横浜市の方必見!屋根塗装の適切な時期とは?

「屋根はどのくらいの頻度でメンテナンスしたらいいんだろう」

「この劣化具合はメンテナンスしたほうがいいのかな?」
そんなことを考えている方もいらっしゃると思います。
実際どのくらいの時期や季節にメンテナンスをしたらいいのかわからないという方も多いと思います。
そこで今回は屋根塗装の適切な時期について解説します。
 

□適切な時期

 
屋根は、定期的に塗り替えを行う必要があります。
塗装は屋根を守るという役割を果たしています。
時間の経過とともに劣化は進み、色あせや雨漏りなどの症状が現れることもあります。
塗装の劣化が明らかになる目安としては、一般的に築10年と言われています。
あくまでも目安なので、6年や15年で劣化がわかるという家もあります。
新築から6年というのは自然的な痛みというよりは建築屋さんの家の作り方が原因での塗装が多くなるようです。
構造的な問題で外壁にひびが入ってしまうなどです。
塗装時期は一応一般的な基準はありますが、はっきり決まっているものではありません。
その人の考え方によって大きく左右されることのほうが大きいといえます。
 

□放置すると?

 
屋根塗装をせずに放置してしまうと、雨水が内部に侵入して雨漏りを起こします。
さらに進むと建物内部を痛めてしまいます。
そのため、本来は屋根の塗装だけで済んでいたものが、重ね葺きや葺き替えをする必要が出てきてしまって、費用が高くなってしまいます。
屋根は外壁よりも劣りやすい箇所であり、劣化スピードが速いです。
そのため、屋根塗装は行うことが大切です。
 

□メリットは?

 
屋根塗装のメリットとしては劣化の防止があげられます。
定期的に塗り替えを行うことで劣化を防ぎ、屋根のランク向上が可能です。
防水機能・耐熱効果のある塗料を塗れば、より一層丈夫な屋根に仕上がります。
屋根の美観を保ち続けるという観点でも屋根塗装は大切と言えるでしょう。
 
 

□適切な季節

 
基本的に屋根塗装は1年を通して行うことが出来ます。
そのなかでも春や秋は人気の季節となっています。
ただ条件として塗料の乾燥が不十分になるとして、気温が5度以下の時、湿度が85%の時は塗装を行うことが出来ません。
北日本などの冬がとても寒く平均気温が5度以下になりやすいところは冬場の塗装は難しいでしょう。
最も最適な時期としては雨が少なく、気温も安定している春か梅雨が始まる前が最適と言えます。
 

□まとめ

 
今回は屋根塗装に適切な時期について解説しました。
種類などによって周期が変わるんですね。
屋根塗装をお考えだった方はぜひ参考にしてみてください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから