座間市 外壁塗装,屋根リフォームの最近のブログ記事

外壁塗装を行うことを検討されてはいませんか?
実際の外壁塗装には、どんな塗料や工法が使われているのか知らない方が多いのではないでしょうか。
そこで気になるのが、外壁塗装の施工事例ですよね。
「実際の外壁塗装の例を知りたい。」
「完成形はどんな感じになるの?」
この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。
当社の施工事例を紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。
 
 

□施工事例1

 
まず一つ目の施工事例は、神奈川県大和市にお住いの、Y様邸で施工した屋根・外壁塗装工事です。
外壁塗装の塗膜が劣化したことにより、チョーキング現象が起こっていた住宅でした。
チョーキング現象とは、壁を触るとその外壁の色の粉が手についてしまう、劣化症状のひとつです。
Y様は、塗料の臭いを特に気にされているお客様でした。
そこで、バラの香りがする「パーフェクトトップローズ」という塗料を使わせていただきました。
施工前とはがらりとイメージを変え、イエローカラーで明るく仕上げました。
 
 

□施工事例2

 
二つ目の施工事例は、神奈川県座間市にお住いのS様邸です。
施工前はブラウン系の外壁でしたが、S様のご要望により、鮮やかなブルーで塗装いたしました。
もともとレンガ調の二色柄サイディングでしたので、ブルーとホワイトのツートンカラーに仕上げました。
塗料には、当社がおすすめするハイグレード塗料の、「ガイソーウォールフッ素4F」を使用しました。
この塗料は、最新の技術により、従来のフッ素塗料を大きく超える対抗性能を持っています。
また、雨水や砂埃などによる汚れを防ぐ対汚染性にも優れ、長期間にわたり美しい見た目の外壁を維持します。
 
 

□施工事例3

 
最後に紹介する施工事例は、神奈川県大和市にお住いのS様邸です。
こちらのお客様の住宅には、一階部分と二階部分で異なる施工を行いました。
一階部分には、サイディングの柄を残すために、高耐久クリア塗料を使用しました。
クリア塗料とは、下地が見える無色透明な塗料のことです。
元の外壁のデザインをそのままにしながら、メンテナンスを行うことができます。
二階部分には、フッ素塗料を使用し、ピンクカラーで仕上げました。
一階部分のブラウンカラーとのツートンカラーで、素敵な仕上がりになりました。
 
 

□まとめ

 
今回は、当社の施工事例を紹介しました。
当社では、お客様に満足いただくために、こだわりを持って屋根・外壁塗装の工事を行っています。
外壁塗装を検討されている方は、ぜひ当社をご利用ください。
神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ

 

外壁塗装を行うことを検討されてはいませんか?
外壁塗装に使われる塗料には、さまざまな種類があり、どれを選べばいいのか困ってしまいます。
そこで気になるのが、外壁塗装の種類ごとの特徴ですよね。
「外壁塗装の塗料にはどんな種類があるの?」
「種類ごとの特徴を知りたい。」
この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。
外壁塗装の塗料の種類について解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。
 
 

□塗料の成分

 
まずは、塗料はどのような成分からできているのか解説します。
外壁塗装で使われる塗料は、合成樹脂、添加剤、顔料、溶剤類の4つの成分から構成されています。
合成樹脂は、その塗料の耐久性を決める主成分です。
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの種類があります。
添加剤は、塗膜に機能を追加する成分です。
硬質・弾性や、ツヤあり・ツヤなしなど、性質ごとに分類できます。
顔料は塗膜に色を付ける成分です。
溶剤類は、塗料を液体化するもので、水性と油性に分けられます。
 
 

□合成樹脂で分ける塗料の種類

 
塗料の成分について解説しましたが、中でも一番重要なのは、耐久年数に関わる合成樹脂です。
合成樹脂の種類によって、塗料の品質や価格が大きく異なるからです。
合成樹脂によって分類する塗料の種類を見ていきましょう。
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4種類を解説します。
 

*アクリル塗料

 
4つの塗料の中で、最も安価な塗料です。
コスト面で最も優れていますが、紫外線に弱い特徴があります。
耐用年数は4~7年と短く、現在ではほとんど使用されていません。
 

*ウレタン塗料

 
アクリル塗料に比べて、防水性と耐水性に優れた塗料です。
耐用年数は6~10年です。
こちらのウレタン塗料も、現在ではあまり使われていません。
 

*シリコン塗料

 
現在、最も使われている塗料です。
耐久年数と価格のバランスが良く、コストパフォーマンスと品質を両立させたい人におすすめです。
弾性にも優れているので、塗膜の下で小さなひび割れができても防水性を保ちます。
耐用年数は8~15年です。
 

*フッ素塗料

 
4種類の塗料の中で、最も耐久性が高い塗料です。
その分、価格が最も高いため、一般住宅ではあまり使用されていません。
耐用年数は15~20年です。
 
 

□まとめ

 
今回は、外壁塗装の塗料の種類について解説しました。
外壁塗装には、多くの種類があります。
外壁塗装の塗料選びは、自分が塗料に求める性能を明らかにしておくことが大切です。
また、何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
座間市で外壁塗装をすることを検討されてはいませんか?
中には、外壁塗装を行うことが初めてで、見積もりの取り方がよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
座間市を商圏エリアとした業者が多数存在しますし、悪徳業者に捕まってしまっては大変です。
そこで気になるのが、見積もりを取る際の注意点ですよね。
「どのように外壁塗装の見積もりを取ればいいの?」
「見積もりを取る際の注意点を知りたい。」
この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。
ぜひ参考にしてみてください。
 
 

□塗装を3度塗りをしているか

 
一つ目の注意点は、塗装の作業内容が、下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りになっているかどうかです。
基本的に、外壁塗装は3度塗りです。
3回工程を省く業者は悪徳業者と言ってもいいくらい悪質な手抜き作業です。
外壁塗装とは、3回に分けて塗装をすることで、塗料本来の性能が出せます。
もし一つでも工程を省略してしまうと、はがれなどの不具合が起こりやすくなりますし、耐用年数もかなり短くなります。
単純に塗膜の層の厚さが全然違うのでそういったことになるのも当たり前かのように感じますよね。
悪徳業者はこちらに知識がないと考え、工程を省略した安い見積もりを出してくることがあります。
「安かろう、悪かろう」といったところでしょうか。
十分に注意しましょう。
 
 

□塗装部分の面積が大きすぎないか

 
最も重要な注意点です。
外壁の塗装部分、つまり塗る面積を大きく出し、合計金額を高くするのが悪徳業者のよく使う手口です。
単価は安くても、本来の大きさ以上の㎡数で計算されてしまっていては、元も子もありません。
複数の業者に見積もりを出し、比較検討し、他の業者より明らかに塗装部分の面積を大きく出している業者には、依頼することを避けましょう。
 
 

□塗料の単価が高すぎないか

 
逆に、塗料の単価を高くして、合計金額を高くした見積もりを出す業者も多いです。
塗料は、どんなに高いものでも3度塗りの合計単価で1平方メートルあたり5,500円前後です。
あまりにも相場からかけ離れた金額を提示してくる業者には、依頼するのを避けた方がいいでしょう。
 
 

□費用の詳細な内訳が書いてあるか

 
見積書に、「外壁塗装一式」と書き、費用の内訳を提示しない業者がいます。
こうした業者には要注意です。
安い費用の見積書を出してきて、工事が始まった後に追加工事を行うと言って、新たに請求をしてくる可能性が非常に高いからです。
費用だけでなく、書かれている内容も確認しましょう。
塗料メーカー名、商品名、使用する塗料の量などがきちんと書いてあるか、しっかりとチェックしましょう。
 
 

□まとめ

 
今回は、外壁塗装の見積もりを取る際の注意点について解説しました。
見積もりを取る際の注意点について、ご理解を深めていただけたのではないでしょうか。
見積書には、良い業者と悪い業者を見分けるための情報がたくさんつまっています。
ぜひ、この記事を参考に見積書を確認して、信頼できる業者を見つけてみてくださいね。
 
 
神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ
 
 
 

 

「最近外壁塗装の見た目がひどくなってきたから塗り替えを依頼したい。」
「塗装に使用する塗料ってどのようなものがあるのだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装に使用される塗料ですが、種類や特徴を把握している方は少ないようです。
そこで今回は、外壁塗装に使用する塗料の種類と特徴について説明していきます。
 

□塗料の種類と特徴

 
外壁塗装に使われる塗料には様々な種類がありますが、ここでは代表的なものと近年注目が高まっているものをご紹介します。
それでは順に見ていきましょう。
 

*シリコン

 
現在一般的な住宅で最も使用されている塗料で、「迷ったときはシリコンを選んでおけば良い」と言われるほど評価が高いですよ。
塗料の機能や耐久性と価格のバランスが非常に良く、メーカーが販売しているシリコン塗料もバリエーションが豊富なのです。
また、防カビ性や防藻性に優れたものもあるため湿気の多い外壁にもおすすめできます。
耐用年数は8~15年程度とされています。
 

*フッ素

 
シリコンよりも耐久性に優れているグレードがトップクラスの塗料がフッ素塗料です。
耐用年数が15~20年と長いため、短期間での塗り替えが好ましくない高層ビルや大型施設の外壁によく使用されます。
東京スカイツリーに使用されていることでも有名な塗料ですよ。
塗り替えを頻繁に行いたくないという方におすすめです。
 

*光触媒

 
太陽の光が当たると、塗料地震が表面に付着した有機物による汚れを分解してくれる機能を持っています。
また、高い親水性を誇っており、大抵の汚れであれば雨が当たると流れ落ちてしまします。
これらの2つの機能を合わせてセルフクリーニングと言い、近年注目が高まっています。
主要道路に面していて車の排気ガスによる汚れが気になるという方におすすめできる塗料です。
 

*無機塗料

 
名前からも分かる通り、塗料に劣化しない物質である無機物を混ぜ込んで作ったものが無機塗料です。
非常に高い耐久性を持っており、塗料の中ではトップクラスと言われています。
価格が高いものの、劣化に強いため日差しが鋭く外壁の劣化に悩まされている住宅などにはおすすめですよ。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装をお考えの方に向けて塗料の種類をご紹介しました。
知られていないだけで、一口に塗料と言っても様々な種類があることがお分かりいただけたのではないでしょうか?
 
神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ

 

「外壁の汚れが気になってきたので、塗り直しを依頼して汚れにくい塗装にしたい。」
「外壁塗装の塗料にはクリーニングを行うものがあるって聞いたけれど、詳しく知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
住宅の外観に大きく関わる外壁が汚れているのは好ましい状態ではないですよね。
今回は外壁塗装をお考えの方にセルフクリーニング機能を持つ塗料についてご説明します。
 

□セルフクリーニングって何?

 
名前の意味する通り、塗料が自分で外壁に付着した汚れを落としてくれる優れた機能です。
この機能を持つ塗料は「光触媒塗料」と呼ばれており近年注目が高まっています。
これを聞くとどのようにして勝手に汚れが落ちるのか疑問に思う方も少なくありません。
詳しくその仕組みを見ていきましょう。
まず光触媒という名前からもお分かりいただけますが、太陽の光が外壁に当たると汚れを分解する化学反応が起こります。
塗料に含まれる二酸化チタンが光を受けることにより表面に付着した有機物を分解するのです。
そして高い親水性を持つこの塗料は、雨が当たると表面の汚れが雨と一緒に流れ落ちるようになっています。
この2つの働きによって掃除をしなくとも外壁がきれいな状態で保たれるのです。

 

□セルフクリーニングの注意点

 
一見セルフクリーニング機能があれば掃除やメンテナンスをしなくても良いように思われるかもしれませんが、この塗料にはいくつかの注意点があります。
この塗料の性質で分解できるのは排気ガスやホコリといった有機物のみであるため、砂や泥といった無機物による汚れは分解できません。
そのため無機物による汚れは自分で掃除して落とさなければならないのです。
また、日差しが十分に当たらなければ反応が起こらないため、日陰が多い外壁や隣の住宅との距離が近すぎる住宅には向かない塗料と言えます。
その他にも、雨水が当たらない外壁にも向いていません。
雨水が当たらなければ、せっかくの高い親水性も活かすことができず汚れを落とすことができないからです。
そして、高機能な塗料全般に言えることですが、塗料を塗る人の技術が高くなければ効果を十分に発揮できないことも注意が必要です。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装をお考えの方にクリーニング機能を持つ塗料をご紹介しました。
先程ご説明したとおり、高機能塗料はそれを塗布する職人の技術によって仕上がりが大きく変わるため優良業者に依頼することが重要です。
外壁塗装に関してお悩みや聞いておきたいことをお持ちの方は、ぜひガイソー大和店にご相談ください。
神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ

 

「外壁塗装が劣化してきたから、塗り直しをしようと思っている。」
「外壁の塗り直しを依頼したい。外観にこだわって白にしようかな。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装を依頼される方の多くは塗料の色を何色にするか悩むようです。
そこで今回は、人気の外壁塗料の色である白について解説していきます。
 

□白のメリットとデメリットは?

 

*メリット

 
外壁塗装を行う際に白の塗料を塗ってほしいという方は多くいらっしゃいます。
白のイメージは明るくて開放感に溢れていることが挙げられますよね。
白は膨張色のため、広々とした印象を与えることができるのです。
こういった特徴から白い外壁の住宅はスタイリッシュでおしゃれに仕上がるというメリットがあります。
また、光を反射しやすく、よく晴れた日でも温度上昇を抑えてくれるというメリットもあるのです。
ヨーロッパの日差しが厳しい地域では、白い外壁の住宅が多いということを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
 

*デメリット

 
しかし、外壁を白にすることはメリットばかりではありません。
知っている方も多いように、白の外壁はどうしても汚れが目立ちやすくなってしまいます。
外観が損なわれない方が好ましいですよね。
外壁塗装を行う前は白色の塗装を希望されていても、汚れを心配して白を選ばれない方も多いです。
最近では汚れに強い塗料も登場してきているため、業者とよく相談して色を決めるようにしてくださいね。

 

□白を選ぶ際の注意点

 
一口に白と言っても、白の色味にはいくつか種類があります。
一般的な白であるナチュラルホワイト、見る人に温かみを感じさせるウォームホワイト、涼しい印象や落ち着いた印象を与えるクールホワイトなど白の中にも様々な雰囲気を持った色があるのです。
実際に塗装された住宅を見学したり、試し塗りした塗料を見せてもらったりして印象の違いを確かめることをおすすめします。
また、白一色で住宅の外壁を塗ることには抵抗があるという方は、他の色と組み合わせるツートンカラーも検討してみてはいかがでしょうか?
詳しくは専門の外壁塗装業者に相談してみてください。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装をお考えの方に向けて白の塗料の良い点や悪い点を説明しましたが、いかがだったでしょうか?
塗料の色は住宅の外観や雰囲気を決める要素ですから色の特徴をよく理解した上で決めるようにしたいですね。
外壁塗装に関して聞いておきたいことがある方は、ぜひガイソー大和店にご相談ください。
 
神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ

 

 

「最近外壁の汚れが気になってきたから、今度は汚れにくい色で塗り直しを頼もう。」
「外壁塗装を依頼したいけれど、グレーの塗料って良いのかな?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装を依頼する上で悩む方が多いのが塗料の色です。
今回は塗料の色として人気の高いグレーの特徴について解説していきます。
 

□グレーのメリットとデメリット

 

*メリット

 
街を歩いていてグレー系の住宅が多いなと思ったことのある方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
外壁塗装にグレー系の色を選ぶ方は多くいらっしゃいます。
というのも、グレーは付着した汚れが目立ちにくいというメリットを持っているからです。
外壁が汚れる原因は車の排気ガスやホコリ、カビやコケです。
これらと同色系であるグレーを外壁の色にすれば汚れがあまり目立たないのです。
同じ汚れが付着するにしても、外観がさほど変わらない方が好ましいですよね。
こういった理由でグレーを選ぶお客様が多いのです。
 

*デメリット

 
では、グレーを外壁の色にするデメリットには何が考えられるでしょうか?
白と黒の中間色であるグレーは色味を持たない無彩色で、これをデメリットと捉える方も少なくありません。
住宅に鮮やかな外観を希望される方には合わない色と言えます。
また、道路のアスファルトやコンクリートもグレーであるため地味で目立たない家になるのではないかと心配してグレーを選ばないお客様もいらっしゃいます。
グレー一色では味気ない、という方はツートンカラーの外壁にするということも選択肢に入れて業者と相談してみてはいかがでしょうか?
 

□注意点

 
グレーと一口に言っても、明度の違いによって住宅の印象は大きく変わってきます。
白に近いグレーですと明るくスタイリッシュな仕上がりになりますし、黒に近いグレーですと落ち着いたクールな印象に仕上がります。
想像と違う仕上がりにならないためにも、グレーを選ぶ場合はどのような明るさにしたいのかを業者とよく相談することが必要です。
写真を見て色を決めるのではなく、施工例を確認したり実際に塗られた色を見たりして慎重に決めることをおすすめします。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装の依頼をお考えの方に向けてグレーの外壁の特徴を解説しましたが、いかがだったでしょうか?
外壁の色は住宅の外観や雰囲気に大きく関わる重要な要素ですから、よく業者と相談して決めることをおすすめします。
塗装に関して分からないことや聞いておきたいことがある場合は、ぜひガイソー大和店にご相談ください。
神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ

 

「最近外壁の見た目が悪くなってきたので塗り直しを依頼したい。」
「外壁塗装を頼みたいけれど、塗料って何回塗るのだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
外部環境にさらされている外壁は年月が経つと劣化して、塗り直しが必要になるものです。
今回は、外壁塗装では塗料をどれくらいの回数重ね塗りするのかを解説していきます。
 

□塗りの回数は?

 
外壁塗装を依頼される方に意外に知られていないのが塗りの回数です。
ここでは塗料を塗布する回数やその意味をご紹介します。
 

*基本は3回

 
外壁塗装の基本は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回塗りです。
この回数は塗料を製造しているメーカーが指定しており、塗布の回数を適切にしなければ塗布された塗料が適切な効果を発揮できません。
また、この3回塗りですが、ただ3回重ね塗りすればいいということではないのです。
塗料を塗る前には洗浄や下地処理を行い、塗料を1回塗るごとに十分な乾燥時間を設けなければなりません。
適切な方法で塗料を塗布しなければ、耐用年数が短くなったり仕上がりが悪くなったります。その結果施工してからわずか数年で不具合が発生しやすくなります。
 

*4回塗りや5回塗りも

 
先程外壁塗装の基本は3回とご紹介しましたが、場合によっては4回、5回塗りを提案されることがあります。
もちろん塗料はできるだけ多く塗ればいいというものではありません。
しかし、住宅の置かれている環境がサビやすかったり日差しが強く劣化が進みやすかったりする環境であれば、重ね塗りによる補強も考えられます。
 

*悪徳業者には注意

 
塗料を重ね塗りすれば、その分だけ塗料にかかるお金も塗装にかかる時間も増えてきます。
塗装業者の中には、お金と時間を削減しようとして塗装の回数を減らして施工している悪徳業者も存在するのです。
相談や見積もりの段階で塗装は1回しか行わない、あるいは2回しか行わないとしている業者には気をつけてください。
こういった悪徳業者に引っかからないためにも複数の業者で見積もりを行うとともに、工事が始まったら3回塗りを行っているか確認することが重要です。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装をお考えの方に塗料を塗る回数について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
塗装は住宅の外観に大きく関わるため、正しい手順で塗装を行う優良業者に工事を依頼することが重要です。
外壁塗装に関して分からないことや知っておきたいことがあれば、ぜひLINEにてご相談ください。
神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ

皆さんの中には

「昔に比べて外壁がかなり色落ちしている」
「外壁をそろそろ塗り替えたいな」
などとお考えの方も多いかと思います。
加えて、外壁塗装なんてそう何度もやるものではありませんから、流れがわからなくて不安だなと感じる人も多いはずです。
そこで今回は、外壁塗装の手順について座間市の外壁塗装専門店の当社がご紹介させていただきます。
 

□外壁塗装の大まかな流れ

 
外壁塗装の流れにはたくさんの工程がありますが簡単にまとめる3つに分かれます。

1-塗装工事前 
2-塗装工事中 
3-塗装工事後

では詳しく説明していきます。
 

*塗装工事前

 
まず皆さまが外壁に何らかの異変を感じ、業者に連絡を取ることから始まるかと思われます。
お問合せをいただいた業者はどのような塗料による施工が最適か、どのような下地処理が必要かなども含めてご自宅に訪問し、
現地調査をします。
その後調査結果を踏まえて、皆さんとのお話をしながら最適なお見積りを複数出すことになります。

契約が結ばれると、成約となるとことから工事の段取りとなります。
施工工程を組み、工事着工前に必ずご近隣の方へあいさつに回ります。
もちろん、業者主導のもとあいさつ文をご近隣の方にお配りすることとなりますが、トラブル回避のため
一緒に回っていただくこともあるかもしれません。

*塗装工事中

 
ここでは業者が実際にどのような作業をしているかを確認していきましょう。
 
初めに、高所作業が必須となりますので足場を設置いたします。

足場設置後、塗装工事の工程に入りますがこの塗装工事の工程は、女性の方ならお化粧をイメージしてもらうとわかりやすいです。
外壁塗装はまず外壁の高圧洗浄から始まります。ここで外壁の汚れをきっちり落とします。
お化粧で言うところのクレンジングといった作業でしょうか。
お化粧のノリもしっかり汚れを落としてからではないと綺麗にノリませんよね?
外壁についている汚れをきれいに落とす作業は意外にも重要度がかなり高いものとなります。
生物系のカビやコケ、藻といった汚れを根こそぎ落とすバイオ系洗浄液を使ったり、最初の洗浄にも色々な工法があります。
 
続いて、養生作業に入ります。
この作業は、塗料があちこちについてしまわないようにビニールを被せていく作業となります。
養生をしっかりやることが綺麗な塗装を仕上げるポイントとなります。
 
 
そして次に塗装の前に下地処理を行います。
この際、外壁にヒビが入っているとうまく塗装できなかったり、塗装の耐久性が大きく落ちたりといった問題に繋がります。
そのためしっかりと専用の充填剤を使ってヒビ(クラック)を埋めていきます。
外壁を長持ちさせるために必要な作業です。
せっかく表面的に塗料の塗膜で綺麗になってもこういった細部の工程を省いてしまっていては本末転倒なことになってしまいます。

そしていよいよ塗装にはいります。
この塗装は「下塗り・中塗り・上塗り」と三層に分かれます。
よく中塗り工程を省いて二層で仕上げてしまう現場をたまに拝見しますが、塗料塗膜の持ちに大きな差が出てきますので
要チェックです。
 
ここまで簡単に書いてきましたが、塗装の各工程でしっかりと乾燥させたりするため、作業にもよりますが10日前後を必要とします。
 

*工事後

 
工事が終わればそれでおしまいというわけにはいきません。
なぜなら、外壁は必ず月日を重ねるごとに劣化していくからです。
また、万が一、経年劣化以外の原因で外壁に異常が出るかもしれません。
外壁塗装が剥がれたり、ヒビが入ってしまったりすると、本来の機能を発揮できず建物自体を傷めてしまいます。
そういった工事後のことも外壁塗装の流れのひとつです。
業者を選ぶ時は、こうした際のアフターサービスが充実しているかどうかも確認しましょう。
 

□まとめ

 
今回は外壁工事の流れについて簡単にご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
外壁塗装が初めてや久しぶりで不安な方も多いと思いまずが、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ
 
「外壁塗装を依頼したいけどたくさん業者があるな」
「悪徳な業者には依頼したくない!」
このように、業者選びに関心がある方は多いのではないでしょうか。
どうせお金を払うなら、少しでもよい業者に依頼したいですよね。
そんな皆様のために、おすすめの業者の選び方がいくつかあります。
そこで今回は、業者の選び方を紹介します。
外壁塗装を依頼する前にぜひ一度ご覧ください。
 

□外壁塗装の業者の選び方

*インターネットの一括見積もりサービスを使う

現在、インターネットで、一括見積もりサービスが提供されています。
このサービスを使うと、短時間で、多くの業者の見積もりをチェックできます。
一つずつ業者を見て回るより、効率的ですよね。
自分の希望に合った業者を短時間で見つけるためにおすすめの選び方です。
さらに、選ぶサービスによって、特典や割引を受けることもできます。
「効率よく優良な業者を選んで、さらにいいサービスも受けたい!」
こんな欲張りを叶えてくれる素晴らしい仕組みですね。
 

*知人の紹介

知人からの紹介は、業者を選ぶときに参考になるでしょう。
特に外壁塗装の業者を選ぶ場合はおすすめです。
なぜなら、外壁塗装は、実際に依頼してみないとわからないことが多いからです。
たとえば、できあがった外壁の様子や、業者の対応などがあげられます。
業者の説明を聞くことも確かに得るものはあるでしょう。
しかし、実際に依頼してみた人の意見を聞く方が、参考になることは多いはずです。
外壁塗装の依頼経験がある知人がいらっしゃる方は、一度聞いてみてはいかがでしょうか。
 

□注意点

*金額を重視しすぎない

「安い業者に依頼したい!」
確かにこのように考えるのは自然なことです。
しかし、他の業者と比べて、あまりに安すぎる場合は注意です。
なぜなら、安すぎる業者は、質の低い塗料を使っていることが多いからです。
さらに、必要な作業工程をカットして、人件費を削っている場合もあります。
当然、安い業者すべてがこのように悪質とは限りません。
しかし、金額だけを重視して業者を選ぶのは危険ということです。
 

*即決しない

外壁塗装を請け負う業者は多いです。
だから、即決せず、多くの業者を検討することをおすすめします。
そうすることで、よりよい条件の業者を見つけられる可能性が上がるからです。
 

□まとめ

外壁塗装の業者の選び方について解説しました。
外壁塗装の依頼を検討中の方の参考になれば幸いです。
神奈川県座間市で外壁塗装をご検討中の方は地域密着型の外装リフォーム専門店。
ガイソー大和店 株式会社マルセイテックに任せてください!
 
LINEによる相談窓口はこちらへ
 
会社概要はこちらへ

 

シーリング劣化.jpg

みなさんは雨漏りに悩まされたことはありませんか?
 
雨漏りと言えば「屋根が劣化して起こるもの」と思っている方が多いと思います。
 
実は雨漏りは屋根だけではなく、外壁にも起こるんです!
 
外壁からの雨水の侵入の原因は、目地の防水材「シーリング」が劣化する事によって起こります。
 
 
いくら外壁をキレイに塗装しても、目地に気を使わなければせっかくのリフォームも意味がありません。
 
 
マルセイテックでは、目地に使用するシーリング材を耐久性のある「オートンイクシード」を使っています。
 

 

オートンイクシードとは?

exceed03.jpg

オートンイクシードとは、メーカーが人工的に厳しい外部環境を再現し長時間に渡るテストを繰り返した、耐久性の高いシーリング材です。
 
過酷な条件下で6000時間(実年数で換算すると30年)という驚異的な耐久性を誇ります。
 

 

exceed05.jpg

シーリング材の役割

 
「シーリング材」とは、外壁材の隙間「目地」を埋めるための「防水材」の事です。
 
シーリング材を使用する事によって、建物の水密性や気密性を保つ事が出来ます。
 
外壁にとって重要な役割を果たしているシーリング材ですが、消耗品の為必ず劣化・損傷します。
 
 
外壁からの雨漏りはこのシーリング材が劣化することによって雨水が入り込んでしまい起こります。

 

 

シーリング材の損傷は、配合成分である『可塑剤』が流出することによって起こる硬質化や痩せ、壁面の伸縮や振動が原因の亀裂・破断・剥離、また紫外線や水分熱が原因です。
 
 
住宅シーリング材は、耐久性(長期に柔軟性維持)と耐候性(長期に美観の維持)の二つの耐性が求められています。
 

オートンイクシード耐久性能試験実施

 

exceed10.jpg

耐候性試験器(SWOM)で検証

 

exceed33.jpg

マルセイテックのこだわり

マルセイテックは常に自信を持って、高品質な施工を手掛けています。
 
小さなところにもこだわりを持ち、お客様の笑顔を一番のパワーとし、お仕事をさせていただいております。
 
どんな小さな相談でも、誠心誠意、一番の解決策をご用意いたします。
 
外壁リフォームや屋根リフォーム、外壁塗装のお見積り、ご相談など、お問い合わせお待ちしております。
 

■------------------------------------------

 

大和市・座間市・綾瀬市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから