【知って得する】色の相性と組み合わせ方【外壁塗装】

色と、色の組み合わせは、外壁の色選びではとても重要なものです。

 

一色だときれいでも、別の色と組み合わせると、途端、汚らしい色に見えてしまったり。

逆に、一見、みすぼらしい色に見えても、別の色との組み合わせでは、美しい組み合わせに見えることもあります。

 

特に、外壁塗装は一度塗装してしまうと、およそ10年間はそのままです。

ネイルのように気に入らないからとすぐに塗り直しできない分、色選びは慎重に行う必要があります。

 

色の相性や、色に対するセンスについては、ある程度、理論的な部分でコントロールが可能です。

今回は、「色についての考え方」や知っておきたいポイントをお伝えしていきますね。

 

【目次】

 目次1 色彩理論の基礎

 1-1. 色相について

 1-2. 明度について

 1-3. 彩度について

 目次2 外壁塗装で相性抜群の組み合わせ

  2-1. まとまり配色とは

  2-2. メリハリ配色とは

  2-3. アクセント・セパレーションについて

  2-4. 配色の黄金バランスとは

 目次3 ツートンカラーで相性の良い色は

  3-1. 「同系色」の2色を選ぶ

  3-2.  ベージュと茶色の組み合わせはオススメ  

  3-3.  その他オススメのツートンカラー 

 

色彩理論の基礎

 

色の組み合わせをセンスよく行うには、色の成り立ちの基礎を知る必要があります。

少し「色彩理論」の基礎にも触れてみます。

 

色の種類は大きく分類すると2つになります。

パープルやオレンジなど彩のある「有彩色」がまずひとつ。

もうひとつが、白、黒、グレーなど彩のない「無彩色」と分類されます。

 

有彩色には「色相」「明度」「彩度」という3つの要素があります。

それぞれの要素について、説明していきますね。 

 

1-1 色相について

 

色相とは赤、黄色、青といった色合いの違いを指します。

 

色相の中で似た色同士を隣りにして虹のように配列し、「赤、オレンジ、黄色、みどり、青緑、青、赤紫~」と、段階的に色味を変化させて丸く並べたものを「色相環」といいます。

 

色相環では、向かい合った対面の色同士の組み合わせを「補色」といいます。

たとえば、「オレンジと青」や「黄緑と紫」という、色相環で反対側にある色の組み合わせは補色になります。

 

 

補色の2色は色相差が最も大きいため、お互いの色みを引き立たせる色と言われています。

 

1-2 明度について

 

明度とは色の明るさの度合いを指します。

白に近い明るい色は一般的に「明度が高い」と表現され、黒に近い暗い色ほど「明度が低い」ことになります。

 

パステル系のピンク色やクリーム色は明度が高く、ダークな紺やモスグリーンは明度の低い色です。

白、黒、グレーのモノトーンである無彩色は、明度のみが色の要素になります。

 

1-3 彩度について

 

彩度とは、色の鮮やかさの度合いのことです。

 

はっきりとしたオレンジ色など、華やかで強さを感じる色は「彩度が高い」と表現され、やわらかなベージュなど、ソフトな色落ち着いた色は「彩度が低い」に色なります。

 

白、黒、グレーのモノトーンは無彩色なので彩度はありません。

 

相性抜群な色の組み合わせ

 

色を「配色」で調和させることに触れますね。

配色とは、2つ以上の色を組み合わせることを指しています。

 

上手に色を組み合わせるコツは、「配色のルール」を知っておくことです。

 

配色のルールがわかると、外壁でも「イメージが描きやすく」なります。

同時に、「センスのいい」色使いができるので、目的に合わせた外壁カラーが選べますね。

 

今回の記事では、代表的な配色方法を紹介していきます。

 

2-1 まとまり配色とは

 

似た色同士をまとめる配色方法を「まとまり配色」と呼びます。

色相が近い色、同じ色調(トーン)の色は馴染みがよく、まとまりの良い配色になります。

 

まとまり配色の種類は以下の通りです。

 

■同一色相配色

同じ色相で、明度や彩度を変化させた配色です。

統一感が出やすく、色の持つメッセージ性を最も伝えやすい配色です。

 

■類似色相配色

似通った色相同士を組み合わせる配色です。

少し変化があり、共通性もあるまとまりの良い配色です

 

■同一トーン配色

同じトーンの配色です。

色相が異なっても共通するキーワードでまとまるので、トーンの持つイメージが伝わりやすいです。

 

■類似トーン配色

隣り合うトーン同士を組み合わせた配色です。

少し動きがありつつ、まとまる組み合わせでイメージを大きく変えずに変化を作れます。

 

2-2 メリハリ配色とは

 

メリハリ配色」は、反対の色相の色や、色調(トーン)が異なる色同士の組み合わせです。

まさに、メリハリが効いた配色効果が得られます。

 

メリハリ配色の種類は以下の通りになります。

 

■対象色相配色

色相の差が大きく、異なるイメージの色を配色します。

動きがあり、印象に残りやすい配色です。

 

■補色色相配色

色相環で補色となる2色の配色です。

強い対比効果があり、はっきりとしたコントラストが作れます。

 

■対象トーン配色

色調(トーン)に大きく変化をつける配色です。

明度と彩度が違うので、コントラストが生まれます。

 

対象トーン配色は3通りの方法がありますよ。

  • ①明度に差をつける
  • ②彩度に差をつける
  • ③明度と彩度ともに差をつける

2-3 アクセント・セパレーションについて

 

基本の配色ルールで組み合わせたのに、なぜか上手くまとまらない・・・

そんなとき、助かるカラーテクニックが「アクセントカラー」と「セパレーションカラー」です。

 

それぞれの特徴は以下の通りになります。

 

■アクセントカラー

「まとまり配色」は統一感がある反面、ぼんやりした印象になってしまうこともあります。

そんなときにアクセントカラーを取り入れるとスッキリした配色になります。

 

アクセントカラーは「色相還で元の色の反対にある色を置く」と、配色全体が引き締まってきます。

 

■セパレーションカラー

「メリハリ配色」はコントラストを作り、強い印象を与えてくれます。

ただし、彩度の高い色同士の組み合わせは、色が見にくくなる場合があります。

 

そんなときは強い配色を引き離して中和してくれるセパレートカラーを使い、スッキリ見やすくしましょう。

 

 

2-4 配色の黄金バランスとは

 

「色を組み合わせる」オススメの配分について触れますね。

 

左から順に、ベースカラー:サブカラ―:アクセントカラーになります。

最もバランスのよいカラーコーディネートの配分は、70:25:5と言われています。

 

各色の配分方法は以下の通りです。

  • ①まず、ベースカラーを70%使用します
  • ②次に、ベースカラーと相性のよい「サブカラー」を25%、組み合わせます
  • ③最後に、全体の統一性や引き締め効果をもたらす「アクセントカラー」を5%配置します

 

これで視覚的にも心地よく、バランスのとれた配色が作りやすくなりました。

 

いくつかの色を組み合わせる場合、「バラバラでまとまりがない」「調和してない」と感じたら、色の組み合わせだけでなく、構成色の面積、配置順にも注目してみましょう。

 

面積比を変えるだけでもスッキリ見えやすくなる場合もありますよ。

 

ツートンカラーで相性の良い色は?

最近では、外壁の色を2色(ツートンカラー)に塗る方が増えています。

2色にすると動きが出るので、今までのお住まいの印象とは違った感じで面白い効果が生まれます。

 

ただし、色の組み合わせには、ある程度の「ルール」がある点に注意してください。

 

3-1 「同系色」の2色を選ぶ

 

同系色とは、色相環(赤~黄~緑~青~紫~赤)の中で「隣あっている色」「近い位置にある色」のことを指します。

この概念、外壁の色選びではとっても大事なのです。

3-2 ベージュと茶色の組み合わせはオススメ

 

それぞれ近い位置にある「ベージュ」と「茶色」は同系色になります。

もちろん、白と黒という反対色を使った外壁もあり、コントラストがはっきりして強い印象を与えます。

しかし、まとまりという視点からみると、同系色の壁色を選んだ方が安心できます。

 

外壁塗装の「ベージュ」×「茶色」はおすすめの組み合わせです。

 

3-3 その他オススメのツートンカラー

 

ツートンカラーでオススメな、安定感のある組み合わせにも触れますね。

 

オレンジ×ベージュ

グレー×白

 

グレーベージュ×抹茶色

ツートンカラーについての詳しい記事はこちら

 

まとめ

外壁塗装の要となる「色選び」についてまとめました。

お住まいがセンスよく、いいデザインかは、配色の比率と色選びが肝心なのですね。

 

ほんの少し「色についての考え方」を理解すると、お住まいの外壁カラーを選ぶ際、失敗しにくくなります。

センスある外壁塗装の色選び、ぜひ、参考にしていただけるとうれしいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 ガイソー大和店

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

ガイソー大和店 コンテンツサイト
外壁塗装に関する豆知識等についてご紹介いたします!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
ガイソー大和店は日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから