【外壁塗装】クリアー塗装知ってる?得するクリアー塗料の豆知識

外壁塗装をしようと決めたとき、まず、悩むのが外壁の色かもしれません。

塗料での『新しい色選び』は楽しいけれどむずかしいことも。

 

外壁用の塗料は色つきだけでなく、無色透明のクリアーな塗料があるのはご存じでしたか?

「クリアー塗料」といいます。

 

主に、今の住宅の外観が好きで、色を変えたくない希望がある人に最適な塗料です。

その他、レンガ調のお宅や、意匠性のあるサイディングでこだわりの住宅を建てた方にも、クリアー塗料での外壁塗装がオススメです。

 

では、クリアー塗装とはどういったものなのか。

今回は、クリアー塗料の特徴や費用、外壁塗装に失敗しない情報をお伝えしていきます。

 

【目次】

1.クリアー塗装とは!?

1-1.クリアー塗装って!?

1-2.クリアー塗装のメリット

1-3.クリアー塗装のデメリット

1-4.クリアー塗装の価格相場

 

2.クリアー塗装はこんな人にオススメ!

2-1.既存の外壁を残したい方

2-2.外壁に光沢を持たせたい方

2-3.サイディングの外壁で2色以上ある場合

 

3.クリアー塗料を採用できない場合もある!?

3-1.チョーキング現象が起きている場合

3-2.クラックが入ってしまっている場合

3-3.コーキングの上から塗装出来ない

3-4.コーティングが施されている場合

 

4.オススメのクリアー塗料

4-1.ガイソーウォール無機フッ素

4-2.日本ペイント-UVプロテクトクリヤー

まとめ

 

1.クリアー塗装とは!?

 

1-1.クリアー塗装って!?

 

外壁塗料の「クリアー塗装」とは、光沢のある無色透明の塗料のことを指します。

コーティング性機能に優れた塗料をクリアー塗料といいます。

 

通常の塗料は色がついていて、塗装ができるよう、さまざまな成分で作られています。

 

  • ・色を作りだす顔料
  • ・塗料の主成分となる樹脂(シリコンやフッ素など)
  • ・塗装がきれいにできるための添加剤
  • ・これらの成分を溶かす溶剤

 

などで構成されているのが基本的な外壁用の塗料になります。

 

今回のクリアー塗料の場合、色を作り出す「顔料」が含まれていないものになります。

なので、デザイン性のあるタイル調やレンガ調の外壁材など、意匠性のある外壁材を活かすことができるのです。

 

1-2.クリアー塗装のメリット

①デザインを残せる

 

「外壁の見た目はこのまま」という場合、表面が凸凹の外壁材でも色で塗り潰してしまう心配がなく、現在の外壁材のデザインを残したまま塗装工事ができるメリットがあります。

 

色つき塗料で塗装するのと違い、今の壁色を変えることがないのはイメージが掴みやすいですよね。

 

 

②コーキングに塗装をしなくて良い

外壁の色を変える場合、コーキングも塗装しないと見栄えがよくない場合もあるので、コーキングも同色や相性のいい色で塗装を行うことがほとんどです。

コーキングとは目地充填剤で樹脂系でできているもの

 

クリアー塗料の場合はコーキングの上から塗装しません。

コーキング部分に塗料の塗膜による割れが発生しませんから、安心して塗装作業が行えます。

 


 

1-3.クリヤー塗装のデメリット

①劣化が進んでいる状態では活かせない

 

外壁そのものが劣化している状態だと、汚れの上から無色透明の塗料でコーティングをすることになります。

そのため、補修跡や汚れ、外壁の傷が隠せずに余計に目立ってしまいます。

 

また、ひび割れしている箇所をクリアー塗料で塗装すると、表面が滲んでしまいます。

 

クリア塗料での塗装もメンテナンス工事なので、住宅の寿命UPにはなります。

が、外観を新築のような輝きにするのはむずかしいかもしれません。

 

外壁の劣化が進んでいる場合、クリアー塗料で塗装を行うのはあまりオススメしません。

 

②外壁材がサイディング以外にはあまり効果が出ない

 

昔、主流の外壁だった「モルタル」や「コンクリート」の外壁にもあまりオススメではありません。

 

モルタル壁やコンクリート壁の場合、顔料を含んだ一般的な塗料での塗装では輝きを取り戻します。

が、外壁の劣化が激しく、チョーキングやクラックなどの劣化症状が進んでいる場合は、無色透明のクリアー塗料で塗装しても見た目がよくなる可能性は低いです。

 

古い外壁のメンテナンスにはクリアー塗料は向いていないと言えます。

 

③ツヤ消し等はわかりにくい

クリアー塗料といっても種類があります。

「ツヤあり塗料」「3分ツヤ塗料」「ツヤなし塗料」がそれです。

 

しかし、ツヤ消し等で塗装した場合、塗装時間がかかったにも関わらず、見た目の変化があまりないのです。

職人目線でみても、塗装したところがわからなくなることもあり、技術があまりない職人が施工した場合、塗り残しの心配もあるので注意が必要です。

 

1-4.クリアー塗装の価格相場

 

クリアー塗料に使われている樹脂は、『ウレタン樹脂塗料』『シリコン樹脂塗料』『フッ素樹脂塗料』などです。

塗料に使われている樹脂によって、耐用年数と価格が変わってきます。

 

クリアー塗装の相場を算出するには、下記の表をご覧になると住宅の工事費用が概算できます↓

塗料のグレード

耐用年数 1平米あたりの単価
ウレタン樹脂塗料 6年~7年 1,800円~
シリコン樹脂塗料 10年~12年 2,400円~
フッ素樹脂塗料 15年~20年 3,300円~

 

2.クリアー塗装はこんな人にオススメ!

クリアー塗装が最適な住宅や、オススメな方について解説していきます。

 

2-1.既存の外壁を残したい方

 

今の建物の外壁にあまり劣化がなく、きれいな状態が条件ですが、意匠性があるサイディング材の外壁や、現在の外壁の色が気に入っていてそのまま使いたい場合にオススメです。

 

既存の外壁のイメージを残したい人は、クリアー塗料での外壁塗装がベストです。

 

 

2-2.外壁に光沢を持たせたい方

 

クリアー塗料の最大の特徴は、やはり美しくみずみずしい光沢感です。

ツヤあり、3分ツヤ、ツヤなしと種類がありますが、クリアー塗料で塗装するのであれば『ツヤあり』がオススメです。

仕上がりを実際に見ていただくとよくわかるのですが、太陽の光できれいに輝き、一際美しい光沢になります。

 


 

2-3.サイディングの外壁で2色以上ある場合

 

外壁色が2色以上の場合、色つき塗料で塗装すると1色の壁色になってしまうので住宅の雰囲気が変わってしまいます。

2色での塗装もできるのですが、手間と時間がかかり工事費用も高額になります。

現在の色合いが気に入っている場合には、クリアー塗装をオススメしています。

 

3.クリアー塗料を採用できない場合もある!?

そもそも、クリアー塗装をする場合には、まず、住宅の劣化状況を確認する必要があります。

建物の現状からきれいに仕上がるかどうかを失敗しないために見極めないといけないのです。

 

では、どんなケースの住宅がクリアー塗料で塗装できないのかを見ていきます。

 

3-1.チョーキング現象が起きている場合

 

外壁にチョーキング現象が発生している状態で外壁にクリアー塗装をしてしまうと、仕上がりの外壁が色あせているような仕上がりになる可能性が高いです。

塗装表面の樹脂が劣化して露出し、塗料の顔料成分が粉状のチョーク(白墨)のような状態になっていること。

 

高圧洗浄した段階で外壁が薄くなってしまった場合、薄い外壁の上からクリアー塗装をすると塗装の下が透けて見え、あまり美しくない外観になってしまうかもしれません。

 

仮にチョーキング現象が発生している状態でもクリアー塗装を希望の場合、チョーキング現象の起きていた箇所を色つき塗料で塗装し、その上からクリアー塗装を行う必要があります。

 

見た目はかなりきれいになりますが、作業が増え、工期も伸びるので、工事費用も高くなります。

一般的な色つき塗料でツヤありの塗料で塗装すれば費用を抑えられるということも覚えておいてください。

 

※チョーキング現象をもう少し詳しく解説すると、外壁の塗膜(塗料の膜)が劣化してしまう事によって外壁を手でなぞったりするとチョークの様な粉(白い粉)が付着してしまう現象のことです。

 

(下の画像をご参照ください↓)

チョーキング現象についてさらに詳しく知りたい方はこちらを↓

チョーキング現象について
 

 

3-2.クラックが入ってしまっている場合

 

外壁にクラック(ひび割れ)がある場合、色つき塗料であればクラックの補修をしてから色を塗ります。

なので補修跡を消すことできます。

 

が、クリアー塗装の場合は無色透明のため、補修跡が残ってしまいます。

結果、補修跡が汚れて見えて、きれいな外壁になりません。

 

チョーキング現象と同じように、補修跡を見えないよう色つき塗料で塗装し、上からクリアー塗料で塗装することで、きれいな外壁にすることが

できます。

 

ですがその分、工事期間が長くなり、費用も余計にかかってしまいます。

 

 

外壁のクラックについて、詳しく解説しているのはこちらです↓

『外壁のクラックは放置していたら危険!?クラックの重要性とは』

 

3-3.コーキングの上から塗装出来ない

 

サイディングボードとサイディングボードの間には溝があります。

その溝の中に入っているゴムのような材質のものをコーキングと言います。

 

コーキングの上からクリアー塗料を塗装してしまうと、塗膜が汚れたり、剥離などの症状が出てきてしまいます。

コーキング部分には塗装してしまわないよう、ていねいな養生作業が必要です。

 

3-4.コーティングが施されている場合

 

劣化以前に、クリアー塗料では塗装することができない材質があります。

無機やフッ素コーティング加工が施されているサイディング材には塗装できません。

 

どちらも特殊なコーティングなので非常に劣化しにくいのが特徴ですが、その上からクリアー塗料で塗装をしてもほとんど意味がなく、

2~3年ほどで剥がれてくる可能性が非常に高いです。塗装に向いていません。

 

4.オススメのクリアー塗料

最後に専門家目線でみた、オススメのクリアー塗料をご紹介しますね。

 

4-1.ガイソーウォール無機フッ素

 

ガイソーウォール無機フッ素」は超高耐性の無機フッ素塗料です。

無機物とフッ素の結合によって作られた、強力な最高級塗料です。

 

塗料の中で、最も耐候性に優れている「フッ素樹脂塗料」と無機成分が配合されていることにより「ハイブリット化」し、耐候性や耐汚染性に優れた特性をもっています。

 

フッ素塗料のデメリットであった塗膜の硬さを解消し、非常に優れた柔軟性がある使いやすい塗料です。

他社のフッ素塗料と比較してみても、極めて高い耐候性能を有しています。

 

 

 

4-2.日本ペイント-UVプロテクトクリヤー

 

日本ペイント-UVプロテクトクリヤー」は、高い意匠性にぴったりなクリアー塗料です

サイディングの美しい模様を、そのまま維持してくれるクリアー塗料です。

さまざまな特徴と機能があるので、下記に掲載していきますね。

 

 

①高耐候性

強力なシロキサンの配合によって、高耐候性を発揮します。

ケイ素と酸素を骨格とする化合物で、Si-O-Si結合( シロキサン結合)を持つものの総称

 

②紫外線吸収

紫外線吸収剤配合により、色あせを防ぐ効果があります。

 

③超低汚染性

特殊なセラミック成分配合により、超低汚染性効果を発揮します。

外壁が汚れにくくなるので、長期間、きれいな外壁が維持できます。

 

④防カビ・防藻性

外壁の防水性能の劣化によって、付着し繁殖してしまうカビや藻を防ぎます。

どちらも外壁に付着しにくくするので、長期間、きれいな外壁を維持できます。

さらに弱溶剤なため、環境にも優しく、臭いも強溶剤と比較しそこまで臭くないので心配いりません。

 

以上が「ピュアライド UVプロテクトクリアー」(日本ペイント)の特徴になります。

汚れに強く、よいクリアー塗料ですね。

 

まとめ

 

今回は、外壁塗装に使用するクリアー塗料についてご紹介しました。

 

クリアー塗装で仕上げた住宅は非常に光沢があり、太陽の光を反射してまぶしいほどきれいです。

でも、外壁の劣化が激しくでチョーキングやひび割れなどが発生している場合だと、さらに工事金額が高額になってしまう可能性が十分考えられます。

 

業者の方としっかり打合せ・相談・確認をし、適切な判断をお願いしましょう。

 

クリアー塗料での外壁塗装に限らず、お住まいのメンテナンスで失敗しないことが大切です。

知識を身につけ、手抜き業者・悪徳業者にだまされることなく、大切なお住まいを守っていってくださいね。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

ガイソー大和店 コンテンツサイト
外壁塗装に関する豆知識等についてご紹介いたします!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから