モルタルの黒ずみの対処方法とは

モルタルとは砂とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料のことです。

そのモルタルは時間の経過とともに劣化していくものです。
そして劣化してくると黒ずみができてきます。
外壁に黒ずみがあると見栄えが悪いですよね。
ただ、その黒ずみの原因が分からないという方も多いと思います。
そこで今回はモルタルにできる黒ずみの原因や対処の仕方について解説します。
 

□黒ずみの原因は?

 
モルタルについた黒ずみの正体はたくさんあります。
 

*雨による汚れ

 
雨には空気中のちりやほこりが含まれています。
そのため、雨に当たった後は筋になることもあります。
さらに、雨に長期間当たり続けると外壁が雨に含まれたちりやほこりでくすんできます。
また、風に乗ってきた土ぼこりなども外壁を汚します。
 

*コケやカビ

 
日光が当たらない暗い場所にはカビやコケが出来ます。
日光があたらないため雨がなかなか乾かず湿度が高くなっていしまいます。
そうするとそこにカビやコケが発生してしまいます。
 

*排気ガスの汚れ

 
排気ガスにはすすや油汚れが含まれます。
そのため、幹線道路沿いの外壁は排気ガスの汚れがついてしまいます。
また、ガレージがある住宅では車のマフラーが壁に当たっていると壁が汚れてしまいます。
 

□対処法とは?

 
できてしまった黒ずみに対する対処法を紹介します。
 

*ブラシ、スポンジを使った洗浄

 
汚れの範囲が少ない場合、ブラシやスポンジを使って汚れを落とすことが出来ます。
ブラシ、ホース、バケツといった一般的に家庭で用意できるものを使うため費用も掛かりません。
ブラシやスポンジを使う場合は外壁専門の中性洗剤を使います。
値段も600円から700円程度ですから、頑固な汚れは洗剤で落としましょう。
 

*高圧洗浄機

 
高圧洗浄機を使って、外壁の汚れを落とすという方法もあります。
価格は1万円程度のものから、7万円近くする本格的なものまであります。
値段の差は水圧の差と考えていいでしょう。
しかし、水圧が強すぎると壁に傷をつけたりダメージを与える可能性があります。
値段が高いものは調整も可能ですが、加減がわからず強い水圧を使ってしまう可能性もありますね。
 

*業者に委託

 
洗浄だけだとそれほど高額ではありません。
一軒家だと3万から5万円程で、ピカピカにしてくれます。
外壁塗装を行っている業者だと洗浄も行っている場合が多いです。
インターネットで検索すればたくさんヒットするでしょう。
 

□まとめ

 
今回はモルタルにできる黒ずみの原因や対処方法について解説しました。
劣化によって黒ずみが出来てしまうのは仕方がないことです。
しかし、出来てしまったら早めに対処したいですよね。
そんな時はぜひ今回の対処法を参考にしてみてください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから