどで、悪天候や、休日などのスケジュール調整によっては、もっと長くなることもあります。
足場を組む作業や、外壁の洗浄などの、塗装以外の作業に7~10日かかります。
塗装は三度塗りを行うので、乾燥時間も含めると、三日以上かかります。
 
・塗装工事の費用
費用相場は60~120万円ほどで、相場の幅が広い理由は、塗料のグレードによって価格が大きく異なるからです。
最も価格が安いアクリル系塗料と、一番価格が高いフッ素系塗料では、価格の差は3~4倍ほどあります。
30坪の建物に、一番よく使われているシリコン系塗料を使用する場合、塗料にかかる費用は30~42万円ほどです。
また、塗料には、太陽光の力で外壁をきれいに保つ光触媒塗料などの、追加の機能を持つ塗料もあるので、幅広い選択肢から必要に応じた塗料を選ぶことができます。
 

*張り替えの種類と特徴

張り替えの特徴は、「工事期間が短い」「外壁の雰囲気を大きく変えられる」というものです。
 
・張り替え工事の期間
近年の外壁張り替え工事は、サイディングボードと呼ばれる工場で作られた外壁材を使用します。
現場では出来上がったものを、組み立て、張り付けるだけなので、工事期間は数日ほどです。
 
・外壁のデザイン
外壁材として使用されるサイディングボードには、木目調やレンガ調のものなど、豊富なデザインがあります。
塗装で変えられるものは、外壁の色がほとんどですが、サイディングボードを使用すると、外壁をお好みの雰囲気に変えることができます。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の種類とその特徴」をご紹介しました。
外壁塗装の種類は、大きく分けて塗装と張り替えの二つがあります。
どちらも異なる特徴があるので、この記事を参考にして、ご自身の必要に応じて、適切な方を選んでください。
もし何かわからないことがありましたら、綾瀬市で外壁塗装を行っている当社までお気軽にご連絡くださいね。

「外壁塗装をしてもらったけど、仕上がりに納得できない!」

「こういうときは、塗装工事のやり直しをしてもらえるの?」

このように、外壁塗装のやり直しに関して、疑問を持つ方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装は一回当たりの単価が高いので、しっかりとした仕上がりでなければ、やり直しをしたいですよね。
そこで、今回は「外壁塗装のやり直しはできるのかできないのか」ということについて解説します。
 

□塗装工事のやり直しはできる?できない?

塗装工事をやり直したいという要望は、「塗りムラや塗り残しがある」「思っていた色と違う」「塗装がすぐに剥げた、膨れた」「外壁にサビが発生した」などの理由で発生することが多いです。
これらが発見されるタイミングは、工事直後か、時間が少し経ってからの場合が多いです。
工事の後に、依頼した業者に塗料の塗り直しをしてもらうことは、状況にもよりますが、可能です。
しかし、追加料金が必要な場合と、不必要な場合のどちらのケースも存在します。
本来であれば無償でやり直しができるケースであっても、対応が悪く、やり直しができない事例もあります。
そのため、業者を選ぶ段階で、ミスがなく、信頼できるようなところを選ぶようにしましょう。
 

□やり直しをする際の料金について

*業者側のミスが原因のやり直し

塗り忘れや塗り残しなど、業者側に落ち度がある場合は、ほとんどの業者が無償で塗装工事のやり直しを行なってくれます。
塗装作業は人の手で行うため、常に完璧ではなく、ミスが起こることもあります。
塗り忘れなどのミスを発見したら、まずは冷静に連絡することが大切です。
 

*塗装業者のミスが原因ではない場合

「思っていた色と仕上がりの色が異なる」といったようなケースでは、やり直しに料金がかかる場合がほとんどです。
当然、明らかに頼んでいた色と違う場合などは、業者の過失となり、無償で塗装工事のやり直しができます。
想像していた色と異なるといったケースは良く起こることなので、塗装前に、大きな色のサンプルを確認するなどして、トラブルを避けるようにしましょう。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装のやり直しができるのかできないのか」ということについて解説しました。
外壁塗装では、業者側に落ち度があった場合、無償で塗装工事のやり直しに応じてくれるケースがほとんどです。
塗装工事のやり直しにつながるミスを発見した場合は、落ち着いて業者に確認するようにしましょう。
もし何かわからないことがありましたら、大和市・綾瀬市・座間市で外壁塗装を行っている当社までお気軽にご連絡ください。

「家を建ててから、かなり年数が経ったけど、サイディングはどのようにメンテナンスをするのがいいのだろう?」

「費用の相場がわからないから、不安だなあ。」

このように、サイディングの費用の相場に関してお悩みの方はいらっしゃいませんか?
損をしないために、サイディングの価格の相場を知っておくことは重要です。
そこで、今回は「サイディングの費用の相場」をご紹介します。
 

□サイディングと、塗料の種類と価格相場

*サイディング

サイディングは大きく分けて四つの種類があります。
それぞれの費用を順にみていきましょう。
 
・窯業系サイディング
1平米あたりの価格相場は、3000円~です。
現在、住宅に最もよく使われています。
デザインの選択肢が多くあります。
 
・金属系サイディング
1平米あたりの価格相場は、4000円~です。
軽くて丈夫で、デザインが豊富です。
 
・木製サイディング
1平米あたりの価格相場は、6000円~です。
木目調の見た目が特徴で、独自性に優れています。
 
・樹脂サイディング
1平米あたりの価格相場は、9000円~です。
耐候性が高く、最も劣化しにくいです。
 

*塗料

塗料もサイディングと同様に、大きく分けて四種類あります。
それぞれ順にみていきましょう。
 
・アクリル系
価格は1400~1600円です。
現在ではほとんど使われていません。
 
・ウレタン系
価格は1700~2200円です。
ベランダなどによく使われ、外壁にはあまり使われません。
 
・シリコン系
価格は2300~3000円です。
現在最もよく使われている塗料で、価格と耐用年数のバランスが一番取れています。
 
・フッ素系
価格は3800~4800円です。
耐用年数が最も長く、メンテナンスの手間を少なくできます。
 

□サイディング工事の種類

サイディングの工事は、外壁の劣化具合によって、三種類の工事があります。
それぞれ順にみていきましょう。
 

*重ね張りリフォーム

これは、もとからある外壁の上から、新しいサイディング材を張り替える工事です。
外壁の内側に水が浸入している場合に、行うことが多いです。
費用相場は、床面積が120平米の建物で150万円~です。
使用するサイディングの種類によって、費用が異なります。
 

*張り替えリフォーム

これは、もとからある外壁とその下地を完全に取り除いて、新しいサイディングを上から張り替える工事です。
劣化が激しい家に行うことが多く、費用相場は、200万円~です。
こちらも、使用するサイディングの価格によって、費用が左右されます。
重ね張りと異なる点は、元々の外壁を撤去し、処分するための費用がかかる点です。
 

*塗装リフォーム

これはもとからある外壁の上から、塗料を塗ってメンテナンスする工事です。
通常の外壁塗装と同様の工事で、外壁の劣化がそれほど深刻ではない場合に行うことが多いです。
費用相場は、塗料の種類によって大きく異なり、60万~120万円ほどです。
しかし、価格の高い塗料を使用する場合、次の塗り替えまでの期間が長くなり、長い目で見ると費用を抑えられるケースもあります。
安直に塗料の価格で判断するのではなく、価格と耐用年数のバランスを見て決めるのが良いでしょう。
 

□まとめ

今回は「サイディングの費用の相場」をご紹介しました。
費用は使用するサイディングや塗料の種類で異なります。
この記事を参考にして、適切な相場を見極めてください。
もし何かわからないことがありましたら、大和市・綾瀬市・座間市で外壁塗装を行っている当社までお気軽にご連絡くださいね。

「外壁塗装の塗料はどのくらい乾燥させるの?季節によって違うのかな?」

このように、外壁塗装の乾燥時間について疑問を持つ方は必見です!
今回は「外壁塗装の乾燥時間の目安」について解説します。
 

□塗料と乾燥の関係

みなさんは、なぜ塗料をしっかりと乾燥させる必要があるのかをご存知でしょうか?
実は、塗装工事は、一度だけ塗料を塗るのではなく、三度塗りをしています。
三度塗りをする理由は、外壁に塗る塗料に厚みを持たせるためです。
十分な厚みがないと、塗料の性能を十分に発揮できません。
そのため、しっかり乾いていない状態で塗装を行うと、数年で塗料がはがれ、塗り直しが必要になってしまうことがあります。
それだけでなく、防水性や、断熱性などの性能が発揮されず、建物自体の劣化が進行しやすくなる危険性もあります。
 

□塗料や季節ごとの乾燥時間

乾燥時間はどのような要因で決まるかをご存知でしょうか?
その要因は大きく分けて、塗料の種類と、温度(季節)の二つです。
それでは、それぞれ順にみていきましょう。
 

*塗料の種類で変わる乾燥時間

塗料の乾燥時間は、水性塗料か、溶剤塗料かによって異なります。
水性塗料は中の水分が蒸発することで、塗膜を形成するので、溶剤塗料よりも乾燥時間が長くなります。
特に、冬で気温が低い場合は、溶剤塗料と比べて極端に乾かすのに時間がかかります。
一方、溶剤塗料は中に含まれる油性の溶剤が水の代わりに蒸発することで塗膜を形成するので、比較的に乾燥時間は短いです。
しかし、塗料に関しては、使用するメーカーによって乾燥時間の基準は様々なので、使用する塗料を良く調べておくことが大切です。
 

*季節で変わる乾燥時間

夏場は、気温が高いので、天候にもよりますが、数時間程度で乾燥します。
一方、気温の低い冬場では、乾かすのに一日程度必要です。
また、梅雨の時期などの湿度が高い日(湿度85%以上)や極端に気温が低い日(5℃未満)は塗装を行うことができません。
冬のほとんどの日が5℃を下回る地域を除いて、湿度が高い日以外は塗装を行うことができるので、季節を意識しすぎる必要はありません。
乾燥に時間をかけたくない場合は、夏の晴れた日に塗装を行うと、最も効果的に乾燥させることができます。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の乾燥時間の目安」について解説しました。
乾燥時間は、塗料の種類と季節に大きく左右されますが、たいてい長くても一日程度で乾くので、それほど気にしなくても良いでしょう。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡くださいね。

「外壁塗装の乾燥の時って何に注意すればいいの?」

このように、外壁塗装の乾燥に関して、疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?
塗料が乾燥しきったかどうかは、目視では確認しにくいですし、何に注意すればいいのかわかりにくいですよね。
そこで、今回は「外壁塗装の乾燥に関する注意点」をご紹介します。
 

□乾燥が必要な工程

外壁塗装工事の工程の中で、乾燥が必要なものをご存知でしょうか?
外壁の洗浄の際と、塗装の際に、乾燥が必要になります。
それぞれの工程を詳しく見ていきましょう。
 

*洗浄

この工程は、外壁の表面の汚れをきれいに落として塗装をするために、高圧洗浄機で外壁を水洗いします。
その後、濡れたままでは、塗料に不純物が混ざるので塗装作業は行えません。
多くの場合、乾燥には一日以上かけます。
 

*塗装

塗装の際には、一度塗りだけでなく、三度塗りを行います。
一度目は、下塗りと呼ばれ、二度目、三度目の塗装をしっかりと密着させるためのもので、とても大切な作業です。
二度目、三度目は中塗り、上塗りと呼ばれ、しっかりと塗膜の厚みを出すために十分乾燥させてから塗る必要があります。
塗膜の厚みが薄いと、塗料の性能が十分に発揮されません。
そのため、それぞれ一日ほどを目安に乾燥させてから、塗装するようにしましょう。
 

□乾燥をする際の注意点

実は、塗装作業をするうえで、乾燥時間は一日ほどで十分ですが、塗料が完全に乾くには、二週間ほど必要です。
そのため、完全に乾燥するまでは以下の点に注意してください。
 

*むやみやたらに触れない

当然ですが、乾燥しきっていない外壁を必要以上に触ることは避けましょう。
パッと見たところ乾燥していても、内部までしっかりと乾いていないことも多いです。
内部が乾いていない状態で触れると、内部に負荷がかかり、内側からはがれてしまうこともあります。
 

*物を立てかけない

特に弾性塗料で起こりやすいのですが、ビニール傘などのビニール部分と、塗料が反応してしまい、二つがくっついてしまうことがあります。
くっついてしまうと、塗膜がはがれてしまうので、ビニール傘や自転車のグリップなどのゴム状のものを立てかけることは避けましょう。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の乾燥に関する注意点」をご紹介しました。
外壁塗装では乾燥をないがしろにすると、塗料の性能や、塗装後の状態に悪影響を及ぼすので、今回ご紹介した注意点を参考に、しっかりと乾燥させるようにしましょう。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡くださいね。

「そろそろ外壁塗装をした方がいいのかな?」

「そもそも、外壁塗装の寿命ってどれくらいなんだろう?」

このように、外壁塗装の寿命について疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装の寿命を知ることで、適切なタイミングでメンテナンスを行うことができます。
そこで、今回は「外壁塗装の寿命の目安」をご紹介します。
 

□塗料の寿命

塗料の寿命を判断するためには、大きく分けて「塗料の種類」と「今の外壁の状況」の二つから判断できます。
それぞれ順にみていきましょう。
 

*塗料の種類で判断する

外壁塗装の塗料には大きく分けて4つのグレードが存在することをご存知でしょうか?
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4つのグレードがあり、全て耐用年数が異なります。
 
・アクリル
耐用年数は5~6年です。
最もグレードが低く、安価なのが特徴ですが、現在ではあまり使われていません。
 
・ウレタン
耐用年数は5~8年です。
アクリルの次にグレードが低く、こちらもあまり使われていません。
 
・シリコン
耐用年数は8~13年です。
現在最もよく使われている塗料で、塗料の価格と寿命のバランスが良く、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。
 
・フッ素
耐用年数は15~20年です。
最もグレードが高い塗料で、耐用年数が一番長いのが特徴です。
その分価格も高いですが、寿命が長いので、メンテナンスの回数を減らすことができます。
 

*今の外壁の状況から判断する

実は、塗料の耐用年数は実際の家で試したものではありません。
そのため、ある程度の寿命の目安にはなりますが、実際の環境によっては耐用年数より寿命が長くなることも、短くなることもあります。
ここでは、実際の外壁の劣化状況を判断するための注意点をご紹介します。
 
・チョーキング
外壁に軽く触れたときに、手に白い粉が付く状態です。
この白い粉は、塗料が劣化して剥がれてきたもので、防水性が低くなっているサインです。
 
・ひび割れ
髪の毛ほどの細いひび割れの場合、今すぐにメンテナンスが必要な状態ではありません。
しかし、0.3mm以上の大きなひび割れがある場合は、外壁内部に水が浸入する可能性があるため、メンテナンスをするべき目安だと言えるでしょう。
 
・カビ、苔、藻
日当たりが悪く、劣化が進んでいる外壁にはカビや、藻、苔が発生することがあります。
一度発生すると、増殖を繰り返すので、早めにメンテナンスをしましょう。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の寿命の目安」をご紹介しました。
外壁塗装を適切なタイミングで行うためには、塗料のグレードと、今の外壁の状況から寿命を判断することが大切です。
この記事を参考にして、ベストなタイミングで外壁塗装を行なってくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、座間市で外壁塗装を行っている当社までお気軽にご連絡ください。

「外壁塗装をすることになったけど、TVとかでよく見るような、ご近所さんとのトラブルは避けたいな。」

このように、外壁塗装の際、ご近所さんとトラブルにならないかと不安になる方は多いのではないでしょうか。
トラブルなく円満に、外壁塗装を終えることが一番ですよね。
そこで、今回は「外壁塗装の際に、ご近所とのトラブルを避けるための対応策」をご紹介します。
 

□ご近所とのトラブルの事例

では、ご近所トラブルにはどのような事例が多いのでしょうか?
ここではよくある事例をご紹介します。
 

*水しぶきや塗料が隣の家に飛び散っている

通常、養生シートをかけるため、隣の家まで水しぶきや塗料が飛び散るケースはまれです。
しかし、二階部分だけに養生シートをかけ、一階部分はそのままにする業者もいます。
その場合、遠くの家に塗料が飛ぶことはありませんが、隣の家の植木や洗濯物に塗料が飛び散りトラブルになります。
 

*足場を組み立てる音がうるさい

外壁塗装では、屋根の上などの高所で作業を行うことが多いです。
そのため、金属でできた足場を組み立てるのですが、その際に、「カンカン」といった、金属を打ち付ける音が発生します。
 

*塗料が臭い

油性塗料を使用する場合、希釈液にシンナーを用いるため、鼻にツンとくる刺激臭が発生します。
水性塗料の場合は、水を使用しているので、油性塗料と比較すると臭いはだいぶ少ないです。
 

□トラブルを避けるための対応策

このようなご近所さんとのトラブルを避けるためにはどのようにすればいいのでしょうか?
その対応策は、工事前に近所の方々へ挨拶をしておくことです。
塗料が飛び散る事例は、業者の対応で改善できますが、足場の組み立ての際の音や、塗料の臭いなどは、どのようにしても発生してしまいます。
そのため、事前にご近所の方に事情を説明しておくことで、多少のトラブルの種をなくすことができます。
また、工事の期間と、工事をする時間帯もお伝えしておくと、よりトラブルが起こりにくくなります。
挨拶回りは、ほとんどの業者が工事前に行なってくれますが、本人が来ないことは非常識だと考える方もいるので、工事依頼主も一緒に、挨拶を行う方が良いでしょう。
もし、塗装工事が何らかの理由で長引くことになった場合、それがわかった段階で、もう一度挨拶に出向くのが良いでしょう。
工事期間をきちんと伝えておくことで、ご近所の方のストレスがたまることを事前に防ぐようにしましょう。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の際に、ご近所とのトラブルを避けるための対応策」をご紹介しました。
外壁塗装は、必ず騒音や臭いが発生するので、事前にその旨をご近所さんにお伝えしておくことで、多くのトラブルを避けることができます。
この記事を参考にして、ご近所の方とトラブルが起こらないように外壁塗装を行なってくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、大和市・綾瀬市・座間市で外壁塗装をお考えの方は、お気軽に当社にご連絡ください。

「外壁塗装を行なったけど、塗料の臭いがきつくてツライ!」

「工事が終わった後も塗料の臭いが何日間も続くのかな?」

このように、外壁塗装の臭いについて、疑問を持つ方は多くいらっしゃると思います。
外壁塗装に臭いは付き物ですが、できるだけ避けて、早めに快適に過ごせるようにしたいですよね。
そこで、今回は「外壁塗装の臭いは何日くらい続くのか」について解説します。
 

□なぜ臭いが発生するのか?

そもそも、外壁塗装の臭いの原因をご存知でしょうか?
臭いは、塗料に含まれるシンナーなどの有機化合物が揮発することで発生します。
塗料には水性塗料と油性塗料の二種類があり、有機溶剤は油性塗料に多く使用されています。
そのため、水性塗料よりも、油性塗料の方がきつい刺激臭がします。
しかし、水性塗料にはVOCと呼ばれる有機化合物が入っているので、油性塗料ほどの刺激臭はしませんが、無臭というわけではありません。
以上の理由から、全く臭いがない状態で、外壁塗装をすることはほぼ不可能です。
 

□何日ぐらい続くのか?

外壁塗装を行なった際、塗料の臭いは、塗料が完璧に乾くまで続きます。
通常であれば、2~3週間を目安に続くと考えていればいいでしょう。
夏は気温が高く、塗料が良く乾くので、晴れの日が続けば、一週間くらいで臭いがなくなります。
ただ、悪天候が続くと、一ヶ月以上かかることもあります。
 

□対処法は?

*工事前の対処法

工事をする前にできる対処法は、水性塗料を使用することです。
同じグレードの塗料であっても、水性か油性かの違いで、臭いの強さはずいぶん異なります。
赤ちゃんや高齢者がいる家庭では、油性の塗料を避け、水性塗料の使用をおすすめします。
また、臭いをやわらげる働きを持つラジカル塗料というものもあります。
呼吸器系に病気を抱えている方や、臭いがどうしても嫌な方は、水性のラジカル塗料を使用すると良いでしょう。
 

*工事中の対処法

工事中は、室内に塗料が入ることがないように、窓や雨戸を完全に閉めるので、換気を行うことができません。
そのため、工事中は家にいないという方法が、一番いい対処法です。
塗装作業は、最低でも三日はかかるので、できるだけ家から避難して、臭いを避けるようにするのが良いでしょう。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の臭いは何日くらい続くのか」について解説しました。
外壁塗装と臭いは、切っても切れない関係なので、この記事を参考にして、できるだけ臭いを避ける対処法を実行してみてください。
もし何かわからないことがありましたら、大和市・綾瀬市・座間市で外壁塗装行っております当社までお気軽にご連絡くださいね。

「外壁塗装の施工にはどのくらいの期間がかかるのだろう?」

「工事の期間が短すぎると不安になる。」

このように、外壁塗装の施工期間についてお悩みの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装の工事は、塗装作業以外の工事も多く、施工期間がどのくらいになるのか分かりにくいですよね。
そこで今回は「外壁塗装の施工期間」をご紹介します。
 

□施工期間

一般的な、外壁塗装の施工期間は10~14日間です。
雨や強風、曇天で塗料が乾かない、などの理由で予定通りにいかない場合もよくあります。
外壁塗装の工事は、上記の期間の中で、大きく分けて8つの工程を行なっています。
それぞれ順にみていきましょう。
 

*1.工事前の準備(1日)

工事前の準備には、ご近所さんへの挨拶、車の移動、置物や鉢植えの移動、プロパンガスの補充などがあります。
これら一つ一つにはあまり時間がかかりませんが、一度に行うと、1日ほどかかります。
 

*2.足場の組み立て(1日)

工事は高所での作業が多いので、しっかりした足場を組みます。
足場を組み立てる際に、「カンカン」という金属をたたく大きな騒音が出てしまうので、きちんとご近所さんに挨拶をしてトラブルを未然に防いでおきましょう。
組み立てには1日程度かかります。
 

*3.高圧洗浄(1~3日)

高い水圧で外壁の汚れやコケを除去します。
次の工程に移るためには、洗浄した後に乾燥させる必要があるので、少なくとも1日かかってしまいます。
汚れの程度がひどい場合は、洗浄が1日で終わらないこともあるので、しっかりと期間を把握しておきましょう。
 

*4.下地処理(1日~)

この工程では、劣化が進んでいる部分の補修を行います。
程度の低い劣化の症状なら、1日ほどで補修作業は終わりますが、大きなひび割れなどの重大な劣化がある場合は、補修に数日間かかるケースもあります。
 

*5.養生(1日)

この工程は、塗料を塗らない部分をマスキングテープや、養生シートなどで覆い、他の場所に誤って塗料が着かないようにする作業です。
窓や手すり、置物など、様々なものに養生を行うので、この作業に1日を費やすことがあります。
 

*6.塗装(3日~)

上記の5つの工程を経た後に、塗装作業を行います。
塗装は下塗り、中塗り、上塗りと呼ばれる工程を三度行います。
それぞれの塗料を塗った後、乾燥させ、その上から再び塗料を塗るので、最低でも3日はかかるので気を付けましょう。
 

*7.点検、見直し(1日)

この工程では、塗り忘れや、塗りムラがないかを点検します。
小さな塗り残しもないように、きちんと点検を行うので、1日ほどかかることが多いです。
 

*8.片付け、引き渡し(1日)

全ての作業が終わると足場を解体し、片付けをします。
足場の解体が終わり、引き渡しをすると、工事は終了です。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の施工期間」をご紹介しました。
それぞれの工程にかかる時間を把握しておくことで、悪天候などで作業が延長した際も、大体の施工期間が判断できます。
この記事を参考に、施工期間に対する不安をなくしましょう。
もし何かわからないことがありましたら、大和市・綾瀬市・座間市で外壁塗装を行っている当社までお気軽にご連絡ください。

「外壁塗装をしたいけど、トラブルにあわないようにしたいな。」

「どのようなクレームの事例があるのだろう?」

このように、外壁塗装の際のクレームに不安を感じる方は多くいらっしゃると思います。
トラブルに遭わず、円満に外壁塗装の工事を行いたいですよね。
そこで、今回は「外壁塗装のクレームの事例」をご紹介します。
 

□よくあるクレームの事例

*工事の音がうるさい

工事中の騒音は、ご近所の方や、工事を依頼したご自身にとっても、ストレスの原因になるものです。
しかし、多くの方が理解しているように、外壁塗装の工事には必ず騒音が発生します。
足場の組み立てや、業者の話し声などは、安全上の理由や工事をスムーズに行うために必要なものなので、完璧に騒音をなくすことは不可能です。
そのため、事前に業者やご近所の方と、妥協点を探っていきながら、騒音のストレスとうまく付き合っていくことが大切です。
 

*塗料の色が想像と異なる

「事前に色見本で指定した色と、実際の外壁の色が異なっている。」
「業者におすすめされた色を選んだが、なんとなく気に入らない。」
このようなクレームの事例はとても多いです。
このようなケースでは、違う色の塗り直しが無料で行えるかどうかが、争点になります。
多くの場合、色の塗り直しの費用は、自己負担になります。
当然、明らかに注文していた色と異なる場合は、業者側のミスなので、無償でやり直しをしてくれることが多いですが、落ち度がお客様側にある場合は、有償でのやり直しとなってしまいます。
このようなケースにならないために、事前に色の選択はしっかりと行いましょう。
面積が大きくなると、色の印象が変わるので、できるだけ大きい色見本で確認するのがおすすめです。
 

*追加工事が必要になる

工事を進めていると、見積もりの際に見落としていた、外壁の汚れや劣化が見つかることがあります。
その場合、補修工事などの、追加工事を行うことになり、費用が予定よりも高くなる事例があります。
追加工事の提案を業者から受けた場合には、必ず「追加工事が必要な理由」を確認するようにしましょう。
業者が説明を拒み、威圧的な態度をとる場合、ただ追加で費用を請求したいだけという悪徳業者の可能性があります。
追加工事の際には、再度契約が必要なので、不審に思う点があれば、追加工事の理由を聞き、納得して契約するようにしましょう。
 

*工事が終わった後に、塗り残しなどのミスが見つかる

この場合、発見したらすぐに業者に連絡するようにしましょう。
業者側の過失が原因のミスならば、ほとんどの場合、無料で補修してくれます。
ただし、工事が完全に終了している場合や、工事が終わってだいぶ時間がたっている場合など、業者側が対応してくれないケースもあります。
そのようなトラブルを避けるために、できれば、工事完了時の検査に立ち会って、業者と一緒に不備がないかを確認することをおすすめします。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装のクレームの事例」をご紹介しました。
この記事を参考に、事前にトラブルを避けて、安心して外壁塗装をしてくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。
「外壁塗装を依頼しようと思う。」
「どんな外壁にしたらいいのかわからない。」
「外壁塗装でどこまで変わるのだろう。」
外壁塗装をする際に「外壁塗装のイメージがわかない。」という人は案外多いようです。
そこで今回は、外壁塗装の事例について解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
そんな外壁塗装ですが、費用は決して安くはありません。
しっかりと事例を調べて、自分に合った外壁塗装をする必要があります。
 

□塗料

 
塗料の素材によって値段も変わってきます。
アクリルなら1缶あたり5000~15000円ぐらいです。
ウレタンなら1缶当たり5000~20000円ぐらい、シリコンは15000~45000円ぐらいです。
これらより寿命の長い塗料であるフッ素やピュアアクリルは30000円~80000円ぐらいです。
基本的に高い塗料ほど長持ちします。
 

□事例1

 
シリコン塗装の場合、足場の値段を含めて1坪2.5万円が1つの目安です。
シリコン塗料は値段が高すぎず、長持ちするコストパフォーマンスが高い素材です。
30坪だと75万円になります。
ひと口にシリコンといってもさまざまな塗料がありますから、もっと安い値段で済むこともあります。
 

□事例2

 
フッ素樹脂の場合、足場の値段を含めて1坪2.7万円が1つの目安です。
フッ素樹脂は耐久性が非常に優れる素材で15年ほど持ちます。
30坪の場合、84万円になります。
 

□事例3

 
塗料を選ぶ基準は耐久年数だけではありません。
特殊な効果を持つ塗料も存在します。
遮熱塗料がその1つです。
遮熱塗料は熱の流れを遮断する効果が向上し、夏と冬のエアコンの使用量を削減することができます。
1坪2.8万円が目安です。
少し高くなるものの、電気代の節約効果を考えた場合、シリコン塗装やフッ素樹脂塗装よりも、金額的にお得になることがあります。
これはよく検討してみて欲しいところです。
 

□まとめ

 
以上、リフォームで外壁塗装をした際の事例についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「外壁塗装を依頼しようと思う。」
「どんな外壁にしたらいいのかわからない。」
「外壁塗装でどこまで変わるのだろう。」
外壁塗装をする際に「外壁塗装が初めてでよくわからず不安だ。」という人は多いようです。
そこで今回は、外壁塗装でリフォームする際の基礎知識について解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は毎日雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
 

□外壁塗装のタイミング

 

*壁にひび割れがある

 
外壁塗装のタイミングの目安の1つは、壁にひび割れが発生しているかどうかです。
このひび割れはクラックと呼ばれ、放置していると水漏れが発生したり、外壁の内部が劣化したりすることにつながります。
小さなものなら問題ありませんが、幅が4mmを超えるひび割れは見逃さない方がいいでしょう。
ひび割れを補修し、外壁を塗装し直す必要があります。
 

*外壁が色落ちしている

 
外壁もそう長持ちするものではなく、徐々に色落ちしていきます。
色が薄くなると見た目がよくありませんし、外壁保護の機能が失われつつある可能性が高いので、塗り直すべきです。
 

*チョーキング

 
チョーキング現象とは、外壁を触ったときに手に白い粉がつく現象のことです。
みなさんも経験があるのではないでしょうか?
これは外壁が劣化しているサインなので注意が必要です。
チョーキングが出てきたらすぐに塗り直しが必要だというわけではありませんが、検討を始める時期でしょう。
 

□外壁塗装の機能

 
外壁塗装には見た目をよくする機能と外壁を保護する機能以外にも、機能がついている場合があります。
それは、断熱性の向上や耐震性の補強の機能です。
見た目の仕上がりだけでなく、このような機能も塗料を選ぶ上で参考になります。
せっかく塗り替えるいい機会ですから、必要だと思った機能がある塗料を選んでみるといいでしょう。
 

□まとめ

 
以上、外壁塗装でリフォームをする際の基礎知識についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「屋根塗装を依頼しようと思う。」
「どんな屋根にしたらいいのかわからない。」
「屋根塗装でどこまで変わるのだろう。」
屋根塗装をする際に「色の組み合わせで悩む。」という人は案外多いようです。
そこで今回は、屋根塗装の色の組み合わせについて解説します。
 

□屋根塗装とは?

 
屋根塗装は見た目をきれいにするだけでなく、屋根を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを屋根材が直接受けるのを防いでくれるのです。
そんな屋根を守るためにある塗装ですが、できればきれいでおしゃれな仕上がりにしたいですよね。
屋根塗装は比較的安く見た目の印象をガラッと変えることができます。
では、おすすめの色の組み合わせをご紹介しましょう。
 

□人気の色

 
グレーや少し黒が混ざったブラウンが人気です。
このような濃い色は建物全体が薄い色で統一されていると、おしゃれな雰囲気を出してくれます。
もし濃い色が多くても、整った見た目になるので失敗しにくい色でもあります。
しかし、純粋な黒は汚れやすい色であり、重い印象を与えてしまうので避けるのが無難です。
 

□明るい色

 
明るい色は、組み合わせるのが難しい色です。
しかし、明るい色ならではのメリットがあります。
それは、日光を反射してくれることです。
これによって、部屋の中に熱がこもりにくくなります。
色が白に近づくほど、反射率は高くなります。
屋根を真っ白にすることができれば、それだけで家の中の温度を下げることにつながります。
冷房を使う機会が減ると思うので、環境に優しい色だと言えるでしょう。
 

□暖色、寒色を意識する

 
暖色(だんしょく)、寒色(かんしょく)という言葉をご存じでしょうか?
暖色は赤みの強い色で寒色は青みの強い色です。
屋根に使われる色としては、暖色が赤茶色やオレンジ色、寒色が青色や紺色が挙げられます。
暖色はその名の通り暖かい印象を与え、寒色は涼しげな印象を与えます。
 

□まとめ

 
以上、屋根塗装の色の組み合わせについてご紹介しました。
今回の記事を参考に、屋根塗装について検討してみてください。
また、屋根と一緒に外壁も塗り替えると一層見た目の印象が変わります。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装や屋根塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「外壁塗装をしようと思う。」
「どんな色にしたらいいのかわからない。」
「外壁塗装でどこまで変わるのだろう。」
「外壁塗装で色に悩んでしまう。」という人は案外多いようです。
そこで今回は、外壁塗装で失敗しない色選びについて解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
そんな外壁を守るためにある塗装ですが、できればきれいでおしゃれな仕上がりにしたいですよね。
外壁塗装は比較的安く見た目の印象をガラッと変えることができます。
しかし、色選びに失敗してしまうとパッとしない印象になってしまいます。
では、失敗しない色選びをするためにはどうすればよいのでしょうか?
気を付けるポイントをご紹介します。
 

□落ち着いた色を選ぶ

 
外壁塗装は自分の好きな色を選びがちです。
しかし、住宅は周りの風景に溶け込んでいなければ悪目立ちしてしまい、景観を崩してしまう可能性があります。
親しみやすく、周りの風景と調和がとれる色を選んだ方がいいでしょう。
 

□他の家の色を見てみる

 
町のいたるところに見本があります。
これを活用しない手はありません。
実際に町を歩いてみて、参考になる家がないか探してみましょう。
このとき、家の周りを見てみるのもいいでしょう。
色を参考にできるだけでなく、近所の家の色と調和がとれる色はどんな色かを考えることができるかもしれません。
不自然にその場所から浮いている家があったら、反面教師にできると思います。
 

□汚れやすい色を避ける

 
白と黒は汚れやすい色です。
他の色と比べて早く色がくすんでしまうので避けた方がいいかもしれません。
しかし、白系は色を組み合わせやすいことも事実です。
真っ白ではなく少し黄色やオレンジ色が混ざった白なら少し汚れにくくなります。
ですので、色を選ぶ際は純粋な白を避けた方がいいかもしれません。
 

□まとめ

 
以上、外壁塗装で失敗しない色選びについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「diyをしようと思う。」
「どこをdiyしたらいいのかわからない。」
「diyでどこまでできるのだろう。」
「diyで外壁塗装をしたい。」という人は案外多いようです。
そこで今回は、外壁塗装のdiyについて解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
そんな外壁塗装ですが、業者に頼むとある程度の費用がかかってしまいます。
状況にもよりますが、60万円~80万円ぐらいが相場です。
そうなるとdiyで塗装をやりたい人が出てくるのではないでしょうか?
ある程度diyでできることは事実です。
そこでここからは、実際にどこならdiyでできるのかをご紹介します。
 

□汚れを落とす

 
汚れを落とすことならdiyでできます。
しかし、この作業をしっかりしなければ後で塗膜がはがれてしまうので、しっかりと行いましょう。
道具は予算によって異なります。
高圧洗浄機を使うのがベストですが、ブラシで掃除することもできます。
ブラシでの掃除はなかなかハードなものになりますが、汚れはしっかり落ちてくれます。
外壁用の洗剤がホームセンターで売っていることもありますので探してみましょう。
 

□劣化部分の補修

 
外壁塗装で外壁が守られているといっても、長年経てば、様々な箇所にひびが入っていきます。
このひびも放置すると悪化していき、雨漏りや外壁内部の劣化につながります。
そうなると結果的に高額な補修費用を払うことになるので注意しましょう。
まず行わなければならないのはひび割れの大きさをチェックすることです。
「クラックスケール」というひび割れの大きさを測る道具がありますのでホームセンターで探してみましょう。
大きいひびはdiyで直すことは難しいですが、小さいひびなら問題ないでしょう。
具体的な目安は3mm以下のひびならdiyで直せる可能性が高いです。
セメントチョークやスプレーセメントで補修していきます。
どちらもホームセンターで買うことができ、素人でも扱うことができます。
 
 

□まとめ

 
以上、外壁塗装のdiyについてご紹介しました。
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「外壁塗装を依頼しようと思う。」
「どの塗料が長持ちするのかわからない。」
「外壁塗装でどれくらい長持ちするのだろう。」
外壁塗装をする際に「塗料を長持ちさせたい。」という人はやはり多いようです。
そこで今回は、外壁塗装の塗料を長持ちさせるコツについて解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は毎日雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
 

□塗料はどれくらい持つのか?

 
塗料の寿命は種類によって大きく変わります。
アクリルで5~8年、ウレタンで8~10年、シリコンで10~15年程度です。
値段の高い塗料を選ぶほど、寿命は長くなっていきます。
 

□長持ちさせるコツ

 
塗料を長持ちさせるには、長持ちする塗料を選ぶことが一番なのですが、ここでは別の方法をご紹介します。
 

*風通し

 
塗料は湿気が多いと、カビが生えてしまい、どんどん劣化していきます。
ですので、壁の周りには物をできるだけ置かず、風通しを良くしておく必要があります。
また、日が当たりにくいところはカビが生えやすいところです。
近くに植え込みがある場合は、適度に刈り込んでおき、外壁を日陰にしないことが重要です。
 

*洗浄

 
一番重要なのが外壁の洗浄です。
これをすることで寿命が延びるでしょう。
掃除をするにはいくつか方法があります。
1つ目は、業者に頼んで洗浄してもらう方法です。
2つ目は、高圧洗浄機を買って自分で洗浄する方法です。
3つ目は、ブラシと洗剤で洗浄する方法です。
最初に述べた方法よりも、後に述べた方法の方が安くできますが、手間がかかってしまいます。
どの方法を選ぶかは、自分の懐事情から決めればよいでしょう。
ブラシと洗剤で洗浄する場合、ホームセンターに外壁用の洗剤があるので購入しましょう。
水で外壁のほこりを洗い流し、水で落ちない汚れをブラシで洗浄します。
高所用のブラシもあると高いところまで手が届くので便利です。
 

□まとめ

 
以上、外壁塗装の塗料を長持ちさせるコツについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「外壁塗装を依頼しようと思う。」
「どの塗料が長持ちするのかわからない。」
「外壁塗装はどれくらい長持ちするのだろう。」
外壁塗装をする際に「塗料がどれだけ長持ちするかわからない。」という人はやはり多いようです。
そこで今回は、塗料の耐用年数の見分け方について解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
 

□塗料はどれくらい持つ?

 
塗料の寿命は種類によって大きく変わります。
アクリルで5~8年、ウレタンで8~10年、シリコンで10~15年程度です。
一般的に、値段の高い塗料を選ぶほど、寿命は長くなっていきます。
基本は塗料の種類と、最後に塗装したのはいつかということを判断材料に残りの寿命を推測します。
 

□寿命が終わる兆候

 

*チョーキング現象

 
チョーキング現象とは、外壁を触ったときに手に白い粉がつく現象のことです。
みなさんも経験があるのではないでしょうか?
これは外壁が劣化しているサインです。
チョーキングが出てきたらすぐに塗りなおしが必要だというわけではありませんが、検討を始める時期でしょう。
 

*クラック

 
クラックとは外壁にあるひび割れのことです。
小さなひび割れであれば大きな問題はありません。
しかし、ひび割れを補修せずに放っておくとひび割れが大きくなり、外壁内部の劣化につながります。
ひび割れの幅が4mm以上のものが多く見つかった場合は塗り替えの時期でしょう。
 

*色褪せ

 
長く外壁が雨風に晒され、紫外線を浴びていると徐々に色が褪せていきます。
チョーキングやクラックほど重要な兆候ではありません。
しかし、外壁塗装の目的には見た目をきれいにすることもありますから、色褪せがひどくなった場合は塗り替えの時期と言えるでしょう。
 

□まとめ

 
以上、塗料の耐用年数の見分け方についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
塗料の寿命を推測して、早めに塗装し直すことは建物の寿命を延ばすことにつながります。
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

マルセイテックにて行いました外壁塗装事例をご紹介いたします。
こちらは神奈川県旭区にお住まいのU様邸です。

外壁塗装とともに屋根の高圧洗浄も行っております。

外壁塗装を行うことでお住まいの外観が良くなるとともに、塗料によって外壁が保護されます。
屋根や外壁は、常に紫外線や雨等の環境にさらされており、屋根や外壁に塗布された塗料は経年で劣化いたします。

塗料の劣化によりお住まいを保護する能力が弱まってしまい、そのままにしてしまうとお住まいに甚大な被害が発生いたします。

外壁塗装の定期的な塗り替えやメンテナンスは、お住まいの寿命へ直結いたします。

マルセイテックではお客様の住宅に関するご相談を承っております。
塗り替え時期の判断が難しい場合や、現在外壁にできてしまったヒビや鉄部のサビなどについて、是非お気軽にお問い合わせください。

経験豊富な担当者が、お客様の住宅について適切なアドバイスをさせていただきます。

>新たに掲載しました外壁塗装の事例はこちらからご覧いただけます。

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから