横浜市 外装リフォームの最近のブログ記事

「外壁塗装を依頼しようと思う。」
「どんな外壁にしたらいいのかわからない。」
「外壁塗装でどこまで変わるのだろう。」
外壁塗装をする際に「外壁塗装のイメージがわかない。」という人は案外多いようです。
そこで今回は、外壁塗装の事例について解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
そんな外壁塗装ですが、費用は決して安くはありません。
しっかりと事例を調べて、自分に合った外壁塗装をする必要があります。
 

□塗料

 
塗料の素材によって値段も変わってきます。
アクリルなら1缶あたり5000~15000円ぐらいです。
ウレタンなら1缶当たり5000~20000円ぐらい、シリコンは15000~45000円ぐらいです。
これらより寿命の長い塗料であるフッ素やピュアアクリルは30000円~80000円ぐらいです。
基本的に高い塗料ほど長持ちします。
 

□事例1

 
シリコン塗装の場合、足場の値段を含めて1坪2.5万円が1つの目安です。
シリコン塗料は値段が高すぎず、長持ちするコストパフォーマンスが高い素材です。
30坪だと75万円になります。
ひと口にシリコンといってもさまざまな塗料がありますから、もっと安い値段で済むこともあります。
 

□事例2

 
フッ素樹脂の場合、足場の値段を含めて1坪2.7万円が1つの目安です。
フッ素樹脂は耐久性が非常に優れる素材で15年ほど持ちます。
30坪の場合、84万円になります。
 

□事例3

 
塗料を選ぶ基準は耐久年数だけではありません。
特殊な効果を持つ塗料も存在します。
遮熱塗料がその1つです。
遮熱塗料は熱の流れを遮断する効果が向上し、夏と冬のエアコンの使用量を削減することができます。
1坪2.8万円が目安です。
少し高くなるものの、電気代の節約効果を考えた場合、シリコン塗装やフッ素樹脂塗装よりも、金額的にお得になることがあります。
これはよく検討してみて欲しいところです。
 

□まとめ

 
以上、リフォームで外壁塗装をした際の事例についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「外壁塗装を依頼しようと思う。」
「どんな外壁にしたらいいのかわからない。」
「外壁塗装でどこまで変わるのだろう。」
外壁塗装をする際に「外壁塗装が初めてでよくわからず不安だ。」という人は多いようです。
そこで今回は、外壁塗装でリフォームする際の基礎知識について解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は毎日雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
 

□外壁塗装のタイミング

 

*壁にひび割れがある

 
外壁塗装のタイミングの目安の1つは、壁にひび割れが発生しているかどうかです。
このひび割れはクラックと呼ばれ、放置していると水漏れが発生したり、外壁の内部が劣化したりすることにつながります。
小さなものなら問題ありませんが、幅が4mmを超えるひび割れは見逃さない方がいいでしょう。
ひび割れを補修し、外壁を塗装し直す必要があります。
 

*外壁が色落ちしている

 
外壁もそう長持ちするものではなく、徐々に色落ちしていきます。
色が薄くなると見た目がよくありませんし、外壁保護の機能が失われつつある可能性が高いので、塗り直すべきです。
 

*チョーキング

 
チョーキング現象とは、外壁を触ったときに手に白い粉がつく現象のことです。
みなさんも経験があるのではないでしょうか?
これは外壁が劣化しているサインなので注意が必要です。
チョーキングが出てきたらすぐに塗り直しが必要だというわけではありませんが、検討を始める時期でしょう。
 

□外壁塗装の機能

 
外壁塗装には見た目をよくする機能と外壁を保護する機能以外にも、機能がついている場合があります。
それは、断熱性の向上や耐震性の補強の機能です。
見た目の仕上がりだけでなく、このような機能も塗料を選ぶ上で参考になります。
せっかく塗り替えるいい機会ですから、必要だと思った機能がある塗料を選んでみるといいでしょう。
 

□まとめ

 
以上、外壁塗装でリフォームをする際の基礎知識についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「屋根塗装を依頼しようと思う。」
「どんな屋根にしたらいいのかわからない。」
「屋根塗装でどこまで変わるのだろう。」
屋根塗装をする際に「色の組み合わせで悩む。」という人は案外多いようです。
そこで今回は、屋根塗装の色の組み合わせについて解説します。
 

□屋根塗装とは?

 
屋根塗装は見た目をきれいにするだけでなく、屋根を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを屋根材が直接受けるのを防いでくれるのです。
そんな屋根を守るためにある塗装ですが、できればきれいでおしゃれな仕上がりにしたいですよね。
屋根塗装は比較的安く見た目の印象をガラッと変えることができます。
では、おすすめの色の組み合わせをご紹介しましょう。
 

□人気の色

 
グレーや少し黒が混ざったブラウンが人気です。
このような濃い色は建物全体が薄い色で統一されていると、おしゃれな雰囲気を出してくれます。
もし濃い色が多くても、整った見た目になるので失敗しにくい色でもあります。
しかし、純粋な黒は汚れやすい色であり、重い印象を与えてしまうので避けるのが無難です。
 

□明るい色

 
明るい色は、組み合わせるのが難しい色です。
しかし、明るい色ならではのメリットがあります。
それは、日光を反射してくれることです。
これによって、部屋の中に熱がこもりにくくなります。
色が白に近づくほど、反射率は高くなります。
屋根を真っ白にすることができれば、それだけで家の中の温度を下げることにつながります。
冷房を使う機会が減ると思うので、環境に優しい色だと言えるでしょう。
 

□暖色、寒色を意識する

 
暖色(だんしょく)、寒色(かんしょく)という言葉をご存じでしょうか?
暖色は赤みの強い色で寒色は青みの強い色です。
屋根に使われる色としては、暖色が赤茶色やオレンジ色、寒色が青色や紺色が挙げられます。
暖色はその名の通り暖かい印象を与え、寒色は涼しげな印象を与えます。
 

□まとめ

 
以上、屋根塗装の色の組み合わせについてご紹介しました。
今回の記事を参考に、屋根塗装について検討してみてください。
また、屋根と一緒に外壁も塗り替えると一層見た目の印象が変わります。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装や屋根塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「外壁塗装をしようと思う。」
「どんな色にしたらいいのかわからない。」
「外壁塗装でどこまで変わるのだろう。」
「外壁塗装で色に悩んでしまう。」という人は案外多いようです。
そこで今回は、外壁塗装で失敗しない色選びについて解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
そんな外壁を守るためにある塗装ですが、できればきれいでおしゃれな仕上がりにしたいですよね。
外壁塗装は比較的安く見た目の印象をガラッと変えることができます。
しかし、色選びに失敗してしまうとパッとしない印象になってしまいます。
では、失敗しない色選びをするためにはどうすればよいのでしょうか?
気を付けるポイントをご紹介します。
 

□落ち着いた色を選ぶ

 
外壁塗装は自分の好きな色を選びがちです。
しかし、住宅は周りの風景に溶け込んでいなければ悪目立ちしてしまい、景観を崩してしまう可能性があります。
親しみやすく、周りの風景と調和がとれる色を選んだ方がいいでしょう。
 

□他の家の色を見てみる

 
町のいたるところに見本があります。
これを活用しない手はありません。
実際に町を歩いてみて、参考になる家がないか探してみましょう。
このとき、家の周りを見てみるのもいいでしょう。
色を参考にできるだけでなく、近所の家の色と調和がとれる色はどんな色かを考えることができるかもしれません。
不自然にその場所から浮いている家があったら、反面教師にできると思います。
 

□汚れやすい色を避ける

 
白と黒は汚れやすい色です。
他の色と比べて早く色がくすんでしまうので避けた方がいいかもしれません。
しかし、白系は色を組み合わせやすいことも事実です。
真っ白ではなく少し黄色やオレンジ色が混ざった白なら少し汚れにくくなります。
ですので、色を選ぶ際は純粋な白を避けた方がいいかもしれません。
 

□まとめ

 
以上、外壁塗装で失敗しない色選びについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「diyをしようと思う。」
「どこをdiyしたらいいのかわからない。」
「diyでどこまでできるのだろう。」
「diyで外壁塗装をしたい。」という人は案外多いようです。
そこで今回は、外壁塗装のdiyについて解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
そんな外壁塗装ですが、業者に頼むとある程度の費用がかかってしまいます。
状況にもよりますが、60万円~80万円ぐらいが相場です。
そうなるとdiyで塗装をやりたい人が出てくるのではないでしょうか?
ある程度diyでできることは事実です。
そこでここからは、実際にどこならdiyでできるのかをご紹介します。
 

□汚れを落とす

 
汚れを落とすことならdiyでできます。
しかし、この作業をしっかりしなければ後で塗膜がはがれてしまうので、しっかりと行いましょう。
道具は予算によって異なります。
高圧洗浄機を使うのがベストですが、ブラシで掃除することもできます。
ブラシでの掃除はなかなかハードなものになりますが、汚れはしっかり落ちてくれます。
外壁用の洗剤がホームセンターで売っていることもありますので探してみましょう。
 

□劣化部分の補修

 
外壁塗装で外壁が守られているといっても、長年経てば、様々な箇所にひびが入っていきます。
このひびも放置すると悪化していき、雨漏りや外壁内部の劣化につながります。
そうなると結果的に高額な補修費用を払うことになるので注意しましょう。
まず行わなければならないのはひび割れの大きさをチェックすることです。
「クラックスケール」というひび割れの大きさを測る道具がありますのでホームセンターで探してみましょう。
大きいひびはdiyで直すことは難しいですが、小さいひびなら問題ないでしょう。
具体的な目安は3mm以下のひびならdiyで直せる可能性が高いです。
セメントチョークやスプレーセメントで補修していきます。
どちらもホームセンターで買うことができ、素人でも扱うことができます。
 
 

□まとめ

 
以上、外壁塗装のdiyについてご紹介しました。
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「外壁塗装を依頼しようと思う。」
「どの塗料が長持ちするのかわからない。」
「外壁塗装でどれくらい長持ちするのだろう。」
外壁塗装をする際に「塗料を長持ちさせたい。」という人はやはり多いようです。
そこで今回は、外壁塗装の塗料を長持ちさせるコツについて解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は毎日雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
 

□塗料はどれくらい持つのか?

 
塗料の寿命は種類によって大きく変わります。
アクリルで5~8年、ウレタンで8~10年、シリコンで10~15年程度です。
値段の高い塗料を選ぶほど、寿命は長くなっていきます。
 

□長持ちさせるコツ

 
塗料を長持ちさせるには、長持ちする塗料を選ぶことが一番なのですが、ここでは別の方法をご紹介します。
 

*風通し

 
塗料は湿気が多いと、カビが生えてしまい、どんどん劣化していきます。
ですので、壁の周りには物をできるだけ置かず、風通しを良くしておく必要があります。
また、日が当たりにくいところはカビが生えやすいところです。
近くに植え込みがある場合は、適度に刈り込んでおき、外壁を日陰にしないことが重要です。
 

*洗浄

 
一番重要なのが外壁の洗浄です。
これをすることで寿命が延びるでしょう。
掃除をするにはいくつか方法があります。
1つ目は、業者に頼んで洗浄してもらう方法です。
2つ目は、高圧洗浄機を買って自分で洗浄する方法です。
3つ目は、ブラシと洗剤で洗浄する方法です。
最初に述べた方法よりも、後に述べた方法の方が安くできますが、手間がかかってしまいます。
どの方法を選ぶかは、自分の懐事情から決めればよいでしょう。
ブラシと洗剤で洗浄する場合、ホームセンターに外壁用の洗剤があるので購入しましょう。
水で外壁のほこりを洗い流し、水で落ちない汚れをブラシで洗浄します。
高所用のブラシもあると高いところまで手が届くので便利です。
 

□まとめ

 
以上、外壁塗装の塗料を長持ちさせるコツについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
「外壁塗装を依頼しようと思う。」
「どの塗料が長持ちするのかわからない。」
「外壁塗装はどれくらい長持ちするのだろう。」
外壁塗装をする際に「塗料がどれだけ長持ちするかわからない。」という人はやはり多いようです。
そこで今回は、塗料の耐用年数の見分け方について解説します。
 

□外壁塗装とは?

 
外壁塗装は見た目をきれいにするだけでなく、壁面を守るためにあります。
壁面や屋根は、雨水に濡れ、日光にさらされ、風でほこりが付着します。
そういったダメージを壁面が直接受けるのを防いでくれるのです。
 

□塗料はどれくらい持つ?

 
塗料の寿命は種類によって大きく変わります。
アクリルで5~8年、ウレタンで8~10年、シリコンで10~15年程度です。
一般的に、値段の高い塗料を選ぶほど、寿命は長くなっていきます。
基本は塗料の種類と、最後に塗装したのはいつかということを判断材料に残りの寿命を推測します。
 

□寿命が終わる兆候

 

*チョーキング現象

 
チョーキング現象とは、外壁を触ったときに手に白い粉がつく現象のことです。
みなさんも経験があるのではないでしょうか?
これは外壁が劣化しているサインです。
チョーキングが出てきたらすぐに塗りなおしが必要だというわけではありませんが、検討を始める時期でしょう。
 

*クラック

 
クラックとは外壁にあるひび割れのことです。
小さなひび割れであれば大きな問題はありません。
しかし、ひび割れを補修せずに放っておくとひび割れが大きくなり、外壁内部の劣化につながります。
ひび割れの幅が4mm以上のものが多く見つかった場合は塗り替えの時期でしょう。
 

*色褪せ

 
長く外壁が雨風に晒され、紫外線を浴びていると徐々に色が褪せていきます。
チョーキングやクラックほど重要な兆候ではありません。
しかし、外壁塗装の目的には見た目をきれいにすることもありますから、色褪せがひどくなった場合は塗り替えの時期と言えるでしょう。
 

□まとめ

 
以上、塗料の耐用年数の見分け方についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
塗料の寿命を推測して、早めに塗装し直すことは建物の寿命を延ばすことにつながります。
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
当社は横浜市や大和市を中心に営業しており、外壁塗装に詳しいスタッフが多数在籍しています。
一人であれこれ悩むよりも専門家に話を聞いてもらうのが一番です。
もし何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

マルセイテックにて行いました外壁塗装事例をご紹介いたします。
こちらは神奈川県旭区にお住まいのU様邸です。

外壁塗装とともに屋根の高圧洗浄も行っております。

外壁塗装を行うことでお住まいの外観が良くなるとともに、塗料によって外壁が保護されます。
屋根や外壁は、常に紫外線や雨等の環境にさらされており、屋根や外壁に塗布された塗料は経年で劣化いたします。

塗料の劣化によりお住まいを保護する能力が弱まってしまい、そのままにしてしまうとお住まいに甚大な被害が発生いたします。

外壁塗装の定期的な塗り替えやメンテナンスは、お住まいの寿命へ直結いたします。

マルセイテックではお客様の住宅に関するご相談を承っております。
塗り替え時期の判断が難しい場合や、現在外壁にできてしまったヒビや鉄部のサビなどについて、是非お気軽にお問い合わせください。

経験豊富な担当者が、お客様の住宅について適切なアドバイスをさせていただきます。

>新たに掲載しました外壁塗装の事例はこちらからご覧いただけます。

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから