サイディングとは何かを解説

 

「長年住んでいた家の外壁材が劣化してきた、メンテナンスを依頼したい。」
「外壁材としてサイディングをすすめられたが、どのようなものか分からない。」
このようなお考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装を依頼する際によく耳にする「サイディング」という言葉ですが、どのようなものかはあまり知られていないようです。
そこで今回は、外壁塗装を依頼する際に知っておきたいサイディングについて解説していきます。
 

□サイディングとは何か?

 
「窯業系」「金属系」「樹脂系」「木質系」という4種類に分けられる外壁材で、現在最も普及している外壁材でもあります。
簡単に説明しますと、建物の壁に貼り付ける仕上げの板です。
外壁材にはタイルやモルタルなどもありますが、板状になっているサイディングは施工のしやすさと仕上がりが均質になることから広く普及しているのです。
 

□種類

 
先程紹介した通りサイディングは4種類あります。
種類によって少しずつ性質や見た目が異なります。
それでは順に見ていきましょう。

 

*窯業系

 
セメントと繊維質を混ぜ込んで作られます。
サイディングの中でも最も普及している種類で、普及率はおおよそ70%ほどです。
耐震性や防火性に優れているというメリットを持っています。
またデザインが豊富な点も人気の理由ですよ。

 

*金属系

 
名前からも分かる通り、表面が金属でできた外壁材です。
軽量で耐震性が高いという特徴があり、コストも低いことからリフォームでよく使用されています。
また、防水性や断熱性にも優れていますよ。
ただし、金属ということもありサビが発生しやすいのが難点です。
 

*樹脂系

 
塩化ビニル樹脂を原料としています。
優れた耐久性や耐候性を持っており軽いのが特徴です。
変色や凍結の心配がほとんどいらないのもメリットと言われています。
しかしながら、まだ普及が進んでいないためデザインもそれほどおおくありません。
コストが高くなってしまうのも難点と言えます。
 

*木質系

 
無垢の木材に処理を施して性能を向上させた外壁材です。
無機質な見た目のサイディングが多い中、木材を材料としているため温かみを感じることができるのが特徴と言えます。
また熱を吸収しにくいという良い点がありますよ。
しかし劣化が早くコストがかかるのが難点です。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装をお考えの方に向けてサイディングとは何かを説明しました。
外壁の劣化はどの住宅にも起こることで、塗り替えは遅かれ早かれ必要になります。
外壁塗装に関してお悩みをお持ちの方は、ぜひガイソー大和店にご相談ください。

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから