㉘座間市で外壁塗装をお考えの方に!防水対策について解説

 

「外壁塗装を行う際に防水対策をすすめられたけれど、どのようなメリットがあるの?」
「塗装工事を施工する際に防水対策も一緒にしてもらいたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
塗装業者の中には防水対策も取り扱っている業者が数多く存在しますが、あまり知られていないようです。
そこで今回は、外壁塗装をお考えの方に防水対策について説明していきます。
 

□防水対策

 
防水対策は大きく分けて3種類存在します。
これは外壁塗装の際に塗布する塗料を防水性の高い塗料にすること、ひび割れ部分を埋めるために塗料を施すこと、ベランダやバルコニーに防水工事を施すことの3種類です。
それでは順に防水対策について確認していきます。
 

*防水性の塗料を選ぶ

 
最近ではメーカーの技術も進歩して防水機能を持つ塗料が広まってきたため、防水性の高い塗料を塗布することが一般的な防水対策として認識されるようになってきました。
防水性の低い外壁では、劣化とともに雨や湿気が外壁内部に入り込んで劣化や腐食を引き起こすことが十分に考えられます。
塗装を依頼する際は、防水性の程度も考慮するようにしてくださいね。
塗料を選ぶ際に防水性が備わっているものを選ぶ他に、外壁に防水材を塗布する方法もあります。
塗料に関する詳しいことは業者を訪れて相談してみてくださいね。

 

*ひび割れに弾性塗料を使用

 
ひび割れを放置しておくと、雨水が浸入して住宅の寿命を縮めてしまいます。
そこで使用されるのが弾力性に優れた弾性塗料です。
この塗料をひび割れに塗布することで防水を行うことができるのです。
 

*防水工事を行う

 
ベランダやバルコニー、屋上といった雨の影響を直に受ける箇所には防水対策として防水工事をおすすめします。
劣化してひび割れや剥離が発生してしまうと、その部分から雨水や湿気が侵入して雨漏りの原因となるからです。
防水工事には「シート防水」「FRP防水」「ウレタン防水」「アスファルト防水」の4種類が存在し、一般的な住宅ではFRP防水とウレタン防水が多く採用されています。
また防水工事は、トップコートのみに防水加工を施す工事と防水層まで加工を施す工事に二分されます。
防水工事を依頼する場合はそれぞれの工法を理解し、業者とよく相談して決めるようにしてください。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装をお考えの方に向けて防水対策について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
防水対策は住宅の寿命を延ばすために重要な役割を担っています。
外壁塗装を依頼する際にぜひ業者に相談してみてくださいね。

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから