トタンとは?横浜市で屋根塗装をお考えの方向けに解説します!

トタン屋根という言葉を聞いたことはありませんか?

トタンとは亜鉛メッキでできた鋼板のことです。
主に建築資材として使われるもののことを指します。
聞いたことはあるけどその用途や特徴ってあまり知らないですよね。
そこで今回はトタンについてその用途や特徴について解説します。
 

□トタンの特徴

 

*トタンのメリット

 
トタン屋根のメリットはなんといっても軽いということです。
戦後、建築資材がないときは簡易的な建物をトタン屋根で補っていたのです。
トタンは薄く軽い材料なので屋根との相性が良いです。
日本瓦と比べると約10分の1ほどの重さです。
そのため、屋根などに使用されています。
軽さという点から耐震性にも優れています。
また、安価で施工費を抑えることができるため工事費用が少なく済みます。
軽いということで耐震性にも優れています。
 

*トタンのデメリット

 
トタンのデメリットは雨に弱く、すぐにサビてしまうことです。
また、耐熱性が低く、夏場は屋根が高温になります。
それに伴って室内の温度が上昇します。
耐久性も低くサビが出るとすぐに広まってしまいます。
防音性も低いため雨の音などが室内に響きます。
防水性能に関しては亜鉛メッキなどを使うことで対策しています。
安価で施工費は抑えられますが、耐久性が低いため、長期的には費用が掛かります。
 

*トタンの耐久性

 
トタンのメッキはほぼ亜鉛からできています。
耐久年数は8~10年程度ですが、数年で一気にサビが出てきます。
5年前後でサビ止めや塗装によるメンテナンスを行う必要があります。
 

□トタン屋根の種類

 
トタン屋根の種類を紹介します。
 

*折版屋根

 
金属板を波型に折り曲げて強度を確保した屋根材です。
軽量で加工費が安い、施工が簡単なのが特徴です。
 

*瓦棒屋根

 
板金で施工される板金屋根の工法の一つです。
メリットは屋根に急な勾配を必要とせず、いろんな形に対応できることです。
 

*縦平葺き

 
通常の板金金具で施工でき、いろんな曲面の屋根に適しているので寺社仏閣、住宅など木造建築の屋根として、広く使用されています。
 

*金属瓦葺き

 
日本瓦やストレート屋根を金属板で表現した工法です。
和柄の10分の1の軽さで、地震にも強く、施工も簡単です。
 

□まとめ

 
今回はトタンの用途や特徴について解説しました。
特徴や用途についても理解していただけたと思います。
自宅がトタン屋根という方も多いと思います。
トタンの特徴を理解することでメンテナンスなどにも役立てることが出来ると思います。
そんな時はぜひ今回の情報を参考にしてみてください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから