サイディングとモルタルの違いを解説


 

「長年住んでいた家の外壁が劣化してきたので、塗装を依頼しようとしている。」
「外壁塗装を依頼したいが、サイディングとモルタルってどう違うのだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
外壁材の候補としてよく挙げられるサイディングとモルタルですが、違いを知っている方は少ないようです。
そこで今回は外壁塗装をお考えの方にサイディングとモルタルの特徴を解説します。

 

□サイディングとモルタルの違いとは?

 
どちらも外壁材に使用されるものですが具体的に何が異なるのでしょうか?
順に特徴を見ていきましょう。
 

*サイディング

 
現在最も普及している外壁材がサイディングです。
サイディングには大きく分けて「窯業系」「金属系」「樹脂系」「木質系」の4種類が存在します。
その中で一般的に一番使用されているのが窯業系サイディングです。
サイディングの特徴は板状の外壁材のため、外壁にボードを貼り付けるという簡単な施工で工事期間を短くできることです。
また、既に完成したボードを貼るため、均質な仕上がりになることも特徴です。
施工のしやすさ、工期の短さから普及が進んだと言えるのです。
メンテナンスは10年に一度必要とされており、主にボードそのものではなくボード間に注入するシーリング材の劣化を補修します。
シーリング材にひび割れや剥がれが見られるようになったら業者に相談してくださいね。
 

*モルタル

 
こちらも代表的な外壁材です。
サイディングの普及が進む一昔前までは一般の住宅に最も使用されていました。
また、モルタルはモルタル造形といってアンティーク調やヨーロッパのレンガ調などおしゃれな外壁を造る際に使用されるなど、今でも住宅づくりに欠かせない材料です。
セメントに砂を混ぜ合わせて作られるモルタルは強度に優れ、火に強いという特徴を持っています。
一方で、モルタルはひび割れが起こりやすいという難点があり、ひび割れが発生した場合はシーリング材を注入するなどのメンテナンスが必要です。
このひび割れを放置しておくと雨水や湿気が入り込んで内部の劣化や腐食につながるため、ひび割れを確認したら業者に相談するようにしてください。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装をお考えの方にサイディングとモルタルの違いをご説明しました。
外壁材を選ぶ際は、それぞれの特徴や住宅の置かれている環境を把握した上で選ぶようにしてくださいね。
塗装に関して知りたいことや心配なことがある場合はガイソー大和店にご相談ください。

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから