外壁塗装前後の洗浄で注意すべき点とは!

外壁塗装をする際に重要なのが前後の掃除です。

特に塗装後の掃除は外壁をきれいに保つためにとても重要です。
しかし、いざ掃除をするとなっても何に注意すべきかわからないと思います。
そこで今回は外壁塗装前後の掃除で注意すべき点を解説します。
 

□外壁塗装で洗浄?

 
外壁塗装では実際に塗装していく前に外壁の汚れなどを洗浄してから行います。
塗料の接着をよくするために行います。
その際には高圧洗浄機を使って洗浄がされます。
 

□洗浄時の注意点

 

*高圧洗浄の騒音

 
高圧洗浄機は騒音がします。
これは防ぎようのないことです。
そのため前もってご近所にあいさつ回りに行くことが大切です。
騒音でうるさくしてしまう旨を伝えておきましょう。
 

*外壁材によってはブラシ対応も

 
高圧洗浄は高い水圧を発します。
そのため外壁の素材によってはダメージを受けてしまうものもあります。
その時は高圧洗浄機を使わずに、壁面にブラシをあてる手作業で対応します。
屋根に使われる素材は傷みやすいのでブラシを使うことが多いです。
 

*晴れた風のないに行う

 
せっかく洗浄しても、風の強い日などは汚れが付着してしまいます。
そのためできるだけ晴れた風のない日を選びましょう。
 

*シーリングは水圧に弱い

 
壁と壁のつなぎ目であるシーリングは水圧にとても弱いです。
シーリング部分は優しく洗浄しなくてはいけません。
 

*部屋干しをしよう

 
物干し場の周りで高圧洗浄を行う際は、洗濯物は室内で干しましょう。
一般的には施主に対して事前に施工日を知らせておくものです。
しかし、連絡の食い違いがあると洗濯物がずぶぬれになってしまいます。
施行当日は部屋干しをおすすめします。
 

*窓は閉めておく

 
高圧洗浄機はとても水圧が高いです。
窓を開けたままにしておくと水が室内に入ることもあります。
施主が在宅であれば問題はありませんが、家を空ける際はしっかりと窓を閉めましょう。
業者に事前にスケジュールを確認しておきましょう。
 

*高圧洗浄では対応できない汚れもある

 
高圧洗浄だけですべての汚れが取れるわけではありません。
その場合は、職人が手作業で薬剤などを使います。
塗膜に浮きや剥がれが出来ているところは、高圧洗浄だけで終わらせません。
ヘラなどで除去します。
また、粉がついている外壁を洗浄しても、乾燥後に若干粉が残っていることがあります。
これは、高圧洗浄では取り除けなかった旧塗膜が粉になったものです。
 
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装前後の掃除で注意すべき点について解説しました。
注意点がわからないまま掃除してしまうと失敗にもつながってしまいます。
掃除をするときはぜひ今回の注意点を参考にしてください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから