外壁塗装の塗料の乾燥時間の目安をご紹介します!

「外壁塗装の塗料はどのくらい乾燥させるの?季節によって違うのかな?」

このように、外壁塗装の乾燥時間について疑問を持つ方は必見です!
今回は「外壁塗装の乾燥時間の目安」について解説します。
 

□塗料と乾燥の関係

みなさんは、なぜ塗料をしっかりと乾燥させる必要があるのかをご存知でしょうか?
実は、塗装工事は、一度だけ塗料を塗るのではなく、三度塗りをしています。
三度塗りをする理由は、外壁に塗る塗料に厚みを持たせるためです。
十分な厚みがないと、塗料の性能を十分に発揮できません。
そのため、しっかり乾いていない状態で塗装を行うと、数年で塗料がはがれ、塗り直しが必要になってしまうことがあります。
それだけでなく、防水性や、断熱性などの性能が発揮されず、建物自体の劣化が進行しやすくなる危険性もあります。
 

□塗料や季節ごとの乾燥時間

乾燥時間はどのような要因で決まるかをご存知でしょうか?
その要因は大きく分けて、塗料の種類と、温度(季節)の二つです。
それでは、それぞれ順にみていきましょう。
 

*塗料の種類で変わる乾燥時間

塗料の乾燥時間は、水性塗料か、溶剤塗料かによって異なります。
水性塗料は中の水分が蒸発することで、塗膜を形成するので、溶剤塗料よりも乾燥時間が長くなります。
特に、冬で気温が低い場合は、溶剤塗料と比べて極端に乾かすのに時間がかかります。
一方、溶剤塗料は中に含まれる油性の溶剤が水の代わりに蒸発することで塗膜を形成するので、比較的に乾燥時間は短いです。
しかし、塗料に関しては、使用するメーカーによって乾燥時間の基準は様々なので、使用する塗料を良く調べておくことが大切です。
 

*季節で変わる乾燥時間

夏場は、気温が高いので、天候にもよりますが、数時間程度で乾燥します。
一方、気温の低い冬場では、乾かすのに一日程度必要です。
また、梅雨の時期などの湿度が高い日(湿度85%以上)や極端に気温が低い日(5℃未満)は塗装を行うことができません。
冬のほとんどの日が5℃を下回る地域を除いて、湿度が高い日以外は塗装を行うことができるので、季節を意識しすぎる必要はありません。
乾燥に時間をかけたくない場合は、夏の晴れた日に塗装を行うと、最も効果的に乾燥させることができます。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の乾燥時間の目安」について解説しました。
乾燥時間は、塗料の種類と季節に大きく左右されますが、たいてい長くても一日程度で乾くので、それほど気にしなくても良いでしょう。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡くださいね。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから