外装リフォーム豆知識の最近のブログ記事

こんにちは、マルセイテックと申します!!

 

今回は屋根工事において、注目を浴びている『屋根カバー工法』についてご紹介します。

 

屋根工事には主に3種類あり、

『屋根塗装』『屋根葺き替え』ともう一つが『屋根カバー工法』なのです

それぞれ屋根の状態によって適している工事内容は異なり費用も大きく異なります

 

今回は、その中の屋根カバー工法工事についてご紹介いたします。

 

では、屋根カバー工法はどういった工事方法なのか!?

 

屋根カバー工法とは既存の屋根の上に新しい屋根を重ね葺きする工事方法で

『屋根重ね葺き』とも言われております。

 

屋根カバー工法が多くの方に選ばれている理由として、現在新築で多く使用されている

屋根材が『コロニアル』や『カラーベスト』と呼ばれる屋根材です。

 

屋根のカバー工法工事には工事可能な屋根材と工事が出来ない屋根材などの条件があり

コロニアルやカラーベストは屋根カバー工法を行うのに最も適した屋根材なのです。

 

「屋根カバー工法とは」の画像検索結果

 

 

 

新築で多く採用されているコロニアルやカラーベストですがあまり耐久性が高くなく

新築時から10年程度で屋根の塗装工事が必要になってしまいます。

 

基本的には屋根が紫外線や雨風の影響によって劣化してしまい、

塗料の防水効果が無くなり、コケやカビが大量に繁殖してしまう状態で

塗装工事や屋根カバー工法を行う方が最も多いと思いますが、

そうなってしまっている状態で工事せずに放置していると様々な劣化症状が出てきてしまいます。

 

このような症状が出たら屋根リフォームをしよう!

 

①雨漏りしてしまっている

「雨漏り 室内」の画像検索結果

 

②屋根材がたくさん割れてしまっていたり大きくずれてしまっている

「スレート 割れ」の画像検索結果

 

③屋根が色あせてしまっている

 

④築15年以上が経ち、1回も屋根メンテナンスを行っていない

「家 ボロボロイラスト」の画像検索結果


 

⑤金属屋根の場合はサビが目立ってしまっている

「屋根 サビ」の画像検索結果

 

上記のような劣化症状が発生したら屋根工事を行いましょう!

 

ですが、なかなか自分で確認することは出来ないですよね。

雨漏り等の目に見える症状が出て気付く事が多いと思いますが

雨漏りしてしまっているという事は建物に多くの雨水が

入ってしまっている可能性が高く、屋根カバー工法や屋根葺き替え工事だけでは100%改善されることが無く、建物そのもの工事が

必要になってしまう可能性も十分にありますので定期的な

メンテナンスを行う事が必要なのです!

屋根工事の必要性とは!?家を長持ちさせるために・・・

 

 

では、屋根カバー工法のメリット・デメリットとは!?

 

屋根カバー工法のメリット

 

①既存の屋根の上から新しい屋根を乗せるので撤去費や廃材費がかからず

全部を新品に替える屋根葺き替え工事より費用を抑えることが出来る

 

②撤去する事がないので工事日数が短くする事が出来る

 

③既存の屋根材の上から新しい屋根材を被せるので『二重構造』になります。

そのため、雨音等を防ぐ遮音性が高くなる

 

④二重になるので雨漏りの可能性も少なくする事が出来る



 

屋根カバー工法のデメリット

①二重構造になることによって遮音性は上がるが屋根の重さが増えてしまうので

 耐震性が低くなり地震に弱くなってしまう。

 

②カバー工法で施工するにはいくつかの条件があり、瓦等の屋根の場合は出来ない。

 費用は多少高くなってしまうが屋根葺き替え工事の方が良い事が多い

 

③屋根の劣化がひどいとカバー工法がそもそも出来なく、内部補修等の処置が必要になる


 

これらが屋根のカバー工法の様々なメリット・デメリットになります。



 

次に屋根カバー工法が施工できる条件について

 

1.屋根の劣化がひどくない場合

雨水が建物に入ってしまうと建物内部で木が腐食してしまい、

倒壊などの危険性がありますし、内部に水が入ってしまっている状態で屋根カバー工法を行ってしまうと

水が入ってしまっている状態なのに新しい屋根材を被せてしまうと中に入ってしまっている

雨水を閉じ込めてしまい内部で腐食がどんどん進行してしまう事があるのです。

 

なので、雨水が室内に入ってきてしまっている場合は屋根カバー工法ではなく屋根葺き替え工事を検討しましょう!

 

 

 


 

2.元々の屋根の種類によっては施工が難しい

カバー工法の施工ができる条件として、元々の屋根材が平らな必要があります。

 

屋根材によっては多少の凹凸があっても施工が可能な場合はありますが

瓦などの表面が平らではなく、凹凸がある屋根材はそもそも施工が難しいですし

瓦屋根は特に重量があり、その上に新しい屋根材を乗せてしまうと重量が増え

耐震性が無くなり、大型の地震が来てしまうと崩れてしまう

可能性が大幅に増えてしまい危険なのです。

 

もし仮に、瓦屋根にカバー工法を薦めてくる業者がいたら自分の都合であって

全くお客さん思いの業者ではないので断りましょう!

高額な費用をかけて工事してもすぐに劣化症状が出始めてしまいます。



 

以上です。

今回は、屋根のカバー工法工事についてご紹介いたしました。

屋根カバー工法は阪神淡路大震災の時に瓦屋根の多くが倒壊してしまい

瓦屋根ではやはり、耐震性が低く倒壊のリスクが高いので屋根を軽量化しようという

取り組みが進み、採用されることが増えてきているのです。

 

他にも屋根は常に紫外線や雨風等の影響を受けていて劣化が早い箇所でもあるので

定期的な点検を行うことで住宅に掛けるコストを抑える事が出来るのです。

 

コロニアルやカラーベストなどといったスレート屋根の方で大きな傷みが見受けられない

場合には是非、屋根カバー工法工事を検討しましょう!

【屋根工事】いま、大注目の屋根カバー工法工事の特徴とは!?

こちらでも屋根カバー工法工事について更に詳しくご紹介しているので

ご覧下さい!

 

こんにちは、マルセイテックと申します。

数あるたくさんのサイトの中から訪問していただきありがとうございます!!

 

マルセイテックは神奈川の大和市を中心に外壁塗装や屋根工事をメインに活動しております。

 

近年は、異常気象などがとても多く神奈川県内でも傷みが目立ってしまっている

お家が凄くたくさんあるなという印象があります。

ですが、外壁塗装はどの時期に行うのが良いかわからないですよね!


 

実は・・・外壁塗装は時期によって仕上がりが異なるのはご存知ですか・・・!?

一年中塗装工事を行うことは可能ですが仕上がりだけでなく

塗装工期が延びてしまったりすることが多いのです。

 

では、どの時期が塗装工事を行うのに1番適しているでしょうか!?

 

マルセイテックがオススメする塗装工事のベストシーズンについてご紹介します!

 

 

 

~春に行う外壁塗装~

 

「春」の画像検索結果

 

メリット

気温が安定しているので職人の作業性も高い

 

②程よく乾燥していて、塗料の乾きが良い

 

③天気が安定しているので工事が延期になる事が少ない

 

デメリット

①新年度と言いやすく施工が出来ると言ってくる悪徳業者が増える

 

②優良業者もキャンペーンを行っていて業者を決めにくい

 

③梅雨前線によって雨が降ってしまう事がある

 

春は四季の中でも特に塗装が行いやすい季節でしょう。

気温の変化が少なく塗装工事がしやすい気温なので作業性が非常に高いです!

ですが、春は最も忙しい時期とも言えますので工事が始まるまでに時間がかかってしまい結局、

梅雨時期になってしまうという事もあるので事前に業者と話しておくと良いでしょう!

 

~梅雨に行う外壁塗装~

「梅雨」の画像検索結果

 

 

メリット

①工事をする人が少なくスムーズに工事まで進むことが出来る

 

②工事をする人が少ないので費用が普段より安く工事をする事が出来る


 

デメリット

①雨の日が多く、作業が進まないことが多い

 

②雨の影響によって塗料が滲んでしまう事がある

 

一年間で最も塗装工事を避けるべき季節ともいえます。

理由はやはり雨にあり、雨が降ってしまうと塗装工事は出来ません。

 

悪徳業者は問題ないですよ!などと言ってくることもありますが、

雨の日に塗装工事をしてしまうと仕上がりがとても悪くなり、

本来の塗料の耐用年数より前に劣化してしまうのです。。

 

~夏に行う外壁塗装~

「夏」の画像検索結果

 

メリット

①晴れが多いので作業がスムーズに進む

 

②塗料が延びやすく乾きが良いので作業効率が高い


 

デメリット

①気温が高いと長時間屋外での作業になるので職人が過酷になり熱中症等になってしまう

 

②暑いですが窓を開けることは出来ないので、エアコンが必要になり電気代等に影響する。

 

 

③台風やゲリラ豪雨が多く中断しなくてはいけない事がある

 

夏場は気温が高く、30℃以上になることも多いので塗料が良く伸びますし

乾燥がとても速いので他の季節よりも作業効率は高いでしょう!

ですが、その暑さ故に、職人の体力をどんどん奪って行きますので

小まめな水分補給や差し入れをあげると良いですよ!!

 

でも、差し入れとかどうしたら良いのか!?あげるべきなのか?何もしないべきなのか!?職人への配慮についてお困りの方は下記url をクリック↓↓

marusei-tech.com/blog/24

 

~秋に行う外壁塗装~

「秋」の画像検索結果

 

 

メリット

①気温が安定していて空気も乾燥しているので塗装しやすい

 

②雨が少なく、延期になる事が少ない

 

デメリット

①秋も秋雨前線によって台風が発生しやすく、工期が延びてしまう事がある

 

②地域によっては雪が降ることがあるので注意する必要がある。

 

秋の場合はそこまで気温も低くなく、空気も乾燥しているので

作業性も高いですし、塗料が固まるのも速いので塗装工事に適した時期と言えるでしょう!

春とそこまでの差が無いので外壁塗装工事をする方が多く、予約が取れにくくなってしまう

ことも十分に有り得るので事前に時期やタイミングを話しておく必要があります


 

~冬に行う外壁塗装~

「冬「」の画像検索結果

 

 

メリット

①冬はカラッと乾燥しているので湿気が少なく塗料が密着しやすい季節

 

 

 

②窓を全部閉めていても冬のほうが夏よりも快適に過ごせる

 

デメリット

①あまりにも気温が低いと塗装工事が出来ない

 

②寒さで手元が上手く機能せず、塗装ミスに繋がりやすい

 

冬の厄介な所は気温が低いことと雪が降ることです。

気温が低いと塗装工事が出来なくなってしまう場合があったり、

足元が凍結していて転倒、落下の危険性が高いです。

更に、日が短いので作業が可能な時間が限られてしまい工事日数が延びてしまう事も

ありますので、知識として覚えておくと良いでしょう!

 

では、どの時期がオススメなのか!?

マルセイテックがオススメする外壁塗装の時期は「春」「秋」です

春の場合は、梅雨に備えて雨漏り等のリスク回避をする事が出来るので

大きな被害になる前に予防することができます。

夏の場合は、乾燥が速く作業性は非常に高いですが、

職人の体力の消耗が激しいので、作業が進みにくいといった

デメリットもあります。

 

冬の場合は乾燥が速く、乾きやすい利点がありますが

気温が低すぎると塗料の密着性が悪くなり綺麗な仕上がりにならなくなってしまうのです。

更に、外壁塗装を行うベストシーズンについて詳しく知りたい方は

こちらをクリック↓↓

marusei-tech.com/blog/16


 

■-----------------------------------------

大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら

 

株式会社マルセイテックへお任せください!

 

神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F


 

【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】

 

TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235

 

無料相談/ご相談フォームはコチラ

 

■------------------------------------------

 

大和市・座間市・綾瀬市で外壁塗装で行うならマルセイテックへ

 

こんにちは、大和市を中心に神奈川県内全域で住宅の屋根工事・外壁工事を主に行っているマルセイテックと申します。


業者目線ではなくお客様目線を第一に日々活動しております。


現在のリフォーム業界はたくさんの悪徳業者が存在し、大和市内のみならず

神奈川県内でも被害にあってしまったたくさんの住宅を見てきました。

工事内容に見合わない金額での工事、適正方法ではない

施工での工事(手抜き工事)で本来の工事の意味が全くないパターンがすごく多いのです。



これから先、皆様が被害に合わないようにマルセイテックでは携わらせていただいた方

皆様に呼びかけとチラシをお渡ししています!


工事を任せて頂いた以上、長持ちして、新築のような美観の住宅を提供しなくてはいけません。


【当たり前を当たり前に・・・】

 


これからも皆様の大事な住宅のために活動して行きます!


 

 

 

さてさて、今回ご紹介するのは超超超高品質で高耐久性塗料の〔無機塗料〕についてご紹介いたします!

無機塗料とはどのような塗料か!?

 

 


無機塗料のメリット

 

1.塗料の中に無機物が混合されている

無機物というのは生命が作り出すことの出来ない物質の事を言い、ガラスやセラミック、タイルなどが無機物の代表例であります



 

2.不燃性(燃えにくい)

一般的な塗料は石油化合物であるため、燃えやすい特性があります。

無機塗料の場合、主成分が無機成分であるため火に強く燃えにくい塗膜を形成する事が可能なのです。


例えば、火災が発生しても燃え移りにくい延焼防止効果がありますので大きな被害になりにくい特徴があります!

 

 


 

3.柔軟性

無機塗料とは、無機のみで形成されているわけではありません。

 

無機成分は耐久性が高く変化しにくい特徴がありますが

無機物自体は非常に硬質であり、家の外壁用塗料には向いてない!と言われています。


ですが、有機物と無機物の配合により柔軟性のある強い塗膜を形成する事が出来ます。

別名で【ハイブリッド塗料】とも言われています。


無機物を主成分としながら、住宅の外壁に合わせた柔軟性を兼ね備え下地の変化にもしっかりと対応することが出来る優れた塗料なのです!

 

 

4.セルフクリーニング機能

主成分が無機物であるため、親水性のある外壁の表面を創り出す事が出来ます!


親水性とは撥水性能とは全く逆の力であり、

あえて、外壁の表面に水を馴染ませる事で水滴になる事なく水の膜が出来る現象の事を言います!

そのため雨が降り、外壁の表面に雨水が当たる事によって雨水と共に外壁に付着した汚れも一緒に綺麗さっぱり洗い流す事が出来るのです!

 

 


 

5.超高耐候性の塗膜

無機塗料の最大のメリットはやはり、耐候性の高さです。

耐用年数は20年以上


一般的なフッ素塗料も耐候性が高いのでオススメな塗料ですが、

無機塗料は、同じ環境で同じ条件で比較したところ、フッ素樹脂塗料の

光沢の維持率は20%程でした。

一方、無機塗料は同じ条件でも光沢の維持率は約3.5倍の70%にも及ぶと

証明されているのです。


フッ素樹脂塗料も非常に良い塗料ですがそれを遥かに上回る無機塗料は脅威的です・・・笑

 

 


 

6.変色しにくい


無機物が主成分なことによって、そもそも塗膜は劣化しにくいです。

劣化しにくいという事は劣化症状が出にくく劣化症状のひとつでもある変色が

しにくい特徴が有ります!

何年経っても色あせず、綺麗な見た目の住宅を維持することが出来るのは非常に嬉しいですよね!

 

 


 

7.仕上がりの光沢感

個人差は当然あると思いますので、どちらが良いという事ではありませんが、

無機塗料の仕上がりには光沢感があります。

ツヤあり・ツヤ無しなどと表現されていますが,

無機塗料にはツヤあり塗料しかありません。

仕上がりに光沢感があるのが好み!と言う方には適している無機塗料ですが

少しテカテカしている仕上がりを好まない方にはあまり好まれ無いかもしれません。

 

ですが、無機塗料にはツヤありよりツヤ感を抑えた5分ツヤ仕上げや3分ツヤ仕上げなど

光沢感を抑えることも可能なので選択肢があるという面では嬉しいパターンですよね!

 

 


 

ここまで、たくさんのメリットをご紹介してきましたがもちろん無機塗料にも

デメリットも存在します。

なんでもそうですが良い所・悪い所どちらもしっかりと理解して初めて採用しよう!!

と思えるのでデメリットもしっかりと把握しておけば良い部分しか言ってこないで

契約させようとする悪徳業者の被害にあう可能性も大幅に低くなりますよ!


 

 

デメリット

 

1.塗装に掛かる工事費用が他の塗料よりも高い

無機塗料は耐用年数が長く、様々な機能性などのメリットがたくさんある分、

一般的な有機物が主成分の塗料と比較すると塗装費用は高額です。

無機塗料は、現段階ではそこまで一般的に馴染みも無く、

新しい塗料のため普及率が少ないので取り扱い金額が高いという背景もあります

 


 

2.低汚染性能は条件によって発揮されない!?

低汚染性機能がいくら高くても雨水が外壁に当たらない限りは汚れが溜まっても

流してくれる水が無ければ効果は発揮されず、せっかくの長所は全く活かされません。

対策としては、あなた自身で水をかけてあげることで綺麗にすることは可能ですが

自分でやらなきゃいけないので手間が掛かってしまうデメリットがあるのです

 

 


 

3.一般的な塗料よりもひび割れはしやすい

メリットで柔軟性があり、ひび割れしにくいとお伝えしましたが

他の主成分が有機物の塗料と比較するとややひび割れしやすいのがデメリットです。

ひび割れしてしまうと外壁の表面にクラック(ひび割れ)ができてしまい

見た目が悪くなってしまうのです、、、


 

以上が無機塗料のメリット・デメリットです。

ですが、販売しているメーカーによって性能にも多少の誤差はありますので

事前に採用する塗料を調べ業者にもメリット・デメリットを聞いてみましょう!


 

無機塗料以外にも、現在の塗料はたくさんの開発によってより良い塗料がたくさん販売されています!

長持ちさせるのはもちろんの事、付加効果のある塗料もたくさんありますのであなたの要望に合わせた塗料を選び住宅の資産価値を最大限に高めましょう!

「塗料によって異なる性能とは!?様々な付加効果」についてはこちら←←

 

 

 

マルセイテックがオススメする無機塗料ご紹介コーナー!!!!!!



-ガイソーウォール無機シリコン


ガイソーウォール無機シリコン塗料は無機ポリマーを主体と

しているので無機成分の特性の燃えにくい不燃性や超低汚染性を

最大限に発揮することが出来ます。


更に紫外線エネルギーによって無機ポリマーの分子間結合力が

塗膜の劣化を防ぐことが出来る事によって優れた耐候性を示します。


また、有機成分を配合することによって柔軟性を発揮し、更にひび割れに強いと膜を形成します。

 

『水性塗料』『ハイブリッド化』の特徴によって環境にも優しく

耐候性のある優れた無機塗料と言うことになるのです!



 

 



 

-ガイソーウォール無機フッ素


最も耐候性に優れているフッ素樹脂塗料と無機成分との最強合体によって誕生した

超超高品質塗料が『ガイソーウォール無機フッ素』です!


超万能型塗料で燃えにくい不燃性・汚れにくい超低汚染性、親水性・カビやコケの繁殖を防ぐ防カビ・防藻性・あらゆる動きに合わせて対応することが出来る柔軟性

超長持ちする耐候性を兼ね備えた高品質塗料なのです


更に一般的なフッ素塗料を超える『4フッ化フッ素』塗料です


違いとしては、従来のフッ素は『3フッ化フッ素』と呼ばれていて

違いは分子構造にあり、3フッ化フッ素は塩素を含んでいました。


塩素は紫外線によってすぐに駄目になってしまい劣化させてしまう原因のひとつなのです


一方、4フッ化フッ素は塩素を一切含まず、変わりにフッ素が更に含まれているのです

フッ素は紫外線に強く影響を受けにくい特徴があるのです。


そのため、高い耐候性を発揮し塗装することで家そのものを保護してくれるのです!





最後までお付き合いありがとうございました!

 

 

 

■-----------------------------------------

大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 

 

こんにちは、大和市を拠点にショールームを展開し大和市・座間市・綾瀬市・海老名市をメインに外装工事(屋根工事・外壁工事)を主に行っている外装工事専門店のマルセイテックです。

 

マルセイテックでは地域に根強くたくさんのお客様の大事な住宅工事に携わらせて頂いています!


 

さてさて、今回ご紹介するのは外壁の仕上がりを決める光沢感について!!

 

塗料の光沢感には大きく分けると2種類あり、ツヤありとツヤ無しに分けることが出来ますが

更に、細かく分けると

・ツヤあり

・7分ツヤ

・5分ツヤ

・3分ツヤ

・ツヤ無し

に分けることが出来ます!



 

これは仕上がりの光沢感の反射率によって決まります!

 

ツヤありに近いほど光沢が増し、ツヤツヤの仕上がりになるのです。

 

逆にツヤなしの場合は塗料にツヤ消し剤を混ぜるので耐久性が劣ってしまうのです!

 

水野邸 外壁 アフター (5).jpg※3分ツヤで仕上げたお客様の外壁の様子






 

では、ツヤあり塗料とツヤ無し塗料のメリット・デメリットはあるのでしょうか!?

ツヤあり塗料のメリット

①光沢が有る

ツヤありに近いほど仕上がりに光沢があり、新築、新築以上の光沢感を演出する事が出来るのです

 

仕上がりにツヤが欲しい方にはツヤあり塗料か7分ツヤ塗料をオススメしています!

 

②耐久性が高い

ツヤ無し塗料には、ツヤ消しが入ってしまうので、耐久性が衰えてしまうのです!

 

せっかく外壁塗を行うのであれば少しで綺麗に、綺麗な塗料で塗装したいですよね


 

ツヤあり塗料に近いほど塗料の耐久性が増すため

 

ツヤ有り塗料のデメリット

 

①光沢が長持ちしない

 

塗装当時はツヤが有り、ピカピカで新築のような仕上がりになりますが

月日が経つごとに徐々に光沢感は消えていってしまいます。

 

少し、寂しいですよね・・


 

②周囲の環境に合わないことがある

5分ツヤくらいであれば、そこまでですが

7分ツヤ、ツヤ有りで塗装をすると凄くツヤツヤの仕上がりになるので

凄く目立ってしまいます!

 

それが嫌だ!と言う方には少し嫌な光沢感かもしれないですね、、、



 

ツヤ無し塗料のメリット

 

①高級感がある

ツヤツヤな仕上がりになるのが嫌だ!という方にはもってこいです!!

 

ツヤ感が無ければ落ち着いた雰囲気で高級感があるのでそういった仕上がりが

良い人にはオススメしています!


 

②周囲に溶け込むことが出来る

先ほどにもありましたが、塗装しても特に目立つことも無いですが綺麗な仕上がりに

なります!!

ですので、目立つことが嫌なあなたには適しているのではないでしょうか!?




 

ツヤ無し塗料のデメリット

 

①ツヤあり塗料よりも耐久性が劣る

ツヤ消し剤を混ぜてツヤ無し塗料にする場合は、他の塗料よりも

耐久性が劣ってしまいます。

 

なので、長持ちさせることを1番に考えるのであればあまりオススメはしていません


 

②塗装した雰囲気が出ない

塗装工事をすれば塗装しました!!と多少でもツヤ感があれば感じることが出来るのですが、ツヤ消し塗料の場合は感じることも無く、きれいになったかな!?というような

仕上がりになってしまいます。

 

というように、それぞれには良い所も悪い所もあるのです!


 

結果としてツヤ有りとツヤ無しどちらが良いのか!?

 

ツヤ有り塗装かツヤ無し塗装を選択するのはあなた次第です!!笑

 

どちらが良いも悪いも特にはありませんが、業者としてオススメするのは

ツヤ有り仕上げです!

 

理由としては、ツヤがありツヤ無し塗装よりも耐久性は優れているので

新築の頃のような気持ちでいることが可能なのです。

 

ツヤツヤすぎるのが嫌だ!!と言う方もいらっしゃると思いますので

そういった方には3分ツヤや5分ツヤがオススメです!

 

ツヤツヤ過ぎず、程よい光沢感で綺麗な仕上がりになるからです!

 

綺麗な光沢感で美しいし仕上がりの家を取り戻しましょう!

 

 

 

 

■-----------------------------------------

大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市中央7-16-27YNビル 1F
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 

 

 

 

 
 
大和市の外壁塗装や屋根修理のご依頼なら、外壁診断士による建物診断を受けれるマルセイテックへ。
 
header_logo.jpg
 
外壁診断士の資格免許を提示の上で、正しい建物の状況を説明致します。
数多くあるリフォーム会社、どの会社の担当の言葉を信じたらいいのかわからない、といった声をよく聞きます。
 
ほとんどの場合は、ネットなどで拾えるリフォーム業界に従事していれば当たり前の上部情報を話、外壁のひび割れクラックやチョーキング現象、サイディング壁の継ぎ目の目地シーリングの劣化を指摘し、放置が危険だとか、水を吸ってしまっているとかの説明をしているようです。
 
その情報に決して嘘はないのですが、本来専門家が話すべき内容とは、もっと深化した部分であってほしいものです。
 
例えば、そもそも何でひび割れクラックが起きているのか?
 
何でチョーキング現象が起きるのか?
 
サイディング継ぎ目のシーリングは何故劣化するのか?
 
これらの現象を解決するには、起きていることの原因を理解しなければなりません。
それを知り、根元からの解決方法を知ることで、正しい施工方法や材料の選択ができるのです。
 
外壁診断士資格は、受験要件に実務経験7年以上が必須であり、なおかつ資格試験をクリアした者のみが資格保持者となれる、まさにお家の外壁オタクと言えるのではないでしょうか。
よって、全ての種類の外壁、構造上の部分から熟知していたりします。
 
だからこそ、外壁を1番長くもたせる方法を知っているのです。
 
外壁が劣化すれば一言に外壁塗装が必要と全ての業者が口を揃えて言うでしょう。
 
そうなんです。
それは当たってます。
 
しかし、重要なのはどんな塗料を使うのか?
どんな下地処理を行うのか?
だったりします。
 
外壁塗装の塗料は、フッ素塗料をベースで考えていただいていいかと思います。
 
現在は有数のトップ塗料メーカーによる研究開発のおかげで、昔ほど高額なものではなくなっており、ちゃんとした業者には、割と安価で入荷されています。
つまり、しっかり企業努力をしお家の耐用年数を考えている業者はフッ素塗料を標準価格で使えてたりするのです。
 
今だにシリコン塗料を強気な見積り金額で推す業者をたくさん見ますが、それは企業努力が足りていない、本当に良いものをお客様に届けようとしていないのだと感じてしまいます。
現に日本で1番紫外線の強い沖縄の美ら海水族館などにもしっかりフッ素塗料が塗られており、その他公共建物にも結構な確率でフッ素塗料を使っています。
それだけ、耐久性が高いのです。
 
フッ素塗料の提案を標準仕様で提供できない業者は少し気をつけた方がいいかもしれません。
 
また、外壁塗装で1番重要なのは実は高圧洗浄だったりします。
外壁の洗浄がしっかりできていないと、その上に乗る塗料がしっかりくっつかないんです。
 
汚れがひどい物の上にシールを貼ってもすぐとれてしまいますよね?
 
塗料も結局外壁の上から被せて塗るものなので、外壁洗浄をしっかりやってあげないとくっつかないんです。
ましてや、外壁の汚れにはカビやコケ、藻といった生物系の根強い汚れが付着しているので、せっかく上から綺麗な塗料を塗っても中から汚れが繁殖し、塗装剥がれなどを起こしてしまうのです。
 
10年耐用年数の塗料を塗っても外壁洗浄を怠ると5年でダメになってしまうとも言われているほど大事な作業の1つです。
しかし、生物系の汚れはなかなか手強く、高圧洗浄をかけても人間の目では見えないレベルで外壁の根元に生き残ります。
 
お風呂場のカビの繁殖とかがこの例てす。
困ったものです。
 
そこで開発されたのがバイオ洗浄。
オススメは、パワークリーナー。
普通の業者用高圧洗浄機の中に、このパワークリーナーを混ぜ込みます。
 
外壁の汚れは瞬く間に根元から綺麗になるんです。
綺麗サッパリした外壁の上に下地材を塗り、中塗り、上塗りをして初めて正しい外壁塗装になるわけです。
10年もつはずが7年でダメになってしまったり、酷ければ5年で、、、
というのはこういった正しい施工方法がされていなかった可能性が高いですね。
 
こういった事を的確に判断し、説明してくれるのが外壁診断士。
外壁診断士4名在中の相談見積り無料、マルセイテックですので、神奈川県大和市のかたは是非当社を活用ください。
ショールームにおいでになって、実際に屋根材やが外壁材を見て手で触って感じることができますので、お家のための長持ちさせるリフォームを是非体感して下さい!
 
 
 
 

神奈川県大和市・座間市・綾瀬市を中心に、外壁塗装・屋根塗装等を専門に行っておりますマルセイテックです。

 

今回は、塗装工事の際に行う養生作業について詳しくお話させて頂きます。

養生作業と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、養生作業とは、

窓やサッシ、植物などに塗料がつかないようにビニールやテープで覆う作業のことを言います。

塗装工事において養生作業は仕上がりを左右する重要な工程なので、その必要性と役割をキチンと理解しておきましょう。

 

養生2.jpg

養生の対象部分とは

雨樋などを同時に塗装しないなら、その部分が養生の対象になります。養生作業を丁寧にやっておくと塗装工事の仕上がりが

格段に変わりますので塗装作業を行う側からすると、この養生作業は手を抜けない重要な作業となります。 

 

様々な場所への養生

養生には塗装前の下準備だけでなく、塗装工事中に屋根や外構のタイルなど塗装工事に必要となる部分を守る役割があります。

作業するスタッフの 靴の裏に砂などが付着している場合を想定して、施行中の出入りの際に生じる小キズを防ぐためです。

なお、床面に養生する場合は、目的別に養生 素材を変更します。

お施主様に塗装工事の進捗を確認していただく際に通る所は滑り止めが付いた素材で養生作業を行います。

養生シートを使い分 けて塗装工事現場を適切で安全な場所にするために養生する素材にも実は種類があるのです。

養生3.jpg

作業の安全性も確保

塗装現場を安全に保つために行う養生作業がもう一つあります。

足場は金属性のパイプや板で出来ているので、足場の出っ張りや角など出入りする スタッフ等の
体に接触する可能性がある箇所を養生しておくことです。

安全な現場でこそスタッフも良い仕事ができるので、現場の管理は塗装の出来栄えに
大きく関わってきます。

養生の注意点

養生作業をする上で一番気を使うのが外部機器の養生です。

外部機器とはエアコンの室外機・エコキュート、ボイラーなどが含まれます。もちろん植栽も対象となります。

この外部機器の周辺も当然のごとく、塗装箇所となりますので養生作業を行います。

植栽は飛散した塗料や洗浄液が付着したことで枯れ たり、弱ったりする可能性があるので注意が必要です。

またエアコンの室外機は使用していない時期なら問題ありませんが、養生が施されいる時に
エア コンを使用されてしまうと…空気を循環させることができず、エアコンの故障に繋がります。

なお、ボイラーやエコキュート等にも同じことが言えます。

養生4.jpg

養生作業というと難しい言葉のように思えますが、その意味はマスキングと同等です。

現場の安全、外部機器の保護、塗装の出来栄えに直結する大変重要な作業となります。

みなさんも塗装工事をされた場合は、塗装スタッフの職人技だけではなく、
養生作業の出来についても興味を持っていただけると、外装リフォームの完成まで進行状況を楽しく見守っていただけると思います。

 

 

 

 

■------------------------------------------

 
大和市・座間市・綾瀬市エリアで外壁塗装を行うなら
 
外装工事専門の株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

神奈川県大和市・座間市・綾瀬市を中心に、外壁塗装・屋根塗装をメインに行っている外装リフォーム専門のマルセイテックです。

 

今回は、外壁塗装リフォームを成功させるために肝心な下地をどう良い状態に整えるか。

という内容のお話をさせて頂きます。

リフォームをお考えの方には是非読んで頂きたい内容です。

ローラー.jpg

下地の種類も見積書や提案書、契約書に書いてあるのでは?と思われがちですが、一般的に外壁塗装を依頼した会社からは、

外壁塗装で使用する上塗り塗料の情報しか記載してない場合が多いのが実状です。

通常、下塗り塗料はお住まいのダメージ状況に合わせ施工する職人が選定します。

普段はあまり気にしない下塗り塗料ですが、どういった種類があるのかを知っておく事で、賢い外壁塗装リフォームが実現できますよ!

 

下塗り材の種類と役目

外壁塗装で使用する下塗り塗料は、

大きく分けてシーラー系・フィーラー系、プライマー系の3種類に分類されます。

それぞれ外壁のダメージ状況により使用する下塗り塗料は使い分けが必要となりますが、

基本的に下塗り材の役目は、上塗り塗料を塗りやすい状態にすることなのです。

具体的には上塗り塗料と現状の外壁との密着性向上や、

上塗り塗料がムラにならないようにダメージをカバーしキレイな下地の状態を作ることです。

 

シーラー系

シーラー系の下塗り塗料は現状の外壁と上塗り塗料との密着力を向上させる用途で使用します。

密着力が上がれば、塗膜が剥がれにくくなりますので塗装塗膜の耐久性に繋がります。

他にも塗料が現状の外壁材に吸い込まれていく割合を均一にすることで、

塗装ムラを防止する役目も担っています。

外装リフォーム前の外壁にヒビや目立った汚れが無い場合は、

一般的にはシーラー系の下塗り塗料を使用して施工します。

 

フィーラー系

フィーラー系は主に現状の外壁の面調整のために使用されます。

塗装前の外壁材にヒビや段、巣穴などがあればそれを埋め、平滑にします。

上塗り塗料での仕上げに適した状態を作るために使用しますので、

クラック等による傷みが激しい外壁材には、

補修効果もあるフィーラー系の下塗り材が活躍します。

 

プライマー系

シーラー系と大きな役割の差はありませんが、あえて言うならばプライマー金属素材の塗装をする場合に使用します。

基本的な役割は上塗り塗料と現状の下地との密着性を高めるために使用します。

金属に使用する下塗り塗料ですからプライマーにさび止め効果が入っているものもあります。

kann.jpg

このように、一言に外壁の下塗り塗料と言っても、

外壁の素材や状態によって上塗り塗料と適合するものを使い分ける必要があります。

塗料と現状の外壁との密着性が向上すると塗装塗膜の耐久性、

耐候性にも繋がりますので使用する下塗り材にも興味を持っておきたいものです。

もちろん信頼できる職人さんの現場での目が外装リフォーム成功のカギになります。

まずは、安心して外装リフォームを任せられる会社に依頼することが必須ですね。

 

 

■------------------------------------------

 
大和市・座間市・綾瀬市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

神奈川県大和市・座間市を中心に外壁塗装・屋根塗装をメインに行っいる外装リフォーム専門店のマルセイテックです。

今回は塗料の性質についてお話したいと思います。

遮熱.jpg

外装リフォームをやる!と決めてからリフォームが完成するまでの期間は、
平均して約半年くらいと言われています。


通常なら2~3社から相見積もりを取り検討するのですが、
たくさんのプランを提出してもらうほど、何が自分にとって良い選択なのか
分からなくなってくる…。というお声を聞くこともあります。

外壁・屋根の塗装リフォームは使用する塗料の性質によっても完成度が変わります。
契約の前には塗料の性質について知っておきましょう。

 

塗料にもとめるものとは

外壁・屋根塗装プランは、お住まいの外壁の劣化状況によって使用できる商品が変わります。


最近ではアクリル塗料プラン、シリコン塗料プラン、フッ素塗料プランなどのフレーズを広告等で見かけますが、
聞いただけではこれらの塗料にどのような性能があるのか分かりませんよね。

そして、その他にも使用する塗料に遮熱効果を添加するかどうか。


など一言に外壁・屋根塗装と言っても決めることがたくさんあります。


『もういいや。遮熱効果つけといてください。』と投げやりになりそうですが、

今一度きちんと塗料の持つ遮熱効果について考えてみましょう。 

 

紛らわしい遮熱塗料と断熱塗料

太陽.jpg

外壁・屋根塗料には断熱塗料と呼ばれるものと遮熱塗料と呼ばれるものがあります。

断熱塗料とはその名の通り熱の伝導を防ぐ作用がある塗料のこと。

遮熱塗料は熱を反射させる効果をもつ塗料のことです。

この場合の熱というのは、太陽からの熱のことです。簡単に言うと、『日差し』の熱です。

太陽から受ける熱で外壁・屋根の表面温度が上がれば、外壁・屋根を伝って
熱が家の内部に伝導しますので、結果として室内の温度に影響を及ぼすことがあります。

要するに、室内温度が外気の温度に影響されにくいほど、冬は温かく、夏は涼しいということなのです。

似たような言葉ですが、この2つは、そもそも効果発揮の仕組みが違う塗料なのです。 

遮熱効果はあった方がいいの?有るか無いかで言ったら、なんとなく遮熱効果はあった方がいいのでは?

というのが人間の心境ですが、市場に出回る塗料すべてに遮熱効果を添加できるわけではありません。

それは取扱いメーカーの設定によるところが大きいのですが、わざわざ遮熱効果が
塗料によって有ったり無かったりするのはそれ相応の理由があるからです。

 

その理由は…
①耐候性が若干低くなる可能性がある
②遮熱無しの塗料と遮熱ありの塗料は色味が若干違うように見える場合がある

この現象は塗料メーカーによって解釈の差がありますが遮熱成分を添加すると
塗料中のバランスが変わるので若干ですが耐候性や色味に影響があると言われています。
明らかに成分や見た目が変わるわけではありませんが、遮熱塗料にはこういったことが起こる可能性がある。

遮熱塗料の効果を効率よく引き出すには?

実は遮熱塗料の効果は外壁・屋根の色に大きく左右されます。

みなさんは、理科で白色の紙と黒色の紙に虫眼鏡で集めた太陽の光を照らし、
それぞれの暖かさの変化を見る。という実験をした思い出はありませんか?

ご存知の通り、黒い紙は白い紙よりも太陽の光を受けて短時間で暖まりましたよね。

実は、外壁・屋根にもこれと同じことが起きているのです。

そうです!
お察しの通り…

『黒い屋根・外壁はカッコいいけれど、暖まりやすい!』ということです。

白色は汚れが目立ちそうという理由で、アイボリーやベージュを選ばれる方も多いですが、
遮熱塗料の効果を発揮させるならやはり白色が1番良い結果が得られます。

そして白色に近い淡い色ほど、濃い色よりも遮熱効果を得られます。

 

外壁塗装リフォームをする場合は塗料の性質を理解し、塗料の遮熱性能についてもよく検討・確認した上でプランを決定しましょう。

塗装カラーは淡い色であるほど遮熱効果が発揮できます!!

お住まいにどの効果を一番求めるのかを考え、完成イメージをしっかり描いておくと、外装リフォームのプラン決定で迷うことが少なくなるのです!

 

 

 

 

■------------------------------------------

 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

神奈川県大和市・座間市を中心に外壁塗装・屋根塗装を行っておりますマルセイテックです。

突然ですが、『我が家の外壁はサイディングボードです。』という皆様、

サイディングボードの隙間はメンテナンスされていますか?

この質問を読んで『隙間をメンテナンス??何のことだか・・・』と疑問に思った方はご一読ください。

今回は外壁のメンテナンスに欠かせないコーキング部分について説明させていただきます。

 

隙間のメンテナスとは??

 

sukima.jpg

外壁材にはたくさんの種類があります。当然、施工方法も外壁材によって変わるのですが「外壁材と外壁材の継ぎ目」

や「窓廻り」などには、多くの場合『隙間を埋める建材』が使われています。

の建材はコーキング材とかシーリング材などと呼ばれるもので(本来、厳密にはコーキングとシーリングは同義語ではありませんが、

同じ意味合いの言葉として多用されていますのでここでは同じ意味として表現します。)

 

外壁内部への雨水の侵入を防ぎ、外壁を守る役割を果たしています。

このコーキング(シーリング)部分が劣化し、外壁内部に雨水が侵入してしまうと外壁の劣化スピードが加速しますのでコーキング(シーリング)部分、いわゆる『隙間』のメンテナンスはお住まいを守る上で必要不可欠なメンテナンスポイントとなります。

 

コーキング部分のメンテナンスサイクル

一般的に、コーキング材(シーリング材)の寿命は5年~8年ほどと言われています。

しかし、この寿命は本当に住宅にとって適切な年数なのでしょうか?

最近ではたくさんの高耐久塗料があり、

外壁塗装リフォームを行う場合は多くの方が10年以上の期待耐候年数を見込んで塗料を選ぶ傾向にあります。

そうなると、外壁塗料の耐候性が10年以上であるにもかかわらず、外壁材と密着するコーキング材(シーリング材)

の寿命が10年未満でも良いのでしょうか?

そうです。問うまでもなく、良いわけがありません。当然、

外壁塗料と同等の耐候年数を持つコーキング材で施工することが適切な選択と言えるでしょう。

 

長期耐久型ハイクオリティコーキング(シーリング)材

コーキング材(シーリング材)の劣化原因は外壁のムーブメントや紫外線による外的要因
など様々です。本来、コーキング(シーリング)材にはゴムのような柔軟性を発揮するために可塑剤という成分が含まれています。

しかし、この可塑剤は経年とともにコーキング(シーリング)材の成分から流出してしまいます。

可塑剤が流出したコーキング(シーリング)部は柔軟性が失われ、

硬化してしまいますので繰り返されるムーブメントや紫外線などの刺激でダメージを受け、徐々に劣化が促進されていきます。

そこでオススメなのが可塑剤を使用しない長期耐久型のコーキング(シーリング)材です。


その中でも特殊LSポリマー配合で可塑剤を使っていないAUTON EXCEED(オートン イクシード)

は期待耐候年数30年を実現した費用対効果の高い建材と言えます。

 

オートンイクシードの底力

コーキング(シーリング)材の劣化症状の1つであるチョーキング現象。

紫外線によりコーキング(シーリング)の成分が分解され、

手で触ると白い粉状のものが付着するという現象です。

ですが、特殊LSポリマー配合のオートン イクシードであれば性質が安定しているため耐候性が高く、

長期間柔らかさを維持し、お住まいの美観を長く保つことができます。

 

オートン イクシードは日々繰り返される外壁のムーブメントと同等の動きを再現する試験において30年を想定した繰り返し試験を突破する耐久力を持ち合わせています。

加えて、シーリング材を機械で引っ張り破壊されるまでの伸び率を測定する試験においては15年分のダメージを与えた後でも物性保持率90%以上を維持という結果が出ています。

一般的なシーリング材では30%程度にまで劣化してしまうため、物性保持率の比較試験結果においても圧倒的な性能が証明されています。

 

コーキング材(シーリング材)の寿命が延びるということは、外装リフォームのサイクルを延ばすことにも繋がります。

高耐久塗料よりも寿命の短いコーキング(シーリング)材を使用した場合は外壁のメンテナンスサイクルよりも、

コーキング(シーリング)部分のメンテナンスサイクルを先に迎えることになりますから5年~8年周期で外装リフォームを検討することになってしまいますよね。

ですから、外装リフォームの際はオートン イクシードのような長期耐久型のコーキング材(シーリング材)を選ぶことが、外装リフォーム成功の需要なポイントです。

 

 

 

■------------------------------------------

 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

神奈川県大和市・座間市・綾瀬市を中心に、外壁塗装・屋根塗装を行っておりますマルセイテックです!

今回は、外壁のチョーキング現象についてお話したいと思います。

サイディングやモルタルの外壁は、新築後7~8年ほどでチョーキング現象と呼ばれる劣化のサインが出てきます。

チョーキング現象が何なのかが分からずに外壁メンテナンスのタイミングを逃すと、

後々手間も費用もかかることになります。

 

チョーキング現象のチョークとはその名の通り黒板で使用するチョークのことです。

最近では、学校での授業もホワイトボードとマジックで行われますが、

お住まいをご購入されて10年くらいの世代なら、まだまだ黒板とチョークとご説明するとイメージが湧きますよね。

 

外壁の劣化のサインであるチョーキング現象とは、

『外壁を触った時に手にチョークの粉のようものが付く』というものです。
チョーキング.jpg


もしも、お住まいにこのような症状が出ているのであれば、

それは外壁からの劣化のサインですので外壁塗装などの処置が必要となります。

チョーキング現象の仕組み

もしも、お住まいにそのような症状が出ているのであれば、
それは外壁からの劣化のサインですので外壁塗装などの処置が必要となります。

外壁は太陽からの紫外線や気温の変化、風雨から住まいを守る役割を果たしています。

その過酷な環境下では、時間の流れに伴い外壁が劣化してしまうのも仕方の無いこと。

チョーキング現象とは、外壁に塗装された塗膜の表面が劣化して粉状になってしまうことを言います。

外壁の塗装塗膜が劣化してくると防水性や耐候性が落ちますので、

適切なタイミングで再塗装などの処置をしないと外壁のダメージが加速してしまいます。

チョーキング現象は外壁の劣化現象の中でも初期症状に含まれますので手間と費用を惜しむなら、

チョーキング現象が発生した段階で早めに対処することが賢明です。

劣化が進んでしまうと外壁塗装では対処できない事もありますので、

結果的に外壁の修理に手間と時間、そして大きな費用が必要となってきます。

外壁のチョーキングげ現象と汚れの違い

外壁を触ってみると白っぽい粉状のものが付くけど、これってただの汚れ?それともチョーキング現象?

という疑問を持っていらっしゃる方も多いと思います。

確かに外壁は常に風雨に晒されていますので汚れも付着します。

しかし、お住まいが築10年ほどで、最近外観が色あせてきたな…

という自覚症状がおありなら、それは間違いなくチョーキング現象です。

もちろん外壁の劣化のサインはチョーキング現象だけでなく、

汚れが原因となるケースもあります。

しかし汚れの場合は、黒っぽい汚れ(黒カビ)だったり、

多湿の気候であるがゆえに発生した藻だったりというケースが多数なので、

『白っぽい粉状の汚れ』というのは基本的にあり得ません。

汚れとチョーキング現象を見定めて、適切な対処をしましょう。

 

 

cyo-kinngu1.jpg

cyo-kinngu2.jpg

チョーキング現象を放置するとどうなる?

チョーキング現象は塗装の塗膜劣化のサインですが、劣化が進むと外壁が太陽の紫外線や
風雨の影響などのダメージを受けやすい状態になります。
外壁がダメージを受けると剥がれや浮き、酷いときは基材にまで影響が及ぶ場合もあります。
特に怖いのは防水性が損なわれることです。外壁が雨水を吸収してしまうと、
籠った湿気がお住まいの構造体へもダメージを与えてしまいます。
そうなると、お住まいの外壁を丸ごと剥がしてもう一度張り直す。という大規模工事が必要となります。
ですから外壁のメンテナンスはダメージが浅いうちに対処!というのが鉄則です。
チョーキング現象は劣化の初期症状だからと侮ってはいけないのです。

 

築10年以上、もしくは最近外観の色あせが気になってきたら、お住まいの外壁を手で触ってみましょう。
触ったときに白い粉状のものが手に付着したならば、
それは外壁の塗膜が劣化しているサイン『チョーキング現象』です。

外壁が雨水を吸収するようになると、住まいの構造体にまでダメージを及ぼす可能性がありますから、
チョーキング現象が発生したときは早めの対処を心掛けてください。

おかしいな?当てはまるかも?少しでもご不安な点がございましたら大和市・座間市中心に屋根・

外壁等をメインとした外装リフォーム専門店マルセイテックにご相談下さい!!

 

 

■------------------------------------------

 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

みなさんのお住まいにとって無くてはならない部分はどこですか?という質問を受けたらみなさんはどうお答えになりますか?


毎日使うトイレでしょうか?お風呂やキッチンも必要不可欠でしょうし、家族が集まるリビングだって重要ですよね。


しかし、住まいにとって無くてはならない部分となると少し意味合いが変わります。


実は、この質問の場合の正解は『屋根』なのです。屋根が無いとどうなるかは・・・


みなさんの想像通りです。大変なことになりますね。


今回はそんな住まいの最重要部分の『屋根』リフォームに使用する建材についてお伝えしたいと思います。 

屋根イラスト.jpg

一般的な屋根リフォーム手段

一言に屋根リフォームといってもいろいろな方法があります。

現在の屋根の状態や使われている屋根材によっても方法は変わりますが、

それなりのコストと工期がかかるのは皆さんもご存知かと思います。

屋根のダメージ状況によっても選べる方法が限られてきますので、

日頃から屋根の状態をチェックしておくとリフォー

ム時に迷うことなくプランを選ぶことができます。

 

屋根塗装と屋根カバーの違いとは?

外壁もそうですが、屋根も当然塗装できる屋根と塗装できない屋根があるので、

まずはお住まいの屋根の状態を把握しましょう。

当然のことながら瓦屋根には屋根塗装はできません。

屋根塗装はスレート屋根、コロニアル、金属の折板が対象となります。

それでは屋根塗装と屋根カバーの違いを確認してみましょう。

 

屋根塗装なら・・・

①価格が安く、なおかつ現在の屋根への重量負担がほぼ無い

②塗料のラインナップが多いので予算や機能面での選択肢が多い

③好きなカラーに変更できるので、住まいのイメージをマイナーチェンジできる

 

屋根カバーなら・・・

①屋根塗装よりも期待耐候年数が高い

②現在のダメージが深刻で塗装出来ない場合でも、屋根リフォームができる

③屋根カバーの建材の種類が豊富で、屋根自体のイメージを刷新できる

 

屋根の状態によっても選べるリフォーム手段が変わってきますので、

気になる方は、大和市・座間市を中心に地域密着で対応している

外装リフォーム専門のマルセイテックで診断致します!!

屋根塗装.jpg屋根カバー.jpg

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

雨漏りの原因は、ひとつだけではありません。

屋根や外壁等の破損部分や隙間、ベランダ、窓まわりなどから住宅の内部に

雨水が侵入する雨漏りは住宅に深刻な被害をもたらします。

雨水が内部に浸入してしまうと、住宅の天井や柱・梁、壁の内 部を汚染していき、

そこからカビが発生・腐食し、補修には大きな費用がかかります。

 

yane_injuer.jpg

知っておこう!

※健康にも影響を及ぼします。

雨漏りは家の寿命を縮めるだけでなく、放置するとカビが発生し やすくなります。

カビは人体にとって悪影響を与える存在です。

アレルギーや呼吸器系などの病気を引き起こす原因にもなります。

 

※雨漏りの二次被害

雨漏りが原因で家が腐食するとシロアリの住み家となります。

構造的に重要な部分がシロアリの被害を受けると、

地震など万一の 時の建物の倒壊にもつながりかねないので要注意です。

早め早め の対応が大切なのです。

image-7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルセイテックは、地域密着の外壁塗装リフォーム専門店として大和市、座間市を中心に屋根や外壁を

長年にわたって見て参りました。

雨漏りの原因発見はとても難しく、建築知識とは別の専門的な知識が必要です。

雨漏りの改修工事 はお家の構造を理解していないとできない難しい工事なのです。

そのため、

「補修工事をしたのにまだ雨漏りする」

「補修工事をしたら余計に雨漏りするようになった」

などの話をよく耳にします。

残念な事ですが、雨漏りは簡単に治せるものではないのです。

マルセイテックでは、 そのような事が起きないように様々な角度から仮説を立て、

雨の侵入経路を特定し、 原因を見極め、補修工事をしております。

雨漏り診断は外装リフォームのプロのマルセイテックへお任せください!

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

外壁リフォームで一番多い相談の№1はコレです!!

 

「飛び込みの業者がモニターで格安で工事してくれると言うのだけれども。」

 

これは、国民生活センターや消費者センターなどで一番クレームの多い、いわゆる

モニター商法なるものです!

彼らは、一般の人が工事価格の相場を知らないことをいいことに、他社と比較検討

する暇を与えません。

見積をして、その日のうちに家に上がりこみ、即断即決をするまで帰りません。

延々と、「モニターだからかなり得です」「今しか出せない条件です」

「明日ではこの金額ではお出しできません」とまくしたて、

ついには根負けさせてしまうのです。

後日確認すると、相場よりも100万位高く契約させられてる事などざらに

あります。

過去の経験では、私が段取りすると250万で工事できる金属サイディング工事も、

最高で800万で工事されたお客様がいらっしゃいました。

私はそんな時、実際の相場の話などはせずに「最高の材料でいい工事をされたのですね。

良かったですね。」と励まして帰っていきます。

 

悪徳業者.png

他にも・・・

他に、「今、近くの現場で工事しているので足場代をタダにします」と言うケース。

タダになる訳がありません!!見積書の上ではタダにしていても、

他の部分にその金額が乗っかっているだけです。

このご時世に他人の為にタダで足場を組みにくる特異な人間などいるはずがありません。

恵まれない人の為や環境へのボランティアならば、十分な意義を感じますが、

営業マンが言う「○○がタダになる」は、「他で上乗せされてしまうかも」

と疑って見るべきです。

重要なのは、正直で正義のある「売り方」かどうかを見極めることです!

即決はNG

この人たちは、本当に突然来ます。当然準備も何もしていないこちらは、詳しそうな人にあれこれ言われたら“そうなのか”と鵜呑みにしてしまいます。まずはあなたが対応したような「訪問販売リフォーム」業界の現状がどれだけのものか?即決がどれだけ危険か?ということから下記グラフにて確認してみましょう。

訪問販売相談グラフ.jpg

それぞれの確認事項を押さえ工事をなされば外壁リフォームでの失敗や後悔はなくなります。大切な工事資金を使われるわけですから、是非成功させてくださいね。

※過去に訪問販売会社で施工され数年で雨漏れが発生してしまう事例も御座います。

過去に施工された方・現在施工をご検討されている方・住宅でお困りの方、まずはお気軽にご相談下さい。

大和市・座間市を中心に地域密着のマルセイテックが責任を持って対応させて頂きます。

 

 

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 
外壁塗装リフォームではどのような塗料を選ぶか悩むと思いますが、
 
色選びも悩むところであると思います。
 
外壁塗装のカラーバリエーションは数多くあるので、
 
どれがいいのか考えれば考えるほどわからなくなってしまいますよね。
 
また、一度塗ると10年ほど塗り替えることはないでしょうから、
 
納得できない色になっては大変です。
 
そこで、今回は外壁塗装における色選びについてご紹介します。
 
まず、色を選ぶ時に注意してもらいたい点が2つあります。
色選びの成功術.jpg

1つは、色の面積効果です。

色の面積効果とは、同じ色であっても面積の小さいカラーサンプルと
 
面積の大きい外壁とでは見え方が異なることをいいます。
 
これは、人間の目の錯覚です。
 
この効果が働くと、明るい色の場合は面積が広いところでは、
 
より明るく見えます。
 
逆に、暗い色の場合は面積が広いところでは、より暗く落ち着いて見えるのです。
 
ですから、希望する色が明るい色なのか暗い色なのかを見極めて、
 
面積を大きくするとどう変化するかを予想することが大事です。
 
マルセイテックではプロのカラーコーディネーター監修の配色デザインソフト、
 
カラーエクスプレスを導入しており、施主様に必ずご満足頂ける、配色デザインプランをご提案します!
 
イメージしやすいと、施主様にも大変好評です。
カラー2.jpg
カラー.jpg
 

二つ目のは注意点は、光源色です。

色は室内の蛍光灯の下と外に出て太陽光線の下で見る色とは、全く見え方が異なります。
 
しかし、外壁を見るのは太陽の下なので、外壁や屋根の色を決める場合、
 
最終的に屋外で実際にどのような色になるのか面積効果も含めて予測することが必要です。
 
以上が注意すべき点ですが、他にも色を選ぶポイントがあります。
 
それは、家の周りの環境を見て周囲の住宅の色と同調させるのか、
 
目立たせるのかを事前に決めておくことです。
 
そして、黒や白、原色などのはっきりとした色よりも落ち着いた色がおすすめです。
 
なぜなら、はっきりとした色は汚れが目立ちやすく色褪せや変色がしやすいからです。
 
弊社では、スタッフ全員がカラーシュミレーション用のiPad を持っていますので、
 
施主様と一緒に色を見て、考えて失敗のないカラー選びをしていきます!!
 
大和、座間、綾瀬の外壁塗装で評判マルセイテックヘお任せあれ!!
色鉛筆家.jpg

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 
先日、座間市のA様邸の 外壁、屋根塗装の見積もりを提出した数日後、
 
他社との見積内容の違いが判らないとの事なので説明に伺いました。
 
各業者が提示した見積り内容は 仕様・金額など それぞれ違って当たり前の事なのですが、
 
見積り面積に大きな違いがあった事に疑問を持たれていたようでした。
 
相手の業者の見積もりは 「付帯塗装 一式価格」 で、数量 ・ 塗り回数
 
その他具体的な明示が無いようでした。
 
屋根面積の数量の違いは どうすればそんな数量になるのか図面を再度計測したら、
 
相手の業者は 図面の立面から屋根面積を出したようで、屋根勾配を見ていない数量でした。・・・
 
こう言った事はたまにある事ですが、まるで素人です。
 
相手の見積もりは 平米数は弊社よりも少なく見積もっていたのにも関わらず、
 
弊社と比べm2単価は全体的に高く、全て、「付帯塗装一式」 に含まれているかの内容で、
 
付帯塗装を軽視し過ぎているとしか言えない内容でした。
見積.png

より正確な面積を算出する為に

マルセイテックでは、より正確な面積でのお見積りを作成する為に、
 
建物の図面画像・写真からスピーディに面積・距離を算出することができる面積算出システム、
 
計測エクスプレスというソフトを導入しております。
 
面積が違えば、必要な塗料の量も違います。
 
もし面積を少なく見積もってしまい、もし用意した塗料が足らなければ、
 
必要以上に薄く塗ったり、水やシンナーで薄めたり、
 
追加料金を要求されたりする事も少なくはありません。
 
もし面積を多く見積もってしまったら、その時点で(悪意はなくとも)
 
高値見積りでお客様に不利益を与えてしまうわけです。
 
そんな事態を避けるために、なるべく正確な数字を出す必要があるわけです。
 
過去数年来、この住宅街で施工させていただいた数件の経年実績などの評判、
 
口コミから、A様は弊社での施工を考えているとお返事頂きましたが、施工時期が2か月程先だと言う事なので、
 
「時間があるので他でも見積りを取られて十分ご納得の末にご注文ください。」 とお伝えしました。
 
弊社では お客様からのご要望がない限り 「契約書」 と言う約束事を行っていません。
 
したがって 「クーリングオフ」 なる言葉も遠くの言葉です。
 
そして、相見積は当たり前と思っていますので、
 
当然 意図的な数量上乗せも無意味な事と思っています。
 
b_keisoku.png
beforeafter_kei.png
■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 
なぜ、外壁の塗り替えをしなくてはいけないか!
答えはズバリ!美観と素材保護(防水)の2つです!!
 
1、美観
新築したころは・・・家族の想いがたっぷりつまったピカピカの新築のマイホーム!
 
10年も経つと・・・紫外線で色あせたり、汚れや傷みなども出てきて、すっかり大切な家を大事にしなくなったり・・・
 
塗り替えると・・・新築の様に色鮮やかでピカピカに!!色を変えてイメージチェンジする事も出来ます。 家への愛情も復活!!
住宅.jpg
 
2、素材保護
美観はもちろん重要ですが、塗替えにはもっと重要な目的があります。
それは、防水機能の復元です!強烈な紫外線や、水分、地震、台風の揺動、酸性雨、大気汚染など、
絶えず攻められていても逃げ場がないのが建物です。
新築してからずっと家を守っていくわけですから、
やがて屋根のズレや外壁のヒビ割れ、鉄部のサビ、
木部の腐りなどの傷みが出ますし、放置すれば建物内部への雨水がどんどん浸入し、
構造部分の老朽化を促進していくからです。
 

外壁の塗り替えをするにあたっての考え方!

家を傷める原因
 
№1 雨水&湿気
№2 紫外線
№3 雪
№4 地震や台風
 
 
★考え方1
日本の家の寿命は、なんと30年と言われています。
このまま手入れをしないで30年後、ご自宅を建て直ししますか?
それとも、外壁の塗替えをしてご自宅を長持ちさせますか?
 
 
★考え方2
あなたは今のこの家に、この先後何年お住まいになられますか?
 
日本人の平均寿命
男性 80歳  女性 86歳
※住まいは最低でも50年維持する必用があります。
 
 
住まいを30歳でお建てになられたならば、
理想は、生涯健康で今のお住まいに長く住みたい
ですよね??
その為には、塗替えをして住まいを長持ちさせる
必用があります。
 
 
大和・座間を中心とし地域密着でお客様第一主義がマルセイテックのモットーです。
施工を行う際はもちろん、施主様へ対応する際も「もし自分がお客様の立場だったなら」
を念頭に置き、行動しています。
十人十色といいますように家も十軒あれば十通りの工事があります。
なにがお客様のお家にとってベストなのかを意識し責任をもって提案致します。
ご不安なことがございましたら是非マルセイテックへご相談下さい!!
 
早めのお手入れが、家を長持ちさせる基本です!!
 
images.jpg

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

毎日、何気なく目にしている自宅の外壁ですが

意外にも家を一周しっかり見ることなどほとんど無いものですよね。

久しぶりに見てみると、いつの間にか傷んでいたという事も良くあります。

ここでは、誰にでも見て分かる外壁の傷みのシグナルになる症状を紹介します。

 

あなたの家でも次の症状が出ていないか確認してみましょう!!

外壁塗装時に良くある傷みの症状

1、クラック(ひび割れ)

はじめは、ヘアーラックといって髪の毛ほどの細かいひび割れが発生してきますが、

放置しておくと太くなり、壁内に水が廻るほどになっていきます。

窓の廻りや建物の隅から発生しやすい。

 

2、退色

色あせのことです。外壁の塗装は、紫外線劣化により年々白っぽく色あせていきます。

同時に塗膜の防水が切れていることになります。

濃い色ほど退色しやすいと言われています。

 

3、外壁材の浮き・反り

窯業系のサイディングやパネルボードなどは吸水性があるので、

塗膜の防水が切れてくると水を吸ったり乾燥したりを繰り返しているうちに

浮き上がり反ってきます。

ひどくなるとボード自体が割れだしてきます。

 

4、チョーキング

外壁を触ると手に白い粉がつく現象をいいます。

退色と同じく紫外線劣化により塗膜が粉を吹いてきます。

チョーキングが起きてくると光沢も大きく損なわれ防水性も失われる為、

カビ汚れなどによる汚染も進みます。

 

5、カビの発生

青カビ・黒カビ・赤カビなど色々なカビの種類がありますが、

塗膜の防水性が失われてくると雨水などを含み常に湿っている状態になります。

よくあるケースとして、緑色や黒色のカビが発生します。

これが外壁の傷みに繋がります。

 

6、爆裂

寒冷地に多い凍害の症状です。

窯業系の外壁材は冬期に吸い込んだ雨水が内部で凍結を起し、

素材自体を犯してしまいます。

外壁がボロボロに剥がれ落ちてくる状態を指します。

窯業系の外壁材は、爆裂の症状が出てくると再塗装は難しく、

金属サイディング貼り工事などの検討が必要になります。

 

7、サビによる腐食

金属系外壁材は、サビによる腐食に注意が必要です。

真っ赤に錆びてくると再塗装しても素材を犯しているのでキレイには仕上がりません。

赤サビの前段階の白サビの段階でサビ落しをした後再塗装する事をお勧めします。

 

8、コーキングの劣化

サイディングボードは、目地やつなぎ合わせ部分がコーキングにより処理されています。

このコーキングは早いものでは5年くらいで収縮し、

隙間が出てきます。

劣化が始まれば雨漏りに繋がりますので、隙間が出てきたらコーキングの打ち替えが必要です。

外壁塗装 時期③.jpg

いかがですか??

上記のような傷みは出ていなかったですか?

見方が分からないとか、見ても判断の仕方が分からないという方も多いかもしれません。

外壁は、傷んでしまってからでは無駄に大きな工事費用がかかってしまいます。

人間の体と一緒で、病気になってから対処するのではなく「予防」という考え方が重要です。

ひどくなってからの対処療法になる前に、大事なお家にも健康診断が必要なのです。

マルセイテックでは、自分では判断できないし、

何かあってからでは心配だから点検だけでもしてもらいたい!

というお客様も多くいらっしゃいますの。相談はもちろん、

点検やお見積作成も無料でさせて頂いております。

点検して問題なければ安心してお住まいになられますし、

あと何年後位にお手入れをすれば安全なのかの目安も分かります!!

不安があれば、是非お気軽に弊社へご相談下さいませ!!!

 

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

塗装時期の目安.jpg

外壁塗装って何年くらいで塗替えするといいの?

何年で塗装(お手入れ)すればベストか!

結論から申し上げると、ズバリ傷む前です。

外壁はお客様の大切な家を守るため、風雨にさらされ、

年々劣化が進んでいます。

外壁の表面には塗装が施されていますが、

重要なのはその塗膜の防水性です。

塗膜の防水性が失われてくると、

外壁自体が雨水などにより湿気を吸収して傷んできます。

傷みが進行してしまうと塗替えではなく、

外壁自体の張替えなど大掛かりなリフォームが必要となりますので、

本来外壁のお手入れは傷む前に行うのが望ましいのです。

しかし、外壁と言っても様々な集類があります。

新築時にどんな外壁の仕上げをされたのかによりその性能も異なります。

最近は、高耐久な外壁材も登場していますが、

今外壁リフォームをお考えの方であれば、

ほとんどの場合10年以内で塗膜の防水性は切れてしまいますので、

遅くても10年というイメージをもってお考え頂ければ間違いありません。

 

外壁の種類について

外壁リフォーム、特に外壁の塗装を考える上で重要なことは、ご自信の家の外壁素材

の種類について知ることです。

外壁に使用されている外壁材の種類は大きく分けて7つあります。

1、モルタル壁(塗装目安8~10年)

2、窯業系サイディングボード・石膏とセメント等を固めたボード(塗装目安7~8年)

3、窯業系サイディングボード・木質チップ等の含有のあるもの(塗装目安8~10年)

4.トタン壁・普通の板金の物やガルバリュウム鋼板など錆びにくいトタンも有(塗装目安10~15年)

5、金属系サイディングボード・スチールヤアルミなどの金属鋼板(塗装目安10~15年)

6、ALCボード・エアーライトコンクリートの壁やビルに良く使われる(塗装目安10~15年)

7、コンクリート壁・最も強固だが湿度の高い地域での採用は少ない(塗装目安15~20年)

それぞれに良し悪しがあり、その上に塗装をする塗料にも向き不向きが必ずあります。

しかし、残念なことにどんな外壁にも定番の同じ塗料で塗装している業者が多いようです。

また、ただ塗装するだけではなく、傷みが出ていればそれに合わせた補修や修理も必要になります。

ご自身の家の外壁にあった工事をする為に、壁の種類を確認することも重要です。

模型 塗装.jpg

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

早めのお手入れが家を長持ちさせる基本です!

 

外壁の特徴について

外壁の素材により様々な特徴があります。
代表的な外壁の素材についてご紹介します。

神奈川県大和市のマルセイテックでは、外壁の特徴や塗料の種類を考慮し
皆様のお住まいに最適な施工を行います。

外壁塗装でお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

大和市のみならず、綾瀬や座間といった周辺地域も施工エリアですので
ご連絡をいただければ最短でお伺いさせていただきます!

 

モルタル壁

塗装目安:6-10年

砂とセメントを水で希釈し混ぜ合わせコテで塗りつけた外壁材。
自他時のラス網という金網に盛り付けるため強度が強い。
防火性にも強く信頼性は高いが、防水が切れると傷みは早くなる。
最近の新築での採用は少ない。

よく起こるトラブル
・モルタルの剥離
・クラック(ひび割れ)
・浮き
・褪色
・カビによる汚染

 

窯業系サイディングボード

塗装目安:7-8年

縦や横に貼り合わせる外壁材。表面の仕上げはタイル調や
レンガ模様になっていて、一見塗装の必要性は無いように
考えがちだが石膏やセメントを混ぜ合わせて作られている為に
強度は高いが防水が切れると劣化が早い。
住宅で一番多い外壁材。
 

よく起こるトラブル
・目地コーキングの割れ
・ボードの反り
・割れ
・触ると手に白い粉が着く
・爆裂
・褪色

 

 

窯業系パネルボード

塗装目安:8-10年
 
パネル状の外壁材。目地と呼ばれるつなぎ目のコーキングが少ないため傷みは少ない。
素材は石膏とセメントを混ぜ合わせたものが多い為強度は高いが、水を吸い続けると弱い。
木質のチップなどが含有するものは耐久性も高い。
 
よく起こるトラブル
・ボードの反り
・割れ
・爆裂
・褪色
 
 
 
 

トタン壁

塗装目安:10-15年
 
金属素材のサイディングボード。金属素材なので防水性は抜群。
美観や断熱性の問題を気にしなければ耐久性は長い外壁材。
広い地域で昔からよく使われている。
 
よく起こるトラブル
・白サビや赤サビなどによる腐食
・風による浮き
・褪色
 
 
 
 

金属系サイディングボード

塗装目安:10-15年
 
金属銅版の裏側に断熱材がついており、それが強度を補っている。
スチール系やアルミ系など種類はいくつかあるが軽くて耐久年数が長い。手入れが少ない外壁材。
 
よく起こるトラブル
・スチール素材の場合はサビや褪色が起こる
・アルミ素材は柔らかいので注意
 
 
 

ALCボード

塗装目安:10-15年
 
コンクリートを軽石のように作り、軽量化された外壁材。
強度は非常に強いが長期間放置しておくと凍害により内部からボロボロになる。
手入れが遅くなると再塗装は不可。
 
よく起こるトラブル
・爆裂
・褪色
・クラック(ひび割れ)
 
 
 
 
 

コンクリート壁

塗装目安:15-20年
 
最も強度は強いが古い建物だと水が内部に廻って専門的な改修が必要になる。
 
よく起こるトラブル
・内部鉄筋の爆裂
・爆裂
・クラック(ひび割れ)
 

 

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

年間1000棟を超える定期点検はマルセイテックの自慢

定期的に住宅無料点検を実施している当社は、今では年間1000棟を超えるお住まいに関わることになっております。

そこで沢山のお声を頂戴する事が出来るのですが、問題となっているのが下記パンフレットにも書いてある訪問販売による悪質な工事の押売です。
 
全ての業者が悪質ではありませんが、あまりにもお客様目線、または住宅目線では無い、その場限りのやっつけ施工が目立つのです。

塗装工事は特に、下地段階での細かな見えないところの一手間が耐用年数を伸ばします。

安かろう、悪かろう。

とゆう言葉もありますが、今なら安くするよ、といった押し売りに流されてしまい、結果5年ももたない施工をされてしまっております。

まさに本末転倒とはこんな事ではないでしょうか。
020 (2).jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

大和市/座間市/綾瀬市で完全地域密着無料点検

 
 
屋根での作業は転落の可能性もありますから、基本的にはプロフェッショナルの領分です。
 
ガルバリウム銅板の屋根滑りやすいので、特に危険です。
 
屋根を長持ちさせたいのであれば、マルセイテックのような熟練の職人の集まる業者に定期的な点検を依頼することです
 
屋根の材質によって耐用年数は変わってきますが、屋根の材質がわからない方は、10年経ったら1度点検した方が良いでしょう。
 
マルセイテックのお客様には定期的な点検を無料でやらせていただいております。
 
 

悪い業者と良い業者の見分け方を知ろう!

業者が見積の内容を詳しく説明できているか、ちゃんとお客様が納得するまで付き合っているかというのも大事なポイントです。

​少し鋭い質問をすると答えに困る姿を見せる業者も希にいるようです。

​例えば「ケラバ板金はどこですか?」とか「水切りはどれですか?」にしどろもどろになるようであれば完全アウトです。

​できるだけ屋根知識を身につけて置くだけで、業者の対応が変わる、なんてこともありそうです。

 

​屋根から雨漏りがしても、雨漏りが始まったと思うだけかもしれませんが、部屋の中に水が染み込んできたということは、雨漏りが始まって相当の時間が

​経過しているということです。

例えばガルバリウム屋根であれば、板金屋根→防水シート→野地板→プラスターボード→ビニールクロスのすべてを水が通過しないと雨漏りと認識されないのです。

それでも早い段階で工事をすれば軽傷で済む場合もありますが、放置していると内壁・外壁を壊して柱を入れ替えたりしなければならなくなります。

簡単にチェック出来る方法としては、外に出て、軒天部分を見てみてください。

軒天に染みができていると、水が侵入している可能性が高いです!

 

 

災害③.jpg

 

※写真は日本瓦の棟からの雨漏りが発生していた時のものです

早くから雨漏りに気付き、棟の積み直しをしていれば、ここまで大きな被害にはなりませんでした。

 

点検の重要性

病気と同じで、早期発見、早期治療が一番大事です!

屋根に限らず、工事では見えない所こそ重要です。

見た目をよくすることは誰にでもできますが、家を最大限に長く使えるようにする施工はきちんとした業者を選ばなくてはなりません。

建築材は劣化するので、いつかは水が入ります。

本当の屋根職人であれば、その水をどのように逃がすかまで考えて施工できます。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

家族を守る大切な家。

何回も建て直すことが難しいからこそ、リフォームによる補強が必要です。
御満足いただける価格はもちろんのこと、しっかりと先々を考えたリフォームを御提供するために
マルセイテックは知識と技術を磨き、専門店ならではの質の向上へと取り組んで行きます。

チラシ①.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルセイテックだからできる!安心価格での見積無料!

太く、長く、美しく、100%お客様目線の施工会社!
傷んだ外壁を塗装でカバーするには、的確な材料や施工技術が必要です。
きちんとした診断と詳しい現地調査をするマルセイテックでは診断・調査結果をお客様目線で詳しく説明し、ご納得いただけるまでは工事に取り掛かりません。
松・竹・梅の塗料説明は勿論のこと、メーカー各種との付き合いがあるので、対応出来ない住宅が無いのです。
塗料業界を知り尽くしたマルセイテックが、責任を持ってお客様の住宅に合う施工をいたします。お客様との信頼関係がより良い施工に繋がり、施主様にご満足頂ける仕上がりに繋がるのだと強く思っております。

塗装工事のご相談はもちろん、住まいに関するお困りごとについても全て解決のお手伝いをいたします。
お客様に安心ご満足いただくため、塗装工事の施工技術が確かであることはもちろんですが、お客様やご近所の皆様へのマナーにも気を配っております。
当社の職人は、たとえお客様からは見えない部分だとしても、手を抜くことなく施工し、プライドを持って仕事に臨んでおります。
塗装工事をご検討いただく場合、まずはお客様のご要望をお伺いいたします。
その後、実際に現状調査を行った上でお見積りをご提出させていただきます。その際施工後のイメージをして頂きやすくする為の外壁塗装後のカラーシュミレーション等もお見せいたします。(iPadでイメージ画を簡単にご覧いただけます)現状調査やお見積りの際、ご不明・疑問に感じたことなどがございましたら、すべて丁寧にご説明をさせていただきます。
大切なお住まいのメンテナンスやリフォームなどは、是非マルセイテックへお任せください。

 

 

 

業者選びに絶対に失敗しないで下さい|施工技術と人間性

7.jpg

リフォーム工事の中でも、外壁リフォームに失敗する人が増えています。
「品質の悪い工事だったために、外壁がすぐに劣化してしまった」
「必要も無い工事のために何百万もお金をかけてしまった」
などという話はほんの一部。沢山の失敗談を年中耳にします。
あなたのご近所でも営業マンの押しの強さに負け、外壁リフォームを依頼したら欠陥工事だった、という経験談を聞いたことはありませんか?
業界にいると分かるのですが、これらは一部の悪質な業者などに見られる典型的なパターンです。
見た目は良くても、これではせっかくの工事資金はもちろん、大切な家が台無しです。
また、悪質な業者の被害にあった善良な人達は事を荒立てずに泣き寝入りしてる人がほとんどです。
なぜこのような問題は後を絶たないのでしょうか。
それは、一般消費者に正しい情報がほとんど届いていないからです。
業者は必要の無いことや,これを言うと自分にとって不利になるようなことは消費者に話しません。
私たち工事に携わる者が、または施工現場の第一線で働いている者が正しい情報を届けなければ、外壁リフォームで後悔する人は後を絶たないでしょう。
私は以前「悪質リフォームなどそんなにあるものじゃないよ」と高をくくっていました。ところが最近、悪質リフォーム業者によるひどい施工物件の修理や高圧的な訪問販売業者の営業マンからしつこいセールスを受け困っている人などの相談を受けていると、同じ工事関係者として他人事とは思えなくなりました。
「安心して暮らしたい」「いい家に住みたい」
これは誰もが願うことです。
一部の利益をむさぼる悪質な業者のために善良な市民が騙されたり損をするようなことは絶対に許せません。
これからお話する内容には、工事の営業のプロやリフォーム会社が口を閉ざし、秘密にしていたことがふんだんに盛り込まれています。
この外壁リフォームのノウハウを知ったあなたは眼からうろこが落ち、外壁リフォームと、その際必要な業者選びに対する不安が解消されることでしょう。
私の住む大切な地元の多くの方々のお役に立てればさいわいです。

 

 

屋根・外壁リフォームで失敗する人、成功する人

屋根・外壁のリフォームは家を所有している方なら必ず考えます。

新築後7年から10年くらい経過すると、外壁にひび割れや汚れが目立ち始め、塗料の劣化から手で触ると白い粉がついたりするようになります。

そんな時期になると、呼んでもいないのに外壁の訪問販売業者が突然営業目的で頻繁に訪ねてくるようになります。

外壁は外から見るだけですぐに「やり頃」や「狙い目」が分かるために、どうしても業者の訪問が増えてきてしまうものです。

しかしながら、実際に劣化も始まっており、大切な家だけに「そろそろ塗り替えしようか」という思いが大きく膨らんでくることも事実です。

そして実現に向けて家族会議が始まり、とりあえず本屋に行って情報を集めよう、ホームページや折込チラシを見て比較検討しようかと話が動き始めます。

こうやって一歩一歩、業者選びの階段を上がっていくことになるのです。

屋根・外壁をリフォームするということは、家そのものを守る、あるいは見た目が新築のように生まれ変わり、気分一新できるはずなのですが、「屋根・外壁工事をしよう!」

と決断した時から様々な悩みや問題が立ちはだかります。

 

例えばこんなことです

1. どんな業者に頼むか?

​2. 塗装にするか?サイディングにするか?葺替えるか?

​3. いくら必要で、その工事資金をどうするか?

​4. 欠陥工事になり失敗したらどうしよう?

 

 

渡邉 心2.jpg

契約前の問題をなんとかクリアして、工事が始まると「手抜きされていないか?」とか「契約時の内容と違う」などこんなはずじゃなかった、あんなはずじゃなかったという数々の不安が再び頭の中をよぎります。

本当にこの業者に頼んで良かったのか、本当はもっと安く工事できたのではないか、という思いが大きく膨らみ疑心暗鬼になったりします。

また、こんな声もよく聞きます。

担当の営業マンが契約までは愛想よくペコペコしていたのに契約が終わったとたん冷たくなったとか、何か頼むと「それは別途工事で追加契約になります」と、手のひらを返すように態度が変わったとか・・・。

 

いったいどうゆうこと?

 

そして夫婦の会話までもがトゲトゲしくなり、「あなたがよく調べずに決めたからよ」「お前こそあの営業マンのことを気に入ってたじゃないか」とお決まりのコースに陥ります。

あなたはそうなる前に、是非考えてください。

なぜ外装リフォームに失敗する人が多いのか?

どうしたら外装リフォームに成功するのか、その境界線はどこにあるのかと。

 

​それを考え、知ってもらうために、我々マルセイテックは営業のプロもリフォーム会社も決して話さない業界のタブーとされていた裏話を全てお話します。

​あまり話すぎて、営業車に10円パンチされるかもしれません。

​しかしそんな事は気にしません。

​大和市を中心に神奈川県エリア・東京都エリアで「屋根・外壁工事で後悔する人が一人でも少なくなること」願いを使命に変えて、邁進致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のブログ記事では「当社の外壁塗装、屋根修正・屋根塗装、太陽光発電の設置」について、簡単にご紹介したいと思います。外壁や屋根の塗り替えを適切なタイミングで行うことで、住宅全体の美観を保つだけでなく建物全体の劣化を防ぐことができるため、とても重要です!
 
 
 

大和市エリアで外壁塗装や屋根修理の料金や見積もりに関することなら当社へご相談を!

神奈川県大和市を中心に当社では施工を行っております。
「外壁の塗装や屋根の修理に関するお悩み」を持つ方は、ぜひマルセイテックをご利用ください。
外壁塗装・屋根修理の見積もりや料金の相談などしっかりと対応いたします。 
 
屋根の葺き替えや補修をはじめ、雨樋工事、経年劣化による外壁塗装工事、屋内の内装工事など幅広く行っておりますので、お気軽に相談ください!
 
「高品質な仕上がり」はもちろん万全のアフターサービス・追加保証・メンテナンスにも対応しており、安心してお客様にご利用頂けます。 
 
 
 

大和市で外壁や屋根修理、太陽光発電を設置する相場が気になる方へ

屋根修理・外壁の塗り替えとともに、太陽光発電を実現するシステムの設置をお考えの方も一度マルセイテックまでご連絡ください。自家発電した電気はご自宅で有効に使えるだけでなく、余った電気を電力会社へ売電することも可能です。
 
大和市近隣地域で太陽光発電をご検討される方は、設置にかかる費用の相場について等、お気軽に相談ください!
現在お住いの住宅の立地を調査した上で、「具体的な売電の仕組み・システム」をご説明させていただきます。 
 
 
gaiheki yamato1.jpg
 
 
 

外壁・屋根の修理は最適なタイミングで行いましょう!

日々生活をする大切な住宅を長く快適に保つためには、必要なタイミングで屋根修理と外壁の塗り替えを行うことが大切です。外壁の場合は表面の汚れやひび割れ、色あせで比較的把握をすることがしやすいのですが、屋根の状態を見ることは普段あまりないでしょう。
 
気付かないうちに屋根が大きく破損していた…」「外観からは分からなかったけど、最近雨が降ると雨漏りするようになっていた!」というトラブルを未然に防ぐためにも、定期的なメンテナンスを適切に行いましょう!
 
 
 
〇屋根修理を考えるタイミングはいくつかあります。 
 
まず1つ目は、使用されている屋根材を取り扱うメーカーが推奨しているメンテナンス時期に合わせることです。
屋根の変化は各住宅の環境によって異なりますが、一度そのタイミングで点検することをおすすめします。 
 
2つ目は、外観の劣化が気になる場合です。
亀裂や破損といった劣化は見た目にも大きな影響を与え、屋根の塗装が剥げると防水性が低下して雨漏りなどのトラブルに繋がる恐れもあります。傷や塗装が剥がれたからといってすぐに雨漏りになることは少ないですが、気になる場合は一度屋根修理のプロへ見てもらい、修理が必要かどうかを相談することがおすすめです! 
 
そして3つ目は、すでにトラブルが発生している場合です。
住宅の天井に雨染みや雨漏りが発生しているなら、すぐに屋根修理を専門業者へと依頼しましょう。 
マルセイテックの主な施工対応エリアは神奈川県の大和市・綾瀬市・座間市を中心に相模原市・藤沢市・町田市などですが、その他エリア以外も対応しておりますのでぜひご相談ください。
 
 
 

外壁塗装前の無料診断もお気軽にどうぞ

外壁塗装前の無料外壁診断屋根診断も行っています。
 
外部の劣化は見分けやすいですが、なかなか外部の劣化を把握することは難しく、長く劣化した状態で放置してしまうと外壁・屋根だけでなく住宅全体の劣化にもつながるリスクがあります。そのため、早め早めの予防を推奨いたします。
 
もし専門スタッフが現地調査を行った結果、実際に外壁塗装を行う必要があった場合も株式会社マルセイテックなら、足場や付帯工事・保証付の安心パックがあり、込々で50万円~施工を行っています。
 
気になる症状がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。経験・知識豊富な専門担当者が丁寧にご説明させていただきます!
 
 
gaiheki yamato2.jpg
 
 
 

マルセイテックの屋根塗装は三工程を丁寧に行います

最初に現在の屋根の状態を確認の上、屋根表面の汚れを高圧洗浄機で落とします。屋根をまずは綺麗にしてから塗装をしないと、見た目良く綺麗に仕上げることはできません。
そのため、塗装前にしっかりと今の付着物を落としておく必要があります。
 
 
次に屋根の間にタスペーサーを入れ込みます。「タスペーサー」は先日のブログ記事内でも、詳しくご説明をしましたがこちらを予め行わないと毛細管現象によって雨漏りしてしまう危険性があるので大切な作業です。
 
その後、下塗り⇒中塗り⇒上塗りの三工程で行っています。
塗装を行う際は前の塗装がしっかりと乾燥するまで充分に時間を置き、その上で仕上がりが良くなるよう、丁寧に施工いたします。
 
 
※当社の具体的な施工事例は下記リンクよりご覧いただけますので、是非ご覧ください!
 
【マルセイテックの外壁塗装事例・屋根塗装事例はこちら】施工事例ページ
 
 
 
 

毛細管現象

 

毛細管現象とはあまり聞きなれない言葉でしょうが、例えばコップに入った水にストローを差し込むと水がわずかにストローの中を上ってくる現象がありますよね?

水が狭いところに入ろうとする力が働き重力に反して水が吸い上げられるんです。

 

雨漏れ予防で屋根塗装工事をしたのに工事が原因で雨漏れが・・・

なんて業者選びの失敗で本末転倒な結果になってしまっている住宅もあります。

塗装のプロでしたら当然縁切り部材タスペーサーを使用します。

 

屋根塗装で重要な縁切り部材タスペーサー

 

images (2).jpg

 

建坪25~30坪くらいの住宅の屋根で平均1000個前後のタスペーサーを使います。

工法としてはW工法 (スレート瓦1枚に対し2個使用) をマルセイテックの基本施工としています。

他にS工法 (スレート瓦1枚に1個使用) もありますが、W工法の方がより効果を高めますし、毛細管現象のリスクを考えると、S工法ではまだ不安が残ります。

 

塗装の耐用年数

 

塗料の種類はさまざまで、最高なもので今は30年耐用、なんて表記もありますが、問題は施工技術なんです。いくら高価な塗料を使用しようとも、施工技術が伴わなければ表記の耐用年数なんて実際はもちません。

30年耐用の高級塗料もマルセイテックで取り扱いしていますが、30年経過を実際に経験している塗料ではないので、おすすめはしていません。

信頼実績のある塗料を中心に最高10年保証をつけて外壁塗装・屋根塗装を行っております。

 

高価な塗料を使って高い工事費を払って、それでも施工技術がダメで雨漏りしてしまったとか、残念な結果にならないように、正しい施工業者をお見つけ下さい。

 

 

 

■------------------------------------------

大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 マルセイテック

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

<本社>
〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27
YNビル1階

<大宮営業所>
〒363-0021
埼玉県桶川市泉1-2-12
根本ビル2階 

TEL:048-856-9384
FAX:048-856-9385

大きな地図で見る
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!

マルセイテック コンテンツサイト
外壁塗装に関する豆知識等についてご紹介いたします!

日本の住宅を守る/正しい施工と適正価格
マルセイテックは日本外装リフォームネットワーク ガイソーへ加盟しております。 大和市の外壁塗装ならお任せください!

お問い合わせ 無料お見積り 資料請求 お電話はこちらから