座間市在住の方へ!外壁塗装の寿命の目安について解説

「そろそろ外壁塗装をした方がいいのかな?」

「そもそも、外壁塗装の寿命ってどれくらいなんだろう?」

このように、外壁塗装の寿命について疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装の寿命を知ることで、適切なタイミングでメンテナンスを行うことができます。
そこで、今回は「外壁塗装の寿命の目安」をご紹介します。
 

□塗料の寿命

塗料の寿命を判断するためには、大きく分けて「塗料の種類」と「今の外壁の状況」の二つから判断できます。
それぞれ順にみていきましょう。
 

*塗料の種類で判断する

外壁塗装の塗料には大きく分けて4つのグレードが存在することをご存知でしょうか?
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4つのグレードがあり、全て耐用年数が異なります。
 
・アクリル
耐用年数は5~6年です。
最もグレードが低く、安価なのが特徴ですが、現在ではあまり使われていません。
 
・ウレタン
耐用年数は5~8年です。
アクリルの次にグレードが低く、こちらもあまり使われていません。
 
・シリコン
耐用年数は8~13年です。
現在最もよく使われている塗料で、塗料の価格と寿命のバランスが良く、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。
 
・フッ素
耐用年数は15~20年です。
最もグレードが高い塗料で、耐用年数が一番長いのが特徴です。
その分価格も高いですが、寿命が長いので、メンテナンスの回数を減らすことができます。
 

*今の外壁の状況から判断する

実は、塗料の耐用年数は実際の家で試したものではありません。
そのため、ある程度の寿命の目安にはなりますが、実際の環境によっては耐用年数より寿命が長くなることも、短くなることもあります。
ここでは、実際の外壁の劣化状況を判断するための注意点をご紹介します。
 
・チョーキング
外壁に軽く触れたときに、手に白い粉が付く状態です。
この白い粉は、塗料が劣化して剥がれてきたもので、防水性が低くなっているサインです。
 
・ひび割れ
髪の毛ほどの細いひび割れの場合、今すぐにメンテナンスが必要な状態ではありません。
しかし、0.3mm以上の大きなひび割れがある場合は、外壁内部に水が浸入する可能性があるため、メンテナンスをするべき目安だと言えるでしょう。
 
・カビ、苔、藻
日当たりが悪く、劣化が進んでいる外壁にはカビや、藻、苔が発生することがあります。
一度発生すると、増殖を繰り返すので、早めにメンテナンスをしましょう。
 

□まとめ

今回は「外壁塗装の寿命の目安」をご紹介しました。
外壁塗装を適切なタイミングで行うためには、塗料のグレードと、今の外壁の状況から寿命を判断することが大切です。
この記事を参考にして、ベストなタイミングで外壁塗装を行なってくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、座間市で外壁塗装を行っている当社までお気軽にご連絡ください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから