㉙座間市で外壁塗装なら!ガルバリウムとは何かをご紹介

 

「外壁塗装について調べていてガルバリウムという言葉を目にしたけれど、詳しいことが分からない。」
「外壁塗装を考えていて、ガルバリウム鋼板を使用しようか考えている。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装に関係する言葉の中には、お客様に知られていないものも数多く存在します。
今回は外壁塗装を依頼される方にもよく知られていない「ガルバリウム」とは何かを解説します。
 

□ガルバリウムとは?

 
外壁塗装や屋根塗装で耳にする「ガルバリウム」とはガルバリウム鋼板のことを指します。
鋼を板状に加工してメッキを施したもので、外壁材や屋根材として使用されます。
成分はアルミニウムや亜鉛が大部分を占め、一部シリコンも含まれており、丈夫なのが特徴です。


□メリットとデメリット

 
外壁材や屋根材に活躍するガルバリウム鋼板のメリットとデメリットを順に見ていきましょう。
 

*メリット

 
さびにくいことがこの外壁材のメリットとしてまず挙げられます。
金属から成る素材であるトタンと比べるとかなりさびにくいのです。
そのため雨など外部環境の影響を特に受ける屋根材に向いていると言えます。
また、耐用年数が20~30年とされており、10~20年が耐用年数と言われるトタンと比べて耐久性の面でも優れているのです。
他にも軽量かつ加工しやすいというメリットもあり、外壁材や屋根材として使いやすい素材です。
 

*デメリット

 
良い特徴をたくさん持つガルバリウム鋼板ですが、デメリットがないわけではありません。
性能が高い分、コストがかかってしまうのがデメリットとしてまず挙げられます。
また、金属から成る素材ということもあり断熱性能に優れていません。
断熱材と組み合わせて用いることが一般的となっているのです。
防音性が低いのもデメリットで、雨音や風の音が他の素材に比べて室内に伝わりやすいと言われています。
見た目についても賛否が分かれる部分です。
金属でできている素材のため見た目が素っ気ないと感じる人もいるようです。
どの素材に関しても言えることですが、実際にどんな素材なのかを確かめることをおすすめします。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装をお考えの方に向けてガルバリウム鋼板とはどのようなものかを解説しました。
外壁塗装で用いる外壁材や塗料に関する言葉の中には普段の生活では聞き慣れないものが多いですよね。
塗装に関して分からないことや聞いておきたいことがあれば、ぜひ一度ガイソー大和店にご相談ください。

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから