大和市で外壁塗装をお考えの方へ!サイディング塗装の塗料の選び方を解説します

サイディングを塗装する際には塗料選びが重要になります。

塗料の種類によって価格も変化してきます。
ただ実際にサイディングを塗装するとなった時にどんな塗料を使ったらいいんだろうかという疑問がわいてくると思います。
そこで今回はサイディングを塗装する際のオススメの塗料をご紹介します。
 

□塗料の種類

 
それでは塗料の種類を紹介していきます。
 

*アクリル・ウレタン塗料

 
種類として水系、溶剤系があります
アクリル・ウレタンは費用を抑えながら、定期的に塗り替えができます。
しかし、気候の変化に対する耐久力が低いです。
そのため長期的なコストパフォーマンスが悪いと言えるでしょう。
耐用年数は約3年~7年とされています。
 

*シリコン塗料

 
シリコンは価格と性能のバランスが良いです。
元々汚れにくい性質を持っているので、防汚性は高いです。
最近では様々な機能が追加されたシリコン塗料もあります。
しかし、気候耐性が高い塗料に比べると、耐用年数が低いです。
そのため建物保護の観点では不十分な場合もあります。
 

*フッ素樹脂塗料

 
塗膜の耐久性が最も高い塗料です。
また、光沢も良く、高い防汚性を持ちます。
ガラス質に近く、水垢や汚れが付きにくいです。
しかし、費用がもっとも高い塗料で、ひび割れしやすいというデメリットがあります。
 

*光触媒塗料

 
光触媒(ひかりしょくばい)とは太陽の光などが当たるとその表面で強力な酸化力が生まれ、有害物質を除去することができる材料です。
そのため、自分で自分を洗浄する力があります。
使用する場所や建築物によって利用価値が高いです。
ただ光があまり当たらない場所では効果を発揮しない可能性があります。
また、コストが高いことがデメリットと言えます。
 

*無機質系塗料

 
フッ素樹脂塗料をしのぐ、とても気候耐性が高い塗料です。
また、チョーキングしにくいというメリットもあります。
価格は高いですが、長持ちするという観点では長期的にはコストパフォーマンスが良いです。
 

□注意すべきポイント

 
塗料選びで注意すべきポイントは、耐用年数と塗り替え回数の関係です。
安さを重視して塗料を選べば、その分耐用年数は低くなります。
そのため、塗り替え回数が増えるので、その分費用が掛かります。
一方で耐用年数の高い塗料を選べば一回の費用は高くなりますが、塗り替え回数は少なくなるため、長期的な見方をすると費用を抑えることができます。
 
 

□まとめ

 
今回はサイディングをする時のオススメの塗料を紹介しました。
塗料によって様々な特徴やメリットがありましたね。
サイディングを塗装しよう、というときにはぜひ参考にしてみてください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから