外壁塗装の乾燥に関する注意点をご紹介します!

「外壁塗装の乾燥の時って何に注意すればいいの?」

このように、外壁塗装の乾燥に関して、疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?
塗料が乾燥しきったかどうかは、目視では確認しにくいですし、何に注意すればいいのかわかりにくいですよね。
そこで、今回は「外壁塗装の乾燥に関する注意点」をご紹介します。
 

□乾燥が必要な工程

外壁塗装工事の工程の中で、乾燥が必要なものをご存知でしょうか?
外壁の洗浄の際と、塗装の際に、乾燥が必要になります。
それぞれの工程を詳しく見ていきましょう。
 

*洗浄

この工程は、外壁の表面の汚れをきれいに落として塗装をするために、高圧洗浄機で外壁を水洗いします。
その後、濡れたままでは、塗料に不純物が混ざるので塗装作業は行えません。
多くの場合、乾燥には一日以上かけます。
 

*塗装

塗装の際には、一度塗りだけでなく、三度塗りを行います。
一度目は、下塗りと呼ばれ、二度目、三度目の塗装をしっかりと密着させるためのもので、とても大切な作業です。
二度目、三度目は中塗り、上塗りと呼ばれ、しっかりと塗膜の厚みを出すために十分乾燥させてから塗る必要があります。
塗膜の厚みが薄いと、塗料の性能が十分に発揮されません。
そのため、それぞれ一日ほどを目安に乾燥させてから、塗装するようにしましょう。
 

□乾燥をする際の注意点

実は、塗装作業をするうえで、乾燥時間は一日ほどで十分ですが、塗料が完全に乾くには、二週間ほど必要です。
そのため、完全に乾燥するまでは以下の点に注意してください。
 

*むやみやたらに触れない

当然ですが、乾燥しきっていない外壁を必要以上に触ることは避けましょう。
パッと見たところ乾燥していても、内部までしっかりと乾いていないことも多いです。
内部が乾いていない状態で触れると、内部に負荷がかかり、内側からはがれてしまうこともあります。
 

*物を立てかけない

特に弾性塗料で起こりやすいのですが、ビニール傘などのビニール部分と、塗料が反応してしまい、二つがくっついてしまうことがあります。
くっついてしまうと、塗膜がはがれてしまうので、ビニール傘や自転車のグリップなどのゴム状のものを立てかけることは避けましょう。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の乾燥に関する注意点」をご紹介しました。
外壁塗装では乾燥をないがしろにすると、塗料の性能や、塗装後の状態に悪影響を及ぼすので、今回ご紹介した注意点を参考に、しっかりと乾燥させるようにしましょう。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡くださいね。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから