サイディングを塗装する時の適切な時期とは?

最近はやりのサイディング。

そのサイディングにも外壁塗装は施したほうがいいと言われています。
ただ外壁塗装をするといっても時期や季節はいつがいいんだろうという疑問もあると思います。
また経過年数や劣化の具合も重要です。
そこで今回はサイディングに外壁塗装をする適切な時期や季節について解説します。
 
□適切な時期は?

 

サイディングを塗装する時の適切な時期はサイディングの種類によっても違います。
 

*窯業系サイディング

 
窯業系サイディングはデザインが豊富で選ぶ楽しさがあります。
メンテナンスの時期としては7~10年とされています。
大切なのはコーキング(つなぎ目)のメンテナンスです。
他のサイディングよりもコーキング部分が見えやすくなっています。
そのためこの部分の劣化から水が入ってくると最悪の場合破損につながります。
 

*金属系サイディング

 
金属系サイディングは、コーキング部分(つなぎ目)が出ていない場合が多いです。
そのため紫外線による劣化はそれほど心配はありません。
金属系サイディングは傷がなく塗膜が切れない場合には、耐久力が高いです。
メンテナンス時期は10年~15年とされています。
傷がある場合は早くにメンテナンスが必要になるので注意しましょう。
 

*木質系サイディング

 
天然木・合板などの木材を使ったサイディングです。
木の質感で自然を感じられるのが特徴です。
メンテナンスの時期は10年前後が適切とされています。
木であることを考えると、腐ることに注意が必要です。
そのため基本的には腐らせないようにメンテナンスの頻度には注意しましょう。
 

*樹脂系サイディング

 
塩化ビニル樹脂(プラスチック)を主原料とし、雨水や塩害に強い特徴を持っています。
塗料ではなく顔料を練りこんで色付けするため、あまり変色したり色あせたりしません。
メンテナンス時期は10年~20年とされてます。
また、破損などで張り替えが必要になっても、部分的に張り替えることも簡単にできます。
メンテナンス費用が抑えられるのは、非常にありがたいですね。
 

□季節も重要?

 
サイディングを塗装するときは季節も大切です。
気をつけなければいけないポイントは3つあります。
1.雨が降っている時
2.気温が5度以下
3.湿度が85%以上ある
上記のような場合には施工がしづらくなるので、気を付けなければなりません。
そのため、湿度が高くなり雨が多い梅雨や、気温が5度以下になる真冬の施工はおすすめできません。
 

□まとめ

 
今回はサイディングをする適切な時期や季節について解説しました。
時期や季節によってメリットがあるんですね。
サイディングに外壁塗装をしようという時に参考にしていただけたらと思います。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから