屋根塗装のオススメの色って何?横浜市にお住まいの方へ

屋根は時間の経過とともに劣化していくものです。

劣化すると見栄えが悪いので塗装などのメンテナンスをしたくなりますよね。
そこで「何色に塗装しよう」「どんな色が流行ってるんだろう」
といった疑問が出てくると思います。
そこで今回は屋根塗装の色選びのポイントや注意点について解説します。
 

□暗い色が使われがち

 
日本では屋根には暗い色が良く使われます。
もともと、瓦に使われていた素材が灰色やいぶし銀であったことの名残りであるという説や、灰色が熱反射率が高いからという説もあります。
屋根は外壁よりも直射日光を受けやすく、赤や青など原色に近い鮮やかな色は色褪せも早いため、汚れが目立たないという点でも灰色や黒が合理的なのかもしれません。
 

□色選びのポイント

 
外壁やサッシの色と調和する色を選びましょう。
ベージュ系やブラウン系の外壁にはダークブラウンの屋根。
淡いブルー系の外壁にはダークブルーやネイビーの屋根。
といったような同系色をまとめることで、調和がとれます。
また、屋根の色は壁面よりも濃い色を採用すると、家全体が締まった印象を受けます。
反対に屋根の色を薄くすると軽いイメージになります。
 

□カラーシミュレーションに気を付ける必要がある

 
カラーシミュレーションは実際に施工する前にある程度色合いのイメージができるため、とても便利な方法です。
しかし、カラーシミュレーションに頼りすぎてしまうと、結果的に塗装が失敗する可能性があります。
また、カラーシミュレーションにもメリットデメリットがあります。
 

*メリット

 
まずメリットとしては、
「自分の好きな色の組み合わせを試すことができる」
「壁の色が実際にどんな色になるのかイメージすることができる」
「施工業者とイメージを共有することができる」
などがあげられます。
実際に施工する前にイメージができるということがメリットですね。
 

*デメリット

 
デメリットとしては
「実際に塗装される色と同じになるとは限らない」
「実際にあるはずの影や光の加減が考慮されてない」
などがあげられます。
カラーシミュレーションは、塗り替え後のイメージを塗装業者と共有するために使われるものです。
実際に外壁に塗装された色とは違うということを覚えておきましょう。
 

□まとめ

 
今回は屋根塗装の色選びのポイントや注意点について解説しました。
屋根を長持ちさせるためにも屋根塗装は大切なことです。
屋根塗装を検討中の方は是非参考にしてみてください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから