モルタルにクラックが!そんな時の対策は外壁塗装がオススメ

モルタルとは砂とセメントと水を練り混ぜてつくる建築材料のことです。

そのモルタルは時間がたつとクラックと呼ばれるひび割れができてきます。
ひび割れは見栄えが悪いですから対策は練っておきたいですよね。
その対策としてオススメなのが外壁塗装なんです。
今回はクラックの対策として外壁塗装がオススメな理由を解説していきます。
 

□クラックが起きる原因とは?

 
モルタルクラックが起きてしまう原因は主に4つ考えられます。
 
まず1つ目は塗料の乾燥。
モルタルは乾燥によって収縮を起こします。
乾燥によって形が変形してしまうことでモルタルクラックが起きます。
 
2つ目は紫外線や雨などによる経年劣化によるものです。
 
3つ目は基礎工事のゆがみです。
施された塗料が不十分であった場合です。
本来一回で前面を塗る塗装を途中で中断したり、部分的にやり直したりしたことが原因となる場合もあります。
 
4つ目は地震などの自然災害によるものです。
 
この4つが主な原因だと考えられます。
 
 

□クラックの種類

 

*ヘアークラック

 
名前の通り髪の毛のように細く、金属中などにできます。
主に塗膜(とまく)に出来るものです。
とても細いクラックなのでそこまで重大な問題にはなりません。
 

*乾燥クラック

 
モルタルの乾燥によっておこるひび割れのことです。
ひび割れの幅が狭いことが特徴です。
 

*構造クラック

 
建物自体の構造的な欠陥や凍結と融解の繰り返し、地盤沈下などが原因のクラックです。
放置してしまうと重大な問題につながるクラックです。
見つけた場合は早めに対処しましょう。
 

*縁切れクラック

 
モルタルは一般的に一度に一面を仕上げます。
しかし、何かの事情で一度中断してしまうと新旧のつなぎ目にクラックが出来ます。
これが縁切れによるクラックです。
 

□対処法は?

 
モルタルにクラックが起きてしまった場合は外壁塗装をするべきタイミングです。
クラックがひどくなり大規模な改修工事が必要となってしまう前に適切な外壁塗装を行うことで、新たな塗膜(とまく)を作り防水性を高めることが大切です。
そうすることで、余計な出費を抑えることができます。
外壁塗装ではクラックを補修するとともに、上から新しい塗膜(とまく)を作ることが出来ます。
自分の家を守っていくためにも、クラックには早めの処置を心がけましょう。
 
 

□まとめ

 
今回はクラックの対策として外壁塗装をオススメしました。
時間の経過とともに劣化してしまうのは仕方がないことです。
しかし、劣化してしまったらしっかりと対策したいですよね。
モルタルにクラックが出来てしまった場合はぜひ外壁塗装で解決してみてください。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから