外壁塗装の資格について知っておこう

「外壁塗装を依頼する時に、信頼できる業者を選びたいけど、どう選んだらいいのだろう?」「必要な資格とかはあるのかな。」

このように、外壁塗装の依頼でお困りの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装の資格のことを知っておくと、どの業者が信頼できるのかが分かるので安心ですよね。
そこで今回は「外壁塗装の資格」についてご紹介します。
 

□外壁塗装は免許や資格が必要ないって本当なの?

 
あまり知られていませんが、実は外壁塗装は免許や資格がなくても開業できます。
外壁塗装はリフォーム業という分類になるのですが、リフォーム業は免許や資格がなくても営業活動ができます。
そのため、手抜き工事や、質の低い工事を行うなどの悪質な業者が出てきてしまいます。
 

□外壁塗装の資格をご紹介します。

 
それでは、どのように知識や技術を持っている業者を見分ければ良いのでしょうか?
実は、外壁塗装には様々な種類の資格があるので、その資格を持っているかどうかで見分けることができます。
どのような資格があるのかを順番に見ていきましょう。
 

*職人さんの技術力を証明する「塗装技能士」

 
塗装業者がどのくらいのスキルを持っているかを判断する基準の1つとして、「塗装技能士」という資格が挙げられます。
塗装技能士には、特級、1級、2級、3級があります。
特級になるには最低でも12年の実務経験が必要です。
そのため、特級の塗装技能士を持っている業者は、施工スキルがとても高いと言えます。
 
 

*外壁の状況を診断できる「外装劣化診断士」

 
外壁の劣化状況を知り、お客様に適切な補修を提案できる資格です。
この資格を持っている職人さんは、外壁に関しての知識を豊富に持っているので、より詳しく状況を把握できます。
 

*どれだけの実績を積んできたのかが分かる「塗装工事業」

 
都道府県知事許可と国土交通大臣許可を持っていて、10年以上の塗装業の実績がある業者は「塗装工事業」の資格がもらえます。
国や県から正式に認定されるものなので、この資格を持っているということは、外壁塗装業者として認められている証になります。
 

*意外と重要な「足場作業主任者」

 
実は、足場を組み立てるためには、専門の資格を持っている必要があります。
足場の組み立ての資格を自社で持っていると、全ての作業を自社で完結できます。
そのため、足場作業主任者は意外と重要な資格です。
 

□まとめ

 
今回は「外壁塗装の資格」についてご紹介しました。
外壁塗装には様々な資格があることを知って頂けたと思います。
外壁塗装を依頼される場合には、「塗装技能士」や「塗装工事業」の資格があるかどうかを見ておくのがおすすめです。
もし何か分からないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡くださいね。
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから