外壁塗装で黒を用いるメリット、デメリットを解説

 

「外壁を塗装したいけど、何かかっこいい色はないかな?」とお考えの方も多いかと思います。
かっこよくて、落ち着きのある色といえば「黒」ですよね。
これまで黒を外壁に使う住宅は少なかったのですが、最近は増えているようです。
そこで今回は、黒色を外壁に使うメリット・デメリットについてご紹介させていただきます。
 

□黒色のメリット

 
では、さっそく黒色のメリットをご紹介させていただきます。
 

*かっこいい

 
外壁に黒を使うと全体的にシックで落ち着いた雰囲気を演出することができます。
最近ではガルバリウム鋼板を使った黒系の落ち着いた雰囲気の家も増えてきています。
 

*どの色と調和しやすい

 
色には彩度というものがあります。
彩度というのは色の鮮やかさを表す指標です。
黒や、白、グレーといった色は無彩色と言い彩度が0の色となっています。
ですので、彩度のある色と組み合わせても、お互いの色がけんかすることなく、逆に彩度のある色を引き立てることができます。
つまり、どのような色と組み合わせてもマッチしやすいということです。
 

□黒色のデメリット

 
さて、今度は黒色を使うデメリットについて見ていきましょう。
 

*外壁自体が熱を持ちやすい

 
皆さんは黒色の服を着た時、太陽の光が当たると白い服より熱く感じたことはありませんか?
それもそのはず、黒色は太陽光を吸収しやすい色なのです。
ですので、特に夏場は外壁が熱くなりがちです。
誤って手を触れてしまうと低温やけどを起こす可能性がありますので注意が必要です。
 

*劣化が早い

 
先ほどお話しした太陽光の吸収しやすい性質と関係するのですが、太陽光に含まれる紫外線は塗料にかかわらず、物質の劣化を早めます。
なぜなら、太陽光は物質を構成する原子同士の結合を切断する手助けをしてしまうのです。
つまり、太陽光を吸収しやすい黒色は結果としてその塗料自身が劣化しやすい原因となっているのです。
 

*単色で用いることが難しい

 
黒一色で外壁を仕上げてしまうと、実は屋根もサッシも、もとから黒くて家全体が真っ黒になったということになりかねません。
黒一色というのは見る人に威圧感を与えてしまいます。
また、先ほどご説明したように、黒は太陽光を吸収しやすい、つまり、光を反射しにくいのです。
ですので、全面黒で外壁を仕上げてしまうとお隣さんの家の窓に光が入りにくくなってしまう可能性があります。
そうなった場合、ご近所トラブルに発展する恐れもありますので、黒一色での塗装は避けた方が無難です。
もし、黒一色で仕上げる場合にはそういった採光の部分も含めてよく考えましょう。
 

□まとめ

 
今回は外壁塗装に黒色を使うメリット・デメリットについてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
外壁塗装の塗料を選ぶ際には、その色のメリットとデメリットを考慮したうえで、塗料を選ぶと失敗するリスクを減らすことができます。
外壁塗装の色を決めることはなかなか難しいかもしれませんが、皆さんもぜひこの記事を参考にして自分の理想の外壁を実現してみてください。

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから