【外壁塗料】話題の光触媒塗料の機能と特徴 メリット・デメリットを知ろう

近年の外壁用塗料は、いろんなの性能を兼ね備えた「次世代塗料」が増えています。

その中でも『光触媒塗料』は、次世代塗料として注目を集めている塗料です。

 

光触媒塗料にはさまざまな特徴があり、取り扱いできる業者はまだそう多くありません。

既存の他の塗料と比較すると高額ですが、現在、様々な住宅での採用が増えています。

 

今回は、光触媒塗料で外壁塗装を行うケースに役立つ知識を紹介していきます。

外壁塗装工事の塗料選びで失敗しないために、お読みいただけたらうれしいです。


 

【目次】

 

1.光触媒塗料とはどんな塗料!?

2.光触媒塗料のメリット

2-1.セルフクリーニング効果

2-2.高耐用年数

2-3.住宅にかけるコストを削減できる

2-4.周辺の空気を綺麗にする空気浄化

2-5.外壁を綺麗に保つ

3.光触媒塗料のデメリット

3-1.塗料代が高額

3-2.高い塗装技術が必要

3-3.全ての箇所に塗装出来る訳ではない

3-4.屋根用の光触媒塗料がない

3-5.雨や日のあたらない場所では効果が実感できない

3-6.塗膜が硬く、ヒビ割れしやすい

3-7.色の選択肢が少ない

4.光触媒塗料が適していない住宅環境とは

4-1.外壁材がモルタルの場合

4-2.前後左右にある住宅との距離が1m以上あるのか

4-3.外壁材の劣化がひどい場合

4-4.海などが近くにあり塩害被害を受けてしまう可能性が高い家

まとめ



 

1.光触媒塗料とはどんな塗料!?

光触媒塗料の最大の特徴は『セルフクリーニング効果』があることです。

※セルフクリーニング効果とは、雨水などを利用して汚れを落とす機能のこと。今回は下記に詳しく掲載しています。

 

光触媒塗料は太陽の光や雨水などが外壁に当たると表面で酸化する力が働き、付着する汚れや有機物質を原料である酸化チタンの効果によって、洗い落としてくれることができる環境浄化塗料なのです。

 


 

さらに光触媒塗料は、耐用年数が長く、丈夫といわれています。

具体的には、現在、最も耐用年数の長いフッ素樹脂塗料と同じ15年~20年程の耐用年数が期待できるとも。

 

もちろん、塗料のグレードによっても耐用年数が異なってきますので、光触媒塗料を採用する場合は塗料のグレードについても充分検討してくださいね。

 

塗料のグレードについては下記の図表をご覧ください↓


 

2.光触媒塗料のメリット

では、光触媒塗料の持つ機能やメリットについて、順番に掲載していきますね。

 

2-1.セルフクリーニング効果

 

先ほど少し触れたように、光触媒塗料は「セリフクリーニング効果」があります。

ひとことで言うと、外壁に付いてしまった汚れを落としてくれる機能です。

 

セルフクリーニング機能のメカニズムを簡単に説明すると下記のようになります。

 

「紫外線によって汚れや有機物を分解する力」

「雨水によって外壁に付着している汚れを洗い落としてくれる力」

 

一般的なウレタン塗料やシリコン塗料にも洗浄機能が付いている種類もありますが、この光触媒塗料は外気の汚れを寄せ付けず、付着しにくくするので、長期間、きれいな外壁を維持できるのです。

 

光と雨水という天然のものを効果的使い、優れた機能を持つのが「光触媒塗料」の特徴なのですね。

 

しかし、何でも落とせるわけでなく、ホコリなどの有機物に限ります。

サビや土など無機物の汚れが外壁についても落とせないので、これらはご自身で洗浄していただく必要があります。

 

 

2-2.高耐用年数

 

光触媒塗料はとても耐用年数が長く、フッ素塗料と同等の15年~20年程といわれています。

現在、販売されている他の塗料と比較しても長持ちする塗料に分類されます。

 

しかし、発売開始から20年を経過していない塗料なので、耐用年数を発揮して住宅を保護できた前例がありません。

様々な厳しい検査の中で合格し、およそ最長20年程の耐用年数があるということが検証されているのです。

 

2-3.住宅にかけるコストを削減できる

 

光触媒塗料は15年~20年という高耐用年数なので非常に長持ちします。

そのため、1回の塗装工事費は高額になります。

 

ですがむしろ、耐用年数が低い塗料で何度も塗装工事を繰り返すより、大幅にコスト削減が可能です。

 


 

2-4.周辺の空気を綺麗にする空気浄化機能

 

光触媒塗料には周辺の空気をきれいにしてくれる空気清浄機能という性能があります。

 

光触媒塗料で塗装した外壁に太陽の光が当たることで、活性酵素が発生し、空気に含まれる窒素酸化物(排気ガスなど)を酸化させて除去するというメカニズムです。

 

周辺の空気をきれいにできる面積は、およそテニスコート4つ分の広さにも渡ります。

家の外壁をきれいに維持するだけではなく、空気まできれいにしてくれる機能が、光触媒塗料の特徴です。

 

2-5.外壁を綺麗に保つ

 

セルフクリーニング機能があることは、何度かお伝えしました。

今回はセルフクリーニング機能の相乗効果について触れます。

 

外壁が汚れないようセルフで落とすことにより、カビや藻が外壁に繁殖しにくくなります。

基本的に建物のカビやコケは日の当たらない場所に発生するので、風通しの良くない部分にも最適な塗料です。

 

 

3.光触媒塗料のデメリット

 

光触媒塗料に限らず、どんな良い塗料にも、やはりデメリットが存在します。

お住まいの外壁塗装を検討しているのなら、デメリットについても知っておくことが大切です。

 

次は、光触媒塗料のデメリットについて順番に説明していきます。

 

3-1.塗料代が高額

 

光触媒塗料は、現在販売されている塗料の中では最高グレードの高品質塗料です。

そのため、外壁塗装を行う場合の費用単価が、2,000~5,000/㎡と高額になります。

 

高額なためなかなか手が出せず、工事に採用を決めかねてしまう。

というのが、デメリットなのかもしれません。

 

しかし、20年外壁を維持できるのであれば、住宅にかけるトータルコストを抑えることが可能です。

長持ちするので、「最終的にコスト削減につながる」ということも、頭に入れていただければと思います。

 

3-2.高い塗装技術が必要

 

光触媒塗料はとても粘度が低い塗料です。

水のようにサラサラしているので塗装時に垂れやすく、外観が悪くなることなどもあるそうです。

 

また、サラサラしているため乾燥にとても時間がかかります。

日差しが出ていて気温が高い日の施工がオススメになります。

 

取り扱いがむずしいので、「光触媒塗料での施工実績」「職人の腕が良い業者」を見極める必要があります。

 

どの業者でも取り扱いは可能なので、知らずに実績があまりよくない業者に依頼してしまう可能性もありますね。

その場合、5年未満で傷んでしまい、再度、塗装工事が必要になるケースもあるので注意です。


 

3-3.全ての箇所に塗装出来る訳ではない

 

光触媒塗料が塗装できない箇所や建材もあります。

 

木や石、漆喰などは、塗料と材質の相性が悪いため、光触媒塗料では塗装できません。

塗装できる塗料については、業者の方々と充分ご相談されてください。

 


 

3-4.屋根用の光触媒塗料がない

 

住宅のリフォームでは、屋根工事と外壁塗装が一緒のタイミングでできることが一番理想的と言われています。

 

理由は、リフォーム工事ごとに必要になる足場にあります。

足場は工事が終了するたびに解体しなくてはいけません。

 

なので、お住まいのリフォームを屋根も外壁もいっぺんにすれば、足場の設置回数が少なくてすみます。

 

しかし、光触媒塗料には外壁用塗料しかなく、屋根専用の光触媒塗料は現在ありません

そのため、光触媒塗料で外壁塗装を行うと、外壁は20年の耐用年数なのに、屋根は12~13年程で寿命が来てしまい、先に屋根のリフォームが必要になったりします。

 

そのときは、屋根塗装費用+足場代が掛かるということですね。

 

なので、光触媒塗料を外壁塗装に採用する場合は、屋根用塗料にも高品質な塗料を使うと良いです。

極力、同じタイミングで塗装工事ができるよう調整することで、タイミングが合えば足場代を抑えることができます。

 

外壁塗装工事と屋根塗装工事の両方に長けた、施工実績のある業者選びも大切になってきますね。

 

3-5.雨や日のあたらない場所では効果が実感できない

 

光触媒塗料の親水性は、雨が当たらない箇所では発揮できません。

汚れが分解できても流してくれる雨水ないと、汚れはそのまま残ってしまいます。

 

ホースなどで外壁に優しく水をかけるときれいに洗い流せます。

手間はかかりますが、確実に汚れを落とす方法です。これが少々のデメリットです。

 

光と雨水で汚れを分解し洗い流すので、日当たりと雨水がかかる場所が使いやすいのかもしれません。

 

3-6.塗膜が硬く、ヒビ割れしやすい

 

住宅に使われている塗料は、塗装することによって塗膜ができます。

塗膜は汚れや水分の侵入を防ぐコーティングの役割を果たしています。

 

その塗膜が硬いと柔軟性がないため、ヒビ割れしやすくなってしまうのですが、光触媒塗料はシリコン塗料よりも塗膜が硬いのでヒビ割れしやすいデメリットがあります。

 

年月が経つと表面に細いヒビが少しずつ入ってしまい、その隙間から雨水が浸水することもあるので注意が必要です。


※外壁のヒビはクラックと言います。もしクラックが発生してしまった場合はメンテナンスが必要です。

クラックについて詳しくまとめた記事も、下記でご覧いただけます↓

「外壁のクラックがもたらす危険性とは!?早期発見の重要性」

 

3-7.色の選択肢が少ない

 

光触媒塗料は色のバリエーションが少ないといわれています。

 

光に反応させるため、反応しやすい白色がベースになっていること。

酸化チタンが多く含まれているため、酸化チタン本来の白が目立つ。

 

といった理由で白っぽい色、もしくは淡い彩色になってしまうのです。

 

濃い色や鮮やかな色にすることはとてもむずかしいのです。

どうしても光触媒にしたいけど濃色が希望という場合は、光触媒コーティングをする方法もあります。

 

ぜひ、信頼のできる業者に相談し、依頼してください。

 

4.光触媒塗料が適していない住宅環境とは

光触媒塗料は様々なメリットがあり注目を集めている塗料です。

ですが、本来の力を発揮するには、それぞれの条件をクリアしていることが前提になります。

 

光触媒塗料に合わない住宅環境もありますので、失敗しないためにもいくつかの例をご覧いただきます。

一つでも当てはまった場合はオススメしないケースです。

 

4-1.外壁材がモルタルの場合

 

モルタル壁はヒビ割れしやすいです。

ヒビ割れに追随できなくて表面にヒビが出て目立ってしまうためオススメできません。

 


 

4-2.前後左右にある住宅との距離が2m以上あるのか

 

近隣の住宅と距離が近いと日光や雨が当たらない場所が多くオススメできません。

 

光触媒塗料は紫外線によって活性酸素を発生させたり、雨水で汚れを落とすので、隣の家との距離が近いと影の部分が多く、塗料に与えられている本来の力が発揮されません。

 

 

4-3.外壁材の劣化がひどい場合

 

外壁材がすでに劣化しているときはオススメできません。

 

これはどの塗料にも共通していえることなのですが、どんなに良い塗料を使っても、外壁材が劣化している状態での塗装工事は、外壁の下は傷んでしまっているため長持ちしません。

 

仮に、下地が剥がれてきてしまった場合には、きれいに塗装した外壁の塗料までボロボロになってしまいます。

それでは、本来の耐久年数にも満たないので、とてもオススメできません。

 

補修してから塗装工事をするのか、ぜひ、業者の方と納得いくまで相談されてください。

 

 

4-4.海などが近くにあり塩害被害を受けてしまう可能性が高い家

 

光触媒塗料は有機物の汚れは落とせますが、無機物の汚れは落とすことが不可能です。

塩害で多い『サビ』は無機物なので、落とすことはできません。

 

光触媒塗料の効果が全くないとはいえないのですが、海の近くなど、塩害の可能性がある場所で採用を考えている場合は、業者の方と充分ご相談されることをオススメします。

 


 

まとめ

 

今回は光触媒塗料について、機能や特徴、メリット・デメリットについて詳しく触れました。

 

セルフクリーニング機能で汚れを洗い落としたり、カビや藻を繁殖させないで、長期間、住宅の外観維持ができたりと、優秀な機能とメリットがある光触媒塗料。

 

しかし、取り扱う職人の技術が大事だったり、高額な費用がかかるなど、揃えるべき条件がきびしく、まだ採用する人がそこまで多くないのが現状です。

 

ですが、もし条件が揃えば、ぜひ、外壁塗装の候補に加えてみてください。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

ガイソー大和店 コンテンツサイト
外壁塗装に関する豆知識等についてご紹介いたします!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから