外壁塗装をお考えの方へ|シーリングの劣化原因とは

 

ふと自宅の外壁を見ると、サッシと壁の間や、外壁のつなぎ目にあるゴム状の部分(これはシーリングと呼ばれるものです)がひび割れていたり、途中で落ちてしまっていたりする経験があるかもしれません。
それはシーリングが劣化している状態です。
シーリングが劣化すると、そこから雨やゴミが入ってきて中の建材を傷めてしまう危険があり非常に危険です。
そこで今回は、シーリングの劣化原因とメンテナンス方法についてご紹介させていただきます。
 

□そもそもなぜシーリングは劣化してしまうの?

 
シーリングが劣化する原因には
1人為的な理由
2自然による理由
の2つがあります。
 

*人為的な理由

 
これは施工の段階でプライマーと呼ばれる「下塗り剤」を塗り忘れたり、塗っていても不十分であることが考えられます。
プライマーがなければシーリングがうまく接着出来ず、本来の寿命よりも先に修繕しなければいけないことになります。
 

*自然による理由

 
これは雨風や太陽光によるものです。
この種の劣化は、外壁が野ざらしにされてしまうことが多いのでどうしても避けることができません。
 

□シーリングのメンテナンス方法

 
では、シーリングをメンテナンスするにはどうすればいいのでしょうか?
ここでは2つのメンテナンス方法についてご説明します。
 

*打ち替え法

 
まずより一般的な方法である打ち替え法についてです。
打ち替え法ではもともとある劣化してしまったシーリング材を、根こそぎカッターなどを使い削ぎ落します。
次に、先ほどもご紹介したプライマーをしっかりと塗り、その上からシーリング材を塗っていきます。
 

*打ち増し法

 
打ち替え法ではもともとあったシーリング材をそぎ落としていましたが、打ち増し法ではそぎ落とさずにその上から新たなシーリング材を入れていきます。
この方法では、もともとあったシーリング材が欠落してしまった場合、一緒に新たに上塗りしたシーリング材も一緒にはがれてしまうなどのデメリットが多くあります。
しかし、構造上の問題でもともとあるシーリング材の除去が困難な場合などで使われます。
 

□まとめ

 
今回はシーリングの劣化原因とメンテナンス方法についてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
シーリングは家の建材を守る大切な部分です。
しかし、今回ご説明させていただいた方法で、個人でメンテナンスを行うのは難しいと感じた方も多いと思います。
この記事を機会として、皆さんもご自宅の外壁周りを確認してみて、場合によっては補修をしてはいかがでしょうか。

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

LINE登録・ご相談
LINEからもご相談いただけます!!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから