知っておきたい外壁塗装の塗料の種類!座間市の専門業者が解説

外壁塗装を行うことを検討されてはいませんか?
外壁塗装に使われる塗料には、さまざまな種類があり、どれを選べばいいのか困ってしまいます。
そこで気になるのが、外壁塗装の種類ごとの特徴ですよね。
「外壁塗装の塗料にはどんな種類があるの?」
「種類ごとの特徴を知りたい。」
この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。
外壁塗装の塗料の種類について解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。
 
 

□塗料の成分

 
まずは、塗料はどのような成分からできているのか解説します。
外壁塗装で使われる塗料は、合成樹脂、添加剤、顔料、溶剤類の4つの成分から構成されています。
合成樹脂は、その塗料の耐久性を決める主成分です。
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの種類があります。
添加剤は、塗膜に機能を追加する成分です。
硬質・弾性や、ツヤあり・ツヤなしなど、性質ごとに分類できます。
顔料は塗膜に色を付ける成分です。
溶剤類は、塗料を液体化するもので、水性と油性に分けられます。
 
 

□合成樹脂で分ける塗料の種類

 
塗料の成分について解説しましたが、中でも一番重要なのは、耐久年数に関わる合成樹脂です。
合成樹脂の種類によって、塗料の品質や価格が大きく異なるからです。
合成樹脂によって分類する塗料の種類を見ていきましょう。
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4種類を解説します。
 

*アクリル塗料

 
4つの塗料の中で、最も安価な塗料です。
コスト面で最も優れていますが、紫外線に弱い特徴があります。
耐用年数は4~7年と短く、現在ではほとんど使用されていません。
 

*ウレタン塗料

 
アクリル塗料に比べて、防水性と耐水性に優れた塗料です。
耐用年数は6~10年です。
こちらのウレタン塗料も、現在ではあまり使われていません。
 

*シリコン塗料

 
現在、最も使われている塗料です。
耐久年数と価格のバランスが良く、コストパフォーマンスと品質を両立させたい人におすすめです。
弾性にも優れているので、塗膜の下で小さなひび割れができても防水性を保ちます。
耐用年数は8~15年です。
 

*フッ素塗料

 
4種類の塗料の中で、最も耐久性が高い塗料です。
その分、価格が最も高いため、一般住宅ではあまり使用されていません。
耐用年数は15~20年です。
 
 

□まとめ

 
今回は、外壁塗装の塗料の種類について解説しました。
外壁塗装には、多くの種類があります。
外壁塗装の塗料選びは、自分が塗料に求める性能を明らかにしておくことが大切です。
また、何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから