モルタルを塗装するときの注意点とは?

モルタルとは砂とセメントと水を練り混ぜて作る建築材料のことです。

外壁によく使用される材料です。
ご自宅の外壁がモルタルでできているという方も多いと思います。
そこで今回はモルタルでできた外壁を塗装するときの注意点について解説します。
 

□種類を把握しよう

 
まず塗装をする前に、自宅のモルタル外壁の種類を把握しましょう。
それによって工事の方法も変わってきます。
 

*スタッコ壁

 
漆喰壁とも言います。
外壁塗装の際にモルタル壁にスタッコ材と呼ばれる塗料を吹き付けたものです。
高級感と重厚感を演出することが出来、人気の仕上げ方法になっています。
しかし、塗装面のでこぼこが大きくなるので汚れがたまりやすいです。
再度外壁塗装をする際はしっかりと高圧洗浄機で洗浄しないと塗料が剥がれてしまう可能性があります。
また、塗料の吸い込みが多いため塗料を多く消費してしまうので、費用が高くなる可能性があります。
 

*リシン壁

 
モルタル外壁の中でも一番オーソドックスな外壁です。
セメントに小さな砂利や砂、樹脂を含む塗料を混ぜたものを壁に吹き付けて表面を作ります。
比較的費用は安いですが、でこぼこの隙間にコケなどの汚れが溜まりやすいです。
そのためひび割れができてしまうというデメリットがあります。
リシン壁の外壁塗装工事は件数が多く、業者選びでは困らないでしょう。
 

*吹き付けタイル

 
タイルガンという機械で作る、ランダムな模様をもつモルタル外壁のことです。
ほかのモルタル外壁よりランダムなでこぼこを作れます。
その調整は吹き付けガンの口径で調整できます。
このスタイルでは合成樹脂が加わるため、水を弾きやすい表面となります。
 

*ジョリパット壁

 
デザイン性と耐久性に優れた塗り壁です。
ジョリパット壁はモルタル壁の中でも国内シェアは高いです。
機能性を売りにしており、色あせしにくく、ひび割れに強いです。
また気候耐性も高く、メリットが多くあります。
デメリットとしてはでこぼこな壁が特徴なため汚れが付きやすいです。
 
 

□症状と深刻さを把握しておこう

 
モルタル外壁を塗装する前には症状と深刻さを把握しておきましょう。
そもそも自分の外壁がリフォームするべきかどうかの目安を知らなければ工事が必要かどうかもわかりません。
依頼する前に把握しておきましょう。
 

□まとめ

 
今回はモルタルでできた外壁を塗装するときの注意点について解説しました。
自宅の外壁がモルタルでできているという方。
そして外壁塗装を考えていたという方はぜひ今回の注意点を参考にしてください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから