座間市 外壁塗装の最近のブログ記事

神奈川県大和市・座間市・綾瀬市を中心に、外壁塗装・屋根塗装をメインに行っている外装リフォーム専門のマルセイテックです。

 

今回は、外壁塗装リフォームを成功させるために肝心な下地をどう良い状態に整えるか。

という内容のお話をさせて頂きます。

リフォームをお考えの方には是非読んで頂きたい内容です。

ローラー.jpg

下地の種類も見積書や提案書、契約書に書いてあるのでは?と思われがちですが、一般的に外壁塗装を依頼した会社からは、

外壁塗装で使用する上塗り塗料の情報しか記載してない場合が多いのが実状です。

通常、下塗り塗料はお住まいのダメージ状況に合わせ施工する職人が選定します。

普段はあまり気にしない下塗り塗料ですが、どういった種類があるのかを知っておく事で、賢い外壁塗装リフォームが実現できますよ!

 

下塗り材の種類と役目

外壁塗装で使用する下塗り塗料は、

大きく分けてシーラー系・フィーラー系、プライマー系の3種類に分類されます。

それぞれ外壁のダメージ状況により使用する下塗り塗料は使い分けが必要となりますが、

基本的に下塗り材の役目は、上塗り塗料を塗りやすい状態にすることなのです。

具体的には上塗り塗料と現状の外壁との密着性向上や、

上塗り塗料がムラにならないようにダメージをカバーしキレイな下地の状態を作ることです。

 

シーラー系

シーラー系の下塗り塗料は現状の外壁と上塗り塗料との密着力を向上させる用途で使用します。

密着力が上がれば、塗膜が剥がれにくくなりますので塗装塗膜の耐久性に繋がります。

他にも塗料が現状の外壁材に吸い込まれていく割合を均一にすることで、

塗装ムラを防止する役目も担っています。

外装リフォーム前の外壁にヒビや目立った汚れが無い場合は、

一般的にはシーラー系の下塗り塗料を使用して施工します。

 

フィーラー系

フィーラー系は主に現状の外壁の面調整のために使用されます。

塗装前の外壁材にヒビや段、巣穴などがあればそれを埋め、平滑にします。

上塗り塗料での仕上げに適した状態を作るために使用しますので、

クラック等による傷みが激しい外壁材には、

補修効果もあるフィーラー系の下塗り材が活躍します。

 

プライマー系

シーラー系と大きな役割の差はありませんが、あえて言うならばプライマー金属素材の塗装をする場合に使用します。

基本的な役割は上塗り塗料と現状の下地との密着性を高めるために使用します。

金属に使用する下塗り塗料ですからプライマーにさび止め効果が入っているものもあります。

kann.jpg

このように、一言に外壁の下塗り塗料と言っても、

外壁の素材や状態によって上塗り塗料と適合するものを使い分ける必要があります。

塗料と現状の外壁との密着性が向上すると塗装塗膜の耐久性、

耐候性にも繋がりますので使用する下塗り材にも興味を持っておきたいものです。

もちろん信頼できる職人さんの現場での目が外装リフォーム成功のカギになります。

まずは、安心して外装リフォームを任せられる会社に依頼することが必須ですね。

 

 

■------------------------------------------

 
大和市・座間市・綾瀬市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

神奈川県大和市・座間市・綾瀬市を中心に、外壁塗装・屋根塗装を行っておりますマルセイテックです!

今回は、外壁のチョーキング現象についてお話したいと思います。

サイディングやモルタルの外壁は、新築後7~8年ほどでチョーキング現象と呼ばれる劣化のサインが出てきます。

チョーキング現象が何なのかが分からずに外壁メンテナンスのタイミングを逃すと、

後々手間も費用もかかることになります。

 

チョーキング現象のチョークとはその名の通り黒板で使用するチョークのことです。

最近では、学校での授業もホワイトボードとマジックで行われますが、

お住まいをご購入されて10年くらいの世代なら、まだまだ黒板とチョークとご説明するとイメージが湧きますよね。

 

外壁の劣化のサインであるチョーキング現象とは、

『外壁を触った時に手にチョークの粉のようものが付く』というものです。
チョーキング.jpg


もしも、お住まいにこのような症状が出ているのであれば、

それは外壁からの劣化のサインですので外壁塗装などの処置が必要となります。

チョーキング現象の仕組み

もしも、お住まいにそのような症状が出ているのであれば、
それは外壁からの劣化のサインですので外壁塗装などの処置が必要となります。

外壁は太陽からの紫外線や気温の変化、風雨から住まいを守る役割を果たしています。

その過酷な環境下では、時間の流れに伴い外壁が劣化してしまうのも仕方の無いこと。

チョーキング現象とは、外壁に塗装された塗膜の表面が劣化して粉状になってしまうことを言います。

外壁の塗装塗膜が劣化してくると防水性や耐候性が落ちますので、

適切なタイミングで再塗装などの処置をしないと外壁のダメージが加速してしまいます。

チョーキング現象は外壁の劣化現象の中でも初期症状に含まれますので手間と費用を惜しむなら、

チョーキング現象が発生した段階で早めに対処することが賢明です。

劣化が進んでしまうと外壁塗装では対処できない事もありますので、

結果的に外壁の修理に手間と時間、そして大きな費用が必要となってきます。

外壁のチョーキングげ現象と汚れの違い

外壁を触ってみると白っぽい粉状のものが付くけど、これってただの汚れ?それともチョーキング現象?

という疑問を持っていらっしゃる方も多いと思います。

確かに外壁は常に風雨に晒されていますので汚れも付着します。

しかし、お住まいが築10年ほどで、最近外観が色あせてきたな…

という自覚症状がおありなら、それは間違いなくチョーキング現象です。

もちろん外壁の劣化のサインはチョーキング現象だけでなく、

汚れが原因となるケースもあります。

しかし汚れの場合は、黒っぽい汚れ(黒カビ)だったり、

多湿の気候であるがゆえに発生した藻だったりというケースが多数なので、

『白っぽい粉状の汚れ』というのは基本的にあり得ません。

汚れとチョーキング現象を見定めて、適切な対処をしましょう。

 

 

cyo-kinngu1.jpg

cyo-kinngu2.jpg

チョーキング現象を放置するとどうなる?

チョーキング現象は塗装の塗膜劣化のサインですが、劣化が進むと外壁が太陽の紫外線や
風雨の影響などのダメージを受けやすい状態になります。
外壁がダメージを受けると剥がれや浮き、酷いときは基材にまで影響が及ぶ場合もあります。
特に怖いのは防水性が損なわれることです。外壁が雨水を吸収してしまうと、
籠った湿気がお住まいの構造体へもダメージを与えてしまいます。
そうなると、お住まいの外壁を丸ごと剥がしてもう一度張り直す。という大規模工事が必要となります。
ですから外壁のメンテナンスはダメージが浅いうちに対処!というのが鉄則です。
チョーキング現象は劣化の初期症状だからと侮ってはいけないのです。

 

築10年以上、もしくは最近外観の色あせが気になってきたら、お住まいの外壁を手で触ってみましょう。
触ったときに白い粉状のものが手に付着したならば、
それは外壁の塗膜が劣化しているサイン『チョーキング現象』です。

外壁が雨水を吸収するようになると、住まいの構造体にまでダメージを及ぼす可能性がありますから、
チョーキング現象が発生したときは早めの対処を心掛けてください。

おかしいな?当てはまるかも?少しでもご不安な点がございましたら大和市・座間市中心に屋根・

外壁等をメインとした外装リフォーム専門店マルセイテックにご相談下さい!!

 

 

■------------------------------------------

 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

雨漏りの原因は、ひとつだけではありません。

屋根や外壁等の破損部分や隙間、ベランダ、窓まわりなどから住宅の内部に

雨水が侵入する雨漏りは住宅に深刻な被害をもたらします。

雨水が内部に浸入してしまうと、住宅の天井や柱・梁、壁の内 部を汚染していき、

そこからカビが発生・腐食し、補修には大きな費用がかかります。

 

yane_injuer.jpg

知っておこう!

※健康にも影響を及ぼします。

雨漏りは家の寿命を縮めるだけでなく、放置するとカビが発生し やすくなります。

カビは人体にとって悪影響を与える存在です。

アレルギーや呼吸器系などの病気を引き起こす原因にもなります。

 

※雨漏りの二次被害

雨漏りが原因で家が腐食するとシロアリの住み家となります。

構造的に重要な部分がシロアリの被害を受けると、

地震など万一の 時の建物の倒壊にもつながりかねないので要注意です。

早め早め の対応が大切なのです。

image-7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルセイテックは、地域密着の外壁塗装リフォーム専門店として大和市、座間市を中心に屋根や外壁を

長年にわたって見て参りました。

雨漏りの原因発見はとても難しく、建築知識とは別の専門的な知識が必要です。

雨漏りの改修工事 はお家の構造を理解していないとできない難しい工事なのです。

そのため、

「補修工事をしたのにまだ雨漏りする」

「補修工事をしたら余計に雨漏りするようになった」

などの話をよく耳にします。

残念な事ですが、雨漏りは簡単に治せるものではないのです。

マルセイテックでは、 そのような事が起きないように様々な角度から仮説を立て、

雨の侵入経路を特定し、 原因を見極め、補修工事をしております。

雨漏り診断は外装リフォームのプロのマルセイテックへお任せください!

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

外壁リフォームで一番多い相談の№1はコレです!!

 

「飛び込みの業者がモニターで格安で工事してくれると言うのだけれども。」

 

これは、国民生活センターや消費者センターなどで一番クレームの多い、いわゆる

モニター商法なるものです!

彼らは、一般の人が工事価格の相場を知らないことをいいことに、他社と比較検討

する暇を与えません。

見積をして、その日のうちに家に上がりこみ、即断即決をするまで帰りません。

延々と、「モニターだからかなり得です」「今しか出せない条件です」

「明日ではこの金額ではお出しできません」とまくしたて、

ついには根負けさせてしまうのです。

後日確認すると、相場よりも100万位高く契約させられてる事などざらに

あります。

過去の経験では、私が段取りすると250万で工事できる金属サイディング工事も、

最高で800万で工事されたお客様がいらっしゃいました。

私はそんな時、実際の相場の話などはせずに「最高の材料でいい工事をされたのですね。

良かったですね。」と励まして帰っていきます。

 

悪徳業者.png

他にも・・・

他に、「今、近くの現場で工事しているので足場代をタダにします」と言うケース。

タダになる訳がありません!!見積書の上ではタダにしていても、

他の部分にその金額が乗っかっているだけです。

このご時世に他人の為にタダで足場を組みにくる特異な人間などいるはずがありません。

恵まれない人の為や環境へのボランティアならば、十分な意義を感じますが、

営業マンが言う「○○がタダになる」は、「他で上乗せされてしまうかも」

と疑って見るべきです。

重要なのは、正直で正義のある「売り方」かどうかを見極めることです!

即決はNG

この人たちは、本当に突然来ます。当然準備も何もしていないこちらは、詳しそうな人にあれこれ言われたら“そうなのか”と鵜呑みにしてしまいます。まずはあなたが対応したような「訪問販売リフォーム」業界の現状がどれだけのものか?即決がどれだけ危険か?ということから下記グラフにて確認してみましょう。

訪問販売相談グラフ.jpg

それぞれの確認事項を押さえ工事をなされば外壁リフォームでの失敗や後悔はなくなります。大切な工事資金を使われるわけですから、是非成功させてくださいね。

※過去に訪問販売会社で施工され数年で雨漏れが発生してしまう事例も御座います。

過去に施工された方・現在施工をご検討されている方・住宅でお困りの方、まずはお気軽にご相談下さい。

大和市・座間市を中心に地域密着のマルセイテックが責任を持って対応させて頂きます。

 

 

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 
外壁塗装リフォームではどのような塗料を選ぶか悩むと思いますが、
 
色選びも悩むところであると思います。
 
外壁塗装のカラーバリエーションは数多くあるので、
 
どれがいいのか考えれば考えるほどわからなくなってしまいますよね。
 
また、一度塗ると10年ほど塗り替えることはないでしょうから、
 
納得できない色になっては大変です。
 
そこで、今回は外壁塗装における色選びについてご紹介します。
 
まず、色を選ぶ時に注意してもらいたい点が2つあります。
色選びの成功術.jpg

1つは、色の面積効果です。

色の面積効果とは、同じ色であっても面積の小さいカラーサンプルと
 
面積の大きい外壁とでは見え方が異なることをいいます。
 
これは、人間の目の錯覚です。
 
この効果が働くと、明るい色の場合は面積が広いところでは、
 
より明るく見えます。
 
逆に、暗い色の場合は面積が広いところでは、より暗く落ち着いて見えるのです。
 
ですから、希望する色が明るい色なのか暗い色なのかを見極めて、
 
面積を大きくするとどう変化するかを予想することが大事です。
 
マルセイテックではプロのカラーコーディネーター監修の配色デザインソフト、
 
カラーエクスプレスを導入しており、施主様に必ずご満足頂ける、配色デザインプランをご提案します!
 
イメージしやすいと、施主様にも大変好評です。
カラー2.jpg
カラー.jpg
 

二つ目のは注意点は、光源色です。

色は室内の蛍光灯の下と外に出て太陽光線の下で見る色とは、全く見え方が異なります。
 
しかし、外壁を見るのは太陽の下なので、外壁や屋根の色を決める場合、
 
最終的に屋外で実際にどのような色になるのか面積効果も含めて予測することが必要です。
 
以上が注意すべき点ですが、他にも色を選ぶポイントがあります。
 
それは、家の周りの環境を見て周囲の住宅の色と同調させるのか、
 
目立たせるのかを事前に決めておくことです。
 
そして、黒や白、原色などのはっきりとした色よりも落ち着いた色がおすすめです。
 
なぜなら、はっきりとした色は汚れが目立ちやすく色褪せや変色がしやすいからです。
 
弊社では、スタッフ全員がカラーシュミレーション用のiPad を持っていますので、
 
施主様と一緒に色を見て、考えて失敗のないカラー選びをしていきます!!
 
大和、座間、綾瀬の外壁塗装で評判マルセイテックヘお任せあれ!!
色鉛筆家.jpg

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 
なぜ、外壁の塗り替えをしなくてはいけないか!
答えはズバリ!美観と素材保護(防水)の2つです!!
 
1、美観
新築したころは・・・家族の想いがたっぷりつまったピカピカの新築のマイホーム!
 
10年も経つと・・・紫外線で色あせたり、汚れや傷みなども出てきて、すっかり大切な家を大事にしなくなったり・・・
 
塗り替えると・・・新築の様に色鮮やかでピカピカに!!色を変えてイメージチェンジする事も出来ます。 家への愛情も復活!!
住宅.jpg
 
2、素材保護
美観はもちろん重要ですが、塗替えにはもっと重要な目的があります。
それは、防水機能の復元です!強烈な紫外線や、水分、地震、台風の揺動、酸性雨、大気汚染など、
絶えず攻められていても逃げ場がないのが建物です。
新築してからずっと家を守っていくわけですから、
やがて屋根のズレや外壁のヒビ割れ、鉄部のサビ、
木部の腐りなどの傷みが出ますし、放置すれば建物内部への雨水がどんどん浸入し、
構造部分の老朽化を促進していくからです。
 

外壁の塗り替えをするにあたっての考え方!

家を傷める原因
 
№1 雨水&湿気
№2 紫外線
№3 雪
№4 地震や台風
 
 
★考え方1
日本の家の寿命は、なんと30年と言われています。
このまま手入れをしないで30年後、ご自宅を建て直ししますか?
それとも、外壁の塗替えをしてご自宅を長持ちさせますか?
 
 
★考え方2
あなたは今のこの家に、この先後何年お住まいになられますか?
 
日本人の平均寿命
男性 80歳  女性 86歳
※住まいは最低でも50年維持する必用があります。
 
 
住まいを30歳でお建てになられたならば、
理想は、生涯健康で今のお住まいに長く住みたい
ですよね??
その為には、塗替えをして住まいを長持ちさせる
必用があります。
 
 
大和・座間を中心とし地域密着でお客様第一主義がマルセイテックのモットーです。
施工を行う際はもちろん、施主様へ対応する際も「もし自分がお客様の立場だったなら」
を念頭に置き、行動しています。
十人十色といいますように家も十軒あれば十通りの工事があります。
なにがお客様のお家にとってベストなのかを意識し責任をもって提案致します。
ご不安なことがございましたら是非マルセイテックへご相談下さい!!
 
早めのお手入れが、家を長持ちさせる基本です!!
 
images.jpg

 

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

塗装時期の目安.jpg

外壁塗装って何年くらいで塗替えするといいの?

何年で塗装(お手入れ)すればベストか!

結論から申し上げると、ズバリ傷む前です。

外壁はお客様の大切な家を守るため、風雨にさらされ、

年々劣化が進んでいます。

外壁の表面には塗装が施されていますが、

重要なのはその塗膜の防水性です。

塗膜の防水性が失われてくると、

外壁自体が雨水などにより湿気を吸収して傷んできます。

傷みが進行してしまうと塗替えではなく、

外壁自体の張替えなど大掛かりなリフォームが必要となりますので、

本来外壁のお手入れは傷む前に行うのが望ましいのです。

しかし、外壁と言っても様々な集類があります。

新築時にどんな外壁の仕上げをされたのかによりその性能も異なります。

最近は、高耐久な外壁材も登場していますが、

今外壁リフォームをお考えの方であれば、

ほとんどの場合10年以内で塗膜の防水性は切れてしまいますので、

遅くても10年というイメージをもってお考え頂ければ間違いありません。

 

外壁の種類について

外壁リフォーム、特に外壁の塗装を考える上で重要なことは、ご自信の家の外壁素材

の種類について知ることです。

外壁に使用されている外壁材の種類は大きく分けて7つあります。

1、モルタル壁(塗装目安8~10年)

2、窯業系サイディングボード・石膏とセメント等を固めたボード(塗装目安7~8年)

3、窯業系サイディングボード・木質チップ等の含有のあるもの(塗装目安8~10年)

4.トタン壁・普通の板金の物やガルバリュウム鋼板など錆びにくいトタンも有(塗装目安10~15年)

5、金属系サイディングボード・スチールヤアルミなどの金属鋼板(塗装目安10~15年)

6、ALCボード・エアーライトコンクリートの壁やビルに良く使われる(塗装目安10~15年)

7、コンクリート壁・最も強固だが湿度の高い地域での採用は少ない(塗装目安15~20年)

それぞれに良し悪しがあり、その上に塗装をする塗料にも向き不向きが必ずあります。

しかし、残念なことにどんな外壁にも定番の同じ塗料で塗装している業者が多いようです。

また、ただ塗装するだけではなく、傷みが出ていればそれに合わせた補修や修理も必要になります。

ご自身の家の外壁にあった工事をする為に、壁の種類を確認することも重要です。

模型 塗装.jpg

■------------------------------------------
 
大和市・座間市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
 
 
 

シーリング劣化.jpg

外壁からの雨水の浸入はだいたいが開口部のシーリング劣化かサイディング目地のシーリング劣化から始まります。

外壁を塗料でいくら綺麗にメンテナンスしていても、目地に気を回さなければ意味がありません。

マルセイテックはシーリング材にもこだわりを持ち、メーカーが人工的に厳しい外部環境を再現し、長時間に渡るテストを実施したオートンイクシードを使っています。

過酷な条件下で6000時間突破【実年数換算30年】という驚異的な高耐候性を実証しています。

 

オートンイクシード

exceed03.jpg

実は重要なシーリング材の『役割』

「シーリング材」とは外壁材の隙間「目地」に充填する「防水材」です。

建物の水密性や気密性を保持する重要な「役割」を担っています。

多くの外壁からの雨漏れ原因は、シーリング材の劣化損傷が雨水の侵入口を作った事からです。

シーリング材は消耗品です。

必ず劣化・損傷します。

 

exceed05.jpg

シーリング材の損傷は

配合成分のひとつ『可塑剤』の流出が原因の硬質化や痩せ。

住宅壁面の『伸縮や振動』などムーブメントが原因の亀裂・破断・剥離。

自然界から受ける『紫外線・水分・熱』が原因の表面劣化。

が代表されます。

 

 

そこで、住宅シーリング材に求められる二つの耐性とは?

耐久性 ・長期に柔軟性(伸縮性)維持に必要な耐性

耐候性 ・長期に美観(意匠性)維持に必要な耐性 

 

オートンイクシード耐久性能試験実施

 

exceed10.jpg

耐候性試験器(SWOM)で検証

 

exceed33.jpg

マルセイテックのこだわり

マルセイテックの施工は常に美観と耐久性に自信を持ち、高品質な施工を心がけています。

小さなところにもこだわりを持ち、お客様の笑顔を一番のパワーとし、お仕事をさせていただいております。

どんな小さな相談でも、誠心誠意、一番の解決策をご用意いたしますので是非、お問い合わせお待ちしております。

 

■------------------------------------------

 

大和市・座間市・綾瀬市エリアで外壁塗装を行うなら
 
株式会社マルセイテックへお任せください!
 
神奈川県大和市南林間2-11-19陽光ビル3B
 
 
【外壁診断や屋根塗装のご相談はお気軽にどうぞ】
 
TEL:0120-554-913 FAX:046-404-2235
 
 
■------------------------------------------
 
 
外壁塗装 塗料について
0円リフォーム
ルミステージ
火災保険
外壁塗装Q&A
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

住宅外装リフォーム専門店 マルセイテック

〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-11-19
陽光ビル3B

0120-554-913

無料ご相談・お問い合わせ
無料でお問い合せ・ご相談を承っております。お気軽にどうぞ!

大きな地図で見るマルセイテックは大和市の南林間駅前の陽光ビルの3Fにございます!
【外壁塗装・屋根塗装主な対応地域】
神奈川県大和市・座間市・綾瀬市・相模原市・東京都町田市
上記エリア以外も対応しております。 お気軽にご連絡ください!