タイルの外壁塗装の汚れについて

「タイルの外壁塗装の後の汚れが心配」
「外壁の汚れにはどんな種類があるの?」
 
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
タイルの外壁は見た目も良く、耐久性にも優れていると言われています。
しかし、長い年月が経つと、汚れが目立ってきてしまいます。
 
そこで今回は、タイルの外壁塗装した後の汚れについて紹介します。
 
 

□外壁が汚れる原因

 
外壁には、汚れやすい場所がいくつかあります。
まずは、雨の当たらない場所です。
外壁に何らかの汚れが付いてしまったとしても、雨の当たる場所であれば、雨水によって汚れを落としてくれます。
そのため、雨の当たらない場所の外壁には汚れが溜まりやすいです。
 
また、太陽の日差しが当たらない場所にも汚れが溜まりやすいです。
日光が当たらない場所は、湿気が溜まり、カビの繁殖しやすい環境となってしまいます。
また、窓などの突起した部分の下や、タイルとタイルの間の部分も汚れが自然に落ちにくく、汚れが溜まりやすいとされています。
 
 

□外壁の汚れの種類

 
次に、外壁に付く汚れの種類を紹介します。
まず代表的なものとして、空気中のほこりが壁に付いてしまう、カビが生えてしまうといったものが挙げられます。
これは、こまめに外壁を掃除することで、業者に頼まなくても落とすことができます。
 
修繕のために業者に任せないといけない汚れの種類として、サビや外壁の変色が挙げられます。
これらを放置してしまうと、住宅の耐久性にも影響を与えてしまうので注意をしましょう。
タイルの外壁の場合、タイル自体にサビや変色が生じることはありませんが、タイルとタイルの間の目地や、タイルの下地となっているものには気をつける必要があります。
 
 

□外壁塗装後の汚れ

 
タイルの外壁塗装は、塗料を落ちにくくするために、先に洗浄を行ってから塗装されます。
このため、外壁塗装後は新築のような汚れのない綺麗な外壁となります。
塗装後に汚れが付きやすくなるということはありませんが、綺麗な分、注意をして見ると、汚れてしまった際に変化に気づきやすくなるかもしれません。
外壁塗装後は、綺麗な見た目をできるだけ保てるように、日頃から個人でできる範囲のメンテナンスを行うようにすると良いかもしれません。
 
 

□まとめ

 
今回は、タイルの外壁塗装した後の汚れについて紹介しました。
外壁の汚れの原因や発生しやすい場所はお分かりいただけましたか。
タイルの外壁塗装をした後は、汚れやすい場所に注意して綺麗な状態を保てるようにしましょう。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから