サイディング外壁に塗装が必要な理由とは?|大和市の外壁塗装業者が解説します

サイディング外壁という言葉を聞いたことはありますか?

平たく長い板状のサイディングを重ねながら張り合わせた外壁のことです。
「下見張り」や「鎧張り」とも呼ばれています。
洋風でとてもオシャレですよね。
そのサイディングには外壁塗装をしたほうがいいといわれています。
今回はサイディングに外壁塗装をしたほうがいい理由を解説していきます。
 

□なぜしたほうがいいの?

 
元々サイディングには製造過程で塗装がされています。
そのためサイディングは外壁塗装しなくてもよいという風潮があります。
しかし、サイディングは外壁なのでもちろん日光や雨風にさらされます。
そのため時間が経つことによる劣化は避けられません。
劣化を放置しているとその部分から水が侵入していき住宅の内側にまで侵入します。
そこから最終的には雨漏れが発生します。
また劣化により見た目が悪くなってしまうという影響も出てきます。
このような事態を防ぐためにも外壁を守ってくれる塗装は必ず必要なのです。
 

□劣化症状

 
次に劣化した際の症状を解説します。
 

*色あせ

 
外壁には紫外線や雨風などが毎日当たります。
そのためこういった自然現象によるダメージは避けられません。
初めはきれいな色だったとしてもだんだんと薄くなって色褪せてきます。
 

*ひび割れ

 
塗装の耐久性が落ちてくると、塗装の剥がれが起きるようになります。
この剥がれに関しては劣化だけではなく施工不良も関係してきます。
そのため安心できる業者を見つけることも大切でしょう。
 

*チョーキング

 
塗装の耐久度がなくなると、塗料が形を保てなくなります。
そうなると塗料に含まれている顔料(色付けをするもの)が粉状になります。
こうした症状のチョーキングと言います。
手で壁を触ったときに手に粉がついたときはチョーキング起きている証拠です。
 

*シーリングの劣化

 
シーリングとは外壁のサイディングボードの間にできる隙間を埋めるためのゴム材のことです。
壁に注目しがちではありますが、シーリングの劣化にも気を付けなくてはなりません。
このシーリングに劣化が起きると、雨漏りが発生します。
そのため建物の寿命を短くすることにもつながります。
そのためシーリングの劣化にも十分注意をしましょう。
 

□まとめ

 
今回はサイディングに外壁塗装をしたほうがいい理由を解説しました。
サイディングに外壁塗装をした際のメリットを理解していただけたのではないでしょうか。
外壁はオシャレなサイディングにしたいという方も多いと思います。
そんな時はぜひ外壁塗装をしてもっとオシャレにしてみましょう。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから